• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

会話の広げ方?

人と会話することが苦手です。 表現する力がないのでしょうか、自分の考えや意見が上手くまとめられずに相手に伝わりません。たくさん話したいのに言葉が出てこないのです。 ちゃんと自分の言いたいこと伝えたいことがいえるようになりたいです。そういった表現力はどうやったら身につくものなんでしょうか? また雑談でも同じで、他の人たちの話を聞いているとどうでもいい話、取り留めのない話でも面白くなっていたりしてとても楽しそうです。しかし、そういう人たちが特に考えてしゃべっているようにも見えないです。 雑談はこういうことを考えている時点で駄目なんでしょうか。 できたらアドバイスお願いいたします。

noname#63924
noname#63924

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2647
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

大体において、話したいのに言葉が上手く出てこない人というのは、元々ボキャブラリーが少ないか、自分の話す内容が相手に悪い印象を与えてしまうのではないか、こう言ったら誤解されてしまうのではないかと、色々と内心緊張しながら喋っている人だと思います。 頭では話さなければならないと思いつつも、心ではなるべく自分をさらしたくないと思っているので、会話がしどろもどろになったりします。アクセルとブレーキを同時に踏んでるようなものです。 こういう場合は、話そうと思えば話そうと思うほどドツボにはまりますし、下手するとトラウマになったりもするでしょうから、あまり頑張ってする必要もないと思います。 相手に言いたいことを伝えるのが苦手なら、話すのは相手に任せて、むしろ聞き上手になるという方法もあります。 相手に質問して、相手に話させて、感想を言って、また質問するのです。ひたすらこれの繰り返しです。 相手が話している間に、その会話の中から、これは聞いても大丈夫そうだなというキーワードを見つけて、記憶にストックしときます。できれば相手が話したがっているキーワードを見つけることが好ましいです。 相手の話が途切れたら、心がこもった相槌なり感想なり言います。この人はちゃんと私の話を聞いてくれてるなと思えば相手も気分がよくなります。 その後、記憶のストックの中からキーワードを取り出して、新たな質問をぶつけてやります。 これだけで1時間は消化できます。 当然、よほどの自分大好き人間で無い限り、相手も自分に対して質問してくると思いますので、その時こそ、自分の考えや意見を話せばいいのではないでしょうか。 相手からわざわざ聞いてきているのですから、自分から話をするよりは、ずっと気が楽です。「あなたが質問してくるから私は答えてやっているんだ」というスタンスが取れるからです。例えあなたの回答なり意見がつまらないものであったとしても、心の中で多少相手のせいにできます。 あなたの応答で例え一瞬でも会話がしらけてしまっても、すぐにこちらから質問を返してあげれば、何の問題もありません。 質問ばかりして、失礼じゃないかと思うかも知れませんが、そんなことは気にしなくていいと思います。質問するということは、その人に興味を持っているんだという意思表示になります。 それよりも、一切の質問をはぶいた会話の方が、お互い一方通行で話すことになり、会話そのものがシラけやすくなります。 質問されるのが嫌なら、逆にその人が質問してきますので、そうでないなら質問しても大丈夫です。ただ相手の話を聞かずに、矢継ぎ早に質問していてはダメですし、ある程度は、これは質問して良いか悪いかの判断は必要です。 また、質問する側の方が圧倒的に、会話の内容に関して主導権を握れますので、あなた自身が、リラックスして話せる内容に意識的に持っていくことも可能になります。 大体の人は、自分の興味ある話を、興味ありそうに聞いてくれる人に対して話すことが大好きなので、最終的に会話が終わって、あなたが一言も自分の考えや意見を言わなかったとしても、相手は楽しい会話だった、充実した時間だったと思ってくれると思います。 それと本当に会話上手になりたいのなら、これは私の経験談ですが、ひたすら会話上手な人の会話を観察して真似することをお薦めします。 周囲にそういう人がいないのなら、テレビのバラエティ番組を録画して、何度も気になるシーンを巻き戻して観るなどの方法でもいいです。 実際に私も、自分がこの人、話し上手だなーと思う人の真似を良くしていました。その人の仕草や笑い方まで真似たこともあります。またお笑いが好きだったので、録画した1時間番組を2時間かけて観ているということもよくあります。 そうこうしているうちに、かなり自分でも話すのが上手くなったと思うようになりました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。本当にとても納得されられたアドバイスでした。 >ひたすら会話上手な人の会話を観察して真似すること、テレビのバラエティ番組を録画して、何度も気になるシーンを巻き戻して観る ⇒さっそく試してみたいと思います。 正直に言うと、恥ずかしながらボキャブラリーが足りないという面もかなりあると自分では思います。本や映画はよく見るのですが、ボキャブラリーが増えているとはあまり思えないです。言葉のボキャブラリーは、どうやったら身につくものなのでしょうか。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

私もNo3の回答者の方の言っている通りだと思います。 私も、相手の話を8ぐらい聞いて自分は2ぐらい話せといわれた事があります。不思議ですよね5対5で無いなんて。 また、相手の話の一部を会話の頭に引用して話し始めるとつながりやすく、的を外しにくいともいわれた事があります。 「会話上手な人の会話を観察」で私のお勧めはテレビでやっている筑紫哲也のニュース23の他事総論です。 これはWebにも内容が出ていまして印刷したり、携帯へメールして暇な時に音読してみると良いと思います。 話し方だけでなく語彙や知識も身に着いてきます。 また、「ボキャブラリーは、どうやったら身につくか」について、何か見たり聞いたり発生した事について原因とかこの先どうなるのかとか相手は何を考えているのかとかを最低10通り考えろと言っています。10通りなんてと思うかもしれませんが、こんなこと絶対ありえないだろうという発想まで想像力を働かせる訓練になります。 一度お試しください。

参考URL:
http://www.tbs.co.jp/news23/onair/taji/souron06.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

貴重なご意見ありがとうございます。 実践的なアドバイスで、ぜひやってみたいと思います! >相手の話の一部を会話の頭に引用して話し始めるとつながりやすく というのは、詳しくはどういうことなのかできたら教えてほしいです。頭悪くて申し訳ないですm(__)m

  • 回答No.2

私も昔はそうでした。 雑談でも気の効いたコメントが出ず、苦労しました。 しかしながら、社会人になってしばらくすると、止め処も無く言葉が口から溢れ、今では会社イチのおしゃべりです。 そのきっかけは営業職だったと今でも思います。 最初は一応修士出の私がなぜ営業職に...とも思いましたが、あの時の経験があるからこそ今は明るく人に接することができるのだろうと思います。 気の効いた話も、タイムリーな発言も出てきました。 私はそれを頭で考えているとは思いません。 今は条件反射です。脊髄反射といっても過言ではありませんよ。 時と場合にもよるかもしれませんが、是非営業職をご経験して下さい。 私はそれでお客様にお詫びをする事、人に対しての礼儀を体で覚え、そして何よりも代え難いお客様の満足そうな顔と会う事ができました。 この様なご経験はトークだけではなく、貴方の人生に大きく役立つと思います。 話がそれてしまいましたが、私が人と話をする際に気をつけていることをお話しますと、決してシモネタはしない事、絶対に他人の悪口を言わない事、(良いことならば「あの人ってこんな良いところあるよねー」とか発言します)恥ずかしいからという理由のウソ、知ったかぶりは厳禁。 あとは場が明るくなる様に話をする事です。 以上です。 ご参考になれば大変幸いに思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見ありがとうございます。 >止め処も無く言葉が口から溢れ ⇒とてもうらやましいです。そんな経験をしてみたいです。 よく思い返してみると、恥ずかしいからうそをつく、知ったかぶりというタブーをよくやってしまっていました。恥ずかしいからというか引かれると思ってなんですが…。あとで考えてみるとそうでもないのですよね。 営業職や人と接する仕事をみてみようと思います。 参考になりました。ありがとうございました。

  • 回答No.1

そうですね、おそらく考えすぎているのでしょう。 でも、うまく話せる人もたぶんいろいろ考えてると思いますよ。 考えたことをしゃべってみて、うまく話せれば経験になり、だんだんあまり考えずに浮かんでくるのだと思います。 スポーツなどでも、始めは考えて練習しますよね?でも、そのうちに無意識に体が動きます。 でも、うまく出来ないからといって、頭で考えるだけで実行しなければ、いつまでたっても無意識に動くようにならないと思います。 実は、僕も会話は苦手なんです。 今でも、人を楽しませるような会話は出来ません。 どうしても、「うまく言えなかったら」って思いが出てしまうんですね。 でも、会議等の席では自分の意見が言えるようになりました。以前はそれも駄目でした。 これも、始めは何度も頭で考えたことを当日までにリハーサルをやっていました。 そして、勇気を持って発言してみたんです。 始めは言いたいことの半分も言えませんでしたが、 だんだん70%、80%と増えていきました。 会話が苦手な人と言うのは、苦手と言うことで、自分から避けてるケースが多いのではないかと思います。 話す場では深く考えずに、終わってから振り返って見るとか、そういう形の方が良いと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見ありがとうございます。 まさに苦手意識が働いて避けてしまいます。hidechan2004さんは何度も練習して意見がいえるようになったのですね。本当にすばらしいです。 発表の場では声が震えて、意見をいうときは表現しきれずにどもってしまうのですが、私も毎日コツコツやっていけば話せるようになるのでしょうか。 終わってから振り返ってみることを心がけてみたいと思います。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 会話のキャッチボールができない

    テーマのある話ならなんとかなるのですが、 雑談が出来なくて悩んでいます。 エレベーターやトイレで二人きりになった時など、 話題が浮かばず何となく気まずいような空気に なってしまう。 ランチタイムや飲み会でも周りの会話に入っていけず、 常に聞き役。かといって聞き上手というわけでもない。 話を振ってくれても、「そうですね」くらいしか返せず、 そこで会話が終ってしまう。 盛り上げようと気を使ってくれてる人達に申し訳なく 思います。 こちらから話を振っても、相手の返してきた言葉に 会話をつなげられず、やはりそこで終ってしまう。 雑談ができるようになるためには、どのような訓練を すればいいか、教えてください。

  • 会話を広げるトレーニング

    人と喋るのは好きなのですが、いつも会話が続かなくて困っています。 仕事の取引先で雑談をする時など、イマイチ話が盛り上がりません・・・ 相手が喋ったことを理解するのが遅いというのも一つの原因ですが、 話を展開できないのが一番の原因ではないかと思います。 話を広げる力(展開力)を身につけるにはどういうトレーニングをすればいいでしょうか? 「ごきげんよう」の小堺さんのように相手の話をしっかり聞いた上で上手に話を広げれるようになりたいです。

  • 会話について

    はじめて質問させていただきます! 会話は嫌いではないのですが.. 「会話上手」で、いろいろネットで検索して会話上手になるにはまず聞き上手になるということでした。コレに関してはそんな下手というわけではなく問題ないと自分ではおもってます。もうひとつに自分から相手に質問しようということでしたがコレに関してもよく普段やっています。 じゃあ、何が私には足りないかというと、雑談力! この力をつけるのにはどうすればいいのでしょうか。

  • 会話の切り返しがうまくなりたい

    話のなかでうまく切り返しができません 後でゆっくりと文章にするのは比較的得意で、ボキャブラリに富んだ 表現も出来ると思うのですが、ちょっとした会話やビジネスの場面で、すぐ相手に対して反論というか、自分の考えをうまく表現できません。 そんな時、黙っているのがみっともないので意味のない言葉をつい言ったりして後悔することが多いです。 あとで、冷静に考えると「なぜ、こういう風に言わなかったのか・・・」「こんな反論があったじゃないか」など、しっかりした自分の言い分もあったのに、と後悔することが多いです。 こんな場合、どうすればいいですか?

  • 会話が楽しくない

    私は誰と話していても会話を楽しめないんです。 つまらないと思われてるのではないか、くだらないと思われてるのではないかと考えちゃうのに加えて、相手の話をきいてもすぅーっと抜けてしまって、考えることができず、意見を持つことができないのです… なので「そうなんだ」とか「へー」という相槌しか打てない… 相手の方はいつもつまらなそうです。笑顔がないです。複数で座ってると私が隣にいても遠くにいる他の人達に話してそっぽを向かれていることが多いです。 元々、自分から主張しないタイプで、そういう考えもあるんだなぁと思ってしまうところがあります。 仲良くなりたいのに、会話に苦手意識があって、家族以外といると疲れます…何年も前からの友達ともそうです… むしろ初対面の方のほうが外モードを発揮して、はきはき質問できるし、笑顔で聞けるし、スムーズな気がします… 会話ってどう楽しめばいいのですか?

  • 会話する能力と作文する能力の違い

    普段の会話が上手で、人をひきつける面白い話をする人が、作文やリポートを書くと会話の時とはかけ離れた表現力の無い文章を書く方だったり、 逆に、魅力的な表現力で文章を書いていた方が、実際にあって見ると、どちらかと言えば口下手な方だったりすることが多々あります。 スピーチが上手い人が、私生活では寡黙と言うこともあるかもしれません。 いずれも言葉を使って表現をする行為であるにもかかわらず、なぜこのような違いが生じるのでしょうか?

  • 表現力が足りない・・・(ちょっと長いです)

     私はどうやら言葉が不足しているようで、相手に誤解を与えてしまいます。反応がおかしいと思い、後々考えてみると大事な部分が抜けていたり、言いたい事が上手く伝わってなかったりします。  会話が苦手というのもあるかもしれませんが・・・  親からも「もっと自分を表現しなさい」と言われます。  本はたくさん読んでるし、作文も絵を描くのも得意な方でその方面では表現できているのですが。  表現力を身につけ、誤解を与えないようにするにはどうしたらいいでしょうか?

  • ああ言えばこう言う問題

    宜しくお願いします。 「ああ言えばこう言う」という言葉が会話の内で発せられるような口論をしてしまいました。 会話内では、私が「こう言う」側に当たります。 最後には、「ああ言えばこう言う」ことはせず、素直に「はい」と言うようにと言われてしまいました。 私としましては、ああ言えばこう言うと言われると、 上から押さえつけられるような屈辱的な感じになってしまいます。 それが嫌で今までは、口論相手が関係の浅い相手であったならば、 「とりあえず本意は置いておいて、自分が謝って場を収める」という解決方法を取っていました。 しかし、今回の相手は、関わりが深く、今後のことも考えると、 本意にないこと(素直に「はい」というようにするという旨)を伝えて、 決着するような今までの解決方法は、最適ではないと考えています。 (なぜなら、最悪のケースで、私が嘘つきになってしまうため) 「ああ言えばこう言う」という言葉が発せられてしまう原因と対策については、 次のように私は考えています。 原因と対策(1) 「ああ言う」人の発言内容には、「こう言い返せる」ような、付け入る隙があるのが悪いのではないか、 付け入るような隙(不備)がないように「ああ言えば」、「こう言う」ことはなくなると思います。 言い方をかえると、「ああ言う」人の言葉の表現力(保管力)の不足が原因なのではないでしょうか。 つまり、「ああ言う」人の言葉の表現力を向上させれば、問題解決に至ると考えています。 原因と対策(2) 「ああ言った」人は、自分の発言の不備を、相手に指摘されて、気分を害してしまったため、 「ああ言えばこう言う」という言葉を発してしまったのではないでしょうか。 そうであるならば、「こう言う」人は、もっと言葉を慎重に選んで、相手を不備を逆撫でしないように 「こう言う」ようにすれば、この言葉が相手から発せられずに済んだのではないでしょうか。 つまり、「こう言う」人も言葉の表現力を向上させれば、問題解決に至ると考えています。 まとめますと、 お互いの言葉の表現力の不足が原因で、「ああ言えばこう言う」という言葉が発せられた と考えています。 すなわち、言葉の表現力の高い2人の会話では、、「ああ言えばこう言う」ということにはならない と考えています。 そこで私は、この考えを口論相手に説明して、  素直に「はい」ということは必ずしもできないが、  今後も、「ああ言えばこう言う」という言葉が発せられる場合があっても、お互いの言葉の表現に  不備はなかったかどうか話し合うようにしていこう と伝えようと思っています。 以上が、ああ言えばこう言う問題の状況・心境の説明になります。 その解決方法などについて、ご意見をお願いします。

  • 会話がうまくない

    会話がうまくなくて困ってます……… 私は今高二なんですが、会話するのがあんまり得意ではありません。 まず声が通らないので相手に聞こえないし、相手の声もよく聞こえなかったりします。 そして、更に問題なのが、言いたいことを上手く表現できないことです。 相手に話している時に、意味がよく分からないと言われることや、言ったことを適当に流されることがよくあります。 それに、自分が言いたい言葉が出てこなくて会話の流れがとまったり、言ったことを勘違いされることもよくあります。 どうすればいいでしょうか……

  • 会話がつまらない

    こんにちは。今年大学二年生の者です。 もうこういう質問何度めだよ、と思う方もいるとおもいますが、ちょっと自分語りさせてください。長い上にわりと過激です。叩くなら優しく叩いてください。 この質問サイト見ていても、自分は他人と会話が続かないつまらない人間なんです、集団でしゃべっているといつも浮いてしまいます、相手の言葉にうまく反応できないんです、みたいな質問を頻繁に見かけます。ぼく自身も、大学に入学して半年くらいこういうことに悩み続けました。 で、無表情なのが悪いのか、とがんばって笑顔を浮かべてみたり、すぐに言葉をかえすようにしたりと色々試みたのですがやっぱり胸はもやもや、少人数だと話はなんとかもつが大人数になると結局輪からはずれてポツンと浮くことになる。でもまあ、そんな大学生活でもたまには、自分がしゃべれる、しゃべりやすい「場」になることがあるんですよね。で、そんなときにしゃべりたいようにしゃべったらこれがウケるんです。お前そんな面白かったのか、的なことをそうやって何度もいわれるうちに、なんか、今まで自分は他人と会話できないつまらない人間なんだと卑屈になっていた反動もあって、 つまんないのって、もしかして、ぼくじゃなくて、君らのほうなんじゃねえの???????? という考えにいたりました。傲慢で申し訳ないですが本音です。まあ今は、自分はコミュニケーションに特別問題があるわけじゃないんだな、と自信を持ったおかげでなんとかいろんな方と無難な会話をつないで、ああ、ここ笑うとこだなと思ったら笑う、みたいなことをやっているわけなのですが、はっきりいって全然面白くないし、初対面ならそれも仕方ないとは思うんですが、いつまでもそこから深まっていかない(大学の人たちを見ているとそう)のならこの先本当に仲のいい友達を作れる気がしないです。 そういう表面的な共感でつながる無難な会話をすることそのものを否定しているわけではありません。社会人になったら相性の良し悪し関係なくつながらなくてはならないのでしょうけど、「コミュ力」「人脈」みたいな言葉に代表されるみたいに、人間関係を過度に目的的に捉える主張があまりにも多すぎて、みんな無難な会話しかもはやできないんじゃないか、という疑いすらわいてきてます。人と言葉を交わすことそのものが楽しい、みたいな考え方はぼくには到底できないです。会話ができない、と苦しんでる方々も、実はまわりがそういう人たちばかりだから会話を楽しめない、ということはないのでしょうか? みなさんの考えをお聞かせください。