• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

生産要素としての情報の位置づけ

 経済学で生産要素といえばヒト・モノ・カネの3つですが、情報はどのような位置付けなのでしょうか?  たいていの学者さんはモノに含めていますが、  私個人としては、発信するのも人・集めるのも人・分析するのも人、という点で知的財産・人的資源という意味でヒトに入れてもいいように思いますし、  いっそのこと、どれにも相容れないものという見方から、第4の生産要素にしてもいいのではないか、とさえ考えています。  このことについて、皆さんから多くの賛成意見・反対意見を聞かせていただければ幸いです。

noname#138471
noname#138471

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数201
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • at9_am
  • ベストアンサー率40% (1540/3760)

> たいていの学者さんはモノに含めていますが、 あくまで私の見た限りでは、ですが、モノに含めている人は、きちんとした研究を行っている人の中では、最近はあまり見かけません。生産要素をヒト・モノ・カネ・情報と4つとしている学者の方が多いですね。 ですので、 > いっそのこと、どれにも相容れないものという見方から、第4の生産要素にしてもいいのではないか という見方は正しいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ありがとうございました。  最高学府の教授が、まるで情報をモノに含めるかのように教えていましたのでこの度の質問に至りました。ですがその教授も、伊丹敬之氏のヒト・モノ・カネ・情報という4分類を取り上げています。  ただこのように賛成意見をいただきましても、4次元的考えより3次元的考えのほうがシンプルに感じてしまい、悩んでしまいます。

関連するQ&A

  • 経済学の人的資本と経営学の人的資源とは

    お尋ねします。 経済学で言うところの「人的資本(human capital)と、経営学で言うところの「人的資源(human resource)の、定義や相違点(ポイント)は、どんなところにあるのでしょうか。 経済学と経営学では、まったく異なっているのでしょうか。 なんとなく理解は出来るのですが、明確に説明するときに、どうぢても詰まってしまいます。 人的資本は「教育、訓練、経験を通じて労働者が獲得する知識と技能」 人的資源は、ヒト・モノ・カネ・情報といった、経営資源のうちの「人」のことですよね。 経営学に、「人的資本」、逆に、経済学に「人的資源(管理)」を応用することは可能なのでしょうか。また、可能であるならば、そういったことを主張している人がいるのでしょうか。 ご存知の方がおられましたら、教えていただきたく思います。

  • ミクロ経済学の微分について(生産要素)

    ミクロ経済学の微分について教えてください。 ――― 生産要素市場において利潤最大化をしたい。 利潤(π)=収入-費用=P・Y-(wL+rK) ※ただし、Y=F(K,L)のとき。 上記の式の微分をしてゼロとおく(利潤の最大値を求める)と ∂π/∂L=P・∂Y/∂L-w=0 ――― となるらしいですが、元の式のY部分が∂Y/∂Lになる理由が分かりません。 ∂Y/∂LはYを微分した形で、MPL(労働の限界生産力)の定義というのは分かりますが、 なぜこのYをこの微分式のなかでそれに変えるのでしょうか。 YがLに依存する関数である以上、何かに変化させなければならないのは分かりますが なぜYをこのような形にするのか分かりません。 微分といえば指数を変化させたりのお決まりの流れ作業でしか計算してこなかったので、今回始めて見る形なので戸惑ってます。 経済学と数学に明るい方、教えてください。 説明に足りない部分があればご指摘くだされば幸いです。

  • 生産者均衡

    経済学の問題をといているのですがどうしてもわかりません。。。 まず生産関数y=x1+x2のとき20の等量線を描きこの線上に生産者均衡の点を求めよという問題です。 第一生産要素価格はp1=200、第二生産要素価格がp2=300です。C=p1x1+p2x2。 xは全てエックスです。 y=x1x2ならx2をx1で表してCに代入し微分すると習ったのですがx1+x2になると微分できないので混乱しています。まだはじめたばかりでよくわからないのでよろしくお願いします。

  • 情報も削減対象になりますか?

    経営資源とは 「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」ですが この中で経費削減が出来るのは「ヒト」「モノ」「カネ」だけですか?

  • わかんないです・・・

    生産要素がAとBからなり、生産関数がY=√(AB)であるとする。 また、生産要素価格がW1とW2であり、生産物価格が1であるとする。費用最小化から費用関数を求めよ。 上のような問題を授業で当てられました。どう考えても経済学の心得のないボクには全く分かりません・・・。どなたか詳しく回答お願いします。 ※√(AB)は根号内にAとBの積(掛け算)があるという意味です。

  • ヒト、モノ、カネ、情報、そして、、

    経済を動かす為にはまず必ず人的資源が必要ですよね。 どんなに素晴らしい機械(モノ)があってもそれを操作できる人間がいなければただの鉄の塊であり、 カネは人間が平等に価値が確定されている、一定の相場として使用されていますので、人間以外には円形の石及び紙切れです 情報に関してはデータから導き出される内容を研究することで初めて情報となります。 もし、これに新たな要素を加えるとしたら何を想像しますか? 私の場合は環境です。 環境は人間の活動に手助けをすることもあれば見放すこともあり、いくら広大な土地を持ち合わせていようと開発しなければただの荒地です 上記は私自身の考察ですが、皆様なら何を添加しますか? 宜しければ、ご意見下さい。

  • 経済学の勉強で・・・

    経済学の生産者活動におけるところで、「費用が最小となる生産量は生産要素一単位あたりの限界生産力が等しくなる水準で決定され、これを加重限界生産力均等の法則という」という説明があるんです。 しかしこのことが理解できません。等産出曲線の原点に近い点の接線の傾きが費用最小の生産要素の組み合わせであることは理解できましたが、そこから追記で前述のように書いてあって理解ができなくなりました。どなたか教えていただけませんでしょうか

  • 生産可能性フロンティア

    2生産要素、労働(L)と土地(T)から、2財(財Mと財F)が生産される一般均衡モデルを考える。賃金wと地代rは生産要素価格、PmとPfは2つの財の価格を表す。財Mを1単位生産するためにLは2単位、Tは1単位必要で、財Fを1単位生産するためにはLが1単位、Tは2単位必要である。1人の消費者がおり、効用関数U=Cm・Cfで表される選好も持つ。Cm、Cfは財M、Fの消費量を表す。生産要素は、消費者により所有されており、その保有量は(L,T)=(10,10)である。すべての市場は完全競争的であり、自由参入条件により市場均衡でどの企業も正の利潤を獲得しない。 ・この経済の生産可能性フロンティアを図示しなさい。また効率的資源配分を特定しなさい。 ・生産要素の賦存量が(L,T)=(10,10)から(L,T)=(10,11)に変化した。それが均衡での生産量、財価格、要素価格に与える影響を評価しなさい。 上記の問題を教えてください。 効率的な資源配分では、生産可能性フロンティアの傾きが限界代替率や価格比と等しくなるということまではわかるのですが、計算がわからなくなってしまいました。 どなたか解説をお願いします。。。

  • 均衡生産物価格比を求めたい

    一要素、二部門の代表的消費者・生産者からなる経済において、 生産関数 Y1=L1^1/2       Y2=L2^1/2 効用関数 U=X1^1/4*X2^3/4 総資源量 L1+L2=100 のとき、均衡生産物価格比(P1/P2)はいくらか。 という問題があり、さっぱりです。 効用関数があるのだから微分でmaxを求めるのかな、など漠然と考えたものの、そもそも求めるべきP1やP2はどこで出てくるんだろうと方針すら分からない状態です。 計算式、導入過程を教えていただけるとありがたいのですが、こういう参考書をみると解法が載ってるということでも構いません。(経済学って「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「財政学」等々、たくさんありすぎてどれを見れば良いか分からないもので…。) 解けなくて困っています。どうかよろしくお願いします。 ちなみに文中のY、L、X、Pの横の1・2は添え字です。

  • 経済学の質問です。

    経済学の質問です。 機械(1台の価格が200)と労働(1単位の賃金が2)の2つの生産要素から生産を行う企業を考える。機械は1台だけ既に導入されているとして、労働投入量Lだけが変更できるという状況で、生産関数がy=√L/2という形で与えられている。 この時の費用関数を求めたいのですが、途中式も回答も分かりません。どなたか教えていただけないでしょうか…