• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

亀田選手の実力

  • 質問No.2317471
  • 閲覧数315
  • ありがとう数25
  • 気になる数0
  • 回答数15
  • コメント数0

お礼率 83% (66/79)

昨日ランダエタ選手に判定で勝ちチャンピオンになった訳ですが、あの試合素人の自分が見てもランダエタ選手優勢に見えました。1Rでダウンも取りましたし。その後もランダエタ選手のパンチを受け続ける場面もありました。しかし判定で2ー1で亀田選手の勝利。これは一体何故でしょうか?? 「パンチの重さ」や「パンチの数」が関係しているのでしょうか?もしそうだとしても、ランダエタ選手の方が勝利していたはずです。

今の時点で亀田選手は負け無しのようですが、これは「亀田選手が強い」からでは無く、「今までの対戦者があまり強い人では無かった」と思えてくるのですが
…、思うに今まで対戦してきた中で、ランダエタ選手が一番強い、というよりも本気で戦っていたように思えます。今までの対戦者は「負ける」つもりで対戦していたと思うのですが…  昨日の試合で亀田選手の実力が分かると思っていたのですが「判定」によって、疑問に思えてきました。皆さんはどう思いますか?   

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.14
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 49% (43/87)

【亀田興毅戦績】

一戦目:デンナロン・シスソバ(タイ 0勝2敗)
二戦目:プラカルン・ツインズジム(タイ 0勝3敗)
三戦目:サミン・ツインズジム(タイ 0勝4敗)
四戦目:ダオチャイ・KTジム(タイ 0勝5敗)
五戦目:ノパデッチレック・チュワタナ(タイ 確認できる戦績なし/当時タイ国フライ級2位)
六戦目:ヨードゲン・シンワンチャー(タイ 0勝4敗)

まず、第六戦目までの相手は今までに『1勝』もした事がない相手です。

七戦目:サマン・ソー・チャトロン(タイ 46勝7敗1分/元世界王者だが、長期ブランクと戦績低迷により当時はノーランカー)
八戦目:ワンミーチョーク・シンワンチャー(タイ 12勝2敗/当時OPBF東洋太平洋フライ級王者&WBC同級世界下位ランカー)
九戦目:ノエル・アランブレット(ベネズエラ 21勝4敗1分1無効/元WBAミニマム級王者&当時WBAライトフライ級世界ランカー)
十戦目:カルロス・ボウチャン(メキシコ 21戦16勝5敗/当時WBC傘下地域団体のフライ級ラテン王者&WBC同級世界ランカー)
十一戦目:カルロス・ファハルド(ニカラグア 24戦15勝6敗1分2無効/当時IBFライトフライ級世界ランカー&WBCフライ級世界下位ランカー)
十二戦目:ファン・ランダエタ(ベネズエラ 24戦20勝3敗1分/元WBAミニマム級暫定王者&当時WBAライトフライ級1位)

かなり作られた王者だという事がうがった見方を
しなくてもこの戦績から普通に読み取れます
お礼コメント
snowkel

お礼率 83% (66/79)

かなり詳しく戦績を載せていただきありがとうございます。「1勝」もしていない相手と戦っていたんですね。
投稿日時:2006/08/05 22:54

その他の回答 (全14件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 14% (1/7)

判定の裏話は週刊誌が暴いてくれますよ。

こういう大きな試合を平日に開催するのもなんか変だと思いませんか?普通、週末のゴールデンだと思うのですが・・・・。

裏がありそうなので、今後が楽しみです。
お礼コメント
snowkel

お礼率 83% (66/79)

回答ありがとうございます。週刊誌が暴く…ですか。
次の試合も目が離せませんね
投稿日時:2006/08/05 22:35
  • 回答No.3

ベストアンサー率 25% (9/36)

昨日の 試合は私も声をだして応援していましたが、試合終了後は「あ~負けたなぁ」と実感していたのに判定勝ちして えぇぇぇ!って感じでした。

私も素人ですが はっきり言って今回の亀田はあきらかに プレッシャーのせいもあるのか固い試合していて、本来の、のびのび生き生きした感じがしなかったです。

相手のランダエタ選手がすごくテクニック的には上手に思えました。
でも、亀田は頑張ったねって感じで うそ臭い勝利だけどお父さんに ベルト渡せて良かったね。
次は こうはいかないから頑張れよって感じでしね。

亀田本人は 一番悔しい判定に思っているかもしれませんね。 チャンピオンになったけれど 世間からはあまり評判も良くなくて 肩身の狭い思いをしているので かわいそうです。

だけど 勝利後に 泣いてお父さんお母さんにありがとうの言葉を発したときには、口は悪いけど やっぱりこの子は 親を尊敬するいい子なんだなぁ~としみじみ感じました。
ボクシングは 経験とテクニックが重要ですから これからもっともっと 亀田は成長していくと思います。だってまだ19歳成長段階ですからね。
パワーとスタミナはあるので あとはテクニックを磨いてほしいですね。
補足コメント
snowkel

お礼率 83% (66/79)

回答ありがとうございます。次の試合で勝つか…ですね
投稿日時:2006/08/05 22:32
お礼コメント
snowkel

お礼率 83% (66/79)

回答ありがとうございます。次
投稿日時:2006/08/05 22:32
  • 回答No.2

ベストアンサー率 37% (3926/10438)

全ては次回の12月31日の初防衛戦で回答が出ると思います。

亀田選手の後ろに居る TBS・共栄ジムその他諸々の利権を争う団体の存在により、彼にはどうしてもキナ臭いイメージが付いて回ります。
特にTBSは、歴史のある「レコード大賞」の放映日を30日に変更してまで、大晦日の亀田選手の初防衛戦の放映に拘ってきました。
そんな矢先の、昨日の微妙な判定ですので、殆どの視聴者が納得できないのは仕方ないでしょう。

ただし、若干19歳の青年が、ボクサーの経験も無いしトレーナーの資格も無かったお父さんの指導だけで、階級を1ランク上げてきて体重制限から開放された同級の世界1位の選手と、12ラウンドフルに戦ってKOされなかった事は事実であり、此れだけでも本当は凄い事だと思うのですが・・・
試合後に、泣きながらお父さんにお礼を言っていた姿こそが、彼本来の姿だと思うのですが・・・
お礼コメント
snowkel

お礼率 83% (66/79)

回答ありがとうございます
投稿日時:2006/08/05 22:30
  • 回答No.1

ベストアンサー率 12% (287/2339)

・昨夜の判定は、判定で(納得できないけどね)。
 今後の防衛戦で回答が出てくるのではないでしょうか?
お礼コメント
snowkel

お礼率 83% (66/79)

回答ありがとうございます。
投稿日時:2006/08/05 22:30
14件中 11~14件目を表示
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ