• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

メイルやレポート文中の日付表記について

  • 質問No.2288681
  • 閲覧数151
  • ありがとう数2
  • 回答数1

お礼率 66% (10/15)

パソコンで横書き文章を書くとき、例えば7月7日を7/7のように略すのは、手紙のマナーとしてはどれほど失礼にあたるものなのでしょうか? 今までよほどのことがないかぎり7/7と書いてきましたが、先日上司より指摘を受けました。相手が親しい友人ではなく、取引先へのメイルで「来週7/7~7/10までは不在にいたします」のような個人的表現をしたいときとお考え下さい。うまく言えませんが「会議は7月7日 15時に本社で行います」のように日時が主目的な場合は略すべきでないのは理解できます。 マナー上の違い・ルールを理解しないまま感覚的に何年も使っていたのではっきりとさせたいと思いまして。ささいな質問で恐縮ですがアドバイスよろしくおねがいいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 39% (3209/8203)

  こんばんは。

 取引先へのメールは、個人が出してもそれは会社を代表してメールをしていることになります。

 日付を指摘されたのでしたら、『7月7日から7月10日まで不在です。』
 このように書くのが良いでしょう。

 メールという便利なツールで、つい省略したり、取引先相手でも友人に出すような気さくなメールの内容になりがちですが、いつまでも記録に残るものです。
 そして、時にはメールに書いてあることがとても重大で取引先や自分の会社に大きな損失を与えかねないようなことも起こり得ます。

 取引先にメールを出す前には、事前に上司に見てもらい了解を得てから、取引先にはTOで、上司にはCCで出すのが正しいメールの出し方です。

 上司にメールの内容を見てもらわずに自分の判断でメールを出してそれが自分の会社に大きな損害を与える結果になった場合、懲戒解雇の対象になります。

 便利さと裏腹の怖さもご理解されていると思いますが、十分にご注意ください。
お礼コメント
miffy156

お礼率 66% (10/15)

yu-taroさん、ご回答ありがとうございました。
個人の送信でも会社を代表する意識を持ちたいと
思います。アドバイス参考になりました、ありがとうございました。
投稿日時:2006/07/22 10:10
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ