• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

桔梗紋について教えてください。

こんにちは。 僕の家の家紋は丸に桔梗紋ですけど、歴史書によれば桔梗紋は土岐氏の家紋とあったのですが、他の専門書を読んだら土岐氏の家紋だけど、土岐氏とは関係の無い人々まで桔梗紋を使用するようになったとありました。 僕の先祖は岐阜県の県境の地が発祥地だと解ったのですけど、祖父母が既に他界してるので先祖のルーツまでは解らないです。 それと、専門書によると坂本竜馬の先祖は土岐氏族明智流とあったのですが、インターネットで読んだら、そういう説で実際は解らないみたいな事が書いてありました。 坂本竜馬の家紋も桔梗紋みたいですが、僕の先祖は誰でしょうか?。 それと家紋に詳しい人、桔梗紋について教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2844
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

結局の所、家系図を追っていくしかないです。 問題は明治より前ですが、これは菩提寺の過去帳で調べることになるようです。 「過去帳 家系図」で検索してみると、その辺の調べ方についてヒットします。(参考URLはその中の一つ)

参考URL:
http://www.kct.ne.jp/~kshimizu/searc.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

その菩提寺が祖父母が他界してるので何処なのか解らないです。 丸に桔梗紋は桔梗紋の中でも多くて土岐氏とは関係ない人々まで使用したとあるので、他の家系の追い方は解りますか?。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • ventus
  • ベストアンサー率37% (12/32)

http://www.otomiya.com/kamon/plant/kikyo.htm 桔梗紋といっても数多くの桔梗紋があります。 fantom77さんは「丸に桔梗」 明智家は「桔梗(水色)」 坂本龍馬は「組合い角に桔梗」       (重ね角に桔梗、違い枡に桔梗など呼び名は様々) 多くの桔梗紋の中の一つであるということなので土岐氏や太田氏の流れを汲んでいるのでは?という程度しかわかりません。 ただ下記URLだと太田氏の流れであるとのことのようです。 http://www.harimaya.com/o_kamon1/hatamoto/hm_ti.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

できそうなことからはじめる まずお祖父さんの戸籍の除籍謄本をとる その謄本に曾祖父さんの記載があるので、それを頼りに曾祖父さんの除籍謄本をとる それぞれの原戸籍が存在すればその謄本もとる このように順次さかのぼって入手できる謄本は全て取る 除籍は80年しか保存されませんから、どこまでたどれるかは判りませんが、たどれるところまでたどります 直系の関係に無い戸籍の閲覧・謄本取得には制限がありますが、直系の関係ならば制限はありません その戸籍(除籍)に記載されていることを参考に調査の輪を広げます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

やはり家系図か、菩提寺を探るしかないかと思います。 ほかには・・・通称、壬申戸籍と呼ばれる、明治期の戸籍台帳が法務省に保管されている(ただし法務省は廃棄したと発表)のですが、これは身分差別などの情報が含まれているため、開示はされていませんし、何度か請求が棄却されていますので、使うのは無理ですね。 それ以降の戸籍は・・・開示されているものはあるようですが、その土地の役所に行って「見せてください」といっても「はい」とは行かないため、書類手続きによって開示請求(最悪裁判所に申し立てないと開かれない可能性はあります。特に自身の祖父以降を探っていくとなると・・・まあ、たいてい書類請求をすれば通ると思います)をする必要は出てくると思います。 なお、先祖が誰でしょうか、という質問に関しては わかりません。 と答えるしかありません。 まず、桔梗紋についてですが、これは清和源氏頼光流と呼ばれるものなのですが、名前のとおり源頼光の後裔を「名乗る」人たちが使っていた家紋です(「」してありますが、これが重要)。 もっとも、同じ桔梗でも太田や土岐のものでは形が変わります。 http://www2.harimaya.com/sengoku/html/toki_k.html http://www2.harimaya.com/sengoku/html/ota_k.html さて、家系についてですが、これは一筋縄ではいきません。非常に複雑です。 坂本龍馬もそうですが、武家において多くの家系というのはその一族であるというのを「名乗っている」のです。 つまり、実際にその子孫である可能性が怪しい人物がほとんどで、多くは家系図を改竄して、くっつけたり、戸籍を売ってもらって、その家公認の改竄を行ったりしました。 本当はどっかからの流れ者かなにかかと思われる人が源氏を名乗っている例は多分にあります。 これは、改竄なのかそうではないのかは、現在となってはわかりません。家系図しかその家系を証明するものはなく、かつその家系図を本物としているのも家系図だからです。 詳しくは私が回答したこれの、No2にて書いてあります。藤原氏についての解答ですが、源氏も同様です。 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2192705 で、これが行われたのが平安~戦国、江戸時代。この時点で、「頼光後裔を名乗る」家が多数登場します。 さらに、明治期になってから、いわゆる平民は苗字を名乗るようになったのですが、これがもう一つの問題。 家紋とはすべての家がもっているものではありませんでしたが、明治になって、とりあえずすべての家において家紋が必要となりました。 そうなると、当時の人はどうしたかというと・・・自分で作るのはあまり気乗りはしません。もともとどういったものがあるのかもよく見たことがない人たちの話です。 となればどうするかというと・・・既存の家紋をパクるのです。これが一番簡単。 こういったことが合ったため、家紋がそれでも実際には全然関係ない家系であるということも十二分にありえるわけです。 菩提寺がわからない、ということですが、となれば菩提寺を「探し」ましょう。それが一番早い。 祖父母はすでになくなっているということですが、そうなれば親から話を聞けば祖父母がどこに住んでいたかはわかります。おそらくどこで生まれたかまではわかるでしょう。 そうしたら、その土地にて祖父母の住んでいた土地や苗字を探しましょう。苗字はしたの参考にも乗っていますが、土地によっては固まっているため非常に重要です。これで出自がわかる苗字もあります。 たとえば私の住んでいる土地の近くには、蒲谷という苗字だらけだった土地があり、とある人の話ではここ以外に蒲谷という苗字は存在していない、ということなので、苗字だけでこの土地の出自であるのはほぼ間違いない、とわかるのです。 で、どのあたりかが大まかに特定できたら、今度はフィールドワーク、というか足で稼ぐことになります。たとえば、昭和初期ごろからの戸籍を調べたり、実際にその土地に行って、いろいろな人から話を聞いたり・・・ もし本家でも見つかればしめたものです。そういう風に菩提寺を探して、最後に菩提寺の過去帳が残っていれば、江戸期からさかのぼっていけます。 詳しくは参考URLに乗っていますね。 なかなか大変だとは思いますが、大型連休等をつかってみてはどうでしょうか・・自分の家系を知りたい、先祖がどういった人なのか知りたい、というのは、人間としては普通な感情ですし、すばらしいことかと思います。がんばってください。

参考URL:
http://www.harimaya.com/o_kamon1/saguru/saguru4.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 桔梗紋の奈良家

    明智光秀の部将だったようなのですが、心当たりのある方、 是非ご教授下さい。 ヒントが少なくて申し訳ないのですが、 ・姓は奈良。名は不明 ・敗れた後に秋田に移ったらしい ・家紋は桔梗(どんな桔梗紋かは不明) と、これくらいです(私も人伝てに聞いているもので…)。 宜しくお願いします。

  • 日光東照宮には、桔梗の家紋が有るのは?

    不思議に感じているのですが、東照宮は徳川家康を祭って有るので 三つ葉葵の、あの定番の紋を使っていると思ってましたが、 建物のあちこちに、桔梗の家紋も目につきます。 桔梗の紋というと明智光秀を思い出しますが、桔梗の紋は清和源氏の 血縁関係が有る家系だと知りました。 徳川家の側近で有る松平家も 清和源氏の流れを組む家系らしいですね。 まだ調べが曖昧ですが、 明智家と松平家は、どこかで親類関係でしょうか? (松平家のご紋も、桔梗ですかね) (天皇家と源氏家も、血縁関係あるから 松平家も親戚ですか) もう1個疑問は、日光東照宮のそばに、明智平という地名が有りますが 明智光秀の由来がある地名ですか? 明智家が由来有るのは、岐阜や 福井、滋賀の方とも聞いてますが?? 徳川家も、源氏の家系なのは間違いないですよね。 (どこかの文献に、将軍にそれぞれ源氏長者と命名が付いていた?) ついでに、徳川の将軍の名前は誰が考えたか知らないけど、2代目 秀忠、3代は家光。 明智光秀の1字づつを取っているのは偶然? また色々教えてください。

  • 坂本 竜馬の愛刀 陸奥守吉行

    坂本竜馬の愛刀陸奥守吉行についてです。 竜馬の持っていたものと同じデザインで居合刀を作りたいのですが調べても出てきません。 竜馬が使っていた 鍔 柄巻の色や巻き方 縁頭 目貫 刃紋 鞘 などを教えてください。 その辺のちゃちい模造刀のリンクは要りません。

  • 南光坊天海=明智光秀なの?

    南光坊天海は明智光秀なのでしょうか?天海が陣頭指揮をとって建設されたと言われる日光東照宮に明智家の家紋である桔梗紋があったり明智だいらの命名者が天海であったなど聞いたことがあるのですが、天海=光秀なのでしょうか? あと今回の質問とは関係ないのですが天海は107年も生きたのでしょうか?今の医学でも100歳を超える人はあまりにいないのにこんなことがあり得るのでしょうか?400年前は人生50年なんて言われてた時代ですよ!

  • 近江屋事件

    近江屋事件についてです。 坂本竜馬を殺した犯人が新撰組の斉藤一だと考えている専門家や研究者の方はまだいらっしゃいますでしょうか? プロの方でなくとも、歴史に詳しい方でも答えて下されば嬉しいです!

  • 十字に靴裏をあぶる

    我が家の風習で新品の靴は履く前に十字に靴裏をあぶります。曽祖母から母が受け継いだようですが、母亡き今真相は分かりません。 ただ、母が亡くなる前に、我が家の家紋は女紋しか残っていない事と、はっきりしないのですが男紋は〒か十字に似たものだったらしいと聞いていた事は分かっています。 先祖に木戸家があり、木戸孝允ゆかりらしいのですが詳細は皆亡くなっていてわかりません。 九州にルーツがあるのは姓名(木戸ではない)からも推測出来るのですが、こういった風習は聞いたことがなく、私自身もそれに惹きつけられていて、どなたかこのような事に興味があったり調べている方がいらっしゃったらお話を伺いたいです。

  • 坂本龍馬暗殺事件の犯人について

     長文ですが、坂本竜馬暗殺について質問させてください。  私は歴史については素人ですが、興味があっていろいろ勉強している者です。特に幕末の坂本竜馬暗殺事件の犯人について興味があるのですが、私個人としてはやはり会津藩が黒幕で、松平容保が見回り組に指示して実行させたと思うのです。他にも紀州藩説や薩摩藩説、新撰組説などがありますが、以下の理由で違うと思います。 (1)紀州藩説  いろは丸との衝突事件で後藤象二郎や坂本竜馬との交渉で8万両もの賠償金を払わされた腹いせとの説ですが、大金には違いないものの、所詮個人の金ではなく藩の金なので暗殺するほどの強い理由があるとは思えない。記録を見ても紀州藩としては早く金を払って一件落着したい向きがあり、いろは丸事件をほじくり返すようなことはしないはず。 (2)薩摩藩説  武力倒幕派の薩摩としては穏便に解決したい坂本竜馬の存在が邪魔になって暗殺したとの説ですが、確かに坂本竜馬が邪魔だったとしても西郷隆盛と龍馬は個人的に親しい関係にあり、「殺してしまえ」とまではいかなかったと思う。それに薩摩藩は寺田屋事件の時にいち早く龍馬の救出に出向いており、薩摩藩と龍馬の関係は悪くなかったはず。 (3)新撰組説  暗殺の時に伊予言葉で「こなくそ」と言っており、伊予出身者が新撰組にいるからという理由と、新撰組行きつけの料理屋(瓢亭)の下駄が現場に片方残されていたという理由ですが、新撰組という殺しのプロフェッショナル集団が、そんな間抜けな証拠を残すはずがなく、これは新撰組の仕業にしようとした意図がみえみえだと思います。  少なくとも実行犯が京都見回り組だと仮定すると、やはりその直属の上部組織である会津藩がテロリストとして認識していた危険人物の坂本竜馬暗殺の指示をしたと考えるのが一番自然だと思います。そもそも新撰組の芹沢鴨暗殺を命令したのも松平容保であり、邪魔者は排除しようとした思考回路があったのではと思います。  それと決定的なのは、黒幕が紀州藩にしろ薩摩藩にしろ、見回り組が会津藩以外の藩の命令など聞くわけがないと思います。紀州や薩摩が黒幕だとしたら見回り組に暗殺を依頼したわけで、そんな依頼など断っていたはずです。「そう思うならそちらで勝手にやってくれ」と回答していたはずで、「はいそうですか」と簡単に請け負うはずがないのです。  あくまで私個人の見解なので専門家の方たちにはいろんな意見があると思いますが、私の考え方は方向性が間違っているでしょうか。龍馬暗殺の真相は新しい史料でも出てこないかぎり永遠の謎だと思いますが、私の考え方への意見をいただければ幸いです。よろしくお願いします。

  • 苗字についてです。今自分の先祖について調べているも

    苗字についてです。今自分の先祖について調べているものです。私の苗字は珍しく多分血の繋がってる家族以外同じ苗字の人はいません(近隣の県役所などで問い合わせたところ近隣にいない)。またお世話になってるお寺でも1300年代まで遡る家系図があります。より詳しく調べようとしたのですが住職さんは記録が古くお金がかかる専門的な調査が必要だろうと言っておりました。私の苗字には古事記に出てくるある地名が(書きたいのですが非常なか珍しいので遠慮させて頂きます)書いておりまた家紋も一般に普及している物ではなく神社などに関係ある家の紋らしいです。祖父母の話だと昔の神職か国造の血を引いてるかもしれないということです(今は一般家庭として生きていて先祖のことはほとんどわかっていません。)別に先祖代々伝わるものもありません。私は就職の際に希望した職の都合で少し身辺調査のようなものを行った際に自分の先祖に興味をもちました。貯金で少し調べてみようと思ってます。私の場合ただ苗字が古いだけなのでしょうか?それともどこかで歴史上の名家と繋がってるような家かもしれない、ということはあったりしますか?一応家族の多くは関西在住です。

  • 戦国武将などを強い順に並べて

    以下のキャラで格闘ゲームを作るとして強く(ジャンルはばらばらですがトータルで)設定する順番に並べて見てください。全員じゃなくてもいいです。それとこいつは入れときたいとかもドシドシ(ヒットラーとかw)おねがいします。 前田利家・細川ガラシャ・佐々木小次郎・石田三成・徳川家康・立花闇千代・風魔小太郎・宮本武蔵・真田幸村・明智光秀・前田慶次・武田信玄・上杉謙信・服部半蔵・伊達政宗・小田信長・豊臣秀吉・カコウトン ・リクソン・チョウウン・リョフ・宮本武蔵・塚原ト伝・坂本竜馬・斉藤一・佐々木小次郎・近藤勇・沖田総司・土方歳三・平将門・徳川家康

  • 桔梗の育て方について

    桔梗を鉢(直径23cm、深さ23cm)で育てていますが、春先から細い茎が15本位群生しており、今では直径3mm位の細い茎がたくさん生えています。高さは40cm位。そのせいか花芽ができていません。春先に間引く必要があるのでしょうか? 売っている桔梗は茎の直径が6mm以上あるのですが。よろしくお願い致します。