• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

歩行者が加害者になるケースってあるんでしょうか?

最近自転車について取り締まりが強化されると言う話を耳にします。 自転車でも飲酒運転で捕まるということがあるそうです。 では、歩行者は泥酔しても道交法では捕まらないんでしょうか? 場合にによっては危険ですよね? 泥酔した歩行者が道に飛び出し、それに激突するとか、よけようとして たとえばバイクのライダーが重症、あるいは死亡しても その歩行者は逮捕されないんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数185
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

大分前ですけど、自転車の前に高校生が飛び出し (横断歩道のないところで横切ろうとした) よけようとした自転車が転倒 乗っていた人は何日かして亡くなりました 後で聞いた話だと、賠償として何千万円のお金を払うことになったそうです 逮捕するしないはわかりませんが、責任はあると考えていいかもしれません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。賠償責任はあるわけなんですね。ありがとうございます。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • nik670
  • ベストアンサー率20% (1484/7147)

自転車は軽車両になるので、歩道走れませんよね。 自動車などは点数や反則金制度があるので信号無 視しても点数引かれて反則金払って終わりです。 でも自転車にはそれがないので信号無視すると 自動車より重い罪になるんですよ。何年以下の 懲役またはXX以下の罰金っていう感じに。 ただ警察はそれを捕まえないでくれているだけな んです。 歩行者は道交法では捕まえられません。なぜか というと道交法には歩行者は該当しないからで す。道交法は乗り物だけなんですよ。 hwy101さんの例で行くと逮捕は絶対にあり得ま せん。すなわち刑事罰はないけど民事では慰謝 料やなんだかんだと間違いなく出てくるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>歩行者は道交法では捕まえられません たまに歩行者が横断禁止のとろこをわたって捕まって、ニュースでやったりしたこともあるようです。 あれは道交法じゃないんでしょうか… >民事では慰謝料やなんだかんだと間違いなく出てくるでしょう。 そうですね。歩行者でも責任があるということですね。 ありがとうございます。

  • 回答No.2
  • kvm
  • ベストアンサー率19% (123/617)

歩行者は歩行者 自転車は軽車両です 自転車とバイクは軽車両と車両の事故 >その歩行者は逮捕されないんでしょうか? まず ライダーを救助する義務が発生します もし 無視すると重大な過失となります >逮捕 逮捕と言うよりも 過失が問われます 逮捕は逃げる可能性があったり 重大な過失があれば 逮捕されます その場の警察の判断でしょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですか。歩行者は道交法などには引っかからないかもしれないけど、 過失は問われるというような感じですか。ありがとうございます。

  • 回答No.1
  • 1582
  • ベストアンサー率10% (293/2664)

自転車は車と同じ扱い

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 歩行者は左側通行ですか

    歩行者専用の路側帯などがない、道路を歩く際に歩行者も道路左側を 通行しなくてはいけないのでしょうか?道交法ではどのように定められていますか。よろしくお願いいたします。

  • 歩行者妨害の取り締まり

    自転車で走ってると1BOXの警察車両が車道と歩道の区別の無い(一見すると歩道ですが車も走れる)ところに駐車していました。そのそばに警察官が立っていました。歩行者妨害の取り締まりだなとすぐわかりました。 片側1車線と片側3車線の交差点です。片側1車線から片側3車線に左折した車がいてその後笛が鳴り停められたのです。その車は、きちんとスピードも落としゆっくりと交差点を左折していました。 歩行者は、中央分離帯にいて、車は片側3車線の一番外を走っていきました。 道交法では、交差点を渡ろうとする歩行者が・・・。となってると思います。 片側3車線の中央分離帯なら歩行者の邪魔にもなっていません。道交法からすれば、向こう側の交差点から渡ろうとする人がいても歩行者妨害になるとは思いますが・・・。 仕方ないとは思うのですが、ちょっとひどいかなと思ったのです。 警察官も自転車でこれるのに、駐車禁止除外になってるといってもわざわざ1BOXの車で来て駐車違反の道路に赤色灯もつけずに車両を隠しての取り締まりはどうかとも思いました。そんなやつに切符を切る資格があるのか!とね。 歩行者妨害の取り締まりは、もちろん賛成ですが・・・誰が見てもわかる悪質なやつを止めたらいいのにね。職務質問、交通取締りの練習だからおとなしそうな車を狙ったのでしょうか。 納得いかない違反で切符切られたことありますか?

  • 車の側面に歩行者が激突してきた場合

    横断歩道がないところで飛び出してきた自転車や歩行者が 車の側面~後方に激突してきた場合でも車の責任になるんでしょうか? 前方で当たってしまったら予測しなかったのが悪いと思えますが

  • 歩行者用信号の拘束力は車やバイクに対してどのぐらいあるんでしょうか?

    近所の中央線もない一方通行の小道から、中央線のある幅狭めの道に出るT字路には、一時停止標識と終日押ボタン式の歩行者信号しかなく、 当然ここを車で通る際には自分でボタンを押すか、歩行者に押してもらわなければ歩行者信号は青になりません。 歩行者用信号というぐらいだから車は赤信号でも進行できると思い、今までは一時停止後はすぐに右左折していたのですが、 今日それをやったところ歩行者の人に「信号無視をするな!」と怒鳴られてしまいました。 私としてもボタンを押す程度の面倒よりも違反運転を避けていきたいので、これは道交法でどう判断される所なのかが気になります。 よろしくお願いします。

  • 交差点(横断歩道上)での歩行者の行動について

    横断歩道がある交差点を横断する際の歩行者の心理についてのご質問です。 首都圏や大都市圏では (1)ドヤ顔で歩行者優先 (2)ドヤ顔で歩行者優先を盾にゆっくり渡る (3)車が止まって当然のドヤ顔 (4)幼稚園児や小学生は(ありがとう)の挨拶 中学生クラスでは照れながらの会釈 一部お年寄りの方でしたら、車に会釈 が殆どのケースだと思います。 反面、田舎では (1)老若男女問わず、殆どの横断者の方が待っている車に会釈 車も会釈で返す (2)小走り若しくは早歩きで横断 歩行者も車も気遣いながら行動していますよね。 この違いって、首都圏や大都市圏の歩行者は (1)都会のストレスですかね? (2)心に余裕が無いのですかね? (3)器が小さいのですかね? (4)車を持たない方の車に対する僻み? (5)単に道交法で歩行者優先だから、車を待たせるのは関係なし? 回答をいただけたら幸いです。 宜しくお願いいたします。

  • 飲酒死亡事故

    飲酒運転の事故がかまびすしいですが、飲酒の上逃走して信号無視、歩行者をはねて死亡事故を起こした場合、飲酒だけでも保険金は下りないと聞いた気がします。そんな場合死亡した歩行者にはどんな保証がされるのでしょうか?

  • 自転車対歩行者事故の過失割合についての疑問

    自転車対歩行者の事故で過失割合を決める場合、原則として自動車(4輪・2輪)対歩行者の基準を(ほぼ)そのまま利用すると聞きましたが・・ 自転車の運転者に、自動車と同程度の注意義務を求め、同程度の過失を認定するのは、妥当なのでしょうか。 はっきり言って、理解しがたいです。 私見ですが、自動車と歩行者の事故で、自動車運転者の過失が著しく高くなる理由は、以下のようなものでしょう。 (1)道交法において自動車は車両であり、歩行者に比べ法律上の制約・義務が大きくなるから。 (2)歩行者が相手を死傷させる事は殆どないが、自動車は容易に相手を死傷させるから、それだけ危険性を自認して運転すべきだから。 (3)自動車の運転者は、危険回避能力・交通法規の知識とも、免許を持たない歩行者より優れているのが一般的なので、過失割合を定めるにあたってはハンディキャップを付けるべきだから。 (4)自動車の場合、人身事故に備えた保険(強制・任意とも)が充実しているので、賠償義務が運転者個人の負担になる事は少ないから。 これに対し、自転車の場合は (1)車両といっても自動車ほどの義務はない (2)ぶつかっても、相手を死亡・重傷に至らせる事は、普通は起こらない (3)全く当てはまらない (4)保険に入っている事はまれ なので、歩行者対自動車の過失割合を利用するのは不適切ではないかと。 実際に、判例タイムズなどでも「4輪・2輪車が歩行者と衝突した場合の基準」と明記してあったような気がします。 それなのに、なぜ加害車両が自動車の場合と同じ過失を、自転車に対しても認定するのか、疑問を感じております。 できれば、交通事故に詳しい専門家の意見をお願いします。

  • なぜ歩行者が死ぬとドライバーが悪者?

    最近、以前にも増して悪質な歩行者、自転車が目立ちます。 車道を横断したり、赤信号無視、逆走等をする人が多いですが、 なぜ、歩行者側の過失で怪我をしたり死亡した場合、 ドライバーが責任を取らないといけないのでしょうか? この動画の冒頭部分の様な場合、 http://www.youtube.com/watch?v=zFqF8aaXl98 タクシー側は歩行者に対して、車両の修理費諸々を請求して、 通院費も歩行者の自己負担で通院するべきではないでしょうか? 交差点などで起きた通常の事故に関しては、今まで通りでいいと思います。 馬鹿が車に飛び込んできて運転手が金を出すというのは、 電車に飛び込み自殺をした人にお金をあげると言ってるようなものです。 こんなおかしな話はありません。 何とかならないのでしょうか?

  • 道交法:歩行者の右側通行は改正されないのか?

    道交法第10条、「歩行者の右側通行」の疑問を以前、ここのサイトで質問したところ、 多くの回答をいただいたのですが残念ながら解決には至りませんでした。 法を犯して左側を歩けば自分の身は守れます。しかし、車両(特に自転車)に乗る時は左側を通行しなければならないので右側を歩いて来る歩行者との衝突は避けれません。 被害者にも加害者にもならずに安全に道路を通行するためには法律を変えてもらうしかないということが私の結論です。 警察に相談してみると「国で決められたことなので警察としてはどうすることもできない。」 法律の良し悪しはどうあれそれを市民に押し付けるのが仕事のようです。 「法律はあくまで原則であって臨機応変に対応すべき。」とか、それでは無責任すぎます。 私が「危険から自分の身を守るために法改正してもらわなければ法律を守れない。」と言うと 「弁護士と相談してください。」と言われてしまいました。 警察の道交法に対する姿勢の問題であって、私が弁護士さんに相談するのは筋違いだと思うのですが、法改正とまではいかなくてもガイドラインとして公表してもらいたいです。 このままでは左を歩いている私が違反者であり、さらに加害者になる恐れがあります。 実際、左を歩いている私のことが許せない方がおられて、路上で口論となったことがあります。 さらに気になるのが、小学校では今だに右側通行と教えているということです。 国会議員になるしか手はないのでしょうか?それとも私の考えが間違っているのでしょうか?

  • 道交法の歩行者の歩き方について

    道交法の歩行者の歩き方についてなんですが、道交法の10条を読むと ・歩道等が有る場合は歩道を歩け。 ・それ以外の道路(つまり歩道は無く路側帯も充分でないような狭い道路ということでしょうが)では道路の右端に寄って歩け。つまり道路の右端を歩け。 と解釈できます。(この解釈事態が間違ってる?) 普段の通勤で使用する道路はセンターラインも無く乗用車のすれ違いもままならないような道路で、歩道も充分な路側帯も有りません。道のどちらかが危険な状態でも歩けない状態でもない普通の道路です。 この道を過半数の歩行者は道交法に反して道の左側を歩いています。さてこの状況だと、道交法に従い右側を歩くべきか、もしくは多勢に無勢とあきらめ左側を歩くべきか。皆さんならどうしますか。また本来ならどう在るべきでしょうか。関連して、仮に交通事故に遭い、責任の所在を追求されるような場合はどのように判断されるのでしょうか。このような場合は警察で交通整理や指導などしてもらえるものでしょうか。 それとは別に、歩道が有る場合、歩道と車道を合わせて「道路」ならば、向うへ行く人は道路の右側の歩道、自分の方へ向って来る人は自分から見て道路の左側の歩道を歩かないといけないのでしょうか。つまりこう→(↓人|↑車|↓車|↑人) あるいは歩道に関しては法的には無秩序と言う事なんでしょうか。 ついでに、歩行者は左を唱える人は、「昔、武士の刀のさやが当らないように武士は左側通行だった」と例を出し、右を唱える人は「昔、武士はすれ違いざま、振向きざまに切り掛れないように右側通行であった」と例を出します。これはどちらかが事実に反しているのでしょうか。路上と城中との違いなんかも有るのでしょうか。心臓が左だから左によけると言う人もいれば、コンビニなどは人間の習性に合せて右回りを想定して設計されているなどの例も・・・ ここからは私の意見ですが、東京で左側を歩く人が多いのは電車の駅が左側通行が多い事が影響しているように感じます。駅での歩き方に影響されて公道でも反対を歩く人が多いなら間接的に違法行為を助長している事にもつながります。地下鉄の多くの駅構内が左側通行なのは戦前の名残だそうですが、首都にあってはいつまでも放置せずに現行法に準ずるように改正すべきでは無いかとも思います。公道では無いので道交法には縛られないでしょうが、そもそも左側通行になったのは当時の法に従ったからだと思います。ならば現行法に合わせるべきではないかと。 右でも左でもどちらでも構わないのですが、原則が統一されれば皆が気持良く歩けると思います。 長文になりましたがよろしくお願いします。 道路交通法 第2章 http://www.houko.com/00/01/S35/105.HTM#s2 ちなみに、アメリカは逆でイギリスは日本と同じだそうです。