• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

i686とi386の違い

  • 質問No.2287096
  • 閲覧数5131
  • ありがとう数5
  • 回答数2

お礼率 73% (229/311)

PentiumPro以上に最適化されたものがi686のようですが、違いが良く分かりません。
素人にも分かるような説明をするならば、どう考えれば良いでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 51% (836/1635)

CPUを作業員、プログラムを手順書に例えると、i386以降の作業員全てが理解できる手順書と、i686の作業員が最大効率で作業できる様に最適化された手順書の違いです。

i386用の手順書だと、ほとんど全ての作業員が作業を行えますが、i686の人が作業を行う分にはいくらかの無駄が発生します。
i686用の手順書を使うと、i686の作業員は最大効率で作業を行えますが、i586までの人は手順書の内容が理解できないため、作業を行うことが出来ません。

こういえば少しは判りますかね?

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 32% (93/282)

i386用のものは、x86系CPUを搭載しているPCのほとんどで利用できます。
i386のカテゴリの中にi686があると考えてもらえれば良いと思います。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ