• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

2~3社から借り入れするしか無い?

  • 質問No.2173280
  • 閲覧数176
  • ありがとう数1
  • 回答数6

お礼率 2% (59/2343)

自己資金が300万円で、
事業資金があと400万足りない時は、
国民生活公庫(保証人無だから融資額の上限はたぶん300万)以外にも、
銀行・信用金庫(信用保証協会)など、
合計2社か3社から同時に融資を受けた方が良いですか?
たくさんの金融機関から借りればそれだけたくさん利息は付きますが、
事業資金は多いに越した事は無いですよね?
本当は700万で開業出来ても、
1000万以上あったほうが良いですよね?
400万借りるから、
本当は1社から全額400万円借りる方がベストでしょうけれども、
条件が保証人無で、
実際の融資額は希望額よりも大体下回るみたいだから、
例えば国民生活公庫(200万)+信用金庫A社(200万円)+信用金庫B社(200万円)=600万となり、
希望額の400万はクリア出来ますよね?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 31% (192/605)

何処でも同じなのですが
事業計画と返済計画と担保(保証人)を求められます。
開業資金として借りるお金の用途がわからないので
コメントできませんが
一度に複数の銀行から開業資金を調達するのは
まず不可能です。
大体どの様に銀行に説明するのでしょうか?
事業計画では400万必要なのにお宅の銀行からは200万
貸してくださいというのでしょうか?
もしよその銀行が融資をしない場合事業資金は
200万しか無いわけですから開業できません。
そうなると始めの銀行はリスクを考えると
200万融資しても仕方がないという結論になります。
(お互いよその銀行が200万貸してくれることが決定したら
うちも200万貸してもいいですよと言われるでしょう。)
結局どの銀行も貸してくれません。
まず金融機関を一本に絞って交渉してみてください。
もう少し貸す側の立場に立って考えれば
質問者の考えは無謀なことはわかるはずです。

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.6

ベストアンサー率 0% (0/1)

すでに事業を始めている会社のほうがはるかに審査が通りやすいですよ。担保がない場合、まず創業年数が一番重要。長く商売をやっているという実績が重要視されます。もちろん収益性も大切です。赤字や債務超過などはなかなか借りれません。
 銀行から融資を受けるのに一番審査がきつく難しいのが会社を始めるときに借りる起業資金だと思います。金融機関に大きなコネでもない限り通常一般のひとではなかなか難しいのではないでしょうか。事業計画も理解できないくせに、あの手この手で難癖つけてくるので起業資金を借りるのは大変です。もちろん不可能といっているのではありません。
ほとんど銀行から借りられないため自己資金、あるいは国民金融公庫から最初に借りて起業したというかたは多いと思います。そもそも国民金融公庫とはそのような性格の公的な金融機関という側面を持ているからだと思います。しかし国民金融公庫から借りられる上限があります。これが無担保融資だとそんなに高くなく300万から500万くらいが一般的な上限ではないでしょうか(当然事業内容や規模や自己資金などでかわるでしょうが)
あくまで一般的な話で、これらの困難を乗り越え融資を受けられる経営者のかたももちろんいらっしゃるのでがんばってください。才能と努力と熱意があれば乗り越えられる。かも
  • 回答No.5

ベストアンサー率 22% (571/2533)

>国民生活公庫は無担保無保証融資制度がありますよね?
>銀行も、
>信用保証協会の保証付きなら、
>原則無担保無保証で融資可能ですよね?

 はい、有りますよ。

きちんと収入のある安定している会社に融資する制度です。

安定していれば、国金や銀行のほうからお金を借りませんか?て言ってきます。

開業するのに何の実績も何も無い状態ではどこも金は貸してくれませんよ、その金で開業を止める人も出てくるわけだから

自分の都合の良いように物事を考えないで、国金なりに融資してぇと相談に一度行けばすぐに出来るか出来ないかが判りますよ(^_^)v

がんばってね
  • 回答No.4

ベストアンサー率 0% (0/1)

国民生活公庫は無担保無保証融資制度がありますよね?
銀行も、
信用保証協会の保証付きなら、
原則無担保無保証で融資可能ですよね?
 確かあったと思います。可能だと思います。しかし審査が通ればね。これが起業となるとなかなか通らない。お金貸すきないんでしょとおもいたくなるよ。
補足コメント
rin123

お礼率 2% (59/2343)

>これが起業となるとなかなか通らない

起業では無い、
事業資金の融資とは何ですか?
例えば事業をすでに始めてるが、
運転資金等で足りない分を融資してもらうとかの事ですか?
こっちの事業資金の方が、
初めての起業資金の融資より審査が通りやすいのですか?
投稿日時:2006/05/26 21:05
  • 回答No.2

ベストアンサー率 64% (563/872)

1.国金にしても銀行・信用金庫にしても、まず全体の資金計画を見て全部がOKなので自身の割当分の支援を決定する、という考え方をします。なので総要資700万円中自己資金300万円、で国金300万円を申しこんだ際には、あと100万円の見通しがついている必要があります。

2.信用保証協会の利用には、信用保証協会に対する保証人が求められます。法人なら会社借入に対して代表者の個人保証で足りるケースはありますが、個人事業主の場合は別人の保証が求められそうです。国金についても同じ考え方の筈ですが、直近の制度融資の実務は不知ですので、特別融資の詳細を確認して下さい。法人の場合で、代表者以外の「第三者の保証」が不要というのを「無保証」と言っているのではないか、と考えます。

3.又、信用保証協会の窓口は同一なので、信用金庫A・Bからそれぞれ200万円という考え方にはなりません。保証協会で保証上限300万円ならAかBどちらかでそれを借りるだけです。金は多くあれば有るほど安心と言う考え方はその通りですが、貸す側としては必要額かつ返せると考えられる金額でしか融資を受けられません。融資金額の減額を織り込んで複数で多目に申し込むという考え方は事業融資での考え方とは乖離しています。

4.基本的には、「融資制度がある」というのと「私が借りることができる」とはイコールではありません。国金・信用保証協会の側に申し込みの前提条件と審査のアウトラインがあってそれをクリアすれば融資が得られる、或いは銀行借入に際しての信用保証協会の保証が得られる、という考え方をします。

5.基本的には、信用保証協会保証があれば信用金庫なり銀行からの融資は可能かと考えますが、全く取引のない銀行であれば融資を応諾しないケースも有り得ます。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 22% (571/2533)

 無保証なら国金は金貸してくれないし、起業するのですから無職ですよね?だったら銀行も同じで1銭も貸してくれないですよ。
補足コメント
rin123

お礼率 2% (59/2343)

国民生活公庫は無担保無保証融資制度がありますよね?
銀行も、
信用保証協会の保証付きなら、
原則無担保無保証で融資可能ですよね?
投稿日時:2006/05/25 00:09
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ