• 締切
  • すぐに回答を!

口語文法の格助詞と接続助詞の識別

  • 質問No.2278883
  • 閲覧数589
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 50% (1/2)

こんにちは いつもお世話になっています
口語文法の格助詞の説明にはよく、体言に接続と書いてありますが、例えば「に」などは活用語の連用形にも接続します。
接続助詞の説明は、活用語につくとあり、両者の識別で混乱します。
関連情報、文献等を教えてください
よろしくお願いします

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 30% (78/256)

助詞「に」は確かに動詞などの用言につきますね。思いつくままに挙げると「取るに足らない」「帰るに帰れない」の繰り返し型や「考えるに、」「思うに、」の前置き型等は辞書によれば接続助詞に分類されています。しかし「美しいにちがいない」「走るには暑すぎる」などは接続助詞に分類するわけにはいかないでしょう。手元の文法書によれば、格助詞:主として体結びつくと説明されています。今の段階としては例外としか言いようがありません。詳しい文献を探してみます。私も勉強になります。少し時間を。
質問文には「に」などは活用語の連用形にも接続します。
となっていますが、私の調べた範囲では活用語の終止形、または連体形に接続の例しか見つけることができません。できれば例文を示していただければと思います。
お礼コメント
exfederer

お礼率 50% (1/2)

millennium-man 様 ありがとうございました。
例文書かなくてすみませんでした
「食べに行く」「打ちに行く」などです。
 手持ちの資料では連体形接続ともありますが、口語の活用語では連体形と終止形の区別がつかないですよね。形容動詞は語幹についてるような気もしますので、この辺もわからないんです。
投稿日時:2006/07/16 19:36
  • 回答No.1

ベストアンサー率 45% (747/1633)

それは大雑把ないいかただと思います。

↓はいかがでしょうか。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ