解決済み

エアコンの室内機の設置スペース

  • すぐに回答を!
  • 質問No.2237676
  • 閲覧数3883
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 89% (859/957)

エアコン取り付けが可能かチェックするために電気屋に来てもらいました。

エアコンが大きいため、設置したい位置がことごとくダメだったのですが1箇所だけ大丈夫な場所がありました。

ただその位置は部屋の角の部分なので、エアコン室内機のサイド部分と壁との隙間が1cmしかないことです。
電気屋は大丈夫といっていますが、念のためにメーカーに電話したら5cm開けてくださいとの返事。

実際問題、エアコンは上に吸気口があるのである程度スペースが必要だとは思うのですが、サイドは特に何もなにので5cmもクリアランスが必要か悩んでいます。

実際どうなのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 63% (848/1346)

取り付けたいエアコンの機種にこだわりがあるようですね。そうしますと、ダイキンのRシリーズでしょうか?

どうしてもダイキンのRシリーズ以外ではだめだという場合を除き、

他メーカーさんに

シャープ SXシリーズ (高さ278mm)
http://www.sharp.co.jp/aircon/point/index.html
http://www.sharp.co.jp/support/air_con/doc/size_ayt28sx.pdf

富士通ゼネラル nocriaシリーズ (高さ280mm)
http://www.fujitsu-general.com/jp/products/aircon/2006/nocria/feature/current.html
http://www.fujitsu-general.com/jp/products/aircon/downloads/2006/spec_AS-Z28R-W.pdf

などもあります。

これらであれば、天井から、窓枠までの間が37cmであっても、上に4cmあけてもカーテンレールのスペースは5cmとれます。

また、ディフューザーが かなり前方に付いていますため、カーテンレールが大きいものではなければ、干渉はないと思います。

さて、

ダイキンのRシリーズでしょうか? 側面の5cmのクリアランスの問題ですが、この点は、取り付けを行なう電気店が1cmでも大丈夫といっているのでしたら大丈夫ではないでしょうか。たいていの場合、側面は取り付けや修理の時に持ちやすいように設けるクリアランスですので、取り付ける電気店さんが大丈夫といっているのであれば大丈夫だと思います。
一応今一度電気店に確認し、「機種自体の側面が 熱を帯びるために 側面の5cmのクリアランスが必要なのか?」 を確認し、そうではない場合、取り付け業者さんが大丈夫といっているのでしたら大丈夫です。

もし万が一の、修理の際にも、『側面のクリアランスが1cm』でも きちんと面倒を見てくれることを電気店に確認しておきますと安心ですね。


まだ引渡しまでに1ヶ月ほどあるようですので、
据付工事説明書 という、エアコンの箱に入ってくる、据え付けのための詳しい説明書があるのですが(上記URLのものよりずっと詳しいもの)、付けたい機種が決まってから、この 据付工事説明書 をメーカーから取り寄せてみるとよいですね。
たいていは「パーツ」として指示されたルートから売ってくれますが、もしかしたらコピーしたものを送ってくれるかもしれません。
一般ユーザーが 据付工事説明書 を見ても良く分からないかもしれませんが、工事をされる電気業者さんや、家を建てている大工さんなどに聞く場合に重宝します。例えば、据付位置の決定、外壁穴あけ位置の可不可、ビスの可不可位置など、から、側面のクリアランスが実際はどの程度必要か?まで。
お礼コメント
tarotaro001

お礼率 89% (859/957)

ありがとうございます。

欲しいエアコンは某社のお掃除ロボットエアコンです。
レスを参考に検討させてもらいます。
投稿日時 - 2006-06-26 17:24:31
4つの行動でOK-チップをためよう
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ