• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

メンデル遺伝

  • 質問No.2147852
  • 閲覧数2322
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (12/12)

初歩的な質問で大変恐縮です。

えんどう豆のしわの有無を決定する遺伝子について調べています。
R遺伝子がSBE1をコードしていて、
r遺伝子はトランスポゾンによりSBE1の機能が失われている。
このR遺伝子とr遺伝子の違いを分子レベルで説明していただけないでしょうか。

よろしくお願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 67% (701/1045)

初歩的な質問とおっしゃいますが、「へー」と思いました。古典的なメンデル遺伝でしかなじみのないエンドウマメも、分子生物学的な光が当たっていたのですね。

で、ちょっと調べてみました。
SBE1はsterch branching enzyme 1でデンプン分子の枝分かれを合成する酵素なのですね。これが機能を失ったrr型はデンプンの枝の合成ができずショ糖が蓄積し、その吸水性で初期胚が過剰にふくらみ、成熟とともに水分を失うためにしわしわになるそうです。

r型遺伝子は、SBE1遺伝子の翻訳配列に0.8 kbのAc/Ds様トランスポゾンが挿入しているために、転写はされても正常なタンパク質に翻訳されず、機能的なSBE1酵素ができないのですね。

原著論文は
Brian R. Calvi, Timothy J. Hong, Seth D. Findley and William M. Gelbart
Cell, 1991, 66:3:465-471

全文閲覧は有料購読者だけですが、abstructだけなら↓
お礼コメント
hearty2005

お礼率 100% (12/12)

お礼を差し上げるのが遅くなってしまいました。
大変わかりやすい説明ですね。
とても参考になりました。
ありがとうございました。
投稿日時:2006/05/25 01:42
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ