• ベストアンサー
  • 困ってます

Webサイトの著作権は発注者か制作者のどちらにあるか?

SOHOとしてWebサイト制作をしようと考えてますが、 一般的に言って、制作したサイトの著作権は発注者か制作者のどちらにあるのでしょうか? 事前に契約書を作ろうと思っていますが、その際にそこのところをどう明記するか迷っています。 また、サイトの著作権が発注者にあるか制作者にあるかで、どのような違いが生じるでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数2453
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • jacta
  • ベストアンサー率26% (845/3158)

著作権を譲渡する旨の契約を結ばなければ、著作権は制作者のものです。 制作者が著作権を持っており、かつ著作者人格権を行使できる状況にあるなら、成果物を他の仕事に再利用することも可能ですし、顧客が業者変更しようとした場合に、改変を許可しないなども理屈の上では可能です。 私の仕事はWebサイト制作ではありませんが、類似のケースでは、顧客から要望がない限り、著作権法に従う旨を契約書に記載します。つまり、著作権は制作者(著作者)のものであり、著作者人格権も行使し得るということです。 ただし、サイトのデザインや仕様が顧客から提示されたものであれば、その部分に関しては、著作権は顧客にあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 著作物の著作権について

    ホームページなどを発注した会社と請け負ったSOHOについて、SOHO側に著作物の著作権が属すると思いますが、SOHOの著作物の扱いについてどのような権利があるのですか? また発注した会社にはどのような権利があるのですか? (契約書を交わさなかった事でお願いします、というのも、実際現場では付き合いが長いクライアントとは契約書を交わさないで仕事をする場合は多いのではと思いますので) そもそも著作権を買い取る事は法的に可能なのでしょうか? 具体例でお話ししますと、 ・SOHOのWEBサイトに著作物の一部(スクリーンショットも含む)を掲載している。 ・発注者側が著作者の許可なしにホームページに変更を加えている。 ・発注者またはSOHOが著作物の一部を流用して新しい著作物を製作している。 (スタイルシート、レイアウト、テキストなど) ・完成した著作物(ホームページ)のコピーライトは誰なのか。 他に著作物の扱いについてトラブルにならないよう、気をつければならない事がありましたら教えて下さい。

  • 制作物の著作権(ウェブサイト、CGI)

    今まで上司の話を鵜呑みにしていたのですが、ちょっと確認したいのでお尋ねします。 制作会社勤務ですが、上司によるとウェブサイト、ウェブサイトで使用しているプログラム(CGI)、チラシなどの印刷物、業務プログラム(システム系プログラム)...などなど、クライアントからの依頼で制作を請け負った制作物に関する著作権は制作側にあると。 デザインやらプログラムを発注者が無断で2次利用することはできないと聞かされてきました。 最近、うちが作ったものを2次利用して同じようなサイトやキャンペーン用の一時的なサイト作成を他社に振られたりしてもめることが有ります。 発注者側は制作物は自分のものなので、どう利用しようと自由だと主張します。 このサイトの過去ログなどを調べてみると、上司の主張とは違い、明示的に契約を交わしてない限り、成果物は発注者側のものとされるようです。 でも、CGIプログラムなんかはあくまで収めたデータファイル等が成果物であって、コピーして2次利用するのは適用範囲を越えているような気がします。 2次利用を禁止するような契約を交わしてない以上、発注者の行為は認められるのでしょうか?

  • ウェブデザインの著作権

    現在SOHOでウェブデザイナーをしています。 新規顧客獲得のために、営業ツールとして個人のウェブサイトを作りました。 過去の制作事例をのせたいのですが、秘密保持契約などの業務委託契約が理由で 制作事例を一般に公開できません(著作権は放棄していません)。 見込み客や現在の取引先だけにでも過去の制作事例を見せたいのですが、 (具体的な企業名は明示せず、サイトのキャプチャ画像とURLをのせたい) こういった場合、発注元の著作権を侵害したことになるのでしょうか。 またその場合は、起訴された場合どういった罰則を受ける可能性があるのでしょうか。 マナーとして業務委託契約を結んで仕事している以上、こういったことをすべきでない ことは重々承知しております。 経験者の方や、著作権について明るい方がいらっしゃいましたら、ご回答のほど よろしくお願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • mackid
  • ベストアンサー率33% (2688/8094)

#4です。 >Webの画像の二次利用などに大きな違いが生じると思います。 あるかも知れませんね。ただし、例えば商品説明のイラストをあなたが描きその著作権を保有していたとして、それをあなたが別のサイトに使えるかというとそうもいかないでしょう。私が言いたいのは、経験上、法律上の解釈だけではすまない事の方が多く、正当とか勝った負けたでは通らないということです。 発注者も人間で感情があります。SOHOの場合クリエイターであると同時に営業マンでもあるわけですが、次の仕事を得るにも口コミが大変重要な職種です。法律や契約も大事ですが「発注者の機嫌を損ねない配慮も必要」と書いたのはそのためです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • uuing
  • ベストアンサー率25% (53/206)

一般に「著作権」と言いますが,実際は大まかに,「著作者人格権」と「著作者財産権」とに分かれます。 「著作人格権」は,著作者本人に帰属するもので,切り離し不可です。当然,権利の譲渡も出来ません。 これには,著作物を公表する権利(公表権),著作物を公表する際に,著作者の意に反した改変を禁ずる権利(同一性の保持)などがあります。 一方「著作者財産権」は,譲渡可能です。 これには,著作物を複製する権利(複製権),上演したり上映できる権利(上演権,上映権),テレビやネットなどを通じて送信する権利(公衆送信権)などがあります。 トラブルを避けるためにも,弁護士に相談して,実態を踏まえた契約書を作られることをお勧めします。 著作権問題に限らず,信頼できる弁護士を得ておくのは,個人事業者の危機管理としてもお勧めです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • mackid
  • ベストアンサー率33% (2688/8094)

#1です。 >レンタルサーバー会社が著作権者になるのでしょうか? そんなことはありません。商品を倉庫に置いたとして、その商品の保有者が倉庫になるわけがありません。サーバーにお金を払っているのは発注者ですからね。 印刷物の版下でも、発注者が引き上げて別の印刷屋に回すようなケースは日常茶飯事ですが、そこで権利を主張して渡さないとすれば、もう2度とそこから仕事はもらえないと覚悟の上でないとできませんね。 ですから自分は、法律がどうとか契約がどうとかいうレベルの問題ではないと思います。著作物というのは著作権者が創造したものに付与されるものですから、ロゴ、写真、説明などを提供されたとして、一体どこまで制作者が著作権を主張できるか非常に線引きが難しいと思います。 A:=B+Cとしか書きようがないものについて創造性を主張するのは大変です。 また、仮に契約上制作者に著作権があったとしても、それを主張する事に実質的な意味があるとも思えません。結局このサイトは私が作りました、と言える程度だと思います。 発注者がお金を払わないようなケースで、自分に著作権があるのだから使ってはならない、と主張する事は可能でしょうが、発注者側に何の過失もないような状況で、制作者が使うなと主張する事が正当かどうか自分には疑問です。 そのソースを発注者が使うかどうかも発注者の自由ですから、制作者が著作権を持っていても実利がないのではないでしょうか。例えば、A社のサイトを作った制作者が、権利は自分にあるからとそのHPを勝手に公開する事が許されるとも思えません。A社ではないのに、A社をかたってサイトを公開しているという事になりかねません。 CGIやJAVA Scriptなどのコード部分などを厳密に区分けして契約する事は考えておく必要がありますが、発注者の機嫌を損ねない配慮も必要ではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>仮に契約上制作者に著作権があったとしても、それを主張する事に実質的な意味があるとも思えません。 >結局このサイトは私が作りました、と言える程度だと思います。 著作権がどちらにあるのかによって、 Webの画像の二次利用などに大きな違いが生じると思います。

  • 回答No.2
  • galluda
  • ベストアンサー率35% (440/1242)

がると申します。 通例、サイトの著作権は発注側にありますし、多くの場合、そのあたりの面倒を避けるためにも、発注側が明示的に「自分に著作権があること」をきちんと契約書の類で主張してきます。 作成側としては微妙なところではあるのですが、そういう部分について「記述せずに曖昧なまま」運用するよりは、きちんと明示したほうが、最終的にメリットが高いことが多いです。 ただ、CGIの場合、特にフレームワーク関連などは、発注者に著作権がない場合があるので。昨今のWebですとCSS周りとか(基本になるCSSの著作権が作成側、そのサイト固有のCSS部分が発注側、などの分離がありえます)、場合によっては注意が必要かと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご教示ありがとうございます。 >最終的にメリットが高いことが多いです。 具体的にどのようなメリットがあるでしょうか?

  • 回答No.1
  • mackid
  • ベストアンサー率33% (2688/8094)

例えば印刷業界で「版下の所有者は誰か」みたいな事と似ているのですが、明記しない方がいいでしょうねえ。 どちらにあるのか法律的な事は判りませんが、依頼されて作ってる以上、発注者のものと考える方が妥当なような気がします。著作権が仮に制作者にあったとしても、じゃあそれを楯にして変更に応じないとかできるか、というとそれは無理ですよね。 権利を主張しても「じゃあ、他に頼むから」でおしまいですし、ソース自体、発注者のサーバー上にあることがほとんどですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>ソース自体、発注者のサーバー上にあることがほとんどですから。 例えば、本の場合、本屋に置いてあろうが図書館に置いてあろうが、 著者に著作権はありますよね? また、ソースがレンタルサーバー上にあれば、 レンタルサーバー会社が著作権者になるのでしょうか?

関連するQ&A

  • 著作権の譲渡

    自社キャラクターを、ある制作会社に依頼して購入しました。 著作権の全面的な譲渡などのこともあると思い、私は「著作権上のことを明記した契約書を下さい」といいました。 すると、制作会社の方は、「すみません。ないんですよ。そもそも、こちらとしては、売った段階で、著作権などすべての権利は譲渡したということになりますから」と言いました。 本当にそうなのでしょうか?法律に詳しくないのでわかりません。よろしくお願いします。

  • 著作権の譲渡についての契約

    はじめまして。 著作権の譲渡について契約書を作成しているのですが・・・ あるWeb媒体に画像を掲載するにあたって(私達は媒体元ではありません。いわゆる代理店です。)、掲載画像作成を私達がSOHOの方に発注しました。 その際、契約書内に著作権の譲渡(27条および28条の権利含む)というカタチで契約書に記載したいのですが、その際、SOHOの方が画像作成の際に使用するフリー素材に関しての著作権のまきとりはどのように掲示したら良いのかがわかりません。 ちなみに基本となる画像の元データは私達の所有のものをSOHOに提供しています。 どなたかお分かりになる方、ご回答いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 著作権の移行について

    私の友人の話なのですが、ホームページをあるシステム会社に作っていただいたそうです。制作前に契約書を交わし、お金を支払った後に、再び別の契約書を持ってきて、このホームページの著作権は全てうちの会社にあるというような内容だったそうです。アイデアは友人のものですし、最初の契約書には一切著作のことは触れていなかったようですが、この場合著作権はどうなるのでしょうか?教えて下さい。

  • 著作権について

    著作権についての質問です。 仕事のなかである業者と委託契約を結ぶこととなったのですが、業者から提示された契約書は、「著作権がある」とおっしゃるのです。 その契約書は、7者契約ができるようになっているものなのですが、特に著作権云々をいうようなものでもなく、単なる契約書のひとつの様式かなとも思ったのですが、契約書には「文化庁***号」と番号が記入されていました。 そのため、契約当事者がそれぞれ記名押印して1通づつ契約書は持てない、著作者が契約書の原本を持ち、契約当事者はそのコピーを持つこととなるとおっしゃるのです。 そこで質問ですが、 1.単なる契約書の1つの形態と思われるものにも著作権があるのでしょうか。 2.仮に著作権があるとして、その契約書の内容に条項を追加したり削除したりすることが可能でしょうか。 3.著作権があるとした場合、本当に契約当事者が契約書を持つことはできないのでしょうか。 どなたか、適切なアドバイスをお願いいたします。

  • Webデータの著作権等の権利について

    Webページを外注して制作しましたが、そのWebデータの著作権等の権利はどうなっていると理解して良いのでしょうか。 契約書には明記されていません。制作費は払いました。 よろしくお願いします。 FAQでしたらURLを教えてください。

  • Webサイトの著作権問題について

    初めてWebサイト(ホームページ)を制作しようと考えています。 ある画像編集ソフトの使用法に関するサイトにしたいと思ったのですが、 著作権等の問題についてあまり詳しくないため、悩んでおります。 1.編集用画像として、適当に画像検索したものを使用・表示する。 2.編集ソフトの使用中画面を表示する(アイコン、ボタンなど)。 3.説明方法や構成として、所有テキストの一部や他関連サイトの表現を参考にする。 上記3点に関して、実際にそのようなサイトも存在していますが、問題があるのでしょうか。 また、問題があると判断された場合、関係者から賠償請求されたりするのでしょうか。 それとも事前に警告があったりするのでしょうか。 何かご存じの方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

  • すでに存在しないウェブサイトに著作権はあるの?

    すでに存在しないウェブサイトに著作権はあるの? タイトル通りですが すでに公開を終了してしまったサイトに著作権は適用されるのでしょうか

  • Webサイトでの引用と著作権について

    Webサイトでの引用と著作権について 書籍の内容を引用する場合、どれくらい引用すると著作権に抵触するのでしょうか。 例えば「WebプログラミングのTips」というようなWebプログラミングに関する独立した Tipsを集めような専門書があるとします。 書籍に載っているTipsはそれぞれを見ると常識的なことであったり、Webで調べれば 容易に調べられる内容であるとします。 ただしそれらが体系的にまとめられている書籍やサイトはなくて、その部分が 書籍の売りになっています。 この書籍の内容を自作のウェブサイトに乗せてやるとします。 解説自体の文体やそのほかの図表などは完全にオリジナルで、各Tipsの内容のみが かぶっているような場合、著作権には抵触しますか。 Tipsの順番が変わっていたり、引用するTipsの数が少ない場合はどうなりますか。 また引用を明記する場合としない場合では結果は変わりますでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 著作権について

    著作権について質問です。 会社で運営してる待ち受けフラッシュのサイトで、その待ち受けフラッシュを製作してるのですが、会社と著作権の契約書を交わしてません。因みに会社はアルバイト契約のみですが、業務命令にて製作を依頼され製作しました。その際、著作権は法人か個人のどちらにあるのでしょうか? お分かりになる方はご返答頂けると幸いです。

  • Webサイトの著作権侵害について

    私は、A氏からのWebサイト制作を請負った者です。 同Webサイトは同請負の契約に基づいてA氏への納品を完了し、A氏も異議無く受領しています。 ところが、A氏は、私に対し同Webサイトの制作代金を支払わず、かつ、同Webサイトの一部をA氏が作った別途のWebサイト上に複製し公衆送信しているのです。 私は、現在、このA氏の行為を著作権侵害事案として刑事告訴しているのですが、同告訴を受けた捜査官から「著作権について言及しているWebサイト制作請負契約書の公式のものは無いか」と尋ねられ、困っています。 ネット上には雛形も色々あるのですが、「公式」かどうか私には分かりません。 捜査官は、「明確な法律が見つからず、判例も無いので困っている」と言うのです。 Webサイトの著作権について、法律なり判例なり、ご教示いただけると大層助かります。 どうか宜しくお願いいたします。

専門家に質問してみよう