• 締切済み
  • 暇なときにでも

硫酸の熱化学方程式について

H2SO4+H2Oでは95.3kJ/molの溶解熱が発生しますが H2O+H2SO4だとなぜ、溶解熱が発生しにくくなるのでしょうか? 硫酸を希釈するときの要領の注意点で疑問に思った点なのですが、友人に聞いてもわからないとのことでした。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数977
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#62864

同じ量だけ混ぜれば発生する熱は同じです。 おそらく、硫酸を希釈するときの操作のことでしょうが、どちらにどちらを入れても発生する熱量は同じです。ただし、濃硫酸に少量の水を入れると、水の表面付近で集中的に発熱し、その熱で水が沸騰し、周囲の濃硫酸を巻き込んで、周囲に飛び散る危険があるということです。 水に濃硫酸を入れれば、濃硫酸がすみやかに水に沈みます(つまり、濃硫酸の方が水よりも密度が大きいからです)ので、上述のような危険が少ないということです。しかし、それでも、量の硫酸を入れれば発熱で危険な状態になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 熱化学方程式

    はじめまして。 前回の質問の続きになってしまい、恐縮なのですが、やはり最後まで到達しません。助言できる方、よろしくお願いします。 メタンが完全燃焼して炭酸ガスと水蒸気を生じるときの発生する熱量を知りたい。  CH4+2O2=CO2+2H2O 与えられている条件は以下の通りです。  2H2+O2=2H2O(液)+572kJ  2H2+O2=2H2O(気)+484kJ  H-Hの結合エネルギー 436(kJ/mol)  C-Hの結合エネルギー 416(kJ/mol)  O=Oの結合エネルギー 498(kJ/mol)  C=Oの結合エネルギー 804(kJ/mol)    ↓  H2(気)=2H(気)-436  CH4(気)=C(気)+4H(気)-416×4  O2(気)=2O(気)-498  CO2(気)=C(気)+20(気)-804×2   で良いのでしょうか?   あと、前問で 2H(気)+O(気)=H2O(気)+927          H2O(気)=H2O(液)+44      というのは、自力で導き出しています。 >あとは、結合エネルギーが出ていますから完全燃焼の >式を結合エネルギーの式にしてしまい、 この部分がよく理解できません。化学反応式から熱化学方程式に変換させる部分で止まってしまうのです。 助言できる方、よろしくお願いします。

  • 熱化学方程式

    1:エタンとアセチレンの混合気体を完全燃焼させたところ、213KJの熱が発生し、そのとき同物質量の二酸化炭素と水が生成した。エタンとアセチレンの燃焼熱を1540KJ/mol、1300KJ/molとして消費された酸素の質量(g)を求めよ。 2:15℃の1.0MのHClaq 1.0ℓに,15℃の0.5MのNaOHaq 1.0ℓ加えたところ18.3℃になった。さらに、この溶液に10gのNaOHを加えたところ、21.2℃になった。溶液に比熱はすべて4.2、密度は1.0とする。 (1)中和熱を求めよ。 (2)水酸化ナトリウムの溶解熱を求めよ。 以上の問題がどうしても解けません! 大変お手数ですが、よろしくお願いします。

  • 熱化学方程式 (ヘスの法則)

    科学の熱化学方程式のところで躓き困っています。 原子量 C=12 H=1 O=16 水の比熱 4 C+O2=CO2+Q1KJ・・・・・(1) H2+(2/1)O2=H2O+Q2KJ・・・(2) C+2H2=CH4+Q3KJ・・・(3) 2C+2H2=C2H4+Q4KJ・・・(4) 2C+3H2=C2H6+Q5KJ・・・(5) 3C+4H2=C3H8+Q6Kj・・・(6) (1)メタンCH4の燃焼熱は何KJ/molだ? という問題で、メタンの燃焼式? CH4+2O2=CO2+2H2O (あっているのでしょうか?) までは出せたのですが、その後どうしたらいいのかがわからなくなってしまいました。 ヘスの法則の式の選び方なども踏まえて教えてください お願いします

  • 化学Iの熱化学方程式の問題です。

    問)次の内容を熱化学方程式で表せ。 ★ 水素 1.0g が完全燃焼すると水(液)が生じ,143kJ の熱が発生する。原子量 H=1.0 1mol の物質量が完全燃焼するときに発生する熱量を燃焼熱というんですよね? このことから、1mol の H2 では、143×(1.0g)/(1.0g/mol)=143[kJ] の発熱となり、 H2(気)+(1/2)O2(気)=H2O(液)+143kJ という答えでいいのかな。と、最初は思ったのですが、 H2O(液) の生成熱や、H2 の燃焼熱は、286kJですよね? 僕の解答のどこがいけなかったのでしょうか。 略解も分からないので、143 か、286 か、正解がどちらになるかというのは分かりませんが、 143 は、286 のちょうど 1/2 になっているというところも気がかりです。 教えてください。よろしくお願いします。

  • センター試験2010年化学第2問の問1です

    次のA~Cの反応熱を用いて、水酸化カリウムの水への溶解熱を求めるといくらになるか。 A:塩化水素1molを含む希塩酸に、水酸化カリウム1molを含む希薄水溶液を加えて反応させた時の反応熱       56kj B:硫酸1molを水に加えて希硫酸とし、それに固体の水酸化カリウムを加えてちょうど中和させたときの合計の反応熱  323kj C:硫酸の水への溶解熱        95kj/mol 解説は A:HClaq+KOHaq=KClaq+H2O(液) +56kj ・・・・(1) B:H2SO4(液)+ 2KOH(固)= K2SO4aq+2H2O(液)+323kj・・(2) C: H2SO4(液)+aq = H2SO4 + 95kj・・・・・・・・・(3) (1)より中和熱は56kj/molであることがわかる。 したがって、希硫酸と水酸化カリウム水溶液の中和反応の熱化学方程式は 次のように表される。  H2SO4aq + 2KOHaq = K2SO4aq + 2H2O(液) + 112kj・・・(4) Bの反応熱 = (H2SO4(液)の溶解熱) + (KOH(固)の溶解熱×2) +(中和熱)で あるから、水酸化カリウムの水への溶解熱Qは  Q = (323-112-95)/2 = 58 [kj/mol] ここで質問です、解説の下から3行目のBの反応熱の式になるのが解りません この部分の解説をお願いします。

  • 希硫酸とは?

    ↓で質問したものです。 硫酸はSO3とH2が化学反応を起こし、H2SO4になったものだということはよくわかりました。 では、希硫酸とはどういうものなのでしょう? H2OとH2SO4が均一に混ざっている状態のものですか?

  • 化学の問題について

     次のA~Cの反応熱を用いて、水酸化カリウムの水への溶解熱を求めるといくらになるか。最も適当な数値を選べ。 A:塩化水素1molを含む希塩酸に、水酸化カリウム1molを含む希薄水溶液を加えて反応させた時の反応熱        56kj B:硫酸1molを水に加えて希硫酸とし、それに固体の水酸化カリウムを加えてちょうど中和させたときの合計の反応熱       323kj C:硫酸の水への溶解熱        95kj/mol 答えは58 ……だそうですが解説を読んでも分かりません。 A,B,Cそれぞれの化学反応式は作れました。 KOH+aq=KOHaq+Qkj・・・・・(1) A:HClaq+KOHaq=KClaq+H2O+56kj・・・・・・(2) B:H2SO4+aq+2KOH+aq=K2SO4aq+2H2O+323kj・・・・・・・(3) C:H2SO4+aq=H2SO4+95kj・・・・・・・・(4) しかし、このあとに解説に書かれている ”Aは強酸と強塩基の中和熱であるから、(2)式は   H2SO4aq+2KOHaq=K2SO4aq+2H2O+(56×2)kj と書き直せる。” がよくわかりません。 ここの部分の解説をお願いします。

  • 希硫酸と濃硫酸のちがいを表す化学式で・・・

    希硫酸 (1)強酸 酸化力無し と 脳硫酸 弱酸 (2)酸化力有り 不揮発性 脱水作用 について <証明> (1) Zn + H2SO4 → ZnSO4 + H2   Na2SO3 + H2SO4 → Na2SO4 + H2O + SO2  (2) Cu + 2H2SO4 → CuSO4 + 2H2O + SO2   2Ag + 2H2SO4 → Ag2SO4 + 2H2O + SO2 とあったんですが何故それぞれ酸化力の有無を表し、 また強酸だということをあらわしているのかさっぱりです。 酸化力がないと(2)の式は起こらないのか??形が変わるのか?? 強酸だと(1)のし希は起こらないのか??形が変わるのか?? H2が出てくる=強酸?? パニクってるからわからないだけなのか?^^; 馬鹿でしーましぇーん お願いします!

  • 熱化学の問題がわからなく困っています。教えてください。

    (1)断熱容器に0.40mol/lのHCl水溶液100ml(100g)をいれ、 これにHClと等しい物質量のNaOHを含む水溶液150gを加えてかき混ぜたところ、 混合液の温度は20.0℃から22.2℃に変化した。 水溶液の比熱を4.2J/g.kとして、有効数字2桁で答えよ。 (1)中和熱をQkJ/molとして、この反応を熱化学方程式で示せ。 HClaq+NaOHaq=NaClaq+H2O(液)+QkJ (2)この実験の中和反応で発生した熱量(kJ)を求めよ。 2.31kJ (3)中和熱Qを求めよ。 この問題の解説には、 反応したHClの物質量は0.40×100/1000=0.040mol 中和熱(kJ/mol)は1molあたりの量であるから、←この1molは何の1molですか? 2.31kJを0.040molで割れば中和熱を求められる。←なぜ2.31kJを0.040molで割れば中和熱を求められるのか?が、理解できません。 できるだけ詳しく説明していただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。

  • 希硫酸の溶解熱について

    希硫酸(70%*20L)を水で10倍希釈したいのですが、溶解時発熱しますか?溶解タンクはポリエチであり、耐熱温度は50℃程度ですので、多少の発熱はOKなのですが。・・・・ 溶解時の注意事項があればあわせて教えてください。