• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ムスリム(イスラム教徒)の人たちについて

このカテゴリーがふさわしいか、判りませんが質問します。5月の14日から27日までタイに個人旅行しました。今回の旅行は失敗で心休まる事が少なかったです。その中でムスリム(イスラム教徒)の人たちは温和で心安らげました。私は日本での報道で、ムスリムの国々では 紛争や対立が絶えない事から、彼らは激情型で攻撃的な人々だと思ってました。タイは95%仏教徒でイスラム教徒は僅かだから静かな人たちなのでしょうか?中東、中近東、インドネシアなどイスラム教徒が国の大多数しめる地域でもムスリム(イスラム教徒)は穏やかな人々なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数1146
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • ucok
  • ベストアンサー率37% (4288/11420)

やはり特定な人種を総称して語るのは無理なので個人的な体験から言えませんが、私はムスリムの人たちに対しては良い印象しか持っていません。 マレーシアでは複数のムスリムから見返りを期待しない多大な親切を受けましたし、日本で知り合ったムスリムたちは(ほとんどが中東出身の男性ですが)、おしなべて子供好きで折り目正しい人たちですし、ヨーロッパで出会ったムスリムたちも(アフリカ出身の男性が多かったですが)皆さん礼儀正しい紳士でした。 実は、激情型といえば思い出すことがあるのですが、ギリシャでムスリムの青年と知り合ったことがありました。彼が、5~6人くらいのムスリム男性を、友人だと言って軽く紹介してくれました。ところが、こう言うのです。「友人たちは別々の国から来たムスリムで、話し出すと信条が噛みあわず喧嘩になる。そうなると、あなたに対して失礼なので、ここでは黙っているね」と。事実、彼らは「喧嘩になるのでしゃべりませんが、よろしく」な~んて言って、私ににこやか且つ和やかに挨拶してくれました。 確かにムスリムの知人には感情豊かな人が多いです。「熱い」ですね。叫んだり暴れたりしなくても、じんわり涙を流したり、語気にエネルギーを感じる時があります。でも、そんな自分を分かっているからこそ、人に対しては温厚に接することができる賢さを持ち合わせているという感じがします。 今、ムスリムの国々で紛争や対立が絶えないのは事実ですが、かつては、そして今も、キリスト教国でも仏教国でも紛争の長い歴史はあったのです。日本も神道を巧みに利用して、20世紀を丸々戦争に費やしましたし、もっとさかのぼれば戦国時代がありました。閉ざされた中での情報の欠如や群集心理というのも紛争の大きな要因だと思います。 ただ、ムスリムが特に温和だとするのも逆偏見になりかねません。タイであまりいい思いをなさらなかったようですが、私は、タイの人たちには、とてもいい印象がありますし、マレーシアと並んで人の温かさを感じたのがアテネと上海です。たまたまなのかもしれませんけれど。 いずれにしても、メディアが映し出すイメージは、広い世界の中のほんの一部の、視聴率が稼げる部分に過ぎません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても貴重な体験を何度もされている方と感じました。またいつか回答して下さい。

関連するQ&A

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

トルコ在住です。 イスラム、と一言で言っても宗派がいろいろあります。 原理主義は過激だと感じますが、一般的なイスラム教徒にはそういった 傾向はまったく見られません。 宗教問題は複雑です。 イスラムということでの偏見が多いようですが、詳しく 調べるとイスラムよりもキリスト教の方が過激と感じる 時代もありますね。 国によっても異なる事柄も多いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

たしかにキリスト教徒の方が傲慢かもしれませんね。十字軍がやったことは、異教徒(ムスリム)の無差別大量虐殺でしたよね。しかもさんざん悪魔のような所業して当時のエルサレムを支配していた国の捕虜になった後、エルサレム周辺を支配していた王(もちろんイスラム教国)は、彼らの罪を問わず無事に放免した事もあったようですね。もう中年後半の私ですが自分の足、自分の目や耳で見聞を深めたいと思いました。これからなるべく素直な気持ちで海外旅行を続けたい思います。

  • 回答No.6
  • wellow
  • ベストアンサー率46% (892/1932)

>紛争や対立が絶えない事から、彼らは激情型で攻撃的な人々だと思ってました。 私の知る限り、穏やかな方の方が多いように思います。 外から一部の人達の振る舞いを見て判断することは非常に危険です。同じような誤解から日本も「大地震が頻発し数千人単位の人が被災するなど非常に天災が多く、カルトが横行し首都で毒ガスがまかれる国」のように思われているかもしれません。 ちなみにタイのムスリムは、ちょっと乱暴かつ大雑把に言うと、南部4県はパタニ王国の末裔が主体、バンコクのムスリムはチャンパ王国から連行された人の末裔が多くを占めます。北部は色々ですがKMTの末裔の方が一部イスラムに改宗しています。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%BF%E3%83%8B%E7%8E%8B%E5%9B%BD http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%91%E7%8E%8B%E5%9B%BD http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%9B%BD%E6%B0%91%E5%85%9A

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いろいろ詳しい方のようですね、また機会がございましたらその時もよろしくお願いします。

質問者からの補足

逢ったのはのはチェンマイ、チェンライのタイ北部です。

  • 回答No.5

たまたまイスラム教国のなかに紛争地域が多いので、そのような発想が浸透してしまっているだけだと思います。 マレーシアはインドネシアと比べたらイスラム教徒の比率が下がりますが、人種や言語でもかなり近いのにとても温厚でマレーシアに行くと人々が穏やかでとても落ち着きます。 モロッコ・チュニジア・レバノン・セネガル・コードジボワールといった国の人とヨーロッパ滞在中に知り合いましたが、ほとんどの人がどちらかというと温厚な人でした。 ラテン系がみな情熱的でゲルマン系は冷静沈着といったイメージもひとりひとりを思い浮かべるとそうともいえませんでした。 ○○人は~とか○○教の人は~という先入観で見てしまうのではなく、ひとりひとりを知ればそのような偏見も持たずにすむのですが、なかなか海外の人と接する機会がないといつまでもそのようなイメージが残ってしまうのでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

日本人もタイ人もいろんな人がいますもんね。次もタイに旅行を予定していましたが、マレーシアかインドネシアに変更しようと思います。

  • 回答No.4
  • ucok
  • ベストアンサー率37% (4288/11420)

#2です。お気づきかと思いますが、間違えました。 誤:個人的な体験から言えませんが 正:個人的な体験から*しか*言えませんが

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#61064

タイについては分かりませんが、イスラム教徒もいろいろな宗派に分かれていて、紛争を好む宗派やそうでない人に分かれているそうです。キリスト教や仏教もいろいろ分かれていますよね。 テロ等のイメージのおかげで穏やかなイスラム教の人は迷惑しているそうです。どちらにしても、個性的な世界の人を相手に「○○教は」「○○国は」とひとくくりにすることは難しいです。たまたま出会った方が良い人達だったのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そう思います。

  • 回答No.1

ではお尋ねします。キリスト教徒とは?仏教徒とは?それらの一般像ってありますか?同じようにイスラム教徒にも一般像なんてありません。個人の性格と人格およびおかれる環境で決まるものです。 「彼らは激情型で攻撃的な人々だと」なにやら思われがちですが、私が接する限りではむしろ大いにその反対のような気がしてなりません。これも個人個人で変わるという論をうらうちしているように思います。 つまり貴方が旅行中にお感じなったものと同じ印象を私は持っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あなたの回答に深く納得しました、しかし回答文書を読んでムカツキました以上。

関連するQ&A

  • イスラム教徒が大部分の国の政治や社会の違い

    イスラムやイスラム圏については詳しく知りません。 インドネシアでは女性の大統領、パキスタンでは女性の首相や閣僚の実績があり、トルコのように宗教と政治の分離を明確にしている国もあり、サウジアラビアやタリバン政権時代のアフガニスタンのように、女性の社会活動を認めない極端な制度の国もあります。宗教の戒律による統治は、サウジアラビアやタリバン政権時代のアフガニスタンと比較すると、イランの方が戒律が寛容であり、イランよりはイラクのほうが戒律が寛容であるように思えます。 イスラム教徒が大部分の国で、宗教と政治を分離した世俗主義の国と、宗教と政治を統合してイスラム法による統治をする国がありますが、どのような原因で国による違いがあるのでしょうか。 イスラムでは自殺や自衛以外の戦争や民兵の武力行使や破壊行為(いわゆるテロ)は禁止されているので、アルカーイダのような、一般常識では自衛ではない武力行使や破壊行為は、イスラムの戒律やムスリムの生き方から逸脱した行為で、大部分のイスラムの宗教指導者やムスリムはアルカーイダの武力行使や破壊行為に批判的という説は本当ですか。

  • 何故東南アジアにイスラム教の国が多いのか

    カテが分からなかったのでここで質問します。 インドネシアとかマレーシアはイスラム教国家と言っても良いと思います。 一方日本ではキリスト教は宣教師によって迫害はあったもののキリスト教 が入ってきましたがイスラム教の伝道氏が活躍したと言う話は聞いた事が ありません。 又この両国はインドに近い割には仏教徒よりイスラム教徒の方が多い(国教なのか)様に思います。 中東で生まれたイスラム教はどの様な経路で両国に入り浸透したのかそれが分かりません。やはり宣教師の様な聖職者が世界に散って布教したのでしょうか。

  • 魚などのこげ

    インドネシアやタイを旅行した時に 黒焦げに焼いている魚を 市場でよくみました。 聞いたところ、冷凍冷蔵技術がまだ ないので 魚は、お刺身では食べないそうです。 ほとんど焼いてたべるそうです。 これらの国の人たちは、日本人よりも 「癌」の発症率が高いのでしょうか?

  • オーストラリアがイスラム化しなかった理由

    オーストラリアは白人キリスト教国家ですが、イギリス人が入植したのは18世紀後半です。 すぐ北にあるインドネシアはイスラム国家ですし、インド洋を広く航海していたイスラム商人がオーストラリアの存在に気付いてないはずはなかったと思うのですが、なぜイスラム化しなかったのでしょうか? インド洋を囲む地域はイスラム教徒が多い国がほとんどで、ほとんど居ないオーストラリアは際立っています。 イスラム国家とは言えないインドやタイなどもイスラム教徒を多く抱えているのに、オーストラリアに限ってはインド洋に面する西側地域にさえもイスラム教徒が定着しなかった・できなかったのはなぜでしょうか?それとも過去は定着していたが、白豪主義の運動の結果、追い出されたとか?

  • 東南アジアの格安航空券

    7月、8月と、東南アジアの国々を回ってみようと思っているのですが、あまり十分な資金があるとはいえません。どなたか、安く済ませる方法を教えてください。チェックしたい国は、フィリピン、タイ、シンガポール、マレーシア、ベトナム、インドネシアなどです。 それぞれの国の人々の生活、文化、考え方等をもっと知りたいんです。 特に、交通、格安の航空券について教えていただけないでしょうか。

  • スリランカ観光のおすすめについてお教え下さいませ

    長期滞在で中東の会社で働いております。 会社には様々な国籍の方が働いておりますが、なかでもスリランカの方がとても親切です。 ムスリムが多数を占める国で、スリランカの方は仏教徒が多いこともいくらか親しみが持てました。 なんと言うか、スリランカ人は他の国籍(インド、バングラ、パキスタン、エジプト、シリア、イエメン)と比べてやや控えめなところがいいですね(笑)落ち着くというか、日本人になんか似ているというか。。。こちらが困っているときにさりげなくヘルプしてくれる気遣いは他の国籍の方と比べると群を抜いています。 さて、ここでお聞きします。スリランカ観光のおすすめについてお教え下さいませ。 私はシーフードカレーが大好きなのですが、やはりあちらは島国だけに名物なのでしょうか? また、観光で訪れた際に気をつけることも併せてお教え下さいませ。 いつもスリランカ人には感謝です。

  • 東南アジア2泊3日

    バンコクから2泊3日で、5月に周辺の国への個人旅行を検討中です。 大自然や遺跡に興味があるのですが、まだその候補地をしぼりきれていません。 せっかくタイまできたのだから、ついでにここも行っておいたほうがいい、 というようなところや、その他おすすめがありましたら教えてください。 タイ,ラオス,カンボジア,ベトナム,シンガポール,インド以外でお願いします。 ビーチリゾートはあまり興味がないのですが、インドネシアには 行ったことがありませんので、バリを少し考えてみたのですが、 タイからわざわざいくほどのところでもないのかなと思い始め、 今は同じインドネシアのボロブドゥールに興味を引かれ始めています。

  • 似非坊主?

     この正月、仏教徒と称する、ある寺の、私の高校時代の後輩に当たる若い坊主と話し込んでおりました。私「今の世の中、ひどいよなぁ。もうなんでもありだもんね」坊主「ええ、もうそりゃひどいもんです。でも人間のできる教育には限界がありますからね。じたばたしても始まりません」「・・・??? じたばたしても? じゃ傍観してろと?」「いえ、そういう訳じゃないのですが、末法の世は人間の力だけではどうにもなるものじゃないかと…」「笑わせるなよ、君。どうも修行不足のようだな。 何が末法の世だ。末法の世にしているのは他ならぬ君ら半端な似非仏教徒じゃないのか? 仏教徒を名乗る君らがそういう非生産的な諦観を在家の僕らに語って何の解決になる? もう一度山にこもって修行し直してくるか?」「…いえ、もう修行は充分積みました」「アホ抜かせ。君らみたいな似非坊主が人々を救済しようとするからおかしくなるんじゃないか・・・。まぁいいや。少し酔ったみたいだから今日は帰る。じゃ~ね。合掌」「あ、それはおやめください」「え、何で?」「あまり軽々しく合掌をするものではありませんので…」「君の中にある仏性を拝むのでも文句言われなきゃなんないのか。…ふ~ん。君みたいに人の発言の行間すらロクに読めない、人を咎めるだけの人間が宗教家、仏教徒か…。こりゃ、君の言うとおりだ。ホントに末法の世だな…」「何かお気に障ることでも?」「いいや、全然。君、35歳とか言ってたが、も一度修行をやり直した方がいいかもしれんな。人間観察の基礎ができてない。絵に描いた観念論や小難しげな屁理屈ばかり捏ね回していたって人の心は見えてこないよ…」とまあ、こんな具合で話が終わりました。こういう坊主が仏教徒を名乗っているのがどうにも納得いかない。質問文には字数制限がありますのでピンぼけの質問になってしまいましたが、皆様のご感想をお聞かせ願えたら幸いです。

  • 食べ物がおいしい国、期待できない国。

    海外旅行に行くなら、食べ物のおいしさははずせないところではないでしょうか。 皆さんが行かれた国(場所)で、ここはおいしかった、期待はずれだったという場所がありましたら、自由にご意見・ご感想を話してください。 参考にさせていただきます。 ちなみに私の予想も書いておきますので、賛成、反対などなど語ってください。 具体的にコレがうまかった、という体験談などあればありがたく思います。 予想(月並み、、、) おいしい国 ・アジア全般(香港など、中国。韓国、台湾、タイ、ベトナム、インドネシア(バリ)) ・フランス、イタリア ・メキシコ 期待できない国 ・アメリカ圏(本土、ハワイ、グアム) ・カナダ ・イギリス ・ロシア ・アフリカ ・中近東 ・オーストラリア ・インド ・ミャンマー、カンボジア、ラオス等 ・南アメリカ このような感じでしょうか。

  • 燃油サーチャージの決め方の疑問

    海外旅行に行きたいと燃油サーチャージについて調べていると不可解なことに気づきました。 日本旅行のホームページ http://www.nta.co.jp/kaigai/surcharge/ を見るとJALの場合 日本 -ミクロネシア・ベトナム線 フィリピン線は8,000円。 日本 - タイ・インドネシア線は14,000円 日本 - 北米(除くカナダ)・ヨーロッパ・オセアニア・中東線は20,000円。 ここで疑問なのはベトナムとタイすぐ近くなのに料金は大差だし、ヨーロッパが20,000円でタイが14,000円は距離を考えると理解できない料金差です。燃油サーチャージは距離に比例するはずですが実際は距離に比例していないように感じられます。航空会社が恣意的に決めているのではないかと疑っています。燃油サーチャージの料金はどうやって決まるのか教えてください。、