• 締切済み
  • 暇なときにでも

英語のネイティブでなくてよかった?なりたかった?

この世の中、英語がさまざまな分野で世界の共通語になっていますが、あなたは英語ネイティブでありたかったったですか? (多数の国や、今はミックス・ハーフや、教育も進んでいますのでマルチリンガルな人も多いですが) 在日の英語ネイティブの友人らは、日本でも世界でも英語でなんとかなる分、日本語も他外国語を勉強しようとしない人も多く見かけます。もちろん頑張っている人もいます。 英語ネイティブのパートナーは、 「英語ができれば世界で困ることは少ないけど、欧州などバイリンガルが多い中、自分は英語しかできないのは恥ずかしい」と日本語を猛勉強しています。 言語の習得は大変で、ネイティブだったら!と思いますが、私は英語や他国語を勉強すればするほど、日本語という世界でも独自の母語を持っていてよかった、誇りに思います。 皆さんはどう思いますか? できれば英語のネイティブになりたかったですか? もちろん日本人でも外国語なんて難しくって、という人もいます・・国際的な視野を持っている方、お答え下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数329
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.7
  • IXTYS
  • ベストアンサー率30% (965/3197)

ハンドルネームが、TGIFさんという事は、質問者さんはかなりの英語の使い手です。 そのような方がこのような質問を出されるのが解せない気がします。  今の時代、英語は単なるコミュニケーション・ツールに過ぎません。 あんなもの、シンガポールやマレーシアでは中国系の人は当たり前に使いこなしています。 取り立てて驚くようなことでもありません。  英語を当たり前に喋るようになるには、それを習慣にしなくては到底無理です。 日本にいて、外国人と普段会話をする環境にない者が、英語で話せる環境を作るには一工夫が必要です。 それさえ出来れば、後は簡単です。  そして、方法もあります。 この方法を使えば、ひとりで何ヶ国後も堪能になれます。 韓国で有名な牧師にこの方法で、日本語、英語、ドイツ後、中国語が堪能と言う人がいます。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

いいえ。 日本語は素晴らしい言語だと思います。 「微妙なニュアンス」云々はもう回答があるので割愛するとして、 ・カタカナでどんな外来語もそれなりに発音表記して取り入れられる。 ・漢字とひらがなの適度なコントラストで文章を非常に高速に読める。 ・漢字を多用すれば少ない文字数で多くのことを表せる。 そんな言語を何の苦もなく身に付けられるというのは非常にありがたいことです。なにせ外国人からみて日本語はかなり学習の難しい言語だそうですから。 一方英語は ・たったの26文字で文章が書ける ・実質的に世界共通語 という優れた特徴を持っています。 しかし、英語を使いこなすだけなら別にネイティブになれなくても勉強してそれなりに身に付けておけば十分でしょう。 英語は世界で最も簡単な言語です。言語構造の全く違う日本人でも勉強すればそれなりに理解できますからね。 日本語はそうはいきません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#25860
noname#25860

最近、日本語のズバぬけた素晴らしさをつくづく感じます。微妙な言い回しの多さ、表現の奥ゆかしさエトセトラ。 たとえば越路吹雪さんが歌っていたあの有名な曲「ラストダンスは私に」の歌詞、原曲の「Save The Last Dance For Me 」の歌詞をほとんど直訳しているのに、原曲のなんだか素っ気ない表現に比べてとても大人の女性のこまやかな心情が込められていて、日本語ならではの名訳だと思います。 でも、その一方で、英語はいまや何をするにも必要な言語だとも思います。ネイティブだったら!とまでは思いませんが、もっと自由にどんなことでも話せたらとはいつも思います。 それに、英語に親しんでいると、ヨーロッパ諸国の言葉までなんとなく親しみが湧いて来るし、覚えるのも早いように感じます。 国際感覚なんてものは持ち合わせていませんが、街角で突然外国の方に道を聞かれたり、目の前で落し物をした方を見かけたりした、そんな咄嗟のシーンでスムーズに言葉が口をついて出てくる、そんな時に、わずかとはいえ、英語に親しんで来た自分がうれしくなります。    

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

過去にワーキングホリデーでニュージーランドへ行き 1年弱生活をしたことがあります。 その時に痛烈に感じたことは 「私は日本の文化をほとんどわかっていなかった」ということ。 自分の住んでる国のことをそれほど理解していない状態で なぜ外国語(英語)を学んでいるのか、と考えさせられました。 日本という国を勉強している人に「教えて」と言われて 大した説明も出来なかった自分が情けなくて仕方なかったですもの。 確かに英語を話せたほうが視野が広がるし コミュニケーション出来る人も増えるとは思いますが、 それ以前に『日本語』という独自の言語をしっかり 理解しておく必要があるんじゃないかな、と 思うようになりました。 ちょっと論点がそれましたが、 今は質問者様の考えと同様 日本語を話せて良かったと思っています。 英語のネイティブでどうこう、とは思いませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

 外国語を知れば知るほど、日本語が分かってよかったと思います。  英語と日本語は、もちろんそっくりそのまま訳をし合うということはできませんが、言語的な特性上英語だと自分の言いたいことが完全に近い形で伝わりにくいような気がします。ジェスチャーやイントネーションで伝わる所もあるのかもしれませんが、それらには話しての感情というか情緒までも伝えてくれるとはおもいません。  反対に日本語は、一つの文の言い方にしても「~だ。だよ。だよね。だって。だろ。・・・」というふうに幾通りもの言い方があり、またそれらは一つ一つに細かいニュアンスがあり、そして話してはそのニュアンスを伝えることができると思います。こういった究極の形は「古池や 蛙飛び込む 水の音」などに代表されると思われます。この句を聞いて日本人なら言わんとしていることが理解できると思いますが、外国人には恐らく理解しがたいところだと思います。  もっと言えば、現在英語が世界共通語の如く思われていますが、それは言語的な特性よりも経済優先、市場原理優先の世の中であり、その発端となっているのがたまたま英語圏の国々であったため現在のような状況があるのだと思います。さらに、その下には先の大戦でアメリカ率いる連合軍が勝ってしまったところにあると思いますし、逆に日本が買っていたらきっと日本語が世界共通語になっていたのかもしれません。無論、たら・ればを語るつもりはありませんが。  いずれにせよ、世界的に見れば英語などを話す人口はほんの一部だと思いますし、数で見れば中国語の方が多いかもしれません。先ほども述べましたように、少なくとも日本人は英語が世界共通語であろうと思っているかもしれませんが、英語を話している地域は経済優先、市場原理優先の地域で、それらの被害に遭っていると言っても過言ではない発展途上国や貧困層の人々などの方がよっぽど世界的に見れば多いのは事実です。  このような、英語にまつわる問題はまだまだあると思われますし、ここ全てを挙げるには無理があると考えます。ただ、一つだけはっきりしていることがあります。それは、英語は手段であるということです、あくまでも。他の言語も含めてそうですが、自分の伝えたいことを伝えるための道具であるということが、まずは言語の意味だと思います。そう考えると、今、小学生に英語を勉強させるなどと訳の分からないことを、訳の分からない○○科学省はぬかしていますがもってもほかです。伝えることもなく、内容もないのに、一体何を相手に伝えられるというのでしょうか。それは、メールの送り方を学んでひたすら空メールを送っているようで滑稽です。まずは、母国語である日本語をきっちり学び、そしてあらゆる感情を磨き上げることが先決だと思います。それから、中学に入って勉強しても全然遅くありません。早くからすればできるなどというのはなまけものの言い訳にしか過ぎないと思います。  話はだいぶそれましたが、以上から結論を言えば英語のネイティブになりたかったとは思いませんし、日本語のネイティブでラッキーだったと思います。  P.S.小学生に英語を習わせるか論争でおもしろい法則があります。それは、英語ができない・しゃべれない人間ほど習わせるのに賛成で、逆にできる・しゃべれる人間ほど反対である、という法則です。たまに調べてみると、おもしろいほど当たってますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

ネイティブでありたかったです。 外国人は日本人と当たり前に違いますよね。 昔からよく外国には行きますがサッパリしゃべれません。 その時しゃべれたらどんなによいかって思います。 文化の話。食事のこと。楽しい話。 やっぱり日本人とは違います。 世界共通語だからこそもっともっと英語を勉強して色々な方と巡り合いたいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#25358
noname#25358

 こういう回答はアンケートカテゴリならではかもしれませんが、「○○語がしゃべれてよかった」と思ったことはありません。  言葉ってのはけっきょくコミュニケーションのためにあるんだし、必要なら勉強するし、必要なければ何もしないだけですから。  俺は必要があって英語の勉強を少しずつやってますが、たとえばインドネシア語の勉強は必要ないのでやりません。(でもポリネシア語はちょっとやんなきゃかも……)  こういう考えなもんで、ゆえにたとえ母国を選べる立場に立ったとしても、言葉を基準に選ぶようなことはしないと思います。  そりゃあ、たしかにいくつもの言語を自在に操れたら楽しいだろうなとは思いますけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • これかからの英語

    こんにちは。私が出したある質問でとある回答者が 「英語はこれからの世界の共通語として誰もが話せて当然になります。日本語に並んで英語科目は必修になります。それは外国語のレベルを上回り、いわゆる世界標準語で、日本語の方が現地語として残るという逆転現象がいずれおこります。」 と書いていました。可能性としてはあるかもしれませんが、ちょっと疑問もあります。みなさんはどう思いますか?

  • バイリンガルマルチリンガルは話す言語で性格は変わる

    バイリンガルやマルチリンガルの人は、話す言語ごとに性格は変わるのでしょうか? 滝川クリステルさんは日本語、フランス語、英語が使えますが、話す言語によって性格も変わるようだと言っていらっしゃいました。 フランス語を話している時はよりオープンに、日本語で話している時はその反対というようなことでした。 実際、バイリンガルやマルチリンガルの方、もしくは知り合いにバイリンガルやマルチリンガルがいらしゃる方で、話す言語ごとに性格が変わるという経験をされたということはありますか?

  • ネイティブのように外国語を書けるようになるには?

    外国の人が日本語を勉強することは現在珍しいことではないと思います。 日本語会話は割りと簡単らしいのですが、日本語で書くということはとても難しいらしいですね。 確かに私達は「かな・漢字」などを使い分けて書くこと以外に、いろいろな技術を駆使しながら書いています。 小学生の低学年の頃にはおぼつかない日本語の文章も、小学生高学年にもなればいっぱしに日本語を書きこなせるようになってきて、中学生にもなれば大人とは違うセンスで(まだまだ足らない部分はあると思うけれど)書くことで自分を表現できるようになります。(ギャル文字や仲間同士共通の言葉など大人には理解の難しい言葉の文化も生まれます) しかし考えればこれにはとても長い時間がかかり、書いたものをどこかで修正してもらい上達するというプロセスを経ていると思います。 ネイティブの私たちでさえ、こんな長い経験を経て一人前の日本語を書けるようになります。 (余談ですが、先日英語を習い始めた仕事仲間と知り合う機会があり数回メールを交換したのですが、日本人にもかかわらず日本語の書き言葉がめちゃくちゃなのに絶句しました。まだ若いとは思いますが、ここまで日本語が書けない日本人を見たことがなかったもので・・・。一方、英語学習本を何冊か執筆しているデイビッド・パーカー氏は、著書を日本語で執筆しています。出来上がりまでに日本語ネイティブに何度か直してもらったそうですが、最後の方ではチェックがほとんど入らなくなっていたそうです) 外国人の方が日本人のように書くというのは完全に不可能とは言えないまでも、かなり難しいことかも知れないと思います。書かれた日本語を読めば、それが外国人の人が書いたかどうかどうしたって一目瞭然と感じることもあります。私の書く英語も、どうがんばってもどこか不自然なんだろうと想像します。 日本語に限らず、外国語を「ネイティブほどに書けるようになりたい」というのは不可能なことなのでしょうか?ネイティブのように書けるようになるために、必要なことって何でしょうか?多くのよい文章を読み書写する、添削を気長に受けるなど? ネイティブのように書けるようになることに対してどんなことが必要かなど、教えてください。

  • 英語はネイティブから習うのが効果的である ?

    こんにちは。NHK出版 大津由紀雄著の「 英語学習7つの誤解」という本の中で 次の7つの項目が挙げられていますが、今回は「5.英語はネイティブから習うのが効果的である」について考えてみようと思います。 1.英語学習に英文法は不要である 2.英語学習は早く始めるほどよい 3.留学すれば英語は確実に身につく 4.英語学習は母語を身につけるのと同じ手順で進めるのが効果的である 5.英語はネイティブから習うのが効果的である 6.英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語である 7.英語学習には理想的な、万人に通用する科学的方法がある 私も英語はネイティブから習うのが効果的であるとは思いません。 初・中級者に関しては 日本人からメインで ネーティブは助手として習うのが効果的だと思います。そこで質問ですが、ネーティブオンリーから効果的に習うにはどの程度のレベルが必要でしょうか?

  • 英語について

    英語を母語としていなく英語がかなり堪能な方にお伺いします。 何を意識する事が、どのような勉強法をする事が、特に会話において英語力向上に繋がるでしょうか、というのが質問です・ 私は英語を勉強が好きで、過去3年間は文字通り日本で英語を勉強しています。しかし諸事情で毎日アメリカ人達に囲まれて生活しています。ちなみに現在24歳です。英語力そのものはTOEICで言えば950点以上、英語圏の人の言っている事は専門的な事でなければ集中すればほぼ100%意味がわかります。会話においても、英語を母語としない人に英語で話せばネイティブに間違われることもありますし、瞬時に言い表す事のできない事はほぼありませし、ネイティブの人に聞き返される事もあまりありません。 しかし、自分の会話が発音的にも言語感覚的にも遥かにネイティブの人達におよんでいないことは自分自身が一番良く分かっているつもりです。日本語のようにボッーっとしていては、意味は日本語のように入ってきません。日本語のように早く話せません。こんな状態なのですが、どのような勉強や心がけをすれば、今後の英語力向上に繋がることができるでしょうか。 もちろん私は成人していますので、ネイティブになることはほぼ不可能であることは理解していますし、今から英語圏の国に移り住む事も不可能です。アメリカ人の友人にこの相談をしても、別にこれ以上勉強しなくても良いんじゃないの?と言われてしまいますし、彼らが僕の求めている答えを持っているとは思っていません。周囲に自分より英語ができる人もいません。 こんな状態なのですが、何かアドバイスしていただける方がいましたら、よろしくお願いします。 どんなアドバイスでも大歓迎いたします。

  • 国語と呼ぶ外国(または外国語)はありますか?

    国語と呼ぶ外国(または外国語)はありますか? 日本では、日本語の事を国語と呼ぶことがあります。 むしろ、学校教育などの世界では、日本語と呼ばず、国語と呼ぶのがならわしのようです。 私の少ない外国語の知識では、母語という表現をする外国語はあるようですが、国語と表現する国はありますか?

  • グローバル化と英語

    こんにちは。英語の得意な人には「グローバル化」を叫ぶ人が少なくありませんが疑問に思うことがあります。 世界には色んな言語あり、その中でも英語が共通語的な役割を果たしていることは否定できないと思いますし、これからも私たちが生きている間は変わらないでしょう。 しかし、日本を取り巻く世界が、必ずしも「英語=グローバル化」では片付けられないような気がします。 先ず、これまではアメリカを中心に世界が回り、日本はアメリカの忠実な子分でした。しかし、アメリカの相対的プレゼンスも低下していく方向にあり、日本も必ずしもアメリカの言いなりばかりになる必要はないのではないかという考えも芽生え始めています。また、当のアメリカではヒスパニックが増加し、バイリンガル化が進みつつあります。 とは言っても、日本はアメリカの同盟国であり続けるでしょうし、英語はアメリカ以外にも世界の色んな地域や国で使われているので、英語は最も重要な外国語であり続けるでしょう。 しかし、在日外国人及び、日本への海外からの渡航者は英語圏よりも非英語圏の人の方が多く、英語だけでは対応できないことが多々あります。例えば、韓国や中国からの観光客の多いツアーコンダクト、アジア人が多く泊まる安いホテル、在日の中南米の人たちの医療、非英語圏の在日外国人の司法通訳、などなど。 英語に限らず、外国語を必要とされる場面が、大学の研究論文を読むとか特殊な需要ではなく、身近なところでよくあることと思います。 また、日本がこれから外交上ますます重要なっていく国として、中国、韓国、ロシア、タイ、インドネシア、ベトナムなどの近隣諸国が挙げられると思いますが、それらの国はどれも英語を公用語としていませんよね。 勿論、英語も重要になっていくことを考慮しても、日本の英語教育はあまりにも貧弱です。先ず、公立の中学では英語の授業がたった週3コマしかありません。そして、高校でもほとんどの生徒は英語以外の外国語を習う機会もありません。 非英語圏の外国語を見ても、お隣の韓国では日本よりも英語に力を入れているだけでなく、高校では第2外国語も習うそうです。ヨーロッパ諸国ではもっと外国語教育に力を入れていて、フランスでも英語には力を入れていて、最近ではスペイン語も重視しており、ドイツ語も依然と学習者が多いです。 そこで質問です。趣旨が漠然としていますが、グローバル化と英語についてどう思われますか? その他、英語の現在の日本の英語教育についてや、グローバル化、日本の国際化などについて何でも構いませんので意見を募集します。

  • 英語が通じない外国人への対応

    こんにちは。↓の質問を読んで私も少し似たようなことを体験しました。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5457615.html 私の場合はコンビニなんですが、英語を解さない外国人が多く訪れます。多分ブラジル人がほとんどだと思います。 そこでどのような考え方が正しいでしょうか? (1)ここは日本であり、英語もポルトガル語も外国語に変わりはないし、何も英語を話す人だけを優遇する必要もない。外国人であろうと日本語で対応して構わないが、外国人であることを考慮して ゆっくり分かりやすい日本語で話せば十分である。 (2)英語は一応は世界の共通語なので、英語なら日本人も一応は学校で習っているので出来る限り英語で対応すべきだが、英語も話せない外国人なんかは たとえ過半数だとしても適当に軽くあしらえばいい。 (3)片言でもいいから、ポルトガル語など店に多く訪れる外国人の言葉で最低限必要と思われるものは覚えた方がいい。 (4)絵などを使って、ある程度どんな外国人にも対応できるように工夫する。

  • 英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語である?

    英語はネイティブから習うのが効果的である ? 困り度: 暇なときにでも こんにちは。NHK出版 大津由紀雄著の「 英語学習7つの誤解」という本の中で 次の7つの項目が挙げられていますが、今回は「6.英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語である 」について考えてみようと思います。 1.英語学習に英文法は不要である 2.英語学習は早く始めるほどよい 3.留学すれば英語は確実に身につく 4.英語学習は母語を身につけるのと同じ手順で進めるのが効果的である 5.英語はネイティブから習うのが効果的である 6.英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語である 7.英語学習には理想的な、万人に通用する科学的方法がある 日本では英語は外国語の中でも特に別格的な地位にありますが、日本でも認知度の高い他の外国語と難易度を比べるとどうでしょう? 英語はフランス語やドイツ語に比べると文法もシンプルですし、日本語は英語からの夥しい借用語があるおかげで単語も覚えやすく忘れにくいものが多いです。例えば、英語の beefはどんなに英語学習のブランクがあっても決して忘れないような単語ですが、ロシア語の говядинаなんかは覚えにくいし、覚えても忘れやすいです。 また、中国語は文法は英語よりは若干易しいものの、発音は英語よりも難しいです。韓国語は日本語と似ていると言われていますが、最初にハングルを覚えなければなりません。 そこで質問ですが、英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語であるとは言えるでしょうか?

  • 英語圏の大学等に付随している、英語を教える「外国語学校」についてお尋ね

    英語圏の大学等に付随している、英語を教える「外国語学校」についてお尋ねします。 英文を読んで意味を理解することに関してですが、学生が正しく理解していることを教師が判断するのはどのようにしているのでしょうか?日本の高等学校や大学のように、日本語に訳して理解の度合いをみる以外のどのような方法をとっているのでしょうか?もし訳読に頼るとすると、学生の母語の数だけ教師を集める必要が出てきてしまいます。 実は職場にアメリカの大学の外国語学校に半年間留学した人がいるのですが、英語の文書を正しく理解していないようです。そのため英語圏の外国語学校でどのように読解の勉強をしているのか興味を持ちました。他の言語圏の外国語学校でも構いませんので、教えて下さい。よろしくお願いいたします。

専門家に質問してみよう