• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「了解いたしました」は失礼ですか?

職場の上司、あるいは取引先とメールのやり取りをしていていつも思うのですが、相手から指示や要請等があった場合、「了解いたしました」という表現は失礼に当たらないのでしょうか? 「何故失礼と思うのか?」と聞かれると根拠はなく、ためしに手元の国語辞典を引いてみても、例えば「目上の者が目下の者に使う表現」などとは書かれていないのですが、個人的に抵抗があって使用は避けている次第です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

「了解しました」でも「了解いたしました」でも、敬語としては問題ありません。ただし、#3の方のおっしゃるとおり「了解」自体に尊敬の意味が含まれていないこと、また一般的な日本の大人社会を考えると、「かしこまりました」などを用いた方が無難でしょうね。 参考文献 菊地康人 「敬語」 講談社学術文庫

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考文献まであげていただき、ありがとうございます。 そういえば以前ベンチャー企業にいたとき、社員が社長に「了解しました」とメールしているのを見て驚いた覚えがあるのですが、それは「了解」自体に尊敬の意味が含まれていないからなのですね。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • banzaiA
  • ベストアンサー率16% (100/595)

「了解しました」に違和感を感じ、「承知しました」には違和感を感じないのですか? 「了解」には、理解して認めること。事情を思いやって納得すること。 「承知」には、旨を承って知ること。聞き入れること。 という意味があるようです。 この「承知」に「承る」というニュアンスがあることから違和感を感じないのだろうと思います。 また、私見ではありますが、 「了解」には、了解する本人の心の内部の問題(納得する)が存在し、 「承知」は承知する相手の気持ちや考えを受け入れる、 というようなニュアンスがあるようにも思います。 しかしながら、「了解しました」も「承知しました」もどちらも間違いではないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 それぞれの言葉の持つ意味から考えるてみると分かりやすいですね。 「国語」的には間違いではないことはわかりました。 あとは個々人の受け取り方の問題なのでしょうね。現代人が「貴様」と言われていい気持ちがしないように。

  • 回答No.5
  • nobasa
  • ベストアンサー率51% (929/1793)

「了解」は名詞ですが、相手の考えや事情をわかった上で、それを認める 意味もあるので多少抵抗があるのでしょう。 前後の言葉に注意すれば「了解」でも問題ないと思います。 「お申し越しの件、了解いたしました」 「いたしました」は敬語ですから「了解いたしました」でもいいと思います。 でも「承知いたしました」の方がより丁寧かと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 「了解いたしました」は基本的には失礼にはあたらない、ということが分かりました。

  • 回答No.3

「了解」という言葉自体に尊敬の意がこもってないからでしょうかね? 例えば「かしこまりました」だったら 「かしこまる」自体に相手への尊敬の意志が込められていますからね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 確かに「かしこまりました」なら失礼だとは思わないのでこの表現もよく使います。 迷うのは、いつもメールのやり取りをしている社外の方や直属の上司などで、「承知いたしました」「かしこまりました」だと硬すぎるのかな、と感じる場合なのですが、その場合は差し支えないのかもしれませんね。

  • 回答No.2
  • zorro
  • ベストアンサー率25% (12261/49027)

失礼になることはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 失礼になると感じているのは、単に感覚的なものだけなのかもしれませんね。

  • 回答No.1
  • Chiko7
  • ベストアンサー率40% (4/10)

「了解しました」と部下から言われたときに、「失礼だ」と感じたことはあります。ただし、「了解いたしました」と言われたことはありませんが、日本語として正しいのかと違和感があります。 「承知いたしました」と言われた方が丁寧だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 やはり違和感がありますか。よって私も「承知いたしました」などを使っています。

関連するQ&A

  • 「了解しました」「了解いたしました」が不適切な理由

     いろいろ調べると、「了解」は「ぶっきらぼうで敬意が不足」なので避けたほうがよいようです。「了解です」も同様でしょう。  でも「了解しました」「了解いたしました」が不適切な理由がわかりません。 ■下記にある『明鏡国語辞典 第二版』の記述 http://m.news-postseven.com/archives/20121207_158501.html ================引用開始 「りょうかい【了解 諒解】 1:物事の意味・内容・事情などを理解すること。 2:理解した上で承認すること。  近年、目上の人の依頼、希望、命令などを承諾する意に使う向きもあるが、慣用になじまない。(ぶっきらぼうで敬意が不足)『分かりました』『承知しました』のほか『かしこまりました』『承りました』などを使いたい」 ================引用終了  原文が少しわかりにくいのですが、『明鏡国語辞典 第二版』の記述と思われます。  これは「了解」の話ですよね。「了解(いた)しました」が「ぶっきらぼうで敬意が不足」とはとうてい思えません。 ■下記にある『敬語』の記述 http://okwave.jp/qa/q2329408.html ================引用開始 「了解しました」でも「了解いたしました」でも、敬語としては問題ありません。ただし、#3の方のおっしゃるとおり「了解」自体に尊敬の意味が含まれていないこと、また一般的な日本の大人社会を考えると、「かしこまりました」などを用いた方が無難でしょうね。 参考文献 菊地康人 「敬語」 講談社学術文庫 ================引用終了  この『敬語』は手元にあるのですが、このような記述は見当たりません。該当ページがおわかりのかたは教えてください。  仮に〈「了解」自体に尊敬の意味が含まれていない〉から×ならば、「承知」も×になる気がします。 「了解しました」「了解いたしました」が不適切な根拠をご存じのかたは教えてください。

  • 了解と承知の違いって?

    先日、目上の方、或いはお客様に対して「了解(致しました)」というのは失礼である、「承知いたしました」「かしこまりました」の方が良い、という話しになりました。了解には謙譲の気持ちが入っていないのではないか、というところまでは行き着いたのですが、明確な違いが分かりません。「了解」は身内言葉だという意見もあるのですが、根拠が曖昧です。ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。よろしくお願い致します。

  • 目上の人に対して「相変わらず」というのは失礼な表現だと感じますか?

    目上の人に対して「相変わらず」というのは失礼な表現だと感じますか? 手紙を書いていて、ふと気になったのですが、目上の人に対して「相変わらず」という言葉を使っても良いのでしょうか?(「相変わらずお元気で」のような定型化した文以外の場所で) 私は、「相変わらず」というと、「あなたも相変わらずねぇ」のように、同輩もしくは目下の人に使うようなニュアンスが感じられてしまうのですが・・・。 教科書的な問題ではなく、皆さんがそのような手紙を受け取った場合、気になるかどうかをお教えいただければ幸いです。

  • 二兎○追うものは一兎○得ず

    二兎を追う者は一兎をも得ず 手元の国語辞典やwebの国語辞典ではほとんどこう記載されています。 私自身どう言っていたか忘れてしまい、試しにgoogleで検索したら a) 二兎追う者は一兎も得ず b) 二兎追う者は一兎を得ず c) 二兎追う者は一兎をも得ず d) 二兎を追う者は一兎を得ず e) 二兎を追う者は一兎も得ず 等が結構ヒットします。 あたりまえですが、国語辞書が正しいですよね?

  • 上司に対して失礼でしょうか!

    目下の者から目上に対するマナーについて教えてください。 私はプライベートである人からマスコミの方を紹介されました。 聞くと、私の上司が趣味で作った作品について取り上げたい とのことです。 よい話ですが、私は上司と気軽に話せる関係でもありませんし、 私は派遣、上司ははるか上の立場の方です。 気が進まないのですが、その人を紹介してきたのが 私の母校の先生で、断りにくい状況なため 上司には失礼のないようにお願いはしました。 このような出来事が2回もありました。 悪い話ではないのですが、かなり目下の者から このような話を持ち込むことは、本当は失礼に値することでは? と感じています。 どうなのでしょうか? またこのような話が、今後もでてくる可能性はあります。 私は今後どのように対処するのがよいのでしょうか? ちなみに、私は派遣。 上司は、代表部長と常務の間くらいの立場の方です。 会社組織は大きいです。 よろしくお願いします。

  • ビジネスマナーについて

    ビジネスマナーについて 社内や取引先とのやりとりで殿という表現を先日みました 殿をつかうのはどのようなときなのでしょうか? ・目上の人から目下の人なのか ・上司から部下なのか ・歳上に使うのか ・取引先とのやりとりで使っても失礼にならないのか よろしくお願いします

  • 「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

    私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。 社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか? 一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。 目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか? また、他に何かいい表現があればご教授ください。

  • 「お仕事についてヒアリングさせていただいてよろしいでしょうか」と言うのは失礼ですか?

    先輩に 「お仕事についてヒアリングさせていただいてよろしいでしょうか」 とメールを送ったら、ヒアリングという言葉は聴取という意味が強い ため目下の者が目上の者にそう言うのは失礼と指摘されました。 確かに "hearing" には「意見聴取」という意味がありますが、SE の 要件定義でユーザーから「ヒアリングする」と一般的に使いますので 、少なくとも日本でカタカナでヒアリングと書いた場合は「話しを聞 く」という意味でも使われると私は思います。 みなさんとどう思われますか。 ご意見をお聞かせください。

  • 「お仕事についてヒアリングさせていただいてよろしいでしょうか」と言うのは失礼ですか?

    日本人の先輩に 「お仕事についてヒアリングさせていただいてよろしいでしょうか」 とメールを送ったら、ヒアリングという言葉は聴取という意味が強い ため目下の者が目上の者にそう言うのは失礼と指摘されました。 確かに英語の "hearing" には「意見聴取」という意味がありますが、SE の 要件定義でユーザーから「ヒアリングする」と一般的に使いますので、 和製英語の「ヒアリング」は「話しを聞く」という意味でも使われると私は思います。 みなさんとどう思われますか。 ご意見をお聞かせください。

  • 「いたしましょう」の使い方

    「いたす」は、謙譲表現だから目下の者が目上の者に使うんですよね。 でも、「いたしましょう」は相手を誘ってるわけだから、相手が「いたす」ことになるんですか? それともやっぱり、自分が「いたす」んですか? えーっと、書いていて自分でもよく分からなくなって来ちゃったんですけど(>_<)つまりですね。 「いたしましょう」は、誰が、誰に対して使う言葉なんでしょうか?