-PR-
解決済み

シスアドについて

  • すぐに回答を!
  • 質問No.225900
  • 閲覧数34
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 83% (166/200)

 シスアドの資格を取られた方、もしくはシスアドの資格にお詳しい方に質問させて下さい。
 この資格は具体的にはどういった事に役に立つのでしょうか。ざっと見たところ、中間管理職の方々が持っていたら便利、といった印象を受けましたが、ペーペーの新人が持っていても役に立つのでしょうか?
 また、この資格を持つ事によって待遇面で何か利益などあるのでしょうか?
 最後にもう一つ、この資格を取るための試験はかなり難しいとの事ですが、どんな所をみっちり勉強しておくべきか、またオススメの参考書や問題集などございましたら教えて下さい。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 33% (259/782)

私は平成10年度(98年度)秋期に初級シスアドを受験し合格した者です。

1.どういうところに役立つか?
当時はメリットは無かったですね。資格ができて間が無いから物珍しさで受験したのがホントのところです。情処2種(今の基本情報技術者)を受けるほど知識は無かったので。
結局次の年にソフトウェアの新規開発の主担当者を任されて、開発するメーカーにこちら側の要望を伝える立場に立ったときに役に立ったような気がします。(受験時の知識はほとんど覚えてませんでしたが感覚だけ。)
2.誰が持っていると役立つか?
何かソフトやハードを導入するときに、メーカーの営業の口車に乗せられて必要でもないものあるいは目的と違うものを入れられないよう、購入決定者に意見具申できる人、ということになるでしょうか。また具体の導入時にユーザー側の意見を導入するシステムに的確に反映させる知識の持ち主を資格として認定している、そういう感じですかね。
3.利益があるか?
分かりません。ウチの職場では少なくとも無いです。
4.試験。
年々難しくなっているようですね。まんべんなくやるしかないでしょう。私のときは「データベース関連」と「業務系」が重点でした。つまり、学生さんには難しいんじゃないかな、と。今は「セキュリティ」「ネットワーク」関係も必須でしょうね。それと、簡単なマクロ・関数の知識は必要じゃないでしょうか。
5.参考書。
「スキル標準対応2001年版初級システムアドミニストレータテキスト」
(財)日本情報処理開発協会 中央情報教育研究所発行
これが現行の標準テキストでしょう。要は試験を行なう機関が出している本家本元というやつです。私は前の試験制度で受けたので別の名前のテキストでしたが、要はここのテキストをまず買いました。読みにくいです。
「初級シスアド標準教科書」
オーム社発行
主にこっちを私は使ってました。理由は図版が多くカラー刷りで読みやすかったから。中身は他社と変わらないです。自分が読みやすくとっつきにくい本はムダが多いです。1冊徹底してやれば大丈夫だと思いますが、過去問のチェックは怠らず頑張ってみてください。

参考になれば幸いです。
お礼コメント
mamadu

お礼率 83% (166/200)

 大変細かく御丁寧な御返答、真にありがとうございます!

 なるほど…やっぱりburan様のお答えも読ませていただくと、シスアドは採用面や待遇面では期待できないようですね…。参考書や問題集があれだけ書店に並んでいるのにも関わらず、正直不思議でなりません。
 メーカーの口車に乗せられない為には役に立つ、というのはちょっと笑ってしまいました。大学時代に強制的に教授の決めたノート型パソコンを学部全体で買わされたんですが(授業に必要との事で)それが素人目にもかなりとんでもない粗品でしかも高額だったので(生徒は皆カンカンでした。性能が悪いのに故障しまくり)、あれはきっとメーカーの口車に乗せられたんだろうな~、と思い出しました。
 参考書について具体的に詳しく載せて下さったので、今度本屋さんに見に行ってみようと思います。
 整然とした文章で大変読みやすかったです!有益な情報をありがとうございました!
投稿日時 - 2002-02-27 23:04:19

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 38% (27/71)

わたしは2000年後期に初級シスアドを受験しました。
春から受験対策講座(週1回3時間)を受講し
とにかく問題を解きまくり、自分の弱点を克服するよう
努力しました。
通っていたスクールではITECの参考書と問題集を
使用していました。それから、データベースと表計算は
実際につかってみないと理解しにくいということで
別枠でエクセルとアクセスの講座も受けてみました。

合格後、転職のためにいくつか面接を受けたのですが、
悲しいことにシスアドがどういう資格なのかを知らない
人事担当が大変多かったです。
ただ、比較的難易度の高い国家資格であることは
知られていたようで、実務に役立つどうこうというよりも
難関にチャレンジすようとする意欲とあきらめずに
やりぬく(合格まで)精神力の強さを買う企業も
あると聞いています。

残念ながらそのときはシスアドの資格を生かせる職場に
転職することができませんでした。
資格は複数のあわせ技で攻めると効果的ともいいますが、
やはり『これをしたいからこの資格を取る』という順序
で取得を考えた方がいいですね。
(国家資格に目がくらんで取った私の反省・・・)
お礼コメント
mamadu

お礼率 83% (166/200)

 素早いお返事真にありがとうございます。

 なるほど…venous様のお答えを読ませていただくと、シスアドは採用面や待遇面では期待できないようですね…。参考書や問題集があれだけ書店に並んでいるのにも関わらず、多くの人事担当がシスアドについて知らないというのも驚きです。
 大学時代の授業や社会人生活の中でエクセル・ワード・オアシス・アクセス等を使ってきましたが、これといった資格を持っていなかったので、今はとりあえずパソコン検定(3級)を取ろうとおさらい中です。P検取得後、シスアドや他の資格についても検討しようと思っています。
 大変参考になりました!ありがとうございました!
投稿日時 - 2002-02-27 22:38:35
  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 19% (4/21)

シスアドは一般的にあまり知られていないかもしれません。どちらかというと、情報処理技術者試験(旧 第1種・第二種情報処理検定)の方が有名かも知れません。

シスアドを勉強すれば個人的にパソコンの構造に関する知識は増えますが、企業で役に立つ?というと、役に立つ!!と大きく言えないかもしれません(これは私の意見ですが・・・)
企業によっては資格所有者だと給料にちょっと上乗せするというのがありますが、シスアドでは期待できません。シスアドは基本的に高校生ぐらいの資格といわれていて、また、シスアドを知っている方も多いとは言えません。
再雇用を希望している方などは持っていた方が得かもしれません。

ですが、何も資格を持っていないよりはシスアドの資格を取れば人よりはパソコンの知識も豊富になるし、資格取得という大きな目標を持って取り組んだと胸を張って言えるでしょう。個人的には持っていても損はないと思いますが・・・

私もシスアドを勉強し試験を受けようと思ったのですが、試験当日に高熱を出してしまって断念しました。その際に私が使ったものは「キャリアアップゼミ」です。
通信教育のもので値段はちょっと高いですが、分かりやすかったです。
コンピュータが何も分からないという方にはお勧めかもしれません。
下記にURLを載せておくので参考にしてください。
あと、この資格は国家資格です。受かる確率は毎年30%弱です。
ですが頑張れば絶対に受かりますよ。(^^)v

13年度の春から試験制度が変わりました。
そちらも知っておいたほうが良いと思います。
http://www.jitec.jipdec.or.jp/
お礼コメント
mamadu

お礼率 83% (166/200)

 御丁寧なお返事真にありがとうございます。

 なるほど…やはりmakibonn様のお答えも読ませていただくと、シスアドは採用面や待遇面では期待できないようですね…。参考書や問題集があれだけ書店に並んでいるのにも関わらず、社会的な認知度が低いのも驚きです。

 以前、資格全般についてここで質問をした時、人事担当の方から「パソコン関係の資格は持っていても全く意味がない」とのアドバイスを頂き、ちょっとショックを受けましたが、資格の為にでも勉強しないとパソコン関係はなかなか細かい所まで覚えられないというか…どうしても必要な所以外はなあなあになってしまうので、いっちょやったるか!という感じです。(^^;)でも採用面や待遇面で何か有利に働けばそれに越した事はないのですが…。

 有益な情報ありがとうございました! 
投稿日時 - 2002-02-27 22:45:40
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ