• ベストアンサー
  • 困ってます

中古住宅購入の手順

中古住宅の購入を考えています。 良さそうな物件があったのですが、色々調べなきゃと思っているうちに、他の人に取られてしまいました。 中古物件だと、基礎や構造に問題がないか調べてもらったり、リフォームにかかる費用の試算をしたりと、実際に契約に至る前に色々と調べ物をしたくなります。ローンも不動産屋の提携ローンだけではなく、複数の金融機関に審査してもらい条件の良いところから選びたいと思うと、自分で動かざるを得なく、時間がかかってしまいます。 今回の物件は、高築年数の物件で耐震基準適合証を取っていない物件だったので、住宅ローン控除を受けられるように、売主に耐震基準適合証明を取ってもらい、適合が確認できた時点で申し込みをするつもりで、その間に色々調査をしようと思っていました。正直、2~3週間でもきついなと思っていたのに、あっという間に他の申し込みが入ってしまい、すぐに契約だそうです(物件公開から1週間強!!)。 良い物件は、すぐに売れてしまうというのを身をもって経験しましたが、焦って不良物件をつかまされるのも嫌です。 十分な調査を行い納得した物件取得をしたいのですが、気に入ったら、すぐに申し込みだけはするべきでしょうか? 人気物件に、十分な調査の時間を取ることはできないのでしょうか? また、次に気になる物件が出てきたときにすぐ動けるように、準備しておいた方が良いことは何かありますでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数638
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#19073
noname#19073

よくある話ですね。 自分では色々と念を入れて調べたいな、と思っていたものが他人に取られると無性に後悔したりするものです。しかしあまり気にしなくても良いのでは?買った人が本当に良い買い物だったのかはわかりませんし。 きちんと納得した上で購入する、というのは大きな買い物である程、当たり前の作業になるわけですし、かと言って、契約締結前であれば売主が誰に売っても自由なわけです。 >気に入ったら、すぐに申し込みだけはするべきでしょうか? そういう方法も考えられますが、極端な事を言ってしまえば申込段階は買主が撤回出来るのと同様に売主側にも何ら拘束力はありません。まぁ申込が入っていれば人道的な抑止に繋がることも否定はしませんが・・。 >すぐ動けるように、準備しておいた方が良いこと これは難しいでしょう。逆に言えばあなたにとって、何を充たせば意思決定出来るのか?ではないですかね。大きな買い物を決定する際に、そんな単純な項目の充足で良いのかはわかりませんが、もしそういう項目があるのでしたら、その項目について速く確認出来る準備をしておく、という風にしか書きようがないです・・。 不動産は二つと同じものがありません。買えるかどうかも一つの縁とすれば、焦らずにある程度のスピードを持って検討していく、というスタンスで良いと思いますよ。先にも書きましたが、決め手がなくて迷っている物件だったとしても他人に取られると悔しい気持ちにはなるものです。気にしないことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#45950
noname#45950

こんにちは。 ちょうど1年前に、中古マンションを購入しました。 物件数の少ないエリアを希望していたため、「問い合わせ→売れました」の繰り返しで、途中から”モグラ叩き”しているような感覚になっていました。。。 で、質問者様の今回の場合 >高築年数の物件で耐震基準適合証を取っていない物件 >物件公開から1週間強!!(で契約) おそらく、業者が賃貸用に買い取ったと思います。 こういうことも、モグラを3回くらい叩き損ねると、見当がつくようになります。 ちなみに、購入したマンションはとても気に入っています(欲を言えば・・・という点はありますが)。 最終的には、ご縁のあるところに決まるのかな、という気もしています(なんの慰めにもならなかったら、ごめんなさい)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。モチベーションを維持するのが、大変そうですが、頑張ります。

  • 回答No.3
noname#20102
noname#20102

基本的には購入は早い者勝ちですし、申し込みをしてから契約までの期間(二日だったり一週間だったりする)に調査をして決めるしかありません。 その間でさえ、売り止めにならない限り、他の申込者の方が条件がよければそちらに優先権を奪われることもあります。 私も中古物件を購入した時に、いろいろなことを勉強しました。 最初のうちは何度も、迷っているうちに他の申込者に取られてしまうことがありました。 そして何件も見ていくうちに、人気のある地域では、物件が出たら皆、すぐに王手をかけられるように狙って待っているということがわかりました。 そこで私も待ち受け作戦に出ました。 やはりそうしないと良い中古物件を手に入れることは難しいです。 質問者さまの希望されているのは、一戸建てでしょうか? もしマンションならば、希望の物件があれば、売りに出て いなくても事前にわかることだけでも調べておきましょう。 一戸建てだとそれは難しいですが、マンションならば仲介不動産屋に「あのマンションを希望している」と相談して、調査してもらうことはできます。 それでも調査できることには限界があります。 一戸建てならなおさらです。 そのことからもわかるように、質問者さまが迷っている間に先に申し込みをした人も、決して十分な調査をしていたわけではないと思います。 それが運よく良い物件ならばいいのですが、欠陥住宅である場合だってあります。 つまり、早く申し込みをした人は、結局そういうリスクを背負っているので、決して羨ましい話ではないのです。 ちなみに、あまりに早い申し込みは、個人ではなく業者の場合が多いです。 業者は転売目的なので、欠陥であろうと関係ないからです。 参考になさってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。最近希望の地区での物件の動きがやたら少なくなってきたので焦り気味ですが、焦らず気長に頑張ります。

  • 回答No.1

>気に入ったら、すぐに申し込みだけはするべきでしょうか? 相手がそれで了承すれば申し込みだけであれば撤回できるのでした方がよいですが。。。契約までの期間が長いとそもそも断られたりします。 >人気物件に、十分な調査の時間を取ることはできないのでしょうか? はい。早い者勝ちです。 >すぐ動けるように、準備しておいた方が良いことは何かありますでしょうか? 自分が見つけてから即座に一週間程度びっちり時間をかけて調べて納得できるレベルの情報を集められるのであれば、事前に何を調べるのかを洗い出すだけでよいでしょう。 もし自分にはそれだけの時間が仕事などで取れないのであれば、建築士などの専門家に話を通しておき、何時でも動いてもらえる体制をとるしかありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。不動産に関して言えば、賃貸含め全て早い者勝ちですよね。いい物件をすばやく見極められる目を養うのが、一番ですかねぇ。

関連するQ&A

  • 【中古住宅の住宅ローンの控除について:昭和58年築】

    【中古住宅の住宅ローンの控除について:昭和58年築】 お世話になります。 昭和58年10月に建築された中古住宅の購入を検討している者です。 専門知識がなく、インターネットで調べても不明な点が多いので こちらに質問させて頂きました。 まず、住宅ローンの控除を受けることが可能なのか? 昭和56年以降の物件なので、新耐震基準は満たしていると思うのですが 建築証明書がないとのことです。(ハウスメーカーも不明) この場合、耐震基準適合証明をとることは可能なのでしょうか? 逆に、昭和56年以降の住宅でも、耐震基準適合証明書が発行できない住宅が あるのかどうかも不明です。 もし、耐震基準適合証明書が取得出来なかった場合、何らかの補強をすることによって 再度取得することが可能なのかなと考えておりますが・・。 ただ、補強して耐震基準適合証明書を取得したにしても、 どのくらい住宅ローン控除が受けられるものかも疑問です。 以上の事を踏まえて質問事項をまとめます。 =================================================== (1)建築証明書がない住宅(どこのハウスメーカが建てたかも不明)でも  昭和58年10月築の物件であれば、耐震基準適合証明書を発行することが可能なのか。 また、調査した場合、耐震基準適合証明書が発行できる可能性はあるのか。 (2)中古住宅でもそこそこの住宅ローン控除を受けることは可能なのか。  (新築と同じ控除が受けられるのか) 【年収】  :300万 【扶養】  :なし 【金利】  :2.0% 【借入額】 :2000万 【借入期間】:35年 =================================================== 不動産屋さんに確認したのですが、「木造住宅は20年までしか 保証されないので、適合証明はとれない!」と、何度説明してもかわされてしまいます。 (定年後の方が営まれている不動産屋です) 稚拙な文章で申し訳ありませんが、ご指南の程宜しくお願い致します。

  • 中古住宅購入後のリフォーム分ローン控除について教えてください

    現在、築30年の中古住宅(一戸建)の購入を検討しています。 購入後に耐震補強を含めたリフォームを予定しており、購入費用とリフォーム費用をあわせてローンを組みたいと考えています。 購入時点で耐震基準に適合していれば、築年数に関わらず住宅ローン控除が受けられるということなのですが、今検討中の物件では、受け渡し後の補強工事により、耐震基準に適合させようと考えているため、購入費用については、控除の対象にならないものと思います。 そこで、せめてリフォーム費用に対してだけでも、控除が受けられないものかと考えているのですが、購入とリフォームに掛かる費用を一括でローンを組んでいる場合に、そのようなことは可能なのでしょうか?

  • 中古住宅の不動産取得税の軽減

     半年ほど前に築31年、鉄筋コンクリート造の中古一戸建てを購入し、先月不動産取得税の申告書が届きました。  築年数が古いですが、一定の耐震基準を満たすことについて証明されたものがあれば軽減措置の適用に該当するとのことだったので、購入前に取得した中古住宅適合証明書(住宅金融支援機構の融資審査の際に使用しました)を申告書と一緒に提出しましたが、ダメと言われてしまいました。  確かに住宅金融支援機構が独自に作成している証明書なので、建築基準法への適合を証明しているものではありませんが、物件概要書には耐震評価基準に適合となっているので今ひとつ納得できません。  やはり耐震基準適合証明書でなければ軽減措置は受けられないのでしょうか?ご教授のほどよろしくお願いします。    

  • 築20年超の中古住宅購入、確定申告は必要ですか?

    昨年、築28年の木造住宅を住宅ローンを使って購入いたしました。 中古住宅の場合、築20年以上だと住宅ローン控除が受けられないとのことですが、 一般的に新築・築20年以内の中古物件を購入したときは、初年度は確定申告 することになっていると思います。 しかし、私のように、住宅ローン控除の対象ではない場合は、 確定申告する必要は全くゼロなのでしょうか? ※当方、耐震基準適合証明書等は、持ち合わせておりません。

  • 中古住宅購入時の確定申告について

    昨年の終わりに中古住宅を購入しました。 (建物は昭和40年代建築で、耐震基準証明がされていません。) そこで、質問が二つあります。 ○質問1:  購入時に頭金を150万円支払ったのですが、この金額は確定申告で経費?もしくは違う金額で乗せることは可能でしょうか。 ○質問2:  建物は昭和40年代建築で、耐震基準証明がされていないので、税金の軽減は何もされないのでしょうか。また、○○の手続きをすれば軽減対象となる等ないのでしょうか。 以上、宜しくお願いします。

  • 中古住宅購入時の登記費用他

    築22年の中古住宅をリフォーム済みで約3,000万円で購入予定です。 登記費用として不動産屋からの提示額は以下の通りです。 適正な値段でしょうか? ご教授いただけます様よろしくお願い致します。 1.抵当権設定登記費用  29,900円 2.所有権移転登記費用 150,000円 3.司法書士手数料   150,000円 その他諸費用として 耐震基準適合証明書費   45,000円

  • 中古住宅の耐震強度証明

    こんにちは。 先日、築22年の木造中古住宅を購入しました。 もう既に売買契約は終了し、住み始めているのですが・・・ 引越を終えて、落ち着いたところで不動産売買契約書を読み返してみると、 「本物件は、築22年を経過しており、屋根・基本的構造部分・水道管・ガス管については自然損耗、経年変化が認められるものであり、買主はそれを承認し、それを前提として本契約書所定の代金で本物件を購入するし、劣化による雨漏り・水漏れがあったとしても売主に費用を求めないものとする。また、本物件は買主が購入資金を銀行借入予であり、ローン控除申請要件には築後20年以上の木造家屋は『(1)耐震基準適合証明書』が必要であり売主が準備する物とする」 と記載されていました。しかし実際は契約の際に『(2)耐震証明書』代を請求されたので、その時は言われるがままに買主(私)が費用を支払いました。 仲介業者に尋ねてみると、ローン控除を受ける時に必要な証明書なので、買主(私)が負担するのが妥当と言われました。実際のところは何処が負担するべきなのでしょうか?また、(1)と(2)は種類が違う別の証明書なのでしょうか? 詳い方アドバイスをお願い視します。

  • 築23年の軽量鉄骨中古住宅で住宅ローン控除は受けられるでしょうか。

    築23年の軽量鉄骨中古住宅で住宅ローン控除は受けられるでしょうか。 昨年(2009年4月)、ダイワハウス築23年の中古住宅を購入しました。 ローン控除を受けるために耐震基準適合証明書を入手しようとしましたが、 入居までに入手できずローン控除は一旦諦めていました。 リフォームを考えていて、設計図書(仕上表)を見ていたら、構造体の欄に、 重量鉄骨及び軽量鉄骨造 軸組・パネル併用構造 簡易耐火構造 との記載がありました。 中古住宅ローン減税の要件に、耐火構造は築25年までとありました。 1.本物件は、対象となるのでしょうか。 2.対象であれば、控除を受けるために何か証明するものが必要となるのでしょうか。 お詳しい方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

  • 中古住宅、住宅ローン控除は受けられない?

    58年5月新築の中古住宅を購入予定ですが仲介業者に尋ねたところ、 「受けられない」とのこと。私なりに調べたのですが築20年超の木造住宅でも新耐震基準適合証明書があれば受けられると書いてありました。 でも57年以降の建物は新耐震基準に適合しているとみなされるので不要ともあり、必要ならば売主に手続きしてもらわなければいけないものなので(費用もかかるし・・)判断できずにいます。改めて建築士に見てもらっても基準を満たさず無駄に終わるのでは?と不安もあります。 どうしたらいいのか困っています。

  • 中古住宅の住宅ローン減税

    急いでます!! 平成元年築の中古住宅を購入するのですが、 この場合「新耐震基準を満たすことを証明しているものを取得」しなくてもいいんですよね? もし、必要な場合、契約時に売主さんに取得してもらうよう頼まないといけないですよね? とっても急いでます。 よろしくお願いします。