• 締切済み
  • 困ってます

5mmol/l硫酸の調整について

こんど揮発性塩基窒素VBNの定量(コンウェイ法)をすることになります。操作自体は簡単そうなんですが吸収液の5mmol/l硫酸の調整方法がいまいちよくわかってません。硫酸の比重やら純度からこんなに希薄な硫酸溶液を正確に調整することって可能なんでしょうか?ちなみに検体量はどのくらい必要かも教えてもらえると助かります。(検体は肉で腐敗が進んでいるものみたいです。)分析素人であまり基礎知識がありませんがお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1001
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#62864

高い精度が必要されるのであれば、濃度の正確な市販品の希硫酸を希釈する方が良いでしょう。その場合には、体積で計算することになりますので、密度などを考慮する必要はありませんね。ホールピペットとメスフラスコと使って希釈して下さい。 それ以上の精度が必要であれば、滴定などを行うのが良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 化学の濃度の問題です。お願いします。

    (1)0.250mol/L溶液1mL中に何gのNaCl(分子量58.44)が含まれているか(2)0.100mol/L溶液500mLを調整するのに、何gのNa2SO4(分子量142.04)が必要か。 (3)0.250mol/Lk2Cr2O7溶液を希釈して、0.100mol/Lの溶液を500mLつくるとき、0.250mol/L溶液の何mLを希釈すればよいか。 (4)次の物質を20g溶かして1Lとした溶液の濃度を、モル濃度で示せ     水酸化カリウム (KOH:56.11) (5)次の濃度(mol/L)を計算せよ・     96%硫酸(比重1.84 H2SO4.98.0) (6)40.0%の硫酸(比重1.303)100mLを15.0%の硫酸(比重1.103)に変えるには全量が何mLになるまで水を加えたらよいか。

  • 溶液の調整について

    こんにちわ、溶液の調整の計算式についてなんですが 例えば、硫酸1mol/ℓを作りたいときは 1000ml(1ℓ)*【硫酸の密度】g/ml=○○g ○○g*【硫酸の純度】%=△△g これを1ℓのメスフラスコなどの容器にいれ水を加えれればよろしいんでしょうか?  また、硫酸や硝酸は入っている容器(ビン)に分子量、密度、純度と書いてあるのですが、シュウ酸ナトリウムは密度が書いてありません。もし上記で示した計算式があっているならば密度が分らないと求める事が出来ないです。密度を教えてください。 よろしくお願いします。

  • 腐敗の化学的判定法

    腐敗の化学的判定方法にはpH測定、不揮発性腐敗アミン、K値、揮発塩基性窒素があることがわかったのですが、pH測定と不揮発性腐敗アミンの具体的な数値と腐敗との関係がわかりません。また、その概要も教えていただければうれしいです! どなたか教えてください!!宜しくお願いします

  • 回答No.2

#1さんに補足です。 濃度に精度が必要なのであれば、#1さんの方法で作成した硫酸の中和滴定を行う必要があると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#62864

どの程度の精度が要求されるのかはわかりませんが、硫酸5mmolの重さを計算すると、0.49gになります。これに濃硫酸の純度の補正を加えると、おそらく0.51g程度になると思います。 これをはかりとって、1リットルに希釈すれば、目的の溶液が1リットル出来上がることになります。 0.51g程度の重さを正確にはかるのは困難ではありません。 硫酸を体積ではかろうとすると面倒ですし、粘度の関係もあり不正確になりがちだと思います。 1リットルもいらないということでしたら、取り敢えず0.51gを、100mlに希釈し、それの10mlをホールピペットで取り出して、再度100mlに希釈してもかまいません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

精度については結構正確性が求められています。 5mmol/lじゃなくても濃度のわかっている市販品(0.05mol/lや0.1mol/l)などを希釈した方が正確でしょうかね。

関連するQ&A

  • 逆滴定について

    亜硫酸ナトリウムの純度を調べたいのですが、JISの亜硫酸ナトリウムでは、0.05mol/Lよう素溶液50mLに、試料を0.25g溶かし、塩酸1mL加え、0.1mol/Lチオ硫酸ナトリウムで逆滴定するとあります。 その計算式に、A=0.006302×(b-a)×f/S×100 A:純度(%) S:試料の量(g) b:空試験の滴定量(mL) a:本試験の滴定量(mL) f:チオ硫酸のファクター   0.006302:よう素溶液1mLのNa2So3相当量(g) とあるのですが、よう素溶液のファクターは、考えなくていいんでしょうか? よう素溶液のファクターって、ちゃんと調整しても、変化すると思うのですが。 教えてください。

  • 納豆のアンモニア性窒素について

    納豆のアンモニア性窒素を測定しています(インドフェノール青法で)。 納豆からのアンモニアの抽出なんですが今は水で抽出(硫酸にて微酸性)して、その抽出液からコンウェイにてアンモニアを捕集しています。 水でアンモニアを抽出する際に浸漬する時間によりアンモニア濃度が変わってきているようなんです。 水に浸漬中も腐敗が進んでいるってことなんですかね。 なにか良い抽出法があれば教えていただきたいです。 あと納豆の大体のアンモニア性窒素の濃度を知っていれば教えていただきたいのですが。 どのくらいの濃度から腐敗が初まると判断できるのでしょうか? (納豆の場合腐敗というのかどうかはわかりませんが)。 宜しくお願いします。

  • 希釈の問題なんですが・・・

    希釈の問題なんですが・・・ 98%硫酸を(比重:1.84、 分子量:98)を水で希釈して0.1mol/ L硫酸を調整する。 98%硫酸が18.4mol/Lという所までは分かるんですが水何mlに 98%硫酸何mlを加えればいいのかが分かりません。 どのように考えたらいいのでしょうか?

  • 学校の課題問題です

    先日、食品の分析実験で課題がでました。問題がまったく分かりません。よろしければ、解説含めて教えてください。 1. 1.2M硝酸銀溶液と0.6M硝酸銀溶液から0.8M溶液300mlを調整するにはどうすればよいか。 2. K₂Oとして500ppm溶液500mlを試薬KClで作るにはKCl何g秤量して水に溶かし500mlとすればよいか。また、この500ppm溶液25ml中にはK⁺何gを含むか。ただしK=39、Cl=35、O=16とする。 3. 濃塩酸(比重1.18、36%(w/w))を用いて、0.75mol/lの塩酸200mlを作るには、この濃塩酸を何ml秤取すればよいか。ただし、HCl=36.5とする。 4. 28%(w/w)濃度のアンモニア水から5%アンモニア水50gを調製するにはどうすればよいか。 5. 水酸化ナトリウム6.0gを1lの水溶液とし、その25mlを中和するのに0.1Nの塩酸35.0mlを要した。水酸化ナトリウムの純度を求めよ。ただし、Na=23、O=16、H=1とする。 6. 未知濃度の硫酸10mlを中和するのに水酸化ナトリウム27mlを加えたところ、多すぎて中和点を過ぎてしまった。そこで、この溶液をさらに1N塩酸で滴的したところ、6ml加えたら中和点に達した。滴定に使用した水酸化ナトリウム10mlを同じ1N塩酸で滴定したら24mlで中和することが分かった。もとの硫酸の濃度は何%(w/w)であるか。ただし、硫酸の比重は1.17、分子量は98とする。 7. シュウ酸溶液6.0mlを濃度未知の水酸化ナトリウム溶液で中和したところ、15.0mlを要した。この水酸化ナトリウム溶液は何規定か。また、この水酸化ナトリウム溶液150mlに含まれる水酸化ナトリウムは何gか。ただし、NaOH=40とする。 8. 3倍希釈した食酢15.0mlを中和するのに0.1N水酸化ナトリウムが30.0ml必要であった。元の食酢の規定度と原液100ml中の酢酸のg数を求めよ。 9. 0.10mol/lの塩酸10mlを中和するのに、0.02mol/lの水酸化ナトリウムが何ml必要か。 10. 0.25mol/lのアンモニア水10mlを中和するために必要な0.08mol/lの硫酸量を求めなさい。 11. 12N塩酸溶液から2N塩酸溶液150mlを調製するにはどうすればよいか。 沢山あってすみません。

  • 溶液の調製方法について

    初歩的な質問ですいませんよろしくお願いします。 以下の溶液の調製方法です。 0.05moL/L硫酸 0.1moL/L水酸化ナトリウム溶液 0.01moL/L水酸化ナトリウム溶液 5mmoL塩酸/メタノール溶液 0.1moL塩酸/メタノール溶液

  • 分析化学の問題です。

    溶液調整の問題です。 (1)80%硫酸(比重1.84、H2SO4:98.0)を水で希釈して0.1mol/L硫酸を調整する。 この問題がわからないのですが、わかる方回答お願いします。

  • 水溶液の調整方法

    似たような質問が過去にあったのですが、条件が少し違うのと、今まで化学を専門的に勉強していなかったので自分の条件に置きかえて考えても分かりませんでした。なので、お手数おかけしますが質問させてください。 (1)硫酸の調整  条件:1.0mol/ℓまたは10%の水溶液500mlを調整する     比重 濃度wt% M   式量   硫酸 1.84 95.6   17.8  98.1     M=mol/ℓ (2)水酸化カルシウムの調整  条件:1.0mol/ℓまたは10%の水溶液500mlを調整する         純度% 式量   水酸化カルシウム 99.5  74.1            載っていた表も書いておきました。もしよろしければ、表の、式量・濃度についても教えて下さい。 化学に関しては、まったくの初心者なのでお願いします。

  • 中和滴定

    0.50mol/lの硫酸200mlに、ある量のアンモニアを完全に吸収させ、残った硫酸を0.50mol/lの 水酸化ナトリウム水溶液で中和滴定したところ、100mlを要した。 吸収されたアンモニアは何molか??またそれは何gか?? という問題なんですけれども。まず、「吸収」という言葉の意味が分からず。 また、今まで2つの溶液を混ぜる問題しかやったことがないので、全く手が付けられません!! 教えて下さい☆☆

  • 高校の化学の質問です!!

    (1)PH=11である1価の塩基の水溶液20mlを中和するのに0.01mol/lの塩酸HClが10ml必要であった。この塩基の電離度を求めよ。 (2)10%の希硫酸19.6gを中和するのに、1.0mol/lの水酸化カリウム水溶液が何ml必要か。 (3)炭酸カルシウム1.0gを2.0mol/lの塩酸15ml 溶かした。この溶液を中和するのに1.0mol/lの水酸化ナトリウム水溶液が何ml必要か。化学反応式も書け。 (4)水分を吸収した水酸化ナトリウムの固体4.80gに6.00mol/lの塩酸17.5mlを加えたら、完全に中和した。もとの水酸化ナトリウムの純度は何%か。 (5)濃度不明の水酸化カリウム水溶液20.0mlを中和しようとしたところ、誤って0.100mol/lの硫酸30.0mlを加えてしまった。そこで、0.100mol/lの水酸化ナトリウム溶液15.6mlを加えたところ、中和点に達した。水酸化カリウム水溶液の濃度は何mol/lであったか。 (6)1.00mol/lの硫酸20.0mlに、ある量のアンモニアを吸収させたが、吸収後の溶液はまだ酸性であったので、これを中和するのに0.500mol/lの水酸化ナトリウム水溶液が36.0ml必要であった。吸収されたアンモニアは標準様態で何Lであったか。化学反応式も書け。 (7)Agを希硝酸に溶解したときに発生する気体の化学式を示せ。 一つからでも良いので解答よろしくお願いします<m(__)m>

  • 酸化還元滴定について

    セリウム(IV)による鉄(II)の滴定においてFe2+が5mmol存在する硫酸酸性溶液100mlを0.1M硫酸セリウム(Ce4+)溶液で滴定したときの滴定曲線を考えるという問題でセリウムの変わりにヨウ素で行うとどうなるのでしょうか?結果はできない?らしいですがなぜだか分かりません。よろしくお願いします。