• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ペダリングの力

eacape R3を買いました。説明書を読んでいて「おや?」と思ったので質問しました。リアディレーラーのところを読んでいて、「ギアが小さくなるほど、ギア比は大きくなります。ペダリングの力は小さくて済みますが、クランク1回転あたりの進む距離は小さくなります。」とありました。 ギア比が大きくなるとペダリングの力は大きくなるのではないんでしょうか? 自転車初心者のため間違った質問かも知れませんが回答よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

質問者の方の考えで正しいと思います。 ギア比はクランクのあるチェーンホイルの歯数を後輪のスプロケットのギアの歯数で割ったものですから、大きくなるほどペダリングの力は必要です。 マニュアルの翻訳間違いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

おそらく説明書が間違っていると思います。 >ギアが小さくなるほど、ギア比は大きくなります この部分は、自転車で通常ギア比といった場合に用いられる、クランク一回転あたりの後輪の回転数に相当する数値 フロントのチェーンホイールの歯数÷リアのスプロケットの歯数 を考えているのでしょう。 しかし、 >ギア比は大きくなります。ペダリングの力は小さくて済みますが、クランク1回転あたりの進む距離は小さくなります この部分は、車などで使われるギア比の意味を想定した説明をそのまま書いてしまったと思います。 つまり、きわめて大雑把に言えば車ではタイヤ一回転するのに必要なエンジン回転数をギア比と言っているので、ロー側の数値が大きく、これをギア比が大きいと言っている。 そして、両者を混同して、自転車のトップギアの説明が、車のローギアの説明にすりかわったのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました

  • 回答No.2
  • TVT92MB
  • ベストアンサー率45% (172/379)

いいえ、説明書の無い用は、間違い無いですよ! 車輪が一回転するために、要するクランクを回転させる力(ペダルを踏み込む力)は、ギア比が大きくなるほど小さくて済みます。 実走行で考えると、ペダルを踏み込む事が重くなりますので、踏み込むために力が必要となるので、勘違いされがちですが、車輪一回転に要するクランクの回転数を考えれば解るかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。他の方と反対のようですが、もしよろしければ詳しく教えていただけないでしょうか? すいません。理解力が乏しいもので。

関連するQ&A

  • ペダリングについての質問です。

    重たいギアで遠乗りをしていたら膝が痛くなってきたので、正しいペダリングを身につけたいと思っているのですが、コツがよくわかりません。 ・70回転/分で20kmぐらいといいますが、ギアはどれくらいのところを使っているのでしょうか? ・ペダルの円周に沿って力が入るようにペダルを回すようですが、力のいれどころはどこらへんなんでしょうか?使う筋肉はどこ? ・SPDペダルがいいのだと思いますが、いきなりSPDペダルというのも不安なので、ツゥークリップはどうでしょうか? ・ホームページはいくつか探してみたのですが、この関係でお勧めのホームページはありますか? いろいろ質問してしまいましたが、詳しい方いらっしゃっら教えてください。よろしくお願いします。

  • 自転車のペダリング効率

    物理学素人ですがよろしくお願いします。 サイクリストで山岳サイクリングを中心に楽しんでいます。 以前から気になっていたんですが、同じギア比でも前側(クランクの付いている側)2枚付いているギアの大きい方を使って回した方が小さいギアを使うより効率よく走れるような気がします。 効率、といっても多分に体感的なものですが。 例として フロントギア(F)52×リアギア(R)21の場合とF39×R16の場合ギア比は2.4程度でほぼ同一ですが、F52を使った方が明らかに楽に走れる気がします。(多少キツメの上り坂で) 脚質、心肺機能等の要素も関係するとは思いますが、単純に力学的に説明できる部分はあるのでしょうか? 小学生の頃習った「テコの原理」だとペダルが力点、ギアとチェーンの接点が支点、クランク中心が作用点、かな?と思うのですが、F52とF39だと支点の位置が変わってくるのでそのせいかな?とも思います。いかがでしょうか。 参考までに クランク中心からペダルシャフト中心まで L=170mm F52の場合、ペダル中心からギアの歯(チェーンをかけてチェーンピンの中心)まで L=65mm F39の場合、ペダル中心からギアの歯まで L=95mm でした。 素人の素朴な疑問なので説明不足の点もあるかと思いますが、何卒ご教示のほどお願いいたします。

  • ギア比の役割

    ギア比は、前のギアが小さく、後ろが大きいと、タイヤが一回転する時に進む距離が多くなるんですよね。それはなぜなんですか? あと、自転車を選ぶ時にはギア比が高いものがいいんですか?ギア比が高いときの欠点とかあるんですか?

  • 自転車を止める力

    ピストという自転車があります。普通の自転車と違って、ギアが固定されています。つまり、後ろにこぐと、後ろにタイヤがまわるのです。 ピストには「スキッド」と言われる行為があり、走行中に足を固定することでタイヤの回転をロックし滑る行為です。このスキッドをするための力について、どうもピスト乗りたちでよく言われることが怪しいのでみなさんのご助力を願えればと思った次第です。 定説では「スキッドは、ギア比(図のチェーンリングとコグの歯数の比)が軽いほうがやりやすい」というのがあります(その人の技量によって足が回転に負けてロックできない人もいるのです)。 私は、タイヤの摩擦が一定とすると、チェーンリングもコグも(歯数も半径も)関係なく、タイヤとクランクの半径比だけでスキッドのしやすさが決まると思うのですが、どうなんでしょうか…。

  • 自転車とバイクの減速機の違い

    はじめまして、すこし専門的かもしれませんが疑問に思ったので御意見を頂戴したく投稿しました。私は普段バイクに乗っており一次減速、2次減速の理屈は理解しています。何故減速するのかという仕組みも理由もわかります。 ただ、変速機構つきの自転車の場合ですとバイクとは違い出力側(ペダル側)のギアのほうが大きいわけです。この場合クランク軸回転数よりも、ハブ軸回転数のほうが高いはずですので、「減速」ではなく「増速」となるのではないでしょうか?ところが自転車のギア比を説明する際にも「減速比」という言葉が使われている。 私が自分なりに考えた言葉で説明するならば、バイクは回転運動をトルクに替える「減速」をミッションとファイナルでコントロールするのに対し、自転車はトルクを回転運動に替えるという「増速」をギアで行っているのではないでしょうか。 もちろん100パーセントその力が置き換えられているとはいえませんが、自転車においてのギア(変速機構)は増速機、増速比と呼ぶべきではないかと考えています。 つまらない疑問ですが、これは間違っているのでしょうか、物理の世界において増速比という言葉は一般では使わないのでしょうか?

  • 小径車のメリット「漕ぎだしが軽い」って本当にそうですか?

    私は小径車(ミニベロ)の自転車に乗っています。小径車のメリットとして、よく「ストップ&ゴーが得意」とか「漕ぎだしが軽い」と言われますが、どうも腑に落ちません。 同じギア比、同じ力で比べた時には、ホイールの大きさが小さいほど軽い力で動くのは分かります。 でも、700Cのフルサイズでもより軽くこぎ出したいなら、より軽いギアを使えばいいでしょ、って思うのです。 実際の走行では同じギア比で張り合う必要はなく、最適なギアを選択すればいいのだから、漕ぎ出しを軽くしたいのならギアを軽くすればいいだけのことではないかと。 インナー・ローでのクランク1回転で進む距離を調べたところ、700Cよりも小径車の方が短い、つまり最も軽いギアでは小径車の方が軽い、というのは分かりました。 でも、信号待ちからのスタートでそんな最も軽いギアは使わないでしょうから、700Cでも小径車と同等に軽いギアはありますよね。 もしかして、物理的な違いではなく、以下のような乗り方の違いなのではないかと思うのですが、どうでしょうか。 700Cのほうがスピードが出るから重いギアまで上げることが多く、小径車よりも常用するギア帯域が高いため、信号で止まってもいちいち軽いギアまで落とさない。そのため通常の走り出しの時に、小径車に比べて重いギアを使っているのではないか。 (この場合でもやはり、700Cはより軽いギアまで落とせば同じですね) できれば、700Cと小径車の両方にお乗りの方のご意見があるとありがたいです。

  • 同じギア比でも・・・・・

    タイヤ700x38Cの自転車で前ギア48(アウター)、後ギア24のギア比2.00でこぐ場合と、タイヤ700x32Cの自転車で前ギア42(アウター)、後ギア21のギア比2.00でこぐ場合とではどちらの自転車の方が、こぐ力(脚力)が少なくて済むのでしょうか? それともこぐ力(脚力)は両自転車とも全く同じなのでしょうか?

  • 20インチと700Cの走行感の違い

    20インチの小径バイクの購入を検討しているんですが、700Cとの走行感の違いが分かりません。どういうことかと言うと足に感じる負荷のことなんですが、同じギア比だったら小径の方が走ってて「軽く」感じますよね。この場合クランクが1回転した時に進む距離が同じくらいなら負荷も同じと考えていいのでしょうか? 例えば20×1.25でギアが53×12だとクランク1回転で6.4mくらい進む計算ですが、700×23Cで同じ距離を進むギアは52×17が該当するようです。それぞれの条件で走れば大体の走行感は一緒と言うことですか?(その他細かい条件は無視するとして)

  • 自転車ロードレースのクランク交換について

    現在のクランクは50/34Tのコンパクトクランクなのですが、ノーマルクランクに交換しようと考えております。 インナーロー34-25のギアからいきなり39-25はつらいかと思い、スプロケットを12-27に使用かと考えています。 そこで、質問なのですが、34-25のギア比1.36と39-27のギア比1.44ではどの程度の差があるでしょうか? 単純に34-23程度の重さと考えてよいのでしょうか? 調べてみるとフロントが大きいほうが効率は損なわれないと書いてあったのですが… よろしくおねがいします。

  • ペダリング時の筋肉の使い方

    1年前から自転車を始めて、ペダリングを勉強せずに80km等の距離を 走っていました。おもに大腿四頭筋でペダリングしていたため、非常に 大腿四頭筋が発達して競輪選手のようになってしまっています。 ケイデンスはいつも100/分回転です。 今年120kmに挑戦した時、足に限界を感じたのでペダリングについて 勉強しました。 今はハムストリングで走っています、すると当然大腿四頭筋は発進時と 加速時しか使わないので67km走った時点で物凄い余裕がありました。 その後試しに残りの21kmを大腿四頭筋も一緒に使ってペダリングしました。 当然ペースアップになります。でも走りきってもまだ大腿四頭筋が 使えそうでした、もっと早い地点から足全体でペダリングしたら もっと早いのでは?と思い質問させていただきます。 皆さんはどのように筋肉を使っていますか? やはり大腿四頭筋は疲れやすいので、基本的に使わない方が良いのでしょうか? ちなみにその時のデータは、走行距離88km・Ave24.4km/hでした。