• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

離婚後の財産について

  • 質問No.2287907
  • 閲覧数90
  • ありがとう数2
  • 回答数1

お礼率 12% (1/8)

私は約6年前(正式には2000年10月)に離婚をしてしまいました。当時マンションを共同名義にて購入(ローンは当時の総額1770万円購入金額は2500万円)持分割合は7:3で、私が7割です。お互いに弁護士を立て、家庭裁判所で離婚をしました。その時に私は慰謝料を支払い(内訳は当時のマンション購入費用として300万円支出してもらっていたので)離婚が成立しました。その時に弁護士から『マンションの名義変更をするのには彼女からマンションを譲り受けたという事になり私はその税金を払わなければならない』という説明を受けました。それからその弁護士とイザコザ(笑)があり、それきりで現在に至っていますが、マンションの名義は私100%にする時に払わなければならない税金の種類は何ですか?また、上記の割合を私に100%にするためには、どれ位の税金や、その他の費用がかかるものですか?
無知で申し訳ありませんが、知識のある方にどうぞ宜しくお願いします。ちなみに住んでいる所は福岡市です。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 47% (4589/9644)

>『マンションの名義変更をするのには彼女からマンションを譲り受けたという事になり私はその税金を払わなければならない』
残念ながら弁護士が何の税金の事を行っているのかわかりません。
財産分与であれば贈与税はかかりませんし、、、

ただご質問では良くわからない点があります。持分比率から計算すると、購入時の価格2500万のうち750万が妻の持分ということですよね。
なのに当時妻は300万しか出していないように見えますし。

あと、6年前の話であればいまさら財産分与といって認めてもらえるのか疑問もあります。
つまり財産分与でなければ単なる名義変更は要するに元配偶者からの贈与となるので贈与税が課税されます。
現在のマンションの価値の3割が現在の元配偶者の持分ですから、それを売買で買い取る分には贈与税は関係ありませんが。

あと売買にしても財産分与にしても元配偶者側に対しては譲渡所得の課税があります。
これは本当は居住しなくなってから3年以内であれば特例の3000万非課税枠があるので課税されないものですが、その期間は過ぎているので課税はされますね。まあ取得価格と減価償却費などから課税される譲渡所得が本当にあるかどうかはわかりませんけど。

ただ譲渡所得はご質問者に課税されるわけではありませんし。

>マンションの名義は私100%にする時に払わなければならない税金の種類は何ですか?
少なくとも所有権移転登記にかかる登録免許税は間違いなくかかりますし、不動産取得税もかかるでしょうけど、、、、その話をしていたのかどうかはわかりません。

>また、上記の割合を私に100%にするためには、どれ位の税金や、その他の費用がかかるものですか?
それは現在のマンションの固定資産税価格がわからないと、登録免許税や不動産取得税は計算できません。
あと、司法書士手数料がかかるでしょう。数万円。

ただそれ以外の税金の話についていうと、単なる名義変更は要するに贈与なので、贈与税の話があります。
(贈与の場合には元配偶者には譲渡所得は発生しません。)

ご質問の場合、既に調停で財産分与の話も完結しているようなので、そうすると多分単なる名義変更は贈与になるでしょうね。いまさら財産分与とは出来ないと思います。調停調書に書いてあれば別ですけど。
お礼コメント
hirocky39

お礼率 12% (1/8)

ご回答ありがとうございました。私の言っている趣旨も私自身よくわからない所が多くあり、大変申し訳ございませんでした。よく理解しながらもう一度質問させていただきたいと思います。
投稿日時:2006/07/21 23:10
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ