• 締切
  • 困ってます

個人の不動産を会社の名義にする方法は?

  • 質問No.2289670
  • 閲覧数216
  • ありがとう数4
  • 回答数3

お礼率 0% (0/3)

会社を設立する際に、個人名義になっている不動産を現物出資とする方法を教えていただけませんか?
(そこに個人法人間で売買し金銭のやりとりが生じるのか、手続きだけなのか)

また、資本としてではなく、途中で個人名義の不動産を法人へ変えられた方もいらっしゃればお願いします。

その不動産の適正な価格で売買しなければならない場合、キャッシュがあればいいでしょうがそうでない場合どうするのか、調べてはいるのですがどうも釈然としないでいます。

回答 (全3件)

  • 回答No.3
現物出資であれば、売買ではありません。

ただし、不動産の現物出資は、不動産鑑定士による鑑定とそれを裏付けるために、税理士や弁護士などの認証が必要になります。(本来は裁判所に選任された調査役の調査が必要ですが、前記の方法でも可能になりました)

もし売買するのであれば、あまりにも安い価格で譲渡しようとしても却下される可能性がありますよ。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 44% (108/244)

質問者様に、もう少し状況をご説明いただきたく質問いたします。そうすれば、より的確な回答が得られると思います。
(1)不動産はどういう種類の不動産ですか?工場であったり店舗であったり、居宅であったり。
(2)不動産を法人では、どのようにお使いになる予定ですか?
(3)個人名義の不動産を法人名義にする真の目的は
イ)法人の事業に供する不動産は法人が所有しているべきなので
ロ)固定資産税等を法人に払わせたいので
ハ)資本金を大きくしたいので
ニ)担保提供のため
ホ)相続等のときのため
ヘ)その他(具体的に書いてください)

現物出資は一般的ではありません。個人-法人間での賃貸借関係でも充分なはずです。その方が法人に負荷がかかりません。

以上、ご回答宜しくお願いします。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 25% (1361/5264)

現物出資は原始定款に記載する必要があります。
参考にしてください。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ