• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

デジタルブックレットの発行

デジタルブックレット(pdf歌詞カード)について教えてください。 単純に音楽を配信するのと、音楽と、デジタルブックレットを同時に配信するとしたら、著作権法上何か違いがあるのでしょうか。 歌詞を配信するということは、歌詞についての著作権者に複製権の許諾をもらう必要があるのでしょうか。 よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数130
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

著作権法上の違いというよりも、契約上の違いがあります。 「○○権に関する許諾」といっても、通常、「○○権」が及ぶ全ての行為を許諾するわけではありません。許諾の際には、たとえば、「こういうサイトで、使用料をとらずに、この期間、ストリーム形式で配信すること」を許諾するという形になります。 ですから、音楽配信に加えて、「PDF形式で歌詞をダウンロードできる形で配信すること」も含めて許諾を得る必要があるということになります。 法律的には、音楽配信と歌詞の配信のいずれも、作詞者から複製権と公衆送信権に関する許諾を受ける必要があるのですが、音楽配信と歌詞カードの配信では実際の許諾契約で許諾されている内容は異なることになります。(音楽配信については、もちろん作曲者からも許諾を得る必要がありますし、CDなどから落とした楽曲を配信するつもりであればレコード製作者の許諾も必要です)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

細かい点まで教えていただきほんとうにありがとうございます。 いま仕事でこうったことについての問題が多く出ているのですが、なかなか理解しきれないことがあり、質問させていただきました。 たびたびで申し訳ないのですが、もう一点教えていただけますでしょうか。 現状の音楽配信会社では、歌詞と楽曲を同時に配信しているところはないようなのですが、何か理由があるのでしょうか。 どうぞよろしくお願いいたします。

関連するQ&A

  • 著作権法に関する以下の疑問に回答お願いします。

    ()内は私自身の考え(予想)です。 1.大学講義の自宅勉強のための無許諾録音 (著作権法30条私的利用の複製にあたり、著作権法(複製権)侵害にあたらないから著作権法上この行為は問題なし?) 2.1の録音テープを友人に無償提供 (頒布権の「公に」要件から、友人が少なくとも特定多数でなければ大丈夫?) 3.ある映画Aのために撮影した映像フィルムで映画Aに使用していないフィルムが、映画監督やカメラマンの手元に残っている場合、彼らはこのフィルムを他の映画制作のために映画Aの映画製作者に無許諾で使えますか?もちろん、29条より映画Aの著作権については映画製作者に帰属することを前提として。 4.図面の著作物のコピーは複製権侵害にあたるというのは当然のこととして理解できます。  では、他人の図面の著作物に基づいて無許諾で作品を制作することは複製権侵害にあたるのでしょうか?また、美術の著作物の図面(デザイン図)に基づいて無許諾で作品を制作することはどうなのでしょうか? 5.著作権法35条「教育機関における複製等」の要件に「地方公共団体が主催する社会人向けセミナー」は該当しますか?

  • コピーコントロール解除について

    コピーコントロール解除して複製することは違法だとはわかりますが、具体的に著作権法の複製権のほかにどの部分に引っかかるのでしょうか?また、大量のファイルをwinnieのようなファイル交換ソフトサーバーにアップしたとき著作権法において、複製権・公衆送信権の侵害以外に触れる部分はありますか?教えてくださいお願いします。

  • ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注

    ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は何か?」という課題に、私は「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は、他人が作成した著作物を著作者本人の許可なしにコ ピーしたり、ソーシャルネットワーク上に著作物をアップロードすることである。何故なら、著作者は複製権や公衆送信権を専有し、ソーシャルネットワークなどに著作物を利用する場合は引用の範囲で利用しないと複製権を侵害することになることや、公衆送信権には公衆に対して送信する行為だけでなくアップロードすることなどを意味する送信可能化という行為まで及ぶからだ。」と書きました。 僕の論点は通っていますか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

○歌詞を配信するということは、歌詞についての著作権者に複製権の許諾をもらう必要があるのでしょうか。 その理解で基本的には正しいです。歌の歌詞にも独立の著作権が発生していますので、複製については独立した許諾が必要です。音楽配信について作詞家が許諾していたとしても、歌詞カードの作成はそれとは別個の行為なので、別個の許諾が必要です。 ただ、もしその作詞家が音楽配信について許諾していれば、普通はそれに付随する行為(歌詞カードの作成など)も一緒に許諾するものとは思います。もしJASRAC等から音楽配信について許諾を受けるようなことを考えているのなら、その点についてもあわせて確認しておくとよいかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧にありがとうございました。 私の理解には基本的には間違いがなかったとのことで安心しました。 north073様にも質問させていただきましたが、現状の音楽配信会社では、歌詞と楽曲を同時に配信しているところはないようなのですが、何か理由があるのでしょうか。 どうぞよろしくお願いいたします。

関連するQ&A

  • 「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上

    「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は何か?」という課題に、私は「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は、他人が作成した著作物を著作者本人の許可なしにコピーしたり、ソーシャルネットワーク上に著作物をアップロードすることである。何故なら、著作者は複製権や公衆送信権を専有し、ソーシャルネットワークなどに著作物を利用する場合は引用の範囲で利用しないと複製権を侵害することになることや、公衆送信権には公衆に対して送信する行為だけでなくアップロードすることなどを意味する送信可能化という行為まで及ぶからだ。」と書きました。 間違っていますか?あと、文章は幼稚ですか?

  • ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注

    ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は何か?」という課題に、私は「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は、他人が作成した著作物を著作者本人の許可なしにコピーしたり、ソーシャルネットワーク上に著作物をアップロードすることである。何故なら、著作者は複製権や公衆送信権を専有し、ソーシャルネットワークなどに著作物を利用する場合は引用の範囲で利用しないと複製権を侵害することになることや、公衆送信権には公衆に対して送信する行為だけでなくアップロードすることなどを意味する送信可能化という行為まで及ぶからだ。」と書きました。 間違っていますか?

  • ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注

    ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は何か?」という課題に、私は「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は、他人が作成した著作物を著作者本人の許可なしにコピーしたり、ソーシャルネットワーク上に著作物をアップロードすることである。何故なら、著作者は複製権や公衆送信権を専有し、ソーシャルネットワークなどに著作物を利用する場合は引用の範囲で利用しないと複製権を侵害することになることや、公衆送信権には公衆に対して送信する行為だけでなくアップロードすることなどを意味する送信可能化という行為まで及ぶからだ。」と書きました。 内容に不備がありますか?

  • ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注

    ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は何か?」という課題に、私は「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は、他人が作成した著作物を著作者本人の許可なしにコピーしたり、ソーシャルネットワーク上に著作物をアップロードすることである。何故なら、著作者は複製権や公衆送信権を専有し、ソーシャルネットワークなどに著作物を利用する場合は引用の範囲で利用しないと複製権を侵害することになることや、公衆送信権には公衆に対して送信する行為だけでなくアップロードすることなどを意味する送信可能化という行為まで及ぶからだ。」と書きました。 あなたはこれを読んで、内容に不備があると判断しますか?

  • ぬいぐるみの写真と著作権

    他の方の質問ですが、こんな質問が立っていました。 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=481842 私は、著作権侵害には当たらないと回答しました。 どうも写真撮影が著作物である「ぬいぐるみ」の複製権を侵害するとは思えないからです。 しかし、他の方の意見ではおおむね違反するということのようでして、一方では根拠を示されている方がいらっしゃらないので自分が間違っているのかどうかよくわかりません。 そこで質問です。 1、キャラクターが保護されるのは不正競争防止法とかなのではないかとおもうのですが、著作権法上、著作物たる「ぬいぐるみ」をはなれてキャラクター自体が著作物になるものでしょうか?もし成るとして、著作権法の条文を読む限りでは例示に入っていないのですが、判例・学説等根拠を教えて下さい。 2、「ぬいぐるみ」の写真撮影は著作権法上の複製権を侵害しますか?類似の判例等があれば教えて下さい。 参考文献も教えて頂ければ嬉しいです。

  • ソストウェアの著作権について

    ソストウェアの著作権について Aのお客さんに使っていただいている弊社の業務システムをB(Aと同業社)へパソコン1式、AからBに贈与された。 弊社とAとはアライアンスの完全な契約はしておりません。Aに対しては著作権の譲渡等は行っておりません。保守契約にてライセンスの許諾等を行っております。弊社の業務システムインストールCDは、保守契約とともに、お預かりしていますので、BはHDDのみにプログラムを持っています。 Bは、組織名、電話、FAX、URLの変更を弊社に無断で行って使用しております。 プログラム2本、10ステップ程度の修正。全くの複製と変わらない状態。 こちらとしては、BはHDDを初期化して使用するべきだと主張したいのです。そうすれば、弊社の業務システムが無断で使用されるというような事にはならなかったのです。悩む事もなかったのですが。 著作権法第20条(同一性保持権)、著作権法第21条(複製権)で訴訟を考えているのですが、 外れているのか、どなたか御教示お願い致します。

    • 締切済み
    • PHP
  • 音楽配信の著作権料は払っているの?

    音楽配信で配信されるコンテンツは、暗号化され複製できないようになっていますが、その場合も著作権料は支払っているのでしょうか? 複製できないなら著作権は保護されていると思うのですが・・・、著作権料がないから音楽配信はあの低価格を実現できるということでしょうか? くだらない質問でしたら申し訳ありません。 どうぞよろしくお願いします。

  • 利用許諾について

    著作物(例えば、言語の著作物)の著作権者Aは他人の対し、その著作物の複製の利用許諾を出す事ができます(著63条)。 一方、その利用許諾を受けて製作されたもの(例えば言語の著作物を口述したものをCD等録音物に記録した物)に対しては、著作隣接権者(録音物に記録した人)Bが他人に対し複製の利用許諾を出す事ができます(著103条)。 では、その場合に著作権者Aの複製の利用許諾を受けて製作されたもの(CD等録音物)の複製の利用許諾を著作権者Aが出す事は上記利用許諾以外の特約がない場合に著作隣接権者Bの許可が無くても可能でしょうか? 著21条の著作権者Aの複製権の効力の範囲には  その著作物=言語の著作物を口述したものをCD等録音物に記録した物 と考えるときには可能とも読めます。 出来ましたら法的根拠と共にお願いします。

  • 著作権法?不競法?キャラクター正規商品の新品を購入して景品にするのは著作権者の許諾が必要?

    著作権法にお詳しい方のご回答をお願い致します。 著作権法の保護があるキャラクターの商品の製造、販売には著作権者の許諾が必要だと思いますが、その正規許諾を受けた商品(新品)を店舗で購入して、自分のサービスの新規契約者に抽選でプレゼントするという企画を考えた場合、著作権者の許諾が必要でしょうか? 許諾が必要ということであれば、著作権法上のどの権利に基づいて許諾を申請するべきでしょうか? またプレゼント企画に際して「あのキャラクター商品がもらえる」などと広告に題した場合には、それが正規商品であっても、不正競争防止法上の侵害に該当するのでしょうか? ・・・ご回答宜しくお願い致します。

  • 刑法の条文・罪名・罰条について

    著作権法第119条違反の告訴状を書こうとしています。 警察から貰って来た官報的例文を見ますと、「告訴の趣旨」として、「被告訴人の左記/下記行為は刑法第何条(罪名)を構成すると思われるので刑事上の処罰を求める。」「該当する罪名及び罰条」等が示されています。 この「…刑法第何条(罪名)…」および「該当する罪名及び罰条」は、どう書けばいいのでしょうか。 被害の事実は、著作権法第21条による複製権の侵害、ならびに、著作権法第23条による公衆送信権等の侵害です。 よろしくお願い申しあげます。