• ベストアンサー
  • 困ってます

途上国へ留学するということ

留学と言えば、北米や欧州などの英語圏が主流ですが、あえて東南アジアなどの開発途上国で学位を取得する先進国人が少ないのはなぜでしょう?留学費用は欧米諸国と比べ大してかからないはずですし、大学院(博士課程)ともなれば英語さえ出来ればOKだと思うのですが。 途上国では、教育水準が満足なレベルに達していなかったり、施設が整っていない、などということが問題なのでしょうか?またそれは、国立のトップ大学でも言えることなのでしょうか? 開発途上国で学位を取得することの社会的メリットって何なのでしょうか?また、途上国問題(開発学)を学びたい日本人の多くは、なぜ途上国そのものではなくアメリカやイギリスに留学するのですか?

noname#21571

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1075
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • agaaga
  • ベストアンサー率35% (15/42)

#1さんの仰るとおり、理系の方で途上国にいくメリットはあまりないでしょう。 ただし、文学、語学、考古学、文化などの研究なら現地にいくメリットは大きいと思います。たとえば、アラビア語やアラビア文化の研究者で、エジプトのアズハル大学の博士号を持っているとか、中国語の先生でしたら、北京大学などに留学経験ありとかとなると、現地の大学で学ぶことは価値があると思います。 それ以外の理由では、途上国で学ぶ価値はないと思います。開発学なども、先進国がいかにサポートできるかという学問ですから、先進国でしかやってないと思いますよ。途上国側としては、開発学っていうよりも、純粋に経済学という感覚でしょうから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答どうもありがとうございます。ばっさりとお答えくださり納得がいきました。確かに、途上国側からしたら「開発学」という概念自体定着してなさそうですね。余談ですが、国会議員の小池百合子さんの最終学歴はエジプトのカイロ大学だった気がします。いろいろな人生があるものですね・・。

関連するQ&A

  • 途上国へ留学するということ(メリット・デメリット)

    留学と言えば、北米や欧州などの英語圏が主流ですが、あえて東南アジアなどの開発途上国で学位を取得する先進国人が少ないのはなぜでしょう?留学費用は欧米諸国と比べ大してかからないはずですし、大学院(博士課程)ともなれば英語さえ出来ればOKだと思うのですが。 途上国では、教育水準が満足なレベルに達していなかったり、施設が整っていない、などということが問題なのでしょうか?またそれは、国立のトップ大学でも言えることなのでしょうか? 開発途上国で学位を取得することの社会的メリットって何なのでしょうか?また、途上国問題(開発学)を学びたい日本人の多くは、なぜ途上国そのものではなくアメリカやイギリスに留学するのですか?

  • フィリピンは途上国?

    フィリピンについて調べていたのですが、フィリピンは途上国なのでしょうか? インフラ整備がまだおいついていないかつGDPは先進国とはかけ離れていることはわかるのですが、開発途上国とまではいかいないのではと思いました。 フィリピンは途上国なのでしょうか?

  • 途上国の開発が先進国の経済に与える影響は?

    開発経済学の初学者です。 途上国の開発が先進国の経済にどのような影響(プラスorマイナス?)を与えるのかということについての質問です。 開発経済学の目的は、一般には「途上国の貧困を解消すること」といわれます。それは納得できます。ただ、私のような素人が考えるには、途上国が貧困から脱出することは現在の先進国にとって自分たちの地位が脅かされることにつながるのではないでしょうか。例えば、アフリカの貧しい国々が急速に経済発展を遂げて先進国並みに産業を発展させた場合、それまでに先進国が持っていた市場をそれらの国々に奪われ、先進国の産業に打撃が与えられるといったことはないですか? ただ、先進国でも開発経済学の研究が進んでいることを考えると、上のような考えは素人的意見であり、途上国の開発は先進国の経済にも好影響を与えるものなのかな、とも思っています。 そこで質問なのですが、途上国の開発によって、先進国の経済にどのような影響が、どのような過程で与えられるのでしょうか。究極的には、途上国の貧困が解消されるのが先進国の経済にとっていい影響を与えるのか悪い影響を与えるのかといったことを知りたいです。あまり予備知識はないので分かりやすく説明していただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • kgu-2
  • ベストアンサー率49% (787/1592)

30年くらい前の話ですが、  インドネシア大学に協同研究に行かれた先生の話では、吸光光度計(日本なら、理系の研究室には2~3台はある)という器械を使うのに、その研究室ではなく、隣の建物に行かねばならなかったとか。  また、日本語科があるのですが、博士号が出せないとか。これは、審査をする能力のある教授がいないからとか。  中国に精密機械を据付に行った技術者が、床は地面だったとか。泥が舞い上がるかもしれない場所では、精密機械は「精密が泣きます」   >開発途上国で学位を取得することの社会的メリットって何なのでしょうか? ありません。社会が評価しないからです。個人として素敵な相手が見つかったとか、ボランティアに目覚めたとかなら、別の要素が入りますが。   >途上国問題(開発学)を学びたい日本人の多くは、なぜ途上国そのものではなくアメリカやイギリスに留学するのですか? 理系なら、新鋭の機械を利用した、進んだものを学べるから、です。  医学の世界だと、田舎にいてはCTに触る機会は、皆でしょう。最新の技術が必要な、脳外科手術も困難です。  野口英世は、黄熱病に倒れましたが、原因のウィルスを見つけることができませんでした。いまなら電子顕微鏡で可能ですが、発展途上国にあるかどうか。あったとしてもメインテナンスに疑問があるので、使える状態かどうか。  文科系の民俗学ナドナラ、最新の機器は不要で、資金もかからない、といのならメリットがあるかも知れませんが。  それでも、コピー機は、自由には使えません。パソコンはあってもインターネットがつながるかちどうか、電気さえ停電の可能性も。  すなわち、研究のレベルというのは、個人の能力も必要ですが、それ以上にその国全体のレベルが重要です。  研究は、理系では、同一のゴールを目指した競争社会です。先進国なら飛行機で飛びまわれますが、発展途上国では自転車が利用できるレベルでしょう。勝負になりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

初歩的な質問に、ご丁寧にお答えくださりどうもありがとうございました。最近、知人が東南アジアの国で留学生活(修士)を始めたので、興味を持ちました。やはり、施設面での問題が大きそうですね。特に理系となると、わざわざストレスを買って苦労しにいくようなものなのかもしれないですね。納得です。

関連するQ&A

  • 先進国と開発途上国

    ふと思ったのですが。 先進国と開発途上国の差が激しいですよね。 一体先進国は何をしているんでしょうか? iPS細胞などの研究よりも、飢餓に苦しむ人々や良い環境に住めない人々のためになることを科学者はするべきではないですか?

  • 納得がいかない途上国開発!

     始めまして! 私は、先進国が途上国をいかにして援助し開発していくか興味があり、勉強しています。私自身は、理工学部なんですが、夏休みにインド旅行に行ってから、日本は、先進国は途上国に対して何ができるんだろう?って考えるようになりました。しかし、先生も国連のお偉いさんも途上国に対して「持続可能な開発(発展)」っていう数十年前に、流行った言葉を、何度も仰るばかりで、実際は人口問題、食料問題、環境問題、以前と比べて大差変化がないような気がします。 (まるで、小泉○○さんの構造改革みたい・・・ゴメンなさい!) 周りの友達はみんな理系なので、もし「持続可能は開発」についてだったり、具体的にどうやって途上国の援助をし 開発していくべきなのか、どんな些細な事でもご存知の方は教えてください!どうか、お願いします。

  • 「発展途上国」という言葉について

    「発展途上国」という言葉にややためらいを感じている自分に気がつきました。 最近は「開発途上国」とか「途上国」などという言い方の方がよく耳にします。 個人的に「発展途上」というのはまだ発展もしてない遅れてる国みたいなニュアンスに聞こえるようになりました。まぁ、「途上」だけでも「まだ造ってる最中」って感じなので他の言い方にもそのニュアンスはあてはあまりますが。 そういう理由から呼び方が変わってきたのかなぁと思ったのですが… 「ブラインドタッチ」→「タッチタイピング」 と同じような流れなのでしょうか?

  • 先進国と開発途上国の死亡率

    先進国の死亡率が増加している理由と、開発途上国の死亡率が下がっている理由を「医療の飛躍的な発達」以外で教えてください。 自分でネットで検索しても中々良いのが無く、とても困っています。 お願いします。

  • 発展途上国の環境対策

     発展途上国。特に、アフリカなどではなく、これからも高度の成長を続けて、環境の悪化が加速するであろう東南アジアの場合です。  ↑のような東南アジアはすでに日本がかつて公害問題が起こった頃よりも深刻な汚染度になっていますが、 発展途上国に厳しい環境対策を採らせるにはどのような問題点があるのでしょうか?  先進国のODAだけでは資金的にも厳しいし、規制を厳しくしてしまうと、経済発展が阻害されるため途上国側が積極的に環境問題に取り組むとは思えません。  しかし、日本などの先進国が「汚してからきれいにする」対策ではいけないとの教訓を残していますし、 このまま、環境破壊を放置しておいたら地球全体のマイナスにも、現地の人は命にかかわってくる問題だと思います。  実際に環境対策を採らせて、環境を改善させることは可能なのでしょうか?可能なら、先進国どのような協力をしてあげられるのでしょうか?

  • 新興国家の定義について

    私が子供の頃、かつては世界の国々を大まかに三通りに区切っていた様に記憶しています。 ・先進国(Developed Country / Industrialized Nation) ・開発途上国/発展途上国(Developing Country) ・第三世界諸国(Third-World Countries) 最近では第三世界という言葉を聞かなくなりました。代わりに開発途上国と第三世界諸国を包括するような言葉として、「新興国家(Emerging Nations)」という言葉によく出くわします。 実際問題、現在では先進国以外の国をすべて新興国家と呼ぶのでしょうか?例えば北朝鮮やルワンダなども新興国家に含まれるのでしょうか?それとも他のくくり(呼び名)があるのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 開発学と学校名について。(イギリス留学)

    現在、イギリス留学を検討中でLSEの開発学とキングスカレッジの紛争・安全保障・開発学というコースに興味を持っています。 どちらのコースが自分の中で志望度が高いかわからないのでアドバイスをいただければと思います。 ・学問について 開発業界での職務経験があるので、開発学ベースで大学院を志望しています。 開発学の中でも平和構築、紛争予防等に特に興味がありそれは途上国に限らず、国際法・安全保障も考慮して先進国同士の外交政策や安全保障戦略にも興味があります。 戦争学や紛争学に絞ってしまうと、理論ベースで終わってしまいその先の実践論まで学べないかなと感じているのと、国際関係学としてしまうと今度は範囲が多岐に渡ってしまうのとやはり実践論ではないと感じでいるので、その間をとって戦争学と国際関係学のどちらも学べそうなコースにしています。(途上国の開発自体には元々興味はあります。)  それでも開発学という学問は非常に幅広く、学位として開発学を取得しても表向きは専門性があまり見えないかと思うのですが、この辺りは授業で何をとるか、論文で何を書くかによってある程度専門性をつけたとCV上は主張することは可能でしょうか。  LSEのモジュールを見ているとほとんど選択科目なので割と自分の興味にフォーカスして授業がとれそうですが、1つの授業内容が多岐に渡っていて大枠として開発を学ぶという感じの授業が多い気がしています。  また、開発業界は国際協力の中でも下流に位置していると思いますが、下流ベースの授業が多いという印象です。  将来的にはNGO、世界銀行、JICA、開発コンサルタントにいきたい中流~下流向けのコースかと感じています。  反対にKCLのコースは開発という文言こそ入っているものの、ベースは国際関係学で安全保障を学んだりするということもあり、コース内容は割と上流~中流向けでどちらかというと政府機関やシンクタンク向けの人材育成用なのかなと感じています。 ・学校名について 世界大学ランキングは理系の学校に有利な評価が出るので、KCLの方が上になっていますが、実 際にはイギリス国内でも社会科学の分野でも大学のブランド名はLSEの方が上だと感じています。 しかしながら、KCLの戦争学は世界的に評価を受けている分野だと思っていて、戦争学に限ってみればLSEより評価は良いと感じています。(国際関係という視点で見ればLSEですが、LSEの国際関係コースを志望していません。)  実際に大学院でも学校名というのはその後の人生に大きく影響するのでしょうか。  現地の大学院進学掲示板を見ているとイギリス人内でも、大学名は大事という意見が大多数です。 ・将来について 将来は現段階の希望としては安全保障や平和構築に関わりたいので政府機関・シンクタンク、ある程度経験が積めたら国際機関等を考えています。 政府機関は公務員試験なので入省等にはあまり専攻は関係ないかもですが、シンクタンク、国際機関となると自分の専門性というのは非常に大事になってくると思います。 そう思った時に開発学という学位はどこまで有用なのか疑問を感じています。 長くなりましたが、以上が現在の悩みです。 開発学という学問がどこまで有用性があるのかということ、そして自分のやりたいことはKCLにあるけど名前で見ればLSEの方が良く、かつLSEでは安全保障や紛争に関して深く学ぶことはできないと感じているのでこのような悩みが生じています。 ご意見をいただけると幸いです。

  • 開発援助と自助努力

    さまざまな途上国に日本を含めた先進国は開発援助をしていますが、援助を受ける側の途上国がもし自助努力をしようとしなければ、援助はするべきではないと思いますか?

  • アメリカ大学への正規留学

    高3です。 私は、自立したい・自分の意見をはっきり言える人間になりたい・いろんな人に出会って視野を広げたい・英語がもっとしゃべれるようになりたい・開発学を勉強したいという理由で留学したいと思っています。 英語の授業は大変だろうしホームシックになるかもしれないので、日本の大学に行くほうがはるかに楽かもしれません。しかし、あえて厳しい環境に行って、いろいろなことを経験し、挫折も乗り越えて自分に自信をつけたいです。 しかしいろいろ調べて、就職が難しい・費用がかかる・教育の質に差があるなど(それは自分の選び方次第ですが)メリットばかりじゃないこともわかりました。私はそれでも挑戦したいと思っているのですが、両親は日本の大学へ行ってみてからもう一度考えたらとか、大人になってから大学を行き直す人もいると言います。けど、私の受けた大学には開発学がなく・・・というのもすごく情けない話なんですが、今まではとくにやりたいと思う分野がなく、英語が好きだから外国語系の学部に進もうとしていました。しかし最近になって開発学という分野を知り、これだ!!!!と思ったんです;笑 馬鹿みたいな話ですが、それから開発学などについて様々なことを調べ、今では本気で学びたいと思っています。 話を戻しますが、そのような理由から、本当にやりたいことがあるのに違うことを学ぶために大学に行くのは正直言っていやです。もしかしたら大学に行ってみて「まーいっか」と思えるかもしれないけど、わざわざお金を払っていくのにそんな妥協はしたくありません。(自分が払うわけでもないのに偉そうなこと言ってすいません) 大げさなことを言いますが、人生いつどうなるかわかりません。先日そのようなことを思い知らされることがありました。だから今やりたいことを今やりたいんです。あとで後悔したくありません。それに、留学したらどんなにいやなことがあってもそれは自分の責任です。両親の言う通りにしてあとで後悔するようなことあれば、心の中で両親のせいにしてしまうと思います。 両親は浪人してもいいと言いますが、開発学は日本ではあまり進んでいないし、留学に強い気持ちを持ったままもう一年がんばる自信がありません。浪人にはそれなりの覚悟がいると思います。 私の留学の目的は、自分次第では日本でもどうにかなる問題なのかもしれません。しかし、環境というのは自分にとってとても重要だと思っています。両親や回りの人たちには今まで応援してもらったのに本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。でもやっぱり後悔したくありません。 自分でもよく考えて決断したつもりなのですが、このくらいの考えでは甘いでしょうか?厳しいことでも何でも参考にしたいので、言っていただけると嬉しいです。 また留学してよかったこと・逆に悪かったこと・予想外だったことなど、わかる方いらっしゃいましたら教えてください。 あと、海外大学卒業だと就職は厳しいと聞くのですが、大学院まで行ってもそれは変わりませんか? 長くなってすいません。ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございました。

  • 開発学を学びたい

     はじめまして、私は地方国公立の大学で森林を学んでいる大学4年生です。 このまま大学院で森林を学ぶことが決まっています。しかし私は将来は貧困問題に取り組みたいと思っています。  そこで大学院で2年間英語を勉強した後あるいは就職してからお金をためて、留学して開発学について学びたいと思っています。アフリカ地域にいきたいと思っているので同時にフランス語も学びたいと思っています。 (英語の基準はクリアできたとして)開発学のバックグラウンドがなくても開発学を学べて、同時にフランス語が学べる留学先はありますか? どなたかご存知の方がいましたらぜひお願いします。