• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

質問の書き方が悪かったので、再度、書き直しました。

ご教授の程、宜しくお願いします。 この度、頚椎ヘルニアで14級が認定されましたが私的にはとても辛い症状で尚且つ自覚症状に伴う神経学的所見と他覚所見があり「局部に頑固な神経症状を残すもの」も自賠責は認めています。 なのに12級ではなく14級だったので自賠責に書面にて14級の理由を請求し、その回答が自賠責から届いたので確認した所、「事故による明らかな器質的異常所見は認め難い」との事で14級との事です。 つまり、頚椎ヘルニアは元々あるもので事故が原因で頚椎ヘルニアになった訳ではなく事故が切っ掛けで症状が出たので14級との事です。 実際、事故がなければこんな辛い思いをしなかったのに納得がいきません。 なので異議申立をしようと思っているのですが、この場合どうやって立証すれば良いのかが解りません。 何方か解る方、もしくは経験した方がいらっしゃいましたら教えて下さい。 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数16
  • 閲覧数1943
  • ありがとう数27

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.16

 本来、任意保険は被害者救済の為の強制保険である自賠責保険を補填する為に国から認可されている訳ですから、強制的にまだ改善されていない被害者を打ち切る事などとんでもない事です。確かに慰謝料を稼ごうと言う不心得者も居ます、しかしこれ等の人はほんの僅かな人数であり、それを見分けるのが損害調査員のプロです。自分の判断能力もない調査員が義務的に打つ切りをするから問題が起こるのです。保険会社も利益を上げなければ成らないのも事実でしょう。しかし利益追求の為にまだ治療中の被害者を打ち切るなど如何に道義に反するかご理解いただけるでしょう。 さて何故調査事務所が嫌がるか、本来保険会社を通して提出すべき資料や抗議ですので直接来られるのを嫌がる訳です。最も人の嫌がる方法が一番効果が有ると言うことにもなりますね。一括している保険会社は唯書類を受け取り調査事務所に渡すだけではないのです。担当者が意見書や認定させる為の参考資料なども必要に成るのです。等級が上がっても基本の自賠責保険は強制保険で担保してあるお金ですので問題は無いのです。これも被害者が頑張ったり、弁護士対応に成ったりすれば等級が上がる事が大きく賠償金額に影響します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつも、ありがとうございます。 やっぱり、調査事務所は被害者に来られると困りますね。 私が調査員だったら「えっ、何でくるの?絶対に文句言われるから会うの嫌だな」って思いますもん。 後、「一括している保険会社は唯書類を受け取り調査事務所に渡すだけではないのです。担当者が意見書や認定させる為の参考資料なども必要に成るのです。」 これって、任意一括の場合で被害者請求をした場合は違いますよね?

その他の回答 (15)

  • 回答No.5

 既に「加重傷害」で回答しました様に、加重の場合既に傷害があった部位に「加重」した場合でも良い訳で訳で。この理屈から考えればご質問どおり、交通事故が原因で更に重い受傷をした場合、事故が誘発した訳ですから同部位の前からあるものは関係ないと解釈してそう扱ってきました。兎に角14級では納得出来ない事を強調すべきです。強引に強調して頑張った方々が認定を覆したケースが多かったのは事実です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

akaginosuso様、いつも本当にありがとうございます。 akaginosuso様に教えて頂いたように早速、調査事務所の担当者に電話し、日にちは個人が特定されてしまう場合があるのでお教えできませんがアポを取ることができました。 只、担当者はこうも言ってました。 私とお会いしても等級の変更はできません。 なので異議申立をして下さい。 でも、実際にお会いして私が感じたことを上層部にも書類と提出はさせて頂きます。と・・・ つまり、異議申立はしないとダメみたいですけど、少なからず会わないより会ってみた方が異議申立をした時に12級の獲得がしやすいと思いましたので私は会って来ます。

  • 回答No.4

 確かに加重傷害で後遺障害認定されて更に重い後遺障害に成った場合は上の等級が認定された場合に差し引いた分を認定する訳ですが、加重傷害は『すでにあった後遺障害とは、先天的なものや、自動車事故以外の事由によるものあってもかまいません』とあります。という事は後遺障害が認定されてはいないが、すでにあった既往症が事故で悪化しても既往症を理由に非認定や等級を下げることはしないと云う事だと、私は解釈していますしその様に対応してきました。Obod O bodOさんの場合は既にあったのでは無いでしょうから、書類上の問題だけではなく面談して窮状を愁訴して納得行く説明を求めるのが一番でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつも、ありがとうございます。 確かに私の場合は既往症はありませんでした。 というより診断書(後遺障害診断書ではありません)の欄に既往症および既存障害の「あり・なし」のなしに丸がついてますから。 やはり、これは面談で頑張るしかありませんね。 掴み所は12級の「局部に頑固な神経症状を残すもの」を言うしかないですね。 で、もしダメだったら異議申立をします。 今回は地区の調査事務所での審査でしたが異議申立をすれば上層部の調査事務所でまた審査されるんでしたよね? 色々といつもありがとうございます。 本当に感謝しております。

質問者からの補足

解る範囲でいいので、もう2点だけ教えて下さい。 調査事務所は12級に必要な「局部に頑固な神経症状を残すもの」であれば仮に事故が原因でなく事故が切っ掛けで症状が出たのであれば12級の獲得はできるのでしょうか? それとも、やはりいくら「局部に頑固な神経症状を残すもの」があったとしても調査事務所側で事故で頚椎ヘルニアになった訳ではなく切っ掛けで症状が出た。と判断した場合今回のように14級なのでしょうか? 何が言いたいかと言うと、もし「局部に頑固な神経症状を残すもの」の方が優先されるのであれば、それを立証しようと思います。 反対に事故が原因ではないが優先されるのでしたら、またそれを立証しなくてはいけないので・・・ 宜しくお願いします。

  • 回答No.3

補足します。 ご質問の「加重傷害」の件で次の部分を回答に入れて有ったかどうか自信が無いので付け加えます。 「後遺障害のあった部位に、新たに後遺障害が加わっても、既存の後遺障害の該当する等級よりも高い等級にならなければ、加重傷害にはなりません。」と有ります解釈が難しくて、しかも重要な部分なので補足致します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

補足ありがとうございます。 その時の回答にはそこまで書いてありませんでした。 で、肝心なことなのですが私の場合は加重障害にはなるのですか? 加重障害=すでに後遺障害のあった人が、交通事故によって同一部位 にさらに傷を負った結果、後遺障害の程度がひどくなるケースが考えられます。これを「加重障害」として扱う。との事なのですが、この「すでに後遺障害のあった人」がねっくです。 これって、交通事故で既に障害があった人でないとダメなんですよね? 後、色々と調べたら自賠法施行令第2条第2項で内容は違いますが似たようなのがありました。 すでに事故以前から外貌の醜状障害として、今回事故による上記醜状障害と同等の既存障害が存していたものと捉えられ、自賠法施行令第2条第2項に規定する加重障害の認定の対象に該当するものと判断されるものです。」と記載してありました。

  • 回答No.2

 Obod O bodOさん、本当に良く調べていらっしゃいますね感心致します。私の六法全書は古いようです、平成17年11月2日の改正分までは勉強しておりませんでした。ご要望の資料は私が現役の時に参考にしたり、指導した時に使ったマニアル本からです。「自動車損害賠償責任保険」【後遺障害の等級認定】(研修用・平成14年改定版)から拾い出しました。加重に付いては(自賠法施行令第二条ニ項)と有りますのでこれがヒントになると思います。この様なレベルの高い質問は私も改めて過去に勉強した資料など見直すので本当に回答する張り合いが有ります、むしろObod O bodOさんに感謝しております。本当に有難うございます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 加重に付いては、せっかくakaginosuso様が教えてくれたので色々と調べ自賠法施行令第2条2項が加重と言うことが解ったのですが肝心の理由が書いてなかったので質問をしました。 というのも、ちゃんとした証拠がなければ調査事務所も納得しないと思ったので・・・ 後、自動車損害賠償責任保険」【後遺障害の等級認定】(研修用・平成14年改定版)から拾い出しました。の件ですが、これはマニュアル本との事なので私達のような一般人では無理ですよね?(苦笑) なので自賠法施行令第2条で調べてみます。 (自賠法施行令第2条2項では出ないので・・・) どちらにしても貴重な情報ありがとうございました。 今後とも宜しくお願いします。m(_ _)m

  • 回答No.1

 自賠法16条5-1を教えて下さいまして有難うございました、大変参考になりました。私が勧めている調査事務所との直談判ですが、調査事務所の担当者も特別な人間では有りませんので直接言われると気持ちが動くのでしょう。すべての担当者がそうだとは言い切れませんが改めて認定させるための資料の準備をしても果たして認定されるか疑問です。しかし直談判で非認定の案件が認定されたり等級が変更した例が私の担当した案件で10件以上あります。最も駄目だった場合私のところに報告が無かったケースも数多く有ったのかも知れません。私の手元から調査事務所に提出して、後遺障害の等級に対する「異議申立て」が通ったケースが以外に少なかったのは事実です。調査事務所との談判はただ「こんな苦しいのに14級では納得できない」と言う単純に強烈に交渉した場合のようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いえいえ滅相も無い。 私はいつもakaginosuso様に教えて頂いているので少しでもお役に立てたことが嬉しいです。 ちなみに下記のURLに載ってますのでご覧になって下さい。 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S30/S30HO097.html 後、もう1点質問がありますのでまた教えて下さい。 以前、題名が「頚椎症と頚椎ヘルニアの違い」の時の回答に「加重障害」の部分に次の様な決まりがあります。「既に有った発症部位が先天的なものや、自動車事故以外の事由によるもので有ってもかまわない」と言う考え方から事故で誘発された場合は認定に成るはずです。と教えて頂いたことがあります。 この時の文章はどこからなのかを教えて頂けないでしょうか? 調査事務所に直談判しに行った時の資料としますので宜しくお願いします。 URLがなければ検索方法とか教えて頂ければ探しますので宜しくお願いします。 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2121052

関連するQ&A

  • ご教授お願いします。

    この度、頚椎ヘルニアで14級が認定されましたが私的にはとても辛い症状で尚且つ自覚症状に伴う神経学的所見と他覚所見があり「局部に頑固な神経症状を残すもの」も自賠責は認めています。 自賠法16の5で自賠責に書面にて請求しました。 それでは何故14級だったと言うと「事故による明らかな器質的異常所見は認め難い」との事で14級になりました。 実際、事故がなければこんな辛い思いをしなかったのに納得がいきません。 なので異議申立をしようと思っているのですが、この場合どうやって立証すれば良いのかが解りません。 何方か解る方、もしくは経験した方がいらっしゃいましたら教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • 頚椎ヘルニアで14級の認定

    をされたのですが自覚症状、他覚所見、神経学的所見が一致しているのに12級「局部に頑固な神経症状を残すもの」ではなかったので異議申立をする為に準備をしていたのですが冷静になって考え自賠責に14級である理由を書面にてもらい回答を確認したところ 「事故による明らかな器質的異常所見が認め難い」とのことだったのですが、これってヘルニアは事故が原因でなった訳ではない。ってことを言っているのだと思うのですが、この場合は異議申立をしても12級の獲得は無理なのでしょうか?

  • 後遺症損害認定後の異議の申立 について教えて下さい。

    この度、頚椎ヘルニアで14級の認定を受けたのですが納得できないので異議の申立をしようと思ってます。 その場合に必要な書類は、支払い請求書、違う病院の診断書、画像、印鑑証明書の4点だと思うのですが間違いないでしょうか? ここで疑問なのが画像なんです。 既にMRIで撮って送ったのにまた違う病院で撮らないといけないものなのでしょうか? 後、この場合既に症状固定となっているので相手、任意保険会社には請求はできないのですよね? 最後に私が納得しないのは、自覚的所見、他覚的所見、神経学的所見の全てが説明ができているのに14級だったからです。 私的には12級だと思っていますので今回、異議の申立をしようと思いこちらのHPで教えて頂こうと思い質問をさせて頂きました。 宜しくお願いします。

  • 調査事務所の調査について。

    私は今回、頚椎ヘルニアで14級→異議申立→12級の獲得をする事ができたのですが、その時の調査事務所の調査について疑問があるので教えて下さい。 それは14級を獲得した時には医療照会は無かったのですが、14級では不服だったので異議申立をした時に調査事務所から医療照会の同意書が送られてきて 治療した病院への医療照会をしてました。 一応、担当者には聞いたのですが担当者の回答は初診時から終診時までの流れが知りたいとの事です。 (自覚症状とか神経学的所見) それを聞いた私は「だったら14級の認定する前に調査しておけよ!」と心の中で思いました。 結果的には12級の獲得ができたのですが、そこの所に納得が行かない部分があるのでどなたか何故、調査事務所はそんなことをしたのか 何となくでもいいので解る方はいませんか? (14級はちゃんと調査しなくても良いのか?)

  • 「加重障害」について質問させていただきます。

    車で追突され、後遺障害が残り、後遺障害申請をしました。 医師から画像でも頚椎に異常所見があると言われているのですが、自賠責からは、‘画像上、外傷性の異常所見は認められない’として非該当でした。 私を診断した医師は、画像上は、事故で発生したのか、以前からあったのかは分からないとのことでした。どっちとも採れるとのことでした。 ‘頚椎にもともと弱い部分があり、事故によって誘発された’という可能性も十分に考えられると言われています。 事故以前は、症状が一切ありませんでした。 異議申し立てをするのですが、 「既に弱い部分が事故によって誘発された」と申立書に書くのは 印象としてあまり良くないでしょうか? この文章を書くことによって、「以前から弱かったんだから、事故の影響ではない」という印象が強くなってしまう気がして心配です。 事故以前はまったく症状がなく、事故によって症状が出て、画像上も頚椎椎間板にヘルニアがみつかり、どう考えても事故の影響だと思っています。 ただ、「外傷性の異常所見は認められない」とされているので、 加重障害という言葉を使って異議申し立てをするしかないのかと思い、 こちらで、質問させていただきました。 大変お手数ですが、ご教授をよろしくお願いいたします。

  • 神経学専攻の先生はどのように探せば?

    この度、もうこれ以上の改善は見込めないとのことで症状固定になった者で、病名は外傷性頚椎ヘルニアです。 ここのサイトで勉強しました所、後遺損害の認定には神経学専攻の先生の神経学的所見がとても重要なのが解りました。 (当然、自覚症状や画像も重要なのも解りました) 私も是非、神経学専攻の先生に神経学的所見があるかどうか検査して頂きたいのですが、どのように探せばいいのか解らないのと何科を受診すれば良いのでしょうか? 脳神経外科、神経内科等の神経が付けばどの科でもOKというものなのですか? それとも整形外科でもそれ専門に扱っている先生がおられるのでしょうか?

  • 後遺症損害認定について教えて下さい。

    ちょっと疑問に思ってしまったのでお暇な時で良いので解る方がいましたら教えて下さい。 例えば、頚椎ヘルニアの神経根圧迫症状が左右あって(C4、5が右側を圧迫しC5、6が左側を圧迫)自覚的所見、他覚的所見、神経学的所見で両方共に説明されている場合、通常であれば12級獲得の可能性が出てくると思います。 当然、片方だけでも両方と同じように認定されるのだと思うのですが実際、両方説明させているのと片方だけ説明されているのとでは違うってことはあるのですか? つまり、両方の方が甘くなるってことは?

  • バレリュー症候群での後遺損害の認定はされるのですか?

    私は、整形外科で症状固定とされ(頚椎ヘルニアです)被害者請求する為の色々な資料を集めている最中なのですが、他にもペインクリニックでバレリュー症候群の治療もしています。 ここは最近なので症状固定にはなっていません。 でも、後遺損害診断書は一緒に出した方が良いものなのでしょうか? (主治医に事情を説明して) それとも、後からでも大丈夫なものなのでしょうか? それと、バレリュー症候群で後遺損害の認定はされるのでしょうか? 頚椎ヘルニアは自覚、他覚、神経の所見を揃えることは可能だと思いますがバレリュー症候群の場合は神経の異常なのでペインの先生も私の今までの経過と症状を聞いてバレリュー症候群と診断しているようなのです。 実際、星状神経節ブロック注射をして頂いてから徐々にではありますが良くなっていると思いますが別にMRIや検査した訳でもありません。 ホント、今までの経過と症状だけなので後遺損害の認定なんてされたことあるのかな?と思い質問しました。 バレリュー症候群には他覚所見や神経学的な所見がないので・・・

  • 自賠責保険 47日間の治療中断による支払い拒否に対する異議申立

    自賠責保険 異議申立について 昨年の12月1日に事故に遭いました。お互い自賠責保険のみ。 今年の5月まで病院に通っていましたが、支払い対象外とされました。 ※保険適用期間は事故日の12月1日から12月19日までの認定。 理由は12月20日から2月4日までの47日間の治療中断です。 その間、医者から口頭で「今はベッドは満床だし、入院は出来ない。年末年始もあるし、家で安静にしておく方が治りは早い」等と言われ47日間安静にして回復を待ちました。が、吐き気や痛みは徐々にひどくなり、我慢出来なくなり、病院に再通院するようになりました。 治療中断によって支払いを拒否する理由は、「画像検査や、神経学的検査上の他覚的な異常所見が認められなかった」から。 それだけが判断材料になっているのはおかしいです。 どうすればいいのでしょうか。 どのようにすれば、最良な異議申立が出来るのでしょうか。どなたか良いご教授願います。

  • 異議申し立てについて

    いつも大変お世話になっております。 後遺障害の認定が非該当になり、異議申し立てを考えております。頚椎捻挫による12級12号ですが、「局部に頑固な神経症状を残すもの」。検査を病院で色々して頂いて「筋力が低下している」という事くらいしか他覚的所見はありませんでした。 これくらいでは、異議申し立てをしても認められませんでしょうか? 自覚症状は社会復帰が遅れるほど酷いので、何とか認めて頂きたいと考えているのですが。 アドバイス等、よろしくお願いします。