• ベストアンサー

生き物を大切にするという境界はあるのか。

bo-sukeの回答

  • ベストアンサー
  • bo-suke
  • ベストアンサー率23% (58/242)
回答No.4

境界はわかりませんが、その思い入れは大事なのですよ。 その無関係に愛でる心こそ、現実の様々な人間を愛する力になります。 そして愛とは、他人のためだけでなく、自分のためにも大事なものです。大切なことだと思いますよ。

関連するQ&A

  • 殺していい、殺しちゃいけないの境界線

    食糧にする場合も除いて、絶滅寸前とか天然記念物とかいう話しも置いておいて。 例えば私たちは気持ちが悪いから蜘蛛やゴキブリを殺しますが、もし犬を見ると吐き気がするという人でも犬を殺したらいけませんよね? つまり、殺していい、殺しちゃいけないの境界線は個人の良心の中で引かれて良いものじゃないと思うんです。 たとえば私たちは害になるから体の中の悪い菌を殺すし、ノミを殺すし、蚊を殺しますよね? でも、同じく害になるからと言って、庭に糞をしていく猫を殺したらいけませんよね? 殺していい、殺しちゃいけないの境界線は哺乳類であるかどうかかな、と思ったんですが、私たちは鼠を殺します。 ペットになる動物は殺しちゃいけないのかな、と思ったんですが、ペットになるかどうかなんて人それぞれで、判断は世間の常識にまかせるしかないと思うんです。 じゃあ、境界線は、世間的常識の中にあるのかな、と思ったんですが、それだったらユダヤ人を殺すのが常識となっていた頃のドイツではユダヤ人を殺してもいいということになります。 ここが一番の問題点で、例えば法律で許されている動物なら殺してもいいということになれば、もし人間を殺してもよいという法律ができれば人間も殺していいことになるし、世界の常識なんて、どう変化していくのかわからないと思うんです。 一体、殺していい、殺しちゃいけないの境界線はどこにあると思いますか?

  • ベランダで見つけたこの生き物はザリガニですか?

    ベランダで、こんな生き物が死んでいました…。 ザリガニ?のようにも見えるし、エビのようにも見えます…。 私はお恥ずかしい話ですが、虫とか昆虫とかの類が苦手で苦手 で…(害が無くても、怖いのです) 生まれてから今まで、一度も虫を殺した事はありません。蚊が きても、シッシッと懸命に追い払うので精一杯です…。 今回も、写真に納めるだけでも、携帯を持つ手がブルブルと 震えました^^;なので、ピントがあってなくてすみません。 今回は死んでいましたが、またこんな生き物が、我が家のベランダに 現れたら…と考えると、怖いです。 これは、大阪の大都会のマンションのベランダに、普通に歩いて いても、珍しくないものなんでしょうか? それとも、何かのペットが逃げだしたのでしょうか? 何かわかる人がいましたら、教えて下さい。 お願いします。

  • 好きな人が生き物オタクです

    好きな人が生き物オタクです はじめまして。私は大学生の女子です。私は自然が好きで、さまざまな大学が集まる自然系のサークルで活動をしています。私はただ、自然が好きというだけで、特別に生き物が詳しいわけではありません。でも、出来た友達はみんな何かしらの生き物オタクです。例えば、野鳥や植物、魚、虫に詳しい同世代の子達が沢山います。私の通っている大学は、私のような「ただ自然が好き」レベルの人しかいないのですが、そのサークルでの友達はみんな、人間図鑑っていうぐらい詳しいです。楽しそうに、マニアックな生き物の話を和気あいあいとしています。 私はそのサークルで好きな人が出来ました。魚や鳥や植物など何でも本当に良く知っていて、楽しそうにしゃべる子です。その子の、すごく思いやりがあって、大人な考え方を持っている所に惹かれました。でも、やっぱり生き物好きの人と話している方が会話が弾んでいるし、私は不釣合いなのかなあと思います。 みなさんに質問なのですが、 生き物マニアな人と、私のように無知な人でも、ものすごく会話が弾む話し方ってありますか? (ちなみに、彼と私が話すと、生き物の話を彼が遠慮してしまって楽しそうに話してくれなくて改善したいです) あと、そういう生き物マニアの人って詳しいもの同士が結ばれるのでしょうか? 私もマニアになりたいですが、知識がなさ過ぎて、自分が彼の話題で楽しく話せるぐらいの知識をつけられるかなあ…と思ってしまいます。 ちなみに私は、このサークルの人達とちょっと雰囲気が違うとよく言われます。私はファッションのことを考えるのが好きです。でも、本当に自然が好きな人はあんまりファッションにこだわらない人ばかりで、自分がちょっと浮いているような気がします^^;でも、私はオタクな人のことを好きになっちゃったし、サークルの友達も生き物オタクですが、みんな大好きです。べつに、同じ雰囲気を持った人じゃないと、仲良くなっちゃだめだなんてことないと思っています。 よろしければ、アドバイスをいただけませんか?宜しくお願いします!

  • 人はすべての生き物に感謝するべきだと思うのは間違ってますか

    人は生き物に命をもらって生きてますよね。感謝して助ける、守っていくべきですよね。食用にされる動物、薬、化粧品などで実験にされる動物、盲導犬や介助犬、セラピーとして人を癒す動物達。人はこれだけ動物の世話になって置きながら小さいのら猫一匹救えない救おうと思わないのはなぜなのか理解出来ません。 ここでこんな質問に出会いました。「子供達が内緒でケガをしたのら猫を手当てしたせいでのらが居ついて困る。排除したい」回答はすべて追い払う方法ばかり出てました。私はすぐ「子供達はとてもいいことをしたのだから大人はそれを認めてのらを助ける方法を考えるのが本当ではないのか」と。 今これほど子供達の命の大切さが問題になっている時に誉めることもせず「フンをして困る」という言葉が出ているのに怒り通り越して悲しくてやり切れません。 凹んでしまいました。誰か私が救われる答えを教えて下さい。

    • ベストアンサー
  • なぜ?

    なぜ、植物、虫、動物(一部を除く)の命を奪っても罪には問われないのに、人間を殺すと罪に問われるのでしょう。 同じ生き物なのにおかしくないですか。 今、ふと疑問に思いました。

  • お勧めな漫画を教えてください。

    私にお勧めな漫画を教えてください。 人がごろごろ死んでしまったり、作られすぎた物語(ワンピースなど)ではなく、ナチュラルに感動、あるいは癒される漫画を探しています。 哲学的なものでも大丈夫です。 また、私は魔物や動物、虫にも感情移入してしまうタイプなので、できたらそういった戦闘とかなしのものがいいです。 よろしくお願いします。

  • 他の生き物や植物の命は大切じゃないの?こんな子どもの質問にどう答えるべきでしょうか?

    我が家には、小学校2年生の男の子と3歳の女の子がいます。先日、それぞれの子どもからつぎのような質問をされました。どのように応えるのがベストなのでしょうか? (1)小学校2年生の男の子の質問・・・・・「ねぇ、パパ、命って大切だよね。だったらどうして、人は蚊やアリを平気で殺すの?殺していいの?」 ・・・・・私は即答できませんでした。なぜならば、蚊は人に害があるので、可哀想だけど仕方ないねといえるかもしれないけれど、アリはそんなに悪いことをするわけではありませんから。 (2)3歳の女の子の質問・・・・・「だったらさあ、タンポポも生きてるよね。とったら死んじゃうよね。とったらダメなの?」 ・・・・・・私は「そうだね。できるだけとらないであげようね」と言いました。しかし、その数分後、子どもの目の前に、5歳くらいの男の子が表れて、10くらい咲いていたタンポポをすべてとっていきました。娘は茫然としていました。 (1)と(2)は、ともに同じようなことだと思います。基本的に私は他のどんな動物でも植物でも、できるだけ大切にと教えてきました。虫や植物を平気で殺しておいて、私たち人間の命は大切だよと言っても納得してもらえないからです。 しかし、蚊もゴキブリも殺すな。植物もとるな。これでは、非現実的すぎる ので、もう少し現実に即した育て方をしたほうがいいのかなとも思います。でもやっぱり、上記のような質問を子どもにされると、どんな命も大切にすべきだとも教えるべきだとも思います。 (1)や(2)の質問にどのように答えていくべきでしょうか?

  • 殺しても良い生き物の線引きはどこ?

    生き物を殺すことを良しとしないのは一見当然のようですが、一方で害虫・害獣などが存在し積極的に殺されていることも事実です。 絶対的な回答はありえないと思うのでアンケートで、生き物ごとに殺すことについての可否を問いたいと思います。 以下の動物について、殺しても良い悪いをお答えください。(当然、悩ましいものもあるので、理由を記述した上で「どちらともいえない」という回答でもかまいません。 また、全体としての殺す殺さないの判断基準をあげてください。 人間、犬、猫、馬、羊、豚、牛、クジラ、サル、ハクビシン、アライグマ、イタチ、ハムスター、ねずみ、カブトムシ、ゴキブリ ※参考までに私の回答です。(○は殺しても良い。×は殺してはいけない。カッコ内に補足条件です。 人間 ×(死刑によるものを除く) 犬 ○(人間に危害をあたえるもの(ひっかく・病原体を運ぶもの)。元が愛玩用であるかどうかは問わない) 猫 ○(人間に危害をあたえるもの(ひっかく・病原体を運ぶもの)。元が愛玩用であるかどうかは問わない) 馬 ○(食用として、または家畜・競走馬としての価値がなくなったもの) 羊 ○(食用として、または家畜として価値がなくなったもの) 豚 ○(食用として、または家畜として価値がなくなったもの) 牛 ○(食用として、または家畜として価値がなくなったもの) クジラ ○(食用として) サル ○(人間に危害をあたえるもの(ひっかく・病原体を運ぶもの)) ハクビシン ○(食用として、または人間に危害をあたえるもの(農作物への被害など)) アライグマ ○(人間に危害をあたえるもの) イタチ ○(人間に危害をあたえるもの) ハムスター ○(愛玩用としての役目をおえたもの) ねずみ ○(人間に危害をあたえるもの、または学術目的での解剖・実験など) カブトムシ ○(無条件) ゴキブリ ○(無条件) 【判断基準】人間にとって害があるもの、積極的に益を得るために利用しその価値がなくなったもの。または益を得るためには殺すことが必然のもの。いずれにせよ「人間にとって」害か益かという基準です。いわゆる「動物の気持ち」は一切考慮していません。人間を殺してはいけないとしたのは、かけがえのない「自分自身」が殺されたくないからです)

  • 命の重さって同じ?

    動物愛護団体の話を聞くといつも考えてしまうことです。 蚊やゴキブリを殺す商品はたくさん売られているのに、「虫や犬、猫も生き物なんだから殺しちゃいけない」といわれます。 この線引きって何なのでしょう。 牛や豚も私たちが生きていくために殺されています。 私たちに害をなすかどうかなのでしょうか。ある程度の感情を持つかどうかなのでしょうか。

  • 命の尊さとは

    動物を特集した番組を見て考えたことです。 動物愛は人間愛にもつながり、教育的によく言われる「命の尊さ」の刷り込みに利用されている気がしました。 しかし、一口で「命」と言いいますが、それはどういう対象を指しているのでしょうか。 生物学的にはそれこそ、バクテリアも「命」の対象に入りますよね。それならばたとえば人間にとって害を及ぼす害虫、細菌のようなものまで、尊い命という風に考えなければ不徹底でしょう。普通の感覚では、犬はかわいがるが、蚊やハエは見るなり退治しようとします。もしかしたら蚊を殺すに忍びないと言う人でも、疫病の病原菌生物を愛護しようとは思わないでしょう。本当の「命」愛護家なら、自分の肉体を病原体微生物に与えるのでしょうか。 そう考えると、その線引き、尊い命とそうでない命のボーダーはどこにあると考えたらいいのでしょうか。 また、このような不徹底な人間中心主義的なおごった考えを、さも正論のようにかざす無神経さはなぜ批判されないのでしょうか。