• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

三角関数で…

「ΔABCにおいて btanA=atanB が成り立っているときこの三角形はどのような三角形か」という問題があるのですが… この場合はtanA=sinA/cosAとして 正弦定理 余弦定理でとけばいいのでしょうか? でも なぜかそれで解けません。 ヒントでもいいので解法を教えていただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数119
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

正弦定理より2RsinA=a , 2RsinB=b、またtanA=sinA/cosA , tanB=sinB/cosB 以上を与等式に代入すると分子が等しくなるから・・・ もう明らかでしょう。 三角比の相互関係と正弦定理だけでいけますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆様ありがとうございました。分子が等しくなるから分母も等しくなる ということですね。後は自力で解けました~

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

この問題では正弦定理を使うように見せかけているところがミソではないでしょうか? 正弦定理では、bsinA=asinBまでしか出てきません。これでいったい何がわかるのか?......わかりませんよ。だってすべての三角形で成り立つのが正弦定理ですから。 この場合はtanA、tanBを辺を用いた式に直します。このとき用いるのは余弦定理と正弦定理です。 さらに正弦定理はa/sinA=2R(外接円の半径、後で消えるので問題なし)とおいて、式の中から三角関数を追放しましょう。 そうして得られた等式を整理してゆくと、最後に残るのはa=bのみです。 ようするに、辺aと辺bが等しい二等辺三角形であるということまでしか求めることができないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • adinat
  • ベストアンサー率64% (269/414)

めちゃくちゃ簡単なので、ヒントだけにしておきます。正弦定理一発です。もしそれでうまく行かないというなら、正弦定理を正しく覚えていないように思われます。 ♯1様へ これだけの条件からは直角条件は出てきません。たとえば正三角形を考えてみてください。a=b、∠A=∠Bだから条件は満たしていますが、直角三角形ではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • BLUEPIXY
  • ベストアンサー率50% (3003/5914)

直角二等辺三角形?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 三角関数で分からない問題があります。お願いします。

    三角形ABCにおいてsinA/6=sinB/5=sinC/4が成り立つことから以下の問題に答えなさい。 (1)cosA、sinAをの値を求めなさい。 (2)三角形ABCに内接する円の半径が1のとき、ABの長さ、三角形ABCの面積、三角形ABCの外接円の半径を求めなさい。 正弦定理を使うことはわかりますが、どう使えばよいのか分かりません。お願いします。

  • この問題が分かりません。教えてください!

    この問題が分かりません。教えてください! 次の条件を満たす三角形ABCはどのような三角形か。 a^2sinBcosA-b^2sinAcosB=0 ヒントを見て、余弦定理と正弦定理を使って、分母を消して、展開したら a^2c^2-a^4-b^2c^2+b^4=0になりました。 ここから分かりません。 すでに間違ってますか?

  • 正弦定理・余弦定理

    三角形の頂点A,B,Cについて 2sinA=cosB・sinCが成立するとき、三角形ABCが二等辺三角形となることがあるか。という問題なんですけど、辺BC,CA,ABの長さをa,b,cとすると、正弦定理で左辺=a/R,正弦定理と余弦定理で右辺=(c^2+a^2-b^2)/2ca・c/2R=(c^2+a^2-b^2)/4aR よって、a/R=(c^2+a^2-b^2)/4aR よって、c^2=3a^2+b^2となるところまではわかるんですけど、この後どうすれば良いのかわかりません。

  • 三角関数について

    余弦定理、正弦定理などの分野は、三角関数のうちに入りますか? それとも、三角関数はπを使ったものだけが入るのでしょうか? 三角比は三角関数とは別物?違う分野? よくわからないので、どなたか教えてください。

  • sinAを求める問題

    面積が3√5の三角形ABCについてsinA:sinB:sinC=4:2:3のとき、sinAを求めよ。 こんばんは、余弦定理を使ってcosAを求めて1-cos^2Aとすれば出てくると思うのですが、どのようにすすめていけばよいのか分りません。 よろしくおねがいします。

  • 三角形の辺と角 正弦、余弦

    こんにちは。数Iの正弦定理、余弦定理の問題です。 a=√2、B=45°、C=105° の三角形ABCの残りの辺の長さと角の大きさを求めなさい。 A=30°、b=2 これらはちゃんとできました。 でも、cの計算をするとき、疑問があります。 bについての余弦定理で解くと、 2^2=(√2)^2+c^2-2×√2×c×cos45° 4=2+c^2-2√2c×1/√2 c^2-2c-2=0 解の公式より、c=1±√3 c>0より、c=1+√3 になります。 答えはこれで合っているのですが、 aについての余弦定理でも出せるのではないか、と思いました。 (√2)^2=2^2+c^2-2×2×c×cos30° 2=4+c^2-4c×√3/2 c^2-2√3c+2=0 解の公式より、c=√3±1 でもこれだと、bについての余弦定理で解いた答えと違います。 どういうことでしょうか? 教えてください。

  • 正弦定理と余弦定理で答が違う?

    三角形の残りの角と辺の長さを求めよという問題で、余弦定理を用いると答が一つなのに、正弦定理も用いて解くと答が二つになってしまうことがあります。 例えば、 a=2,b=√6,c=-1+√3 で、最初に余弦定理からA=45°と出し、その後、正弦定理からB=60°、120°となるのですが、余弦定理だとB=120°となります。だけれど、問題の答はA=45°,B=120°,C=15°です。 どうすれば良いんでしょう? テスト近いので少し焦ってます。よろしくお願いします。

  • 三角形について

    ちょっと困った質問をされました。 三角形ABCにおいて、三角形内に、ポイントPをとる。(ただしコレはただのポイントで、重心でも内心でもなんでもない。)としたときに、 AからPまでのapとBからPまでのbp、CからPまでのcpの距離が一番短くなるのはどこか? というものです。 正弦定理や余弦定理を用いるみたいなのですが いまいちぱっとしません。

  • 数一

    三角形ABCにおいて∠A=75°∠B=60°辺AC=2√3とする。 AからBCに垂線AHを引く時、AHの長さを求めよ。 という問題です。 余弦定理、正弦定理を使っても解けません 解き方を教えていただけないでしょうか。

  • △ABCにおいて・・・

    △ABCにおいて、∠A、∠B、∠Cの間に次の関係がある。このとき、∠Cの大きさは□である。 3/sinA=5/sinB=7/sinC 正弦定理、余弦定理を使ってどのように解けば良いのでしょうか? よろしくお願いします!