• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

在来工法での気密値について

現在、一戸建ての購入を検討している者です。 そこで、疑問に思った事があったのでご質問させて頂きます。 宜しくお願い致します。 先日、建売住宅を見学しに行ったのですが、その建物は在来工法との事で、仲介業者に「気密値」について尋ねた所 「高気密、高断熱の2×4なら気密値が大事で24h換気も必須だが、在来工法と言うのは通気性が良いので気密性は必要ない。換気システムも本来ならいらない位だ。気密値と言うのは2×4の為のもの」 との事でした。 しかし、後でよく考えたらそんなに風通しが良かったら、真冬はものすごく寒いのではないか?と疑問におもいました。 ほんとの所、どうなのでしょう?お詳しい方の情報をお待ちしております。 宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1011
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>”在来工法自体”が高気密は不可能と言う認識でよろしいのでしょうか? いいえ可能ですよ。 >それとも在来でも高気密、高断熱は可能なのでしょうか? はい、十分問題なく可能です。そもそも高気密高断熱は在来工法主体で始まりました。(北海道) ここで断熱の為には気流止めが必要だとか、在来工法(厳密には木造軸組み工法)の収まりの部分などで工夫が必要であること、壁内結露防止の為に防湿層による気密が必要であることなどがわかり改良が進められたのです。 >・すごく寒い=風通しがすごく良い >・あまり寒くない=換気が不十分になる > ・・・と言う事ですね? そういうことです。昔の家は夏を持って良しとすべしといいい、冬の寒さより夏の暑さ対策を充填に考えていました。寒いのは暖を取る方法は昔からありましたが、暑さを緩和する方法は昔はエアコンも冷蔵庫もなく対策のしようがなかったからでしょう。 >寒くても通気性が良い方が湿度が下がって良い。 高気密という言い方をするため、一般の人は勘違いすることが多いですね。別に生活空間として「気密」をとるわけではありません。換気システムにより換気が常時なされることになるので、居住している状態では「気密」にはなっていません。 逆に中気密の家の方が空気のよどみが多く、高気密+計画換気は昔の低気密の家と大差はないのです。 もちろん換気量を自由にコントロールできるので、冬場は換気をギリギリまで絞る(2時間に1回は健康の為維持しますが)ことで熱量のロスを抑え、隙間風に悩まされることなく快適な暖房された空間を得ると共に、夏場は換気量を多くする(極端に言えば窓を開けてしまえばよく換気される)ことで、低気密と同じような空気の流れを得ることができます。 住宅で気密をとる、高気密というのはあくまで、「計画外の漏気がおきないように気密を取る」という意味でしかなく、吸気、排気口などはしっかり設けていますので、生活する状態で気密が取れているわけではありません。気密性能を測定する場合には、この計画された吸気、排気口を目張りして測定します。 >その事による影響は具体的にどの様な事があるのでしょうか? 換気の悪い部分では、化学物質汚染、湿度上昇、結露、カビ・ダニの発生などが起こります。 ご存知のようにこれらは今の一般的な中途半端な中気密住宅によく見られる傾向です。 高気密高断熱計画換気の家ではこのようなことはまずおきません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答有難う御座います。 大変細かな説明分かりやすいです。 やはり中気密では問題が生じてしまうのですね・・・。 >換気の悪い部分では、化学物質汚染、湿度上昇、結露、カビ・ダニの発生などが起こります。 そうですか・・・前述したように日当たりが良い場所ではないので気になります。ひいては家の劣化に繋がりますよね・・・。 >今の一般的な中途半端な中気密住宅によく見られる傾向です。 ・・・「高気密、高断熱」とうたっている広告が殆どで、そんな手抜きのような事は稀だとおもっていました・・・今はそんなに多いのでしょうか? やはり、きちんと値を確認した方が良いようですね。 有難う御座いました。

関連するQ&A

  • 在来工法でリビングに吹抜を作ると寒いですか?

    リビングに8畳分程度の吹抜けを作りたいと思っています。 在来工法でも高気密・高断熱とうたってあるので大丈夫と思っていましたが、 アドバイザー(建築士)の方から、2x4の方がやはり気密性・断熱性は高く、 在来工法なら吹抜けを少し小さくして、在来の自由度を生かした、何らかの 工夫(スキップフロア等)もありではないかとアドバイスがありました。 (在来なら床暖房等を検討したほうがよいのではとの事でした) 現在の技術でも差があるのでしょうか? 在来工法で大きな吹抜けを作られた方等、アドバイスがあればお願いします。

  • 木造在来工法での高気密高断熱住宅の建築は可能か?

    設計がしっかりしていれば、木造在来工法で高気密・高断熱で結露しない住宅の建築は可能でしょうか? 木造の高気密・高断熱で結露を防ぐには外張り断熱しかないのでしょうか? 木造だと経年変化による気密性、断熱性の低下が大きいと読んだことがあるのですがいかがだでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 2×4と在来工法

    一軒家を購入することとなりました 予算の都合で建売です まだ基礎も造っていない段階なので内装の色やドアなどは選択できますが、基本設計や構造にまでは注文はできません 建築会社は2×4も在来工法も施工実績があるのですが、今回の物件は在来工法です 建売を建設する側としては在来工法を選択する理由にどのようなことが考えられるのでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

在来工法の家に住んでいます。 高気密・高断熱の家です。 気密値は、0.3でした。 うちを建てた工務店は、高気密・高断熱を謳っていますが、 1.0を切らないとお客に引渡ししないそうです。 ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答有難う御座います。 気密値0.3とはすごいですね。 やはり1.0以下でないと、確実ではないと言う事ですね。 もう一度確認してみます。 有難う御座いました。

  • 回答No.2

>在来工法と言うのは通気性が良いので気密性は必要ない。換気システムも本来ならいらない位だ 今の建築基準法では24h換気は必要になっています。 >在来でも高気密、高断熱は可能なのでしょうか? どのような家でも、しっかりした工法ですれば、気密値は確実に出ますよ。実際、在来工法でも気密値が0.3~0.7を出せる工法がありますからね。 >風通しが良かったら、真冬はものすごく寒いのではないか? 確かに昔のように、土壁で仕上げていれば換気システムがいらないぐらいスカスカの家が出来てしまいます。 #1さんがおっしゃるように、現状の家は中途半端な高気密高断熱住宅が蔓延しているのが現状です。 設計士の方でも木造住宅で気密値なんて調べても意味がないという方がよくおられますが、実際の住宅では測定することすら不可能な状況にあることが多いみたいです。 気密値を気にするのであれば、それなりの工法を取り入れなければどこにでもある家になってしますので、色々調べてみては如何でしょうか。 余談ですが、私の家も昔の家をリフォームした後測定したのですが、1.6という数値が出ましたよ。 新築であれば、0.5ぐらいは平均で出るそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答有難う御座います。 >在来工法でも気密値が0.3~0.7を出せる工法がありますからね。 これは、スパーウォール(?)等の価格の高い工法での事ですかね?やはり良くあるただの在来工法では難しいのですかね・・・。 suzuken様のお宅では、気密値1.6との事ですがこれは悪い方になるのでしょうか?「気密値=1.0以下」だと非常に良いのでしたっけ??気密値はいくつ以下でなければならないなど、JIO等の基準があるのでしょうか? やはり私が確認した物件も「気密値」をきちんと聞いて見ます。 有難う御座いました。

  • 回答No.1

>後でよく考えたらそんなに風通しが良かったら、真冬はものすごく寒いのではないか? そういうことです。 でもそこまで寒くない場合には中途半端な気密ということです。 最近はサッシの窓などですから、要するに換気不要とまでの低気密ではなく、換気は必要だけど、中途半端な気密なのでうまく換気もできないという、本当に中途半端な家ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご返答有難う御座います。 ”在来工法自体”が高気密は不可能と言う認識でよろしいのでしょうか?それとも在来でも高気密、高断熱は可能なのでしょうか? ・すごく寒い=風通しがすごく良い ・あまり寒くない=換気が不十分になる  ・・・と言う事ですね? あまり日当たりの良い土地ではないので、寒くても通気性が良い方が湿度が下がって良い。と素人の私などは考えてしまいますが、そうゆう物なんでしょうか? また、中途半端な低気密の場合、通気性があまり良くなく計画的な換気が出来ないと言う事で、その事による影響は具体的にどの様な事があるのでしょうか? もし宜しければ、ご教授願いたいと思います。 宜しくお願い致します。

関連するQ&A

  • 在来工法と2×4について

    いつも皆様には助けられてます!ありがとうございます。 色々な方の意見やサイトなどからですがお互いの長所・短所は理解できました。 今回は感覚的な事をご教授いただきたいと思います。 日本は湿気が多いから在来工法が良い・2×4より在来工法の方が『木材』を多く?使っているので健康に良いとか見かけますが、実際のところどうなのでしょう? 私自身、よく分からないくせに日本人は在来工法だ!なんて思っているので・・・ 在来・2×4のどちらも住んだ事のある方やどちらかに迷った方などのご意見を頂ければと思います。

  • 在来工法でのウレタン吹きつけについて

    在来工法で断熱ウレタン施工しようと思うのですが、屋根を全部ウレタン吹きつけして、外気を一切入れない状態にしても大丈夫でしょうか? 工務店はウレタンの施工経験が無く、施工は知人に頼むのですが、工務店にはウレタンで屋根裏の通気が無くなると良く無いと言われました・・。 調べていると、最近の家は高気密高断熱の家が多い気がするのですが、高気密にして、構造材を外気にさらさないと 、なにか不具合は起きるのでしょうか?

  • 在来工法と2×4

    実家の建替えを検討中です。 在来工法のローコスト住宅か2×4工法で悩んでいます。 静岡という土地柄2×4の耐震性と出来上がりに差がつきにくいという点で とても魅力的なのですが、どうしても湿気が心配です。 在来工法は、ローコストでしか建築できそうにないので 大工さんの力量によるのかなぁと不安があります。 どちらにも長所・短所があるのはわかっているのですが、 いろいろ見ているうちにわからなくなってきてしまいました。 住宅に詳しい方、アドバイスをお願いします。

  • 在来工法とツーバイフォーの違い

    こんにちは。 在来工法とツーバイフォーの違い、なんとなく解ってます、軸の組み合わせが在来、面のそれが2×4?。 どちらがいい?となると漠然としてますが、各々いい面悪い面あるのは間違い無いでしょう。 簡潔に比較して頂けると有り難いのですが。 大手ハウスメーカーは2×4が多いのかな? 今後の見通し等(シェア?)も教えて頂けると幸いです。

  • 在来工法浴室とカワックについて。

    こんにちは。 まだまだ寒いというのに給湯器が故障してしまいました。かなり古いので、買い換えを予定しているのですが、一緒にカワックを付けるかどうかで悩んでいます。 我が家は戸建てで、古いタイプのお風呂です。床壁ともにタイルでいわゆる在来工法ですね。こういうタイプのお風呂でも、カワックは有効でしょうか。カワック、いいよ、という話はよく聞くのですが、知る限りでは、ユニットバスの方ばかりで。 エアコンも古いお家だと気密性が低くて利きにくいですよね。そんな風にカワックも利きにくかったり、ガス代が高くついたりするんでしょうか。 在来工法のお風呂でカワックをご利用の方、ご感想・ご使用感をお教えください。

  • 気密性

    最近、よく耳にする高気密性住宅とは、どういったものになりますか? 当方、在来工法での新築ですが、 外壁は、漆喰でおねがいしています。壁には断熱材無し。 今のところ、床下も断熱材はありません。 こんな中で、床暖房は無意味なようにも感じてきました。 気密性(度)が、どれくらいになるのか知る方法はないでしょうか? 非常に困っています。 この休みに打ち合わせがあい、今後の要望ださないといけません。 これ以外にも、ココに注意!っていうようなものありますでしょうか?

  • 在来工法と2x4

    在来工法の物件で気に入った建売物件がありますが、 立地条件が残念ながら合いません。 しかしその物件自体はとても気に入っているので 土地を買ってそこにその家を建てたいなと思うようになって来ました。 そこでいろいろ考えているのですが実際可能なのかわかりません。ご助言お願いします。 土地を買って、今気に入っている、この在来工法の建売物件の様な物件を、注文住宅で2x4または、2x6で建てることが出来るのでしょうか。立てられるのであればそちらのが良いでしょうか。2x4は耐震的にいいと聞くので。 もし出来るとしたら、物件の価格はどのくらい高くなるのでしょう。(2階建てで95m建物面積です) 又このような場合、造った工務店を調べて直接頼むのが良いのですか。それともどこの工務店でも同じようなものが出来るのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 木造在来工法充填断熱の納まりについて

     木造在来工法の充填断熱についての質問です。 10年くらい前に木造の工事をやっていた頃は、間柱間に断熱材を入れて、その室内側の間柱に防湿気密フィルムを張ってからボードで塞ぐことが標準納まりだったと思いますが、最近、久々に木造をやっているのですが、廻りの人が最近は結露するから防湿気密フィルムを入れない傾向だと言っている人が複数いましたが、本当でしょうか。 気密・断熱が不十分だから、結露するのだと思っているのですがどうなんでしょうか? 最近の傾向に詳しいかた教えてください。 

  • 在来工法の家の施工は床から? 壁+屋根から?

    一条工務店で家を建てようと検討中ですが、家の施工の流れで教えてください。 「セゾンF+夢の家」で検討中ですが、カタログを見ると家の施工の流れが、 一階床→柱、壁と断熱材→二階床→屋根 の順番になっています。 (住友林業のマルチバランス工法も同様のようです) これって2×4工法の施工の流れと同じですよね? これだと、基本的には屋根が出来るまでの間に雨が降ると、床や断熱材がもろに雨の影響を受けますよね? 在来工法というと、一般的には 柱、壁→屋根(これで雨をしのげるようになってから)→床や断熱材 になるのではないでしょうか? 「夢の家」なので「在来工法+壁」となり、2×4工法に近いと言えば近いのかもしれませんが・・・。

  • 在来工法と2×4のどちらかにしようと思っています。

    古い家の立て替えを計画しています。(1)在来工法(積水ハウス・住友林業)(2)2×4(三菱地所ホーム・三井ホーム・住林ツーバイフォー)の5社を候補に考えています。 ・2世帯住宅(夫の母親、私達夫婦、子供2人) ・子供が2人アトピー、残る3人も花粉症 ・昔かたぎの姑ですので、基本的な生活としては、就寝時を除く一日中窓という窓が開いていることになる。真冬でも;;(ただし、花粉の時期位ははしっかり言えば協力してくれるかも) ・箱の形は工法に合わせるとしても内部の間取りは、1階と2階ではかなり違いが出る 【質問(1)】シックハウスについてきになります。2×4では、機密性が高すぎで、化学物質が抜けにくいと思ってきましたが、今時の在来工法でもかなり機密性が高く、むしろ24時間換気を徹底している2×4の方が安全なのか?と思い始めましたが、如何でしょうか? 【質問(2)】上記5社の中でシックハウスについてより熱心なメーカーはありますでしょうか? 【質問(3)】5社を比較検討するにあたり参考になるサイト、本などご存知でしたらご紹介願えませんでしょうか。 【質問(4)】ご自身でこの中で順位をつけるとしたらどのような順位を付けられますか?またその理由も教えていただけると嬉しいです。良い点も悪い点も是非お聞ききしたいと思います。 本来でしたら設計士などに依頼しじっくりと家について考えたいなどと夢を見ておりましたが、二世帯住宅を建てるという部分で精神的な負担も多く、手っ取り早く話を進めてしまいたいという気持ちが強くなり、ハウスメーカーを選ぶことにしました。 お恥ずかしい話しですが。 他にも参考になるような事がありましたらいろいろアドバイスいただければ幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。