剣道の達人は時代劇のように多人数を相手に出来ますか。

例えば剣道8段(←達人ですか?)の人に、初段の人30人くらいが一斉に竹刀で打ちかかったら、達人は時代劇のようにバッタバッ...

marsar さんからの 回答

  • 2006/05/25 17:41
  • 回答No.13
marsar

ベストアンサー率 24% (7/29)

できると思います。

「週刊少年チャンピオン」で連載されている「剣聖ツバメ」という漫画でやり方が紹介されていました(先週号です)。

一人の人間に一度にかかれる人数は八人が限界らしいので、急所への打ち込みとフットワークを駆使すれば可能ということです。具体的なフットワーク(運足法)も図入りで紹介されていました。たしか小野派一刀流の秘伝として、伝わるものだそうです。

空手と違って剣なら一撃必殺が可能ですからできるでしょう。急所だけを打つようにすれば、血で切れなくなったり、切れなくなることが問題になることもないと思います。
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 真剣での斬り合い 武道・格闘技・プロレス

    時代劇などでの斬り合いのシーンを見ると、やたらと刀を大振りしますが、 剣道などの試合を見ると、竹刀は大振りせずすぐに構えを戻します。 実際の真剣での斬り合いはどちらに近いのでしょうか。 剣道のほうがより実戦的のような気がしますが、真剣では竹刀のような機敏な動きは出来ないような気もしますし。...

  • 剣術の流派って意味があったのでしょうか? 歴史

    愚問で恐縮です。 時代劇の描写が全て歴史的に正確なんて思っていないのですが、よく剣の達人が登場しますよね。 その時の説明で、たとえば北辰一刀流とか示現流、あるいは新陰流とかの使い手とされる場合があります。 調べてみると、たしかに明治以前の剣術には多くの流派があったようで、それぞれ稽古の方法や戦い方が違っていたようです。 剣術や剣道にはまるで素人なんですが、ここで疑問を感じる時があります。 例えば相手が同じ流派の場合でしたら、その流派の作法に則って切り込んだり太刀を受けたりする事が可能と思いますが、たとえば実際の斬り合いの現場では、作法も何も関係無いのではないでしょうか? 現実には、稽古のとおりの作法や戦法なんて何の意味もなさず、子供の喧嘩のように砂をつかんで相手の顔に向かって投げたり、その辺の石を投げつけたり、あるいは噛み付いたり、とにかく相手を傷つけて優位に立ち、最後にグサッと ・・ これが本当の1対1の斬り合いの姿だったのではと思います。 というわけで、いくら○○流の使い手と言っても所詮は形ばかりで、上のような無茶苦茶な戦い方をしてくる相手には意味が無いように思うのですが、実際どうなんでしょうか? それと、よく実際の斬り合いのシーンで見物人の中に達人がいて 「うーむ、これは○○流だな ・・」 と、一人合点する老人がいたりしますが、上に挙げたような喧嘩のような戦いでも分かるものなんでしょうか? あと、すみません、剣の達人になると道を歩いても 「殺気を感じる」 とかで、家の陰に隠れている敵の存在が分かるとかありますが、本当に可能だったんでしょうか? 時代劇には嘘が多いので ・・・...

  • 真剣勝負について その他(スポーツ・フィットネス)

     ”武士の一分”を観ました。日本刀について質問です。 剣道の竹刀や、木刀での稽古についてはよく知っているのですが、文字通り真剣で勝負をした時は両者の刀は刃こぼれがすると思うのですが、真剣のさや当ては別の方法があったのでしょうか。  よく時代劇で見られるような殺陣シーンはちょっと考えにくいのですが。剣道の経験者にご意見を伺いたい。  当方家宝に日本刀を一差所有しています。それを見ると何ヶ所か刃こぼれがあります。真剣で勝負した痕跡でしょうか。...

  • 剣道の達人でフェンシングに負けた人 武道・格闘技・プロレス

    剣道の達人だったけれどフェンシングで負けてしまった人って誰だかわかりますか? 剣道の竹刀を振り上げる癖が抜けなくて負けてしまったそうですが… ちなみにその方はその後猛特訓してフェンシングの大会でも優勝したそうです。 森虎雄じゃないですよね? あの人は決勝で負けましたが、審判の人種差別のせいでしたし…...

  • 剣術の構え ドラマ

    時代劇で女性や忍びの者が刀を逆手に構えるのをよく目にしますが、実際にあのような型はあったのでしょうか? 何らかの効果をねらった演出が定着したのでしょうか? 抜刀したまま相手に気付かれないように接近するには逆手に持って後ろに隠した方がいいかもしれません。 室内の戦いの場合も、もしかしたら適しているのかもしれませんが、あの構えだと相手の間合いに飛び込まなくてはいけないので不利に思えてならないのですが・・・...

ページ先頭へ