• ベストアンサー
  • 困ってます

本の原価と利益の配分を教えてください。

  • 質問No.2173773
  • 閲覧数5753
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 81% (9/11)

大きく分けて2つ質問があります。
文庫本・一般の書籍に分けてですが、
出版社(版元?)、流通、筆者、など何パーセントのづつ利益配分になっているのでしょう?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 18% (393/2177)

過去の回答を参考にしてください。
本の形態による差はほとんどないと思います。単価が高い分、利益が変わるということです。

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 44% (434/977)

個人で出版者(社)をやっています。

著者 基本は10%(挿絵なども含む) 範囲としては8~15%です。
版元 45~60%(ただし、印刷費・編集費がこの半分くらい以上かかっています)
流通(取次) 3%~20% (取次間の二次卸/三次卸などは1.5~3%位の場合もあるようです)
書店 15~30%(通常の返品可能な委託本は少なく、買切商品は物によったり斡旋などだと半額以下のものもあります。これらや、返品期限が切れて逆送されてしまう本などはバーゲン本として売られることがあります。

文庫も一般の書籍も配分はあんまり変わりません。
ただ、文庫は、一般書よりも、委託期間が長い(延長勘定or常備委託)場合が多いので、版元側は、利益を圧縮して薄利多売にする場合があります。
著者への印税も、発行数(本来の印税=判子を押した数:今は検印省略がほとんどですが昔の本はちゃんと著者が検印を押していました)ではなく、実売数/出荷数で印税を払う場合もあります。この場合は、総発行数に対して、著者の取り分はへりますね。
お礼コメント
kumapooh_2006

お礼率 81% (9/11)

こちらの方がとても役に立ちました。
すみません。回答がおそかったので評価できなくて。たいへんたすかりました。
投稿日時:2006/05/26 15:58
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ