• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

中古一戸建を購入するのですが・・

ご助言を頂きたく質問させて頂きます。 宜しくお願い致します。 築年月1975年10月 全改装渡し!新築同様に改装中 (外壁・天井・床・クロス・水周り)全て新品 売主負担にて耐震基準適合検査いたします。 新築そっくりさん?の様な感じだそうです。 このような物件を購入するのにあたり何か落とし穴が あるのではないかと不安です。 ご意見を頂けたらと思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数102
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8

NO7です <全改装しなければならない時とはどんな状況のときなのでしょうか? <気になってしまって・・ご回答頂けると助かります。 まさしくその通りです。 最近の仕事ですが、老夫婦が住んでおられた空家ですが、息子さんの所に引っ越しました。売りたかったのですが(引越し先の改造費用)人が通れる位しか道路が無く現在建築不可、6年後に道路整備(確認済み)が有り建築が出来るように成ります。人気地域ですが致し方有りません。 築55年を全改装しました。 耐震補強しましたのでかなりの手が入りました。 外壁はサイディング仕上げ、壁も床も窓も、玄関の扉はドアに、和室はフローリングに、ピッかピカです。全て隠しました。(鼠痕跡多数) それと、10年ほど空家状態の家、ガラスが壊れ雨風、おまけに鳥の糞、畳から雑草が。外壁以外全部直しました。風呂、水廻り、床材の上に又床材、ご想像の通りですが、自分では買いません。 聞いた話では、その又昔馬小屋を、家にした業者も、、、、、、。 結論ですが、そのままでは価値が無い=全改修が殆んど。 以前の面影は全部隠します。いえ、隠せと指示されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

改装して売る物件にはやはり何かあるのですね・・・ 本当に色々と勉強になりました。 ご回答下さり本当に有難うございました!

関連するQ&A

  • 中古戸建の耐震基準適合証明

    築21年の中古戸建の売買契約を目前に控えています。 住宅ローン減税適用の為、耐震基準適合証明の審査を受けてもらえるよう売主に打診してほしいと不動産屋に依頼したところ、 「中古物件の耐震基準適合証明は、実際には高耐震とされている物件レベルでないとおりにくいようです。時間的にも金額的にもロスになりますから、そんなことをせずに早く買ったほうが良いのではないですか」と言われました。 このコメントの信憑性についてコメントをいただければ幸いです。 ちなみに物件はS武不動産、S武開発が施工分譲したもので2×4で建てられています。作りは素人目には丈夫そうですし、付近の街並、景観ともすばらしく、担当の不動産屋さんはこの物件に相当自信をもっていて(値段も付近の相場から考えると格安)、私自身も気に入っています。また、この方もこの分譲地内に住んでいらっしゃいます。 私としては、住宅ローン減税が適用されないとしても、この家には住みたいとは思っているのですが、耐震基準適合証明がおりない家に住んでも大丈夫なのかと不安に思っているのと、そこまで買い急がせることに少々不安をいだいておる次第です。

  • 中古住宅の適合証明はだれが準備するものでしょうか

    はじめまして。 現在、中古一戸建ての購入を検討しているものです。 物件は ■木造・昭和49年築(築後34年経過) です。 質問は、3点です。 (1) 住宅ローン控除に必要な適合証明(耐震基準適合証明書)は売主が準備するという話を聞きますが、 それは本当なのでしょうか? (2) 住宅取得支援機構の『フラット35』や『財形融資』を利用する際にも『適合証明』が必要かと思いますが、 これは住宅ローン控除で求められる適合証明(耐震基準適合証明書)と同種のものでしょうか? (3) もし、住宅ローン控除と機構融資で求められる適合証明が同種のものであれば、 売主に用意していただくことを不動産仲介会社に働きかけることは可能でしょうか? (適合証明を住宅ローン控除にという理由で売主に準備してもらって、 それを機構融資にも利用できないか、という姑息な考えですが。。。) ご教示いただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 【中古住宅の住宅ローンの控除について:昭和58年築】

    【中古住宅の住宅ローンの控除について:昭和58年築】 お世話になります。 昭和58年10月に建築された中古住宅の購入を検討している者です。 専門知識がなく、インターネットで調べても不明な点が多いので こちらに質問させて頂きました。 まず、住宅ローンの控除を受けることが可能なのか? 昭和56年以降の物件なので、新耐震基準は満たしていると思うのですが 建築証明書がないとのことです。(ハウスメーカーも不明) この場合、耐震基準適合証明をとることは可能なのでしょうか? 逆に、昭和56年以降の住宅でも、耐震基準適合証明書が発行できない住宅が あるのかどうかも不明です。 もし、耐震基準適合証明書が取得出来なかった場合、何らかの補強をすることによって 再度取得することが可能なのかなと考えておりますが・・。 ただ、補強して耐震基準適合証明書を取得したにしても、 どのくらい住宅ローン控除が受けられるものかも疑問です。 以上の事を踏まえて質問事項をまとめます。 =================================================== (1)建築証明書がない住宅(どこのハウスメーカが建てたかも不明)でも  昭和58年10月築の物件であれば、耐震基準適合証明書を発行することが可能なのか。 また、調査した場合、耐震基準適合証明書が発行できる可能性はあるのか。 (2)中古住宅でもそこそこの住宅ローン控除を受けることは可能なのか。  (新築と同じ控除が受けられるのか) 【年収】  :300万 【扶養】  :なし 【金利】  :2.0% 【借入額】 :2000万 【借入期間】:35年 =================================================== 不動産屋さんに確認したのですが、「木造住宅は20年までしか 保証されないので、適合証明はとれない!」と、何度説明してもかわされてしまいます。 (定年後の方が営まれている不動産屋です) 稚拙な文章で申し訳ありませんが、ご指南の程宜しくお願い致します。

その他の回答 (7)

  • 回答No.7

外壁含みの全改装は、当方でもやります。 しかし、全改装にしなければ成らない時です。当方ですと改装前の状態が分る資料添付しますが、(耐震に問題有りますので、ここを補強しましたとか)見せて頂きました?無ければ問題が有りそうです。 シロアリで此処を交換しましたでも、完全に駆除出来たのか、信頼出来る業者なら、3年保証とかの保証書有りますし、何か有っても保険で対応出来ますが、大工さんがでは、無理が有るかも知れませんし。 見られてまずい所は、良く隠してしまいます。悪意が有るか無いかは別ですが、実情です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 改装前の状態の分かる資料など今のところ見せて頂いてません(汗) 一応、購入後2年間の保証があると聞いてます。 全改装しなければならない時とはどんな状況のときなのでしょうか? 気になってしまって・・ご回答頂けると助かります。

  • 回答No.6
  • dot777
  • ベストアンサー率32% (164/508)

#3です。 当然確認されていると思いますが、その場所は再建築は可能なんでしょうね? 通常築30年の物件なら土地(古家付)で売ることが多いので、気になりました。 公道に面していないなど、再建築できないところなら、絶対買うべきではありませんし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

度々ご回答有難うございます(^^) 再建築可能な物件だと思います(すみません何せ超素人なもんで(汗)) これを機会に勉強したいと思います。

  • 回答No.5
noname#20102
noname#20102

30年前の建物でしたら、工法自体が昔式ですし、基礎も駆体も古いですよね。私なら買いません。 全面改築したリフォーム代は相当な金額となると思います。 例えば販売価格が2000万、土地代が1000万としたら、リフォーム代が1000万ということになります。 いつまで持つかわからない建物が1000万としたら、ものすごく高いですよね。古い建物を改築するのは実は非常に割高なのです。 ちなみに上記の例ですと、ローン融資は土地代の1000万しか降りません。リフォーム代は担保になりませんから。 築30年の木造住宅は担保評価はゼロになると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とてもするどいご指摘でびっくりです。 何もかもはじめての事でここで質問しなければ後で後悔していたかも・・といった感じです。 勉強になりました。 ご回答本当に有難うございました。

  • 回答No.4

他の方がおっしゃっているように主要構造部がどうなっているのかがポイントかと思いますが・・・。 広告とかを見れば土地の代金(坪単価)はおおよそ見当はつくと思いますので、建物のみの価格がいくらぐらいになっているのでしょうか?新築した場合の価格と大して変わらないのであれば割高な買い物となるでしょう。 また、かなり割安であれば、表面仕上げぐらいしか改装していない可能性がありますね。 あとは、その建物が新築当時は建売の建物であったかまたは、注文住宅であったのかも判断材料の一つです。 勿論建売であればやめたほうが無難かもしれません。 前述したとおりどこまで直しているかが不明なのでなんともいえませんが、ライフサイクルコストで割安か割高かで判断したらどうでしょうか?一般的に言えばすでに40年以上経っているわけですからせいぜいあと15年も持てばいいところでしょう。 これからさき40年間生きるとした時に この物件の場合;15年後ぐらいに、建物の限界が来て改築することになる。 その後は、25年間となるので、外装、屋根のリフォーム、水周りユニットバスの交換、内装クロス張りの張替え程度のリフォーム費用を想定すした合計金額を算出する。 この物件をやめて新築物件とする 30年後に改築を想定する。(この時点もしかしたら改築する必要が無く老健施設とかシルバー系のマンションに住み替えをしたくなるかもしれませんね。) 改築後30年間は建物が持つと考えれば子供に譲ることが出来ますね。 後見込む費用は同様に内外装のリフォーム費用を見込む必要がありそうです。 金銭的にどちらが得か、選択肢はどちらがひろがるか、生活のしやすさ(間取り)はどちらがよくなるのか等々 で判断されたらどうでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

素人の判断ですが建売ではないように思います。 色々と考えさせられた回答でした。(良い意味で) 明日もう一度物件を見に行くのでちゃんと考えてみたいと思います。 ご回答本当に有難うございました。

  • 回答No.3
  • dot777
  • ベストアンサー率32% (164/508)

木造でしょうか?鉄骨でしょうか? そこまで古いと、基礎や(木造なら)柱の状態も心配です。外壁は直したけど中はぼろぼろでないかどうかよくチェックしてください。 あと、屋根がコロニアルならアスベスト問題もありますね。 鉄骨なら(ちゃんと作られてたら)骨組みは結構丈夫なんで大丈夫でしょう。錆くらいですか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すばり木造です! 明日もう一度物件を見に行くので柱のチェックなど念入りにして来ようと思います。 っていっても素人で何処までわかるか不安ですが。 今はアスベストの問題も怖いですよね・・・ 売主さんに色々聞いてみます。 ご回答有難うございました。

  • 回答No.2

上物は新品同様になったと言うことですね。 ちょっと見で判らない、基礎部分、土地自体の硬度(地盤)は大丈夫でしょうか? ご近所さんの様子(ごみ屋敷があるとか、騒音おばさんがいるとか・・・) 中古は新築にくらべ、ご近所は出来上がっていますので、物件以上に住み心地を左右します。 落とし穴があるかも・・・と思うほどお安い物件だったのでしょうか? 理由なく安いものは無いと思ったほうがいいです。 念には念を!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 明日、もう一度物件を見に行くので基礎部分や地盤・近所の様子など見て来たいと思います。

  • 回答No.1

屋根もチェックしたほうがいいです。 それと、シロアリも要チェック。 古い建物はこの辺がNGの場合が多いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

屋根・シロアリとても重要なところですよね。 早々のご回答有難うございました。

関連するQ&A

  • 中古住宅購入の手順

    中古住宅の購入を考えています。 良さそうな物件があったのですが、色々調べなきゃと思っているうちに、他の人に取られてしまいました。 中古物件だと、基礎や構造に問題がないか調べてもらったり、リフォームにかかる費用の試算をしたりと、実際に契約に至る前に色々と調べ物をしたくなります。ローンも不動産屋の提携ローンだけではなく、複数の金融機関に審査してもらい条件の良いところから選びたいと思うと、自分で動かざるを得なく、時間がかかってしまいます。 今回の物件は、高築年数の物件で耐震基準適合証を取っていない物件だったので、住宅ローン控除を受けられるように、売主に耐震基準適合証明を取ってもらい、適合が確認できた時点で申し込みをするつもりで、その間に色々調査をしようと思っていました。正直、2~3週間でもきついなと思っていたのに、あっという間に他の申し込みが入ってしまい、すぐに契約だそうです(物件公開から1週間強!!)。 良い物件は、すぐに売れてしまうというのを身をもって経験しましたが、焦って不良物件をつかまされるのも嫌です。 十分な調査を行い納得した物件取得をしたいのですが、気に入ったら、すぐに申し込みだけはするべきでしょうか? 人気物件に、十分な調査の時間を取ることはできないのでしょうか? また、次に気になる物件が出てきたときにすぐ動けるように、準備しておいた方が良いことは何かありますでしょうか?

  • 耐震基準適合証明書の発行費用って・・

    築21年目の中古住宅の取得契約をし、いくつかの税金控除が受けられるとのことで、不動産業者が〔耐震基準適合証明書〕を取ってくれたようです。 "証明書発行費用:5万円"の連絡がありましたが、発行によって今後の出費が軽減される事を嬉しく思いました。 しかしいろんなサイトを見ていたら、 【耐震基準適合証明書を取得する際には、原則として中古住宅の売主が申請を行う】 とあります。 これを見ると発行費用は買主の私が負担するものなのか、疑問に思ってきました。 実際、この〔耐震基準適合証明書〕の発行費用はいくらぐらいするものなのでしょうか。そして買主の私が支払う5万円という金額は妥当なのでしょうか。 わかる方がいたら教えてください。

  • 中古住宅、住宅ローン控除は受けられない?

    58年5月新築の中古住宅を購入予定ですが仲介業者に尋ねたところ、 「受けられない」とのこと。私なりに調べたのですが築20年超の木造住宅でも新耐震基準適合証明書があれば受けられると書いてありました。 でも57年以降の建物は新耐震基準に適合しているとみなされるので不要ともあり、必要ならば売主に手続きしてもらわなければいけないものなので(費用もかかるし・・)判断できずにいます。改めて建築士に見てもらっても基準を満たさず無駄に終わるのでは?と不安もあります。 どうしたらいいのか困っています。

  • 築20年以上の耐震基準適合証明

    中古物件の購入を考えており、物件を探してます。 新耐震基準施行後(昭56年)築で、築20年以上の物件の場合、ローン控除を受けるには耐震基準適合証明を売主にとってもらう必要があります。もし、売主がこの証明を取得できていると、どの程度安心できる家であるといえるのでしょうか?耐震基準適合証明を取得するには、どのような審査が行われるのでしょうか? この証明の取得にあたっては、建築士による検査が必要とのことですが、目視検査等が含まれるのであれば、耐震基準に関わるような、シロアリや腐食等の被害についても検査が行われていると考えていいのでしょうか?若しくは図面のチェックだけなのでしょうか? 前者あれば、築19年の証明が必要ない物件より、築20年超の証明つきの物件のほうが、安心できると思われるのですが。 良い物件が見つかれば、一応建築士の方にも見てもらおうと思っておりますが、築20年以上のもので適合証書がある物件に関しては、基礎/構造部分は既に確認済みと思っても宜しいのでしょうか? また、この証明書はどの程度一般的になっているものなのでしょか?不動産屋との会話の中にもほとんどあがってきませんが・・・。

  • 築20年超の中古住宅購入、確定申告は必要ですか?

    昨年、築28年の木造住宅を住宅ローンを使って購入いたしました。 中古住宅の場合、築20年以上だと住宅ローン控除が受けられないとのことですが、 一般的に新築・築20年以内の中古物件を購入したときは、初年度は確定申告 することになっていると思います。 しかし、私のように、住宅ローン控除の対象ではない場合は、 確定申告する必要は全くゼロなのでしょうか? ※当方、耐震基準適合証明書等は、持ち合わせておりません。

  • 耐震基準適合証明書について

    平成18年に中古住宅を購入しました。(S59年新築・築22年) 1.軽量鉄骨造スレートなのですが、耐震基準適合証明書は発行してもら える可能性があるでしょうか。 2.耐震基準証明書はどこで発行してもらえるのですか。 3.発行費用はどのくらいかかるのでしょうか。 4.公の機関から補助は出ないのでしょうか? なるべくなら住宅ローン控除を受けたいと思います。 よろしくお願いします。

  • 住宅ローン控除について

    平成16年9月に築21年の中古物件を購入しました。 木造の為、築20年以内でしか住宅ローン控除を受けれないので、 確定申告をする必要がなかったのですが、 本屋さんで確定申告の本を読みましたら、2005年に法が変わり、 耐震基準適合証明書があれば築年数は問わないと書いてありました。 もしかして、耐震基準適合証明書があれば今年の確定申告で住宅ローン控除が受けれるかも! と思ったのですが、税務署のHPには耐震基準適合証明書は取得前2年以内と書いてあります。 買う前に住宅ローン控除の築年数の事を勉強せずに、 築21年の家を購入した為に 新築の方と変わらないローン金額なのに、 控除も全くないので本を読んだ時は喜んだのですが、 この場合控除は全く無理なのでしょうか?

  • 住宅ローン特別控除が受けられない!! 不動産に騙されました?!

    昨年11月に築24年の中古住宅(木造)を購入しました。 当初私は住宅ローン特別控除のことについて詳しく知りませんでしたが、契約の際に仲介不動産から住宅ローン控除が受けられると言われ、確定申告の話もされたので、できるものだと思っていました。 ところが、申告の際に必要な「耐震基準適合証明書」がなく、控除が受けられないことが分かりました。 不動産に問い合わせると、売主は「適合証明書が必ずしも取れるとは限らないし、耐震診断の依頼にお金をかけるよりも100万円安く売ったほうがよい」と答えたそうです。さらに、住宅ローン控除で戻ってくる税金は100万に満たないのだから、この方が良かったのですと・・・その場しのぎの言い訳まで聞かされました。確かに値段は100万安くしてくれた事実はありましたが、そんな説明は一切ありませんでした。ちゃんとそのことについて説明があったら、この家を買わなかったかもしれません。 さらに、「重要事項証明書」の「耐震診断の内容」では、「昭和56年6月1日以後に新築工事に着手した建物につき、説明は省略します」と書かれているだけ。この内容だったら、普通に耐震基準に適合してると思ってしまいます。 控除が受けられるのと、受けられないのとではかなりの損得があると思います。耐震診断の書類の有無についても何の説明もなかったのですから、これは詐欺ではないですか?? 実は家を買った後も、いろいろともめ事があったりして、不動産の信頼を失っていたこともあり、さらにこんな事実をつきつけられて、気が狂いそうです。 皆さん、よろしくお願い致します。

  • 耐震基準適合証明書について

    賃貸で現在居住している部屋(築27年のマンション)を、諸事情に より中古物件として購入しました。鉄骨鉄筋コンクリート造です。 仲介業者との売買契約は、1月末に済ませました。 現在ローン契約の手続き中で、書類上の物件引渡しは2/27となります。 仲介業者からもらった重要事項説明書の中に、耐震診断の有無という 項目があり、照会先が管理会社となっていて「無」にチェックが入って いました。この項目では、耐震基準適合の物件なのかわかりません。 なので、売主に適合なのかを調べてもらい、耐震基準適合証明書を 登記簿上の引渡し日前に用意してもらえれば、住宅ローン減税の対象 となりますか?今から手続きでは遅いでしょうか? 売買契約を済ませてしまったので、もうだめでしょうか? 急に決まった購入だったので勉強をする時間がなく、 引渡し日まで時間がないので、気ばかり焦っています。

  • 一定築年数超過の中古住宅購入した時の確定申告

    平成20年2月に「一定の築年数を超過した中古住宅」を購入しました。今回購入後初めて確定申告を行います その際ネットなどで確定申告に関して調べたところ下記サイトに以下のようにありました。 http://allabout.co.jp/living/mansionlife/closeup/CU20081229A/ <中古住宅購入時の確定申告に必要な書類> 1住宅ローンの年末残高証明書(ローンの本数分) 2住宅ローン減税を受ける方の住民票 3源泉徴収票(給与所得者の方) 4売買契約書の写し 5土地・建物の登記簿謄本(登記事項証明書) 6一定の築年数を超過した住宅の場合は「耐震基準適合証明書」または「住宅性能評価書の写し」 7確定申告書(住宅借入金等特別控除額の計算明細書) ここでは6に関してお尋ねします 私が購入した中古住宅は1977年完成で購入時は築31年です。この場合は「一定の築年数を超過」しているので「耐震基準適合証明書」または「住宅性能評価書の写し」が必要との事ですが、それは手元にはありません。これは売主が売買契約成立以前に取得しておかなければならないらしいのですが、私は売主から譲り受けていません。   したがって住宅ローン減税などの優遇は受けられないようですが、この場合でも確定申告は行った方が良いのですか?その方が良いならそれに関するサイト等情報が見つけられる方法を教えてください。可能な限り自分で調べたいと思います。 長文失礼しました

専門家に質問してみよう