• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

床下に水溜りが発生・・・

  • 質問No.2286335
  • 閲覧数882
  • ありがとう数6
  • 回答数4

お礼率 85% (6/7)

昨年10月に築40年の木造二階建て住宅を購入しました。
しかし、今年に5月、シロアリが発生。幸い、入居前に「シロアリ予防工事」がされており、「しろあり保証」で駆除をしてもらいました。
しかし、シロアリがたびたび発生し、不信に思い、知人の大工さんに床下を見てもらいました。
大工さんの見解では
1.シロアリは以前から発生していた。土台の柱は勿論、室内の柱も食われている。
2.床下が異常に湿っている。古い家だから(土がむき出し)といって、木材が絶えず湿って一部腐っているのは異常である。
3.家が山に近く、緩やかな斜面になっているが、基礎が斜面に40センチほど埋まっているので、それが異常な湿気の原因ではないか」と言われました。
数日後、雨が降り続き、大工さんの言葉が気になり、畳を上げて床下を見てみました。
すると、そこには大きな水溜りが出来ていました。地下から湧き出ている(にじみ出ている)ようです。
見渡す限りかなり広範囲で水びたし。基礎等の加重が掛かっているところは深さ1~3センチの水溜りになっているところもあります。
来週、業者と話し合いをします。
こちらの言い分として「瑕疵担保責任」が2年ついているのと、以前からシロアリが居たことは知らされていなかったので
1、同程度の代替物件と今まで掛かった費用等請求
2、代替物件が無理ならば、シロアリを完全駆除、及び被害部分の補修及び交換。腐っている柱?等の補修、交換、床下の水害の対策(暗渠や用水路?の設置)
3、部屋中、酷いかびが発生したので損害賠償請求(畳、雛人形、レコード等)を考えています。
ただ契約書に「中古住宅のため、現況有姿にて引渡し」、「物件引渡し後、2年間の瑕疵担保責任を負担する」と書いてあり、兼ね合いがよく分かりません。
「瑕疵担保責任」とはどこまでが適用範囲なのでしょうか。
どなたかお知恵を貸してください。よろしくお願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 36% (112/309)

非常に微妙なケースです。

先ず「中古住宅のため、現況有姿にて引渡し」というのは、その言葉通り”契約の時点で認められる瑕疵(普通に要求される品質が欠けていることなど欠陥がある状態)についても補修せず、そのまま引き渡す”という意味です。
次に「物件引渡し後、2年間の瑕疵担保責任を負担する」というのは”契約時点で知り得なかった(隠れていた)瑕疵についても、引き渡し日から2年間は不動産業者が責任を負う”という意味です。
これは売主→買主の直接取引の場合は免責となる瑕疵に関する保証を、業者→買主の取引では”業者の故意・過失を問わず一定期間は保証しなさい”という法律です。

そこで問題となるのは”シロアリによる建物の瑕疵が、去年10月以前から確実にあったことを証明しなければならない”という事です。
知人の大工さんの見解では、かなり以前からシロアリの被害があったようですが、そのことを立証しなければなりません。
お礼コメント
WWWms

お礼率 85% (6/7)

ご回答ありがとうございます。
瑕疵の件すこし分かったような気がします。
今回の件は、せめて「以前シロアリは出たけど駆除済みです」と言ってもらえたらまだ納得できたのですが(もっとも買わなかったかもしれませんが)
来週、業者と瑕疵について話合ってみます。ありがとうございました。
投稿日時:2006/07/20 20:10

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 47% (4589/9644)

まず、引き渡し前からシロアリにより柱などがやられていたのであれば、その部分は隠れたる瑕疵に該当するので瑕疵担保責任の範囲になります。
ただ引き渡し後に発生したシロアリについては駆除を一度していることもあり、その後の発生の責任は問えません。(もちろんそれによる被害も)

あとそれよりも床下が水浸しになっているという状態は瑕疵といってもよい状態ですね。これはかなりまずい状態なので、、、果たして現実的な費用で修復できるのか、、、、、。

対策するのであれば、家の周りの高くなっている地盤部分をほりこんで、そこで排水などをするようにして、水がこちらに来ないようにしないとだめでしょう。

ご質問にかかれている二次被害の部分の賠償(3番)は望みは薄いです。
お礼コメント
WWWms

お礼率 85% (6/7)

ご回答ありがとうございます。
床下の水溜りの件ですが、専門の方に伺ったところ、「対処は出来るかもしれないが、結構な金額がかかる」と言われました。
まさにアドバイスの通りでした。ありがとうございます。
今週、宅地業者と話し合いがあるので、先方の出方を見て見ます。
ありがとうございました。
投稿日時:2006/07/23 22:14
  • 回答No.3

ベストアンサー率 16% (1/6)

NO 1です。すいません、いずれの質問も専門家では
無いのでどんぴしゃに答え様ないのですが、ともかく
相当にまずい状態なのは伺えます。ましてこの長雨が追い討ちを掛けるのでしょうね。相手方の同席者は仕事相手が全て宅地業者ですね、つまり仕事の元受に頼まれてくるのですよね。利害関係から見ると公平な発言は期待出来ない。では誰か?はHPあたりで片っ端から探し、(1)法律のプロ(2)建築(欠陥住宅や否やの判断)のプロを入れるべきでは?プロにはプロをあてがうべきと思います。参考にならなくてすいません。
お礼コメント
WWWms

お礼率 85% (6/7)

ご回答ありがとうございます。
やはり、プロ相手はプロの方が良いですよね。
今回の話し合いまでの時間が少ないで見つからないかもしれませんが、次回の話し合いにはプロを入れて話し合いしたいと思います。
ありがとうございました。
投稿日時:2006/07/23 22:09
  • 回答No.1

ベストアンサー率 16% (1/6)

法律の専門家では無く、床材の専門家からのコメントとして聞いて下さい。ともかく非常にまずく、一刻も早く手直しすべき状態だと思います。日本の家で悪さをする最大の要因は湿度です。我々が床材の施工時、ともかく湿気が上がって来ない様にすべく、下地処理に腐心するのに、床下に水溜りとは....湿度が管理されていないと家全体のあらゆる箇所の寿命が縮みます。欧州の住宅耐用年数に比して日本のそれがすごく短い大きな要因は湿度です。床下の湿気は木材のみなら全ての部材に悪影響を及ぼします。相当深刻な様子が見て伺えますので公的機関へ事前に相談し、プロを同席させて面談すべきでは無いでしょうか?
補足コメント
WWWms

お礼率 85% (6/7)

ご回答ありがとうございます。
出来ましたらすこし分からないことがあるので、教えて頂けないでしょうか。よろしくお願い致します。
1.基礎接している柱の半分ぐらいは下の方(10cmから15cm)ぐらいが白くなっていて、触ると湿っていてすごく柔らかいです。
これは腐っているのでしょうか。教えてください。
2.「公的機関」についてですがとりあえず「消費者センタ」と「宅地建物取引業協会」に電話してみました。他にも電話してもよさそうな公的機関はございますでしょうか。教えてください。
3.業者との立会いですがどんな方に立ち会って頂けると良いでしょうか。先方は「宅地業者の営業員」「シロアリ業者」「大工さん」の三人で来るそうです。
お手数ですが教えて頂けると幸いです。よろしくお願い致します。
投稿日時:2006/07/20 19:48
お礼コメント
WWWms

お礼率 85% (6/7)

ご回答ありがとうございます。
床材の専門家の方にお返事頂いて参考になりました。
やっぱり「水溜り」マズイですよね・・・
明日、宅地建物取引業協会の相談会が近くであるみたいなので行ってみます。ご回答ありがとうございました。
投稿日時:2006/07/20 19:47
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ