• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

航空機と台風(沖縄)

  • 質問No.2260049
  • 閲覧数2189
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 22% (89/388)

台風3号がきておりますが、沖縄から明後日飛行機で
本土に戻り予定です。航空機は台風で結構になるのは
どういう場合ですか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 36% (1982/5385)

滑走路に対する風の向きが影響しますので一概には言えません。

飛行機は滑走路に平行に吹く風には強いですが、横風には弱いのです。ですから、関西空港などの海上空港では、陸上との連絡橋は滑走路と平行の風は橋では横風になりますから、電車が止まり、道路も通行止めなのに飛行機は離発着していたりします。横風だと車は走れなくても飛ぶことは出来ます。

あと台風は東半分よりも西半分の方が弱いのです。したがって、本島の東側を通過するときは結構飛びます。逆に西側を通過するときは厳しいです。また近づきつつあるときは、滑走路に対して横風になりますから、台風が本島の西側に向かって近づきつつある状態が、飛行機にとって最悪です。

なお、通過した後は急速に天候が回復するケースが多いですし、目的地までの間に台風があっても、ジェット機なら迂回したり、上を飛び越えることが出来ますから、あまり影響は無いです。ただ、目的付近が直撃を受けていれば話は別です。

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 39% (291/734)

こんばんは。
あのーー、のっけかすすんませんが・・・。
「台風で結構」じゃなくて、「台風で欠航」ですよね。真剣な投稿なのに(ウケちゃって)ごめんなさい。

さて、
ざっと見たところ、前の方が書かれていないようなので一つだけ。

航空機は、我々が思っている以上に酷使されています。
例えば、羽田→高知→札幌→福岡→那覇。(←これは、今、適当に選んだので就航していないものもあるかもしれません)
このように機体繰りが出来ずに、台風が去った後でも「欠航」ということがありうるわけです。
TVをみて「なんだよぉ!伊丹にはいーーぱい機体が停まっていて、何で羽田に福岡に無いんだよーー!!」
と思うときは、殆どの理由が「機体繰りが出来ない」です。

ご参考まで。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 29% (179/616)

欠航の判断は、その便の機長の判断ですね。
質問者さんの場合だと、台風の位置と風向風速が重要ですね。
雲量と雲高、視程も絡んできますが・・・。

どの空港にも最低気象条件というものがあって、
これをクリアしないと離発着が出来ません。
横風の件ですが、真横からの風でなくても、横風成分が規定以上だと離発着禁止になりますので、欠航の判断材料になりますね。

直撃が予想される場合などは、航空機は安全な空港へ避難しますので、機材繰りの関係で欠航となる場合も考えられます。

知られていないのは、パイロットの資格要件。
経験や技術に応じてランク付けされているようで、最低気象条件での運航が出来るパイロットもいれば、それ+αの条件で無いと運航できないパイロットもいるということ。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 34% (113/324)

那覇空港では、台風の暴風域の間は全便欠航とみてよいでしょう。
強風域だと微妙ですね。飛行機の機種とかにもよりますし、最終的にはパイロットの判断とかもありますから。
まずは気象庁などのHPで台風情報と台風の到達時刻を確認することをオススメします。
  • 回答No.1
航路に台風がある場合や雨が激しい場合かな~。
航路に台風があるのにそれに突進するのは自殺行為ですからね。(^^;
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ