• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

DNSサーバーの構築(2):再インストール後named.confがおかしくなってしまった。

DNSサーバー構築について2回目の質問です。5/28の質問後、LINUXを再インストールしましたが、今度は「named.conf」ファイルの記載内容が本来の「named.conf」よりかなり少ないようで戸惑っています。私の環境で「/etc/named.conf」で表示されるのは次の内容のみです。 // Default named.conf generated by install of bind-9.2.4-2 options {     directory "/var/named";     dump-file "/var/named/data/cache_dump.db"     statistics-file "/var/named/data/named_stats.txt"; }; include"/etc/rndc.key";     「  zone "." IN {     type hint;     file "named.ca";     };           」というような情報が一切表示されていません(T_T)。 お手数ですが・・・どうしたらいいのか教えてください。 よろしくお願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数646
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

エディタで開いて記述してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

FoggyMountainさん、いつもご回答ありがとうございます。どうにかDNSサーバを立てられました!(^^)! 教えて頂いた通り「name.conf」もゾーンファイルも手入力しました。LINUX初心者の私にはかなり不安な作業でしたがうまく行ってよかったです。ほんと感謝です♪ ようやく他のインターネットサーバの構築に取り掛かれます。多分また難問にぶつかってしまいお騒がせしてしまうと思います。お時間がある時はまた教えて下さい。 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • DNSサーバー、うまく動作しません

    お世話になります。 VPSのお試しを利用してDNSサーバーを構築してみましたが、うまく動作しません。 正引きできないようです。 なにが悪いのかさっぱりわかりません。 単純にhttp://www.yyyyy.zzzで/var/www/html/index.htmlが動作するだけでいいのですが... どうか皆様教えてください。 dig yyyyy.zzz ; <<>> DiG 9.7.6-P1-RedHat-9.7.6-2.P1 <<>> yyyyy.zzz ;; global options: +cmd ;; Got answer: ;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: SERVFAIL, id: 11545 ;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 0, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 0 ;; QUESTION SECTION: ;ooloo.asia. IN A -------------------------------------------------------------- VPSサーバーのIPアドレス xx1.xx2.xx3.xx4(実際はちゃんとしたものです) お名前.comから取得してある独自ドメイン yyyyy.zzz(実際はちゃんとしたものです) セカンダリーは「お名前.com」を利用することができたので利用した。 2nd.dnsv.jp / 210.172.129.81 参考にしたサイト http://web.arena.ne.jp/suitepro/support/manual/centos5/nameserver/bind.html -------------------------------------------------------------- 以下が処理内容です。 (1)あらかじめ入っていたbind関係のものはアンインストールし、インストールし直した。 yum -y install bind bind-utils (2)結果以下のようなものがインストールされている。 rpm -qa | grep bind bind-libs-9.7.6-2.P1 bind-utils-9.7.6-2.P1 bind-9.7.6-2.P1 (3)以下を実行した(rndc.key を発行?) rndc-confgen -a -b 256 -r /dev/urandom -u named wrote key file "/etc/rndc.key" (4)/etc/named.confを編集 vi /etc/named.conf // // named.conf // // Provided by Red Hat bind package to configure the ISC BIND named(8) DNS // server as a caching only nameserver (as a localhost DNS resolver only). // // See /usr/share/doc/bind*/sample/ for example named configuration files. // options { listen-on port 53 { 127.0.0.1; }; listen-on port 53 { xx1.xx2.xx3.xx4; }; listen-on-v6 port 53 { ::1; }; directory "/var/named"; dump-file "/var/named/data/cache_dump.db"; statistics-file "/var/named/data/named_stats.txt"; memstatistics-file "/var/named/data/named_mem_stats.txt"; allow-query { localhost; }; recursion yes; dnssec-enable yes; dnssec-validation yes; dnssec-lookaside auto; /* Path to ISC DLV key */ bindkeys-file "/etc/named.iscdlv.key"; managed-keys-directory "/var/named/dynamic"; }; logging { channel default_debug { file "data/named.run"; severity dynamic; }; }; zone "yyyyy.zzz" { type master; file "yyyyy.zzz.db"; allow-update { none; }; allow-transfer { 210.172.129.81; }; }; include "/etc/named.rfc1912.zones"; include "/etc/named.root.key"; (5)/var/named/yyyyy.zzz.dbを編集 vi /var/named/yyyyy.zzz.db $TTL 86400 @ IN SOA ns1.yyyyy.zzz. root ( 2012052003 ; serial 3H ; refresh 15M ; retry 1W ; expiry 1D ) ; minimum IN NS ns1.yyyyy.zzz. IN NS 2nd.dnsv.jp. IN MX 10 @ IN A xx1.xx2.xx3.xx4 ns1 IN A xx1.xx2.xx3.xx4 www IN A xx1.xx2.xx3.xx4 (6)bindを起動 service named start Starting named: [ OK ]

  • 外部からDNSが外から引けない

    外部のwhoisサイトから「dig @プライマリDNS 独自ドメイン」ができず、レスポンスなしの結果になります。 同じサイトから「dig @セカンダリDNS 独自ドメイン」はできるので、DNSを立てたのにゾーン転送先に頼りっきりになっています。 プライマリで解決するようにしたいのですが・・・。 <構成> プライマリDNS(自宅サーバー) セカンダリDNS(お名前.com提供の「2nd.dnsv.jp」) <備考> named.confは、 外部のwhoisサイトから自宅サーバの53番ポートチェックは通ります。 <named.conf> options { directory "/var/named"; dump-file "data/cache_dump.db"; statistics-file "data/named_stats.txt"; memstatistics-file "data/named_mem_stats.txt"; dnssec-enable yes; dnssec-validation yes; dnssec-lookaside auto; /* Path to ISC DLV key */ bindkeys-file "/etc/named.iscdlv.key"; managed-keys-directory "/var/named/dynamic"; allow-query { localhost; }; }; include "/etc/rndc.key"; include "/etc/named.rfc1912.zones"; include "/etc/named.root.key"; zone "独自ドメイン" IN { type master; file "/var/named/独自ドメイン.db"; allow-query {any;}; allow-transfer {固定IP;}; allow-update {none;}; notify yes; }; どなたか、これかも?というのがあれば教えて頂けないでしょうか。 宜しくお願いします。

  • named.confの設定

    今日まで正常に動いていたサーバが、バーチャルホスト2つ目の追加をしてからnamed.confが正常に起動してくれません。 以下の状況です。 ************************************************************* /etc/rc.d/init.d/named restart named を停止中: [ OK ] named を起動中: named 設定でエラー: : /etc/named.conf:50: unknown option 'view' /etc/named.conf:59: unknown option 'view' /etc/named.conf:65: '}' expected near end of file ************************************************************* と50行、59行、65行に間違いがあると云われますが、色々、試みましたがダメでした(**) 下記にnamed.confの一部を記載します。どうかご指摘、ご教授下さい。 ******************************************************************* view localhost_resolver { match-clients { localhost; }; match-destinations { localhost; }; recursion yes; include "/etc/named.rfc1912.zones"; include "/etc/named.sample_A.com.zone"; include "/etc/named.sample_B.net.zone"; include "/etc/named.sample_C.com.zone"; }; view "internal" {                  #ここが50行目です match-clients { localnets; }; match-destinations { localnets; }; recursion yes; include "/etc/named.rfc1912.zones"; include "/etc/named.sample_A.com.zone"; include "/etc/named.sample_B.net.zone"; include "/etc/named.sample_C.com.zone"; }; view "external" {                  #ここが59行目です match-clients { any; }; match-destinations { any; }; recursion no; include "/etc/named.sample_A.com.zone.wan"; }; ********************************************************************* 簡単な仕様ですが、 OS:centos5 BIND:9.3.4 固定IP:1つ 宜しくお願いします。

  • DNSが起動できない

    /etc/rndc.keyがあることは確認済みです。 -rw-------. 1 named root 77 5月 31 07:33 2013 rndc.key vi /var/named/chroot/etc/named.conf // // named.conf for Red Hat caching-nameserver // options { version "unknown"; directory "/var/named"; allow-query { localhost; localnets; }; allow-recursion { localhost; localnets; }; allow-transfer { localhost; localnets; }; forwarders { }; }; // // a caching only nameserver config // controls { inet 127.0.0.1 allow { localhost; } keys { rndckey; }; }; logging { category lame-servers { null; }; }; view "internal"{ match-clients { localnets; }; recursion yes; zone "." IN { type hint; file "named.ca"; }; zone "0.0.127.in-addr.arpa" { type master; file "0.0.127.in-addr.arpa"; }; zone "11.168.192.in-addr.arpa" { type master; file "1.168.192.in-addr.arpa"; }; zone "centos.orz" { type master; file "centos.orz.local"; }; }; include "/etc/rndc.key"; エラーメッセージError in named configuration: /etc/named.conf:18: unknown key 'rndckey' よろしくお願いします。

  • CentOS 5.4

    CentOS 5.4 Bind 9.3.6-4 bindの設定に挑戦しておりまして、わからない所があり質問させていただきます。 現在、会社で1つドメインを取り、レンタルサーバー(xrea.com)でHPを公開し、そのレンタルサーバーで社員分のメールアカウントを発行し使用しています。 仮にドメインをaaa.comとするとします。 公開しているサイトのURLは、http://www.aaa.comおよびhttp://aaa.comで閲覧できるようになっています。 やりたい事はを列挙します。 ・HP公開はレンタルサーバーでそのまま外部公開する。 ・メールアカウントはレンタルサーバーのメールサーバーでそのまま使用する。 ・内部のローカルネットに接続している各社員にaaa.comドメインでホスト名を割り振りたい。 ・内部で活用するためlinuxサーバー(192.168.24.5)を立てて、そのサーバーのホスト名もaaa.comドメインで解決できるようにしたい。 この希望を満たしつつ各社員のPCのインターネットおよび内部ホストの名前解決を正しくできるようにbindの設定を行っていますが、 行き詰ってしまいました。 以下にnamed.confとzoneファイルを記します。 ////////////////////////////////////////////////////////////////named.confここから acl localnet { 192.168.24.0/24; 127.0.0.1; }; options { listen-on port 53 { 127.0.0.1; }; listen-on-v6 port 53 { ::1; }; directory "/var/named"; dump-file "/var/named/data/cache_dump.db"; statistics-file "/var/named/data/named_stats.txt"; memstatistics-file "/var/named/data/named_mem_stats.txt"; allow-query { localhost; }; allow-query-cache { localhost; }; }; logging { channel default_debug { file "data/named.run"; severity dynamic; }; }; view "local" { match-clients { localnet; }; recursion yes; zone "." { type hint; file "named.ca"; }; zone "aaa.com" { type master; file "named.aaa.local"; }; zone "0.0.127.in-addr.arpa" { type master; file "named.0.0.127.in-addr.arpa"; }; zone "24.168.192.in-addr.arpa" { type master; file "named.24.168.192.in-addr.arpa"; }; }; view "world" { match-clients { any; }; allow-query { any; }; recursion no; zone "aaa.com" { type master; file "named.aaa"; }; }; //named.confここまで どこがいけないのかご指導いただけないでしょうか?

  • ClassC未満のnamed.confの記述について

    ClassC未満のnamed.confの記述について 使用ソフトFadoraCore12 BIND9.6.X 固定IP8個でプロバイダ契約、逆引き権限委譲です。 named.confの逆引き設定は以下のとおりです。 zone "88/29.xxx.xxx.xxx.in-addr.arpa" { type master; file "wan.rev"; この記述だとBIND8ではとおりますがBIND9以降はエラーになり 起動しません。 対処方法をご存知の方よろしくお願いします。

  • Linux初心者 DNSの設定

    DNSの設定(Ledhat Bind 9)がうまくいきません。 外部からのアクセスは可能なのですが、自分自身が外部にアクセスできません。nslookupコマンドでwww.yahoo.co.jpと入力しても、エラーで返ってきてしまいます。 Var/log/messages を参照しても、namedにエラーは起こっていないです。 etc/rc.d/init.d/Namedは自動起動に設定済みです。 設定した内容は、 etc/named.conf var/named/named.local var/named/localhost.zone var/named/aaa.gr.jp var/named/111.112.2.210.in-addr.arpa.zone etc/ld.so.conf 以上の編集と pidファイルの移動 以上となります。 どなたか助けてください。

  • # vi /var/named/chroot/・・

    いつも教えて頂きありがとうございます。 標記の件。 [root@localhost ~]# vi /var/named/chroot/etc/named.conf を実行致しました。 先ほど // // named.conf for Red Hat caching-nameserver // options { version "unknown"; directory "/var/named"; allow-query { localhost; localnets; }; allow-recursion { localhost; localnets; }; allow-transfer { localhost; localnets; }; forwarders { xxx.xxx.xxx.xx1; xxx.xxx.xxx.xx2; }; }; // // a caching only nameserver config // controls { inet 127.0.0.1 allow { localhost; } keys { rndckey; }; }; logging { category lame-servers { null; }; }; view "internal"{ match-clients { localnets; }; recursion yes; zone "." IN { type hint; file "named.ca"; }; zone "0.0.127.in-addr.arpa" { type master; file "0.0.127.in-addr.arpa"; }; zone "1.168.192.in-addr.arpa" { type master; file "1.168.192.in-addr.arpa"; }; zone "centos.orz" { type master; file "centos.orz.local"; }; }; include "/etc/rndc.key"; を書く途中でzzで終了したつもりでした。 やはりviを知らないためおかしなメッセージが出ました。 下記です           記 E325: ATTENTION Found a swap file by the name "/var/named/chroot/etc/.named.conf.swp" owned by: root dated: Sat Feb 5 20:13:50 2011 file name: /var/named/chroot/etc/named.conf modified: YES user name: root host name: localhost.localdomain process ID: 5133 While opening file "/var/named/chroot/etc/named.conf" (1) Another program may be editing the same file. If this is the case, be careful not to end up with two different instances of the same file when making changes. Quit, or continue with caution. (2) An edit session for this file crashed. If this is the case, use ":recover" or "vim -r /var/named/chroot/etc/named.c onf" to recover the changes (see ":help recovery"). If you did this already, delete the swap file "/var/named/chroot/etc/.named. conf.swp" to avoid this message. "/var/named/chroot/etc/named.conf" [New File] Press ENTER or type command to continue どう対処すればいいでしょうか? ご回答の程、宜しくお願い申し上げます。

  • DNSサーバー構築で悩んでいます

    はじめまして、ひろやんと言います。 Yahoo使用fedora6にて自宅サーバーを作成中ですがBINDのところでつまずいております。 何卒、ご指示をお願いしたく投稿しました。 bindを設定し、 [root@fedora ~]# /etc/rc.d/init.d/named restart named を停止中: [ OK ] named を起動中: [ OK ] と表示されます。 しかし、いざ http://abcd.org でアクセスすると ----------------------- abcd.org に接続 AirStation ユーザー名(U) パスワード ----------------------- という枠が現れてきます。 root と入力すると ページが見つかりません と表示されます (http://abcd.org/cgi-bin/cgi?req=twz) http://192.168.11.6/はつながり表示することが可能です。 いろんな、ところのサイトの設定を行なっても、同じどころでつまずいています。 どこがいけないのか良くわかりません。 よろしくご指導を頂けませんでしょうか? ”/etc/named.conf” // generated by named-bootconf.pl options { directory "/var/named"; /* * If there is a firewall between you and nameservers you want * to talk to, you might need to uncomment the query-source * directive below. Previous versions of BIND always asked * questions using port 53, but BIND 8.1 uses an unprivileged * port by default. */ // query-source address * port 53; }; acl localnet { 192.168.11.0/24; //※NETWORK環境に合わせる 127.0.0.1; }; // // a caching only nameserver config // controls { inet 127.0.0.1 allow { localhost; } keys { rndckey; }; }; view "inside" {     match-clients { localnet; }; zone "." IN { type hint; file "named.ca"; }; zone "localhost" IN { type master; file "localhost.zone";//※localhostの正引き allow-update { none; }; }; zone "0.0.127.in-addr.arpa" IN { type master; file "named.local";//※localhostの逆引き allow-update { none; }; }; zone "abcd.org" { type master; file "abcd.org.local";//※内部用abcd.orgの正引き allow-update { none; }; }; zone "11.168.192.in-addr.arpa" { type master; file "192.168.11.rev";//※内部用abcd.orgの逆引き allow-update { none; }; }; }; view "outside"{ match-clients { any; }; include "/etc/rndc.key"; zone "abcd.org" IN { type master; file "abcd.org.zone";//※外部用abcd.orgの正引き allow-update { none; }; }; zone "7.188.30.219.in-addr.arpa" IN { type master; file "219.30.188.7.rev";//※外部用abcd.orgの逆引き allow-update { none; }; }; }; ”/var/named/named.local” $TTL 86400 @ IN SOA ns.abcd.org. root.abcd.org. ( 2007090901 ; Serial 7200 ; Refresh 7200 ; Retry 2419200 ; Expire 86400 ) ; Minimum IN NS ns.abcd.org. 1 IN PTR localhost. ”/var/named/localhost.zone” $TTL 86400 $ORIGIN localhost. @ IN SOA ns.abcd.org. root.abcd.org. ( 2007090901 ; serial (d. adams) 7200 ; refresh 7200 ; retry 2419200 ; expiry 86400 ) ; minimum IN NS ns.abcd.org. localhost IN A 127.0.0.1 ”/var/named/abcd.org.local” $TTL 86400 @ IN SOA ns.abcd.org. root.abcd.org. ( 2007090901 ; Serial 7200 ; Refresh 7200 ; Retry 2419200 ; Expire 86400 ) ; Minimum IN A 192.168.11.6 IN NS ns.abcd.org. IN MX 10 mail.abcd.org. localhost IN A 127.0.0.1 ns IN A 192.168.11.6 mail IN A 192.168.11.6 www IN A 192.168.11.6 ”/var/named/192.168.11.rev” $TTL 86400 @ IN SOA ns.abcd.org. root.abcd.org. ( 2007090901 ; Serial 7200 ; Refresh 7200 ; Retry 2419200 ; Expire 86400 ) ; Minimum IN NS ns.abcd.org. 6 IN PTR ns.abcd.org. ”/var/named/abcd.org.zone” $TTL 86400 @ IN SOA abcd.org. root.abcd.org. ( 2007090901 ; Serial 7200 ; Refresh 7200 ; Retry 2419200 ; Expire 86400 ) ; Minimum IN A 219.30.ppp.xxx IN NS ns.abcd.org. IN MX 10 mail.abcd.org. localhost IN A 127.0.0.1 ns IN A 219.30.ppp.xxx mail IN A 219.30.ppp.xxx www IN A 219.30.999.xxx ”/var/named/219.30.ppp.xxx.rev” $TTL 86400 @ IN SOA ns.abcd.org.  root.abcd.org. ( 2007090901 ; Serial 7200 ; Refresh 7200 ; Retry 2419200 ; Expire 86400 ) ; Minimum IN NS ns.abcd.org. 6 IN PTR ns.abcd.org.

  • bind8.2.3のnamed.conf

    すみません教えてください。 Solaris8(UNIX)マシンにbind8.2.3RELのインストールを試みております。 そこでnamed.confの位置なのですが、 /usr/local/sbin/namedを起動しようとすると/usr/local/etc/named/配下に 求められます。 現状運用している 8.2.2-P5で同様のことを行うと/etc/配下に求められます。 bind8.2.3RELでも同様の/etc配下に置きたいのですがどうしたらよいので しょうか? 色々眺めていると/etc配下に置いてある文献が多いのですが・・・・ それともver末尾のP5やRELというものが影響しているのでしょうか? 初心者なもので、すみませんがご存知の方お願い致します。