• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

相対論で・・・

『相対論』(岡村浩著)P93(4.26)に 「相対論では、  kx-ωt = k'x'-ω't' 」 とありますが、  kc=ω 、x=ct の関係を使うと  kx-ωt = (ω/c)ct-ωt = 0 になってしまいます。 どうやったら  kx-ωt = k'x'-ω't' になるのでしょうか? お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数260
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

2,3の本を見てみましたがkx-ωt = k'x'-ω't' は、これが成り立つとしてk',w'を求めるために使われていました(ローレンツ変換を使って)。 ちらっと見ただけですが不変量の成立する理由を書いてないのであの「物理法則は慣性系で不変」の要請によっているのではないでしょうか。sin(kx-ωt)が不変でsin(k'x'-ω't')となる。 あと、位相の差は原点での時刻あわせを使って。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>2,3の本を見てみましたが >kx-ωt = k'x'-ω't' は、これが成り立つとして >k',w'を求めるために使われていました >(ローレンツ変換を使って)。 そうなんですよ。 私も図書館で5、6冊見てみましたが、おっしゃるように kx-ωt = k'x'-ω't' が成り立つとしてk',w'を求める のしか見つけられませんでした。 >「物理法則は慣性系で不変」の要請に >よっているのではないでしょうか。 なるほど、そうかも知れません。 kx-ωtは波の位相ですから、どの慣性系でとっても不変でないといけないということですかね?(あってますか?) それにしても、わざわざ調べていただいて、とても恐縮してます。ありがとうございましたm(_ _)m

関連するQ&A

  • テンソルについて(相対論)

    今相対論の勉強しはじめたようなとこなんですがテンソルというのがでてきました(メトリックテンソル)。だけどいまいちピンときません。結局テンソルって何なんですか?何に使うんですか?全然わかってません。誰か教えてください。お願いします。 (ちなみに一般相対論はまだ勉強してません。)

  • 特殊・一般相対論の業績

    アインシュタインの 一般・特殊相対論で出来た発明、そして業績を教えてください。 まさか核兵器だけじゃないですよね? もしそうならそう言ってください。 仮に、ほかの科学者が相対論を使って作った発明があるなら載せてくださって結構ですが、 詳しい説明か、それが書いたサイトのURLお願いします。 相対論、特に特殊は、3割くらいしか合ってないんですよ。はずれでもないんですが。 それと、近日点移動は特殊相対論ですか?一般相対論ですか?一般相対論ですよね? これはこれでOKです。 空間がゆがむというアインシュタインの考えは、基本的にイイセンいってます。 特殊相対論でできた発明って何かありますか? 理論でも構いません。 業績でも構いません。 よろしくお願いします。

  • 特殊相対論での非慣性系の扱い

    時折「特殊相対論では加速度系は扱えない」という趣旨の主張を見聞きするのですが、少なくとも私はそのような事が書かれている文献を読んだことがありません。 何冊か相対論の教科書を見てもそう明記されているものを見つける事ができませんでした。 もっとも、目次から関係のありそうな節を探して、斜め読みしただけなので(逆の話が書かれているものを除くと)どこにも書いてなかったとは言い切れないのですが。 そこで質問なのですが、 「特殊相対論では加速度系(非慣性系)は扱えない」 という事が書かれている文献を読んだことがある方はいらっしゃいますか? もし読んだ事のある方がいれば、どのような文脈でどのような記述であったのか教えて頂きたいと思っています。 または具体的な文献が分かる方は文献名のみでも差し支えありません。

その他の回答 (8)

  • 回答No.9

やはり不安な点が指摘されました。(^_^;)そこで、もう少し考えてみました。 メラーの本(ちよいと古い)に(ガリレイ変換で)位相は不変量と言う説明が載っていた。解りづらいのですが私なりに以下のように理解した。 まずt=t'=0で原点x=x'=0での光波の点に目印Aをつけます。また、S系の座標(x,t)はS'系で座標(x',t')であるとします。 光波の式の中身は F=(1/2π)(wt-kx)=ν(t-x/c)となりこの式は原点を出た光波Aがxに到達してから時刻tの間にxを通過する波数になります。同様にF'=ν'(t'-x'/c)はAがx'に到達してから時刻t'までx'を通過する波数になります(t<x/cなら負だ!なんて言わないで。説明のあやなので)。 (x,t)と(x',t')は同じ場所(同じ時空?言葉が正しいかちょっと不安)であり、通りすぎた波数(xとA間の波数とx'とA間の波数)という現象は同じなのでF=F'。すなわち、元の不変式が得られます。位相が不変は波数が不変ということになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 自分で質問しておきながら、同じ「相対論」岡村浩先生著を読み進めていくと、載っておりました(^-^; その教科書のP194に 「平面波の位相は座標のとり方によらないと考えるのが妥当でしょう。 1次元の波を考え、座標系S(x,t)、座標系S’(x',t')を考えます。 平面波の位相は、座標系Sでは kx-ωt、 座標系S’では k'x'-ω't' でこれが等しい、すなわち kx-ωt = k'x'-ω't' 」 とありました。 やはり「平面波の位相は座標のとり方によらない」が正解みたいです。 いろいろ考えていただいて感謝しています。 ありがとうございましたm(_ _)m

  • 回答No.8
  • ojisan7
  • ベストアンサー率47% (489/1029)

endlessriverさんの、おっしゃる通りだと思います。言葉が足りなくて申し訳ありません。古典力学の極性ベクトルは、相対論へ移行するときには、普通、四元ベクトルとして表されます(そのとき、第四成分は何かを吟味する必要がありますが)。これは、慣性系で不変の要請によるものです。四元ベクトル同士の内積は必然的に不変量となります。以下に行った、kx-ωt = k'x'-ω't'の計算はこのことの確認をしたことになります(必要がないと言われればそれまでですが)。波数ベクトルkも極性ベクトルですから、相対論へ移行するには、角周波数ωを第四成分に加えて、四元波数ベクトル(k,ω/c)になります。このとき、第四成分はローレンツ不変の要請にあうようにしておかなければなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 自分で質問しておきながら、同じ「相対論」岡村浩先生著を読み進めていくと、載っておりました(^-^; その教科書のP194に 「平面波の位相は座標のとり方によらないと考えるのが妥当でしょう。 1次元の波を考え、座標系S(x,t)、 座標系S’(x',t')を考えます。 平面波の位相は、座標系Sではkx-ωt、 座標系S’ではk'x'-ω't'でこれが等しい、 すなわち kx-ωt = k'x'-ω't' 」 とありました。 やはり「平面波の位相は座標のとり方によらない」が正解みたいです。 いろいろ考えていただいて感謝しています。 ありがとうございましたm(_ _)m

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 申し訳ないのですが、私は相対論初心者なので(^-^; >(そのとき、第四成分は何かを吟味する必要がありますが) >相対論へ移行するには、 >角周波数ωを第四成分に加えて、 >四元波数ベクトル(k,ω/c)になります。 >このとき、第四成分はローレンツ不変の要請に >あうようにしておかなければなりません。 ここらへんがよく理解できてません。 もう少し勉強してから、お礼の書き込みをしたいと思います。 誠にすみません。

  • 回答No.6
  • ojisan7
  • ベストアンサー率47% (489/1029)

すみません。計算ミスをしていました。No4の回答は撤回させて下さい。kx-ωt = k'x'-ω't'の式は光速の波動でなくても成り立ちそうです。(ローレンツ変換の式だけで、その他の一切の仮定は必要ありません。)お詫びのしるし、というのも変ですが、考え方のヒントをもう少し詳しく説明します。 (x,ct)の座標がローレンツ変換でどのように変換されるかはご存じだと思います。波数ベクトルk、角周波数ωの波動は、(k,ω/c)という、四元ベクトルとして表現できます。この四元ベクトルを、ローレンツ変換すれば目標とする、 kx-ωt = k'x'-ω't' の式を導くことができます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • ojisan7
  • ベストアンサー率47% (489/1029)

ついでですので、補足をさせて下さい。もし、この波動が光であるならば、 kx-ωt = k'x'-ω't' は成り立ちます。kc=ω は正しいですが、x=ct は誤りです。x,tは任意の値でかまいません。 考え方のヒントは、ローレンツ変換の式を使うということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • ojisan7
  • ベストアンサー率47% (489/1029)

kを波数ベクトル、ωを角周波数と解釈して計算してみました。波の位相速度をuとすると、 ku=ω  の関係式が成り立ちます。ローレンツ変換の式を使い、 kx-ωt = k'x'-ω't' (@)   が成り立つための条件を求めると、わたしの計算に誤りがなければ、 u'=v±√{v^2-c^2} となります。u'が実数であるためには、v≧c でなければなりませんから、結局、 u'=v=c となります。したがって、(@)の式を満たすためには、このk,ωの波は光(光速の波動)のみであることが分かります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>No4の回答は撤回させて下さい。 >kx-ωt = k'x'-ω't'の式は光速の波動でなくても >成り立ちそうです。 了解しました。 ご丁寧にありがとうございますm(_ _)m

  • 回答No.3
  • ojisan7
  • ベストアンサー率47% (489/1029)

>「相対論では、kx-ωt = k'x'-ω't' 」 ということですが、『相対論』(岡村浩著)で使われているk,ωの文字の意味が分かりませんが、内積が不変であることが分からないということでしょうか?そうならば、普通よく使われている文字を使えば、 x^2-(ct)^2 = (x')^2-(ct')^2 (*) が、どうして成り立つのか、と言うことだと思います。 x^2-(ct)^2 = 0 としたのでは、光についての式ですね。光速以外の一般的な物質について、式(*)を導くには、ローレンツ変換の式を使います。後は、ご自分で考えて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

『相対論』(岡村浩著)の注釈に 「kx-ωt は波の位相です。  波長は (2π)/k  振動数は ω/(2π) 」 と書かれてることから、 k:波数 ω:角振動数 だと思います。 >普通よく使われている文字を使えば、 >x^2-(ct)^2 = (x')^2-(ct')^2 (*) >が、どうして成り立つのか、と言うことだと思います。 >x^2-(ct)^2 = 0 >としたのでは、光についての式ですね。 >光速以外の一>般的な物質について、式(*)を導くには、 >ローレンツ変換の式を使います。 >後は、ご自分で考えて下さい。 なるほど、ヒントありがとうございます。 もう一度、考え直してみます。 ありがとうございました♯ρ(^∇^*)♭♪

  • 回答No.2

光に対してwt-kx=0なのは当然として、それが不変になることを示したいんですから、「何に対して不変だといっているのか?」を良く考えてください。つまりt'とかx'と書いているのは何ですか?それさえ分れば wt-kx=(w,k).(t,x) は相対性理論での内積の形になっている事に注意して(相対論では内積は不変です)、その不変性を示せばよいのではないでしょうか。つまり問題は内積が不変だということを理解しているかどうかではないんでしょうか。それとももっと別の疑問なんでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 いろんな教科書をあたって 少し調べてみることにします。

  • 回答No.1
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

良く覚えてないんですが、 「kx-ωt」って、三角関数とか複素指数関数の中に入る数で、要は、相対論に限った話じゃなくて波動一般で出てくる概念ですよね? sin(kx-ωt) e^(i(kx-ωt)) という感じで。 ・位置xを固定して時刻tだけ変数として考えれば、  その場所の位相は-ωtの周期で変わり ・時刻tを固定して位置xだけ変数として考えれば、 ある地点からxメートルずれるにしたがってkxずつ位相がずれていく つまり、 「xは、光が今いる場所」 ではなく、 「光が場所xで、どういう位相になってるか」 です。 すなわち、 xはtとは独立な変数です。 一方、 あなたが仮定しているのは、 x=ct という条件でした。 x=ctとは、速さ×時間、 つまり、「光がt秒後までに進む距離」ですよね? このとき、xは時刻tの関数であって、したがって、xとtとは独立変数ではありません。 あなたが x=ct とおくことにより kx-ωt=0 という結果になったのが何を意味するかというと、 「光が速さcで走っていってctだけ進む間に、x座標系という名の方眼紙自体もx=ct移動する」 という、時間依存の座標変換を行なっていることになります。 いつまで経っても、その場所の位相は一定になりますから、 kx-ωt=定数 という結果になるのは当然です。 そして、時刻t=0において場所x=0という初期条件をおけば、 kx-ωt=0 となります。 つまり、xがtの関数であるという仮定が誤りだということになりました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 私の仮定は確かに間違ってますね。 しかし、どうやったら  kx-ωt = k'x'-ω't' になるのでしょうか? うーんε~(;@_@)

関連するQ&A

  • 相対論的効果について

    質量がある物体が高速で動くときに質量が増加する現象は 相対論的効果といえますか? よろしくお願いいたします。

  • 特殊相対論の式を弄ってたら色々な事が分かりました。

    一般相対性理論では、 GPSやカーナビができましたが、(これも真偽は怪しいし、アインシュタインを支持する者達の妄動かもしれませんが。) GPSってのは近づいてくる車と遠ざかる車を補正技術なしで判定できるのでしょうか? 又、特殊相対論のローレンツ収縮の数式、これはどうやってできたんですか? 歴史的背景を詳しくお願いします。 又、 一般相対論では 同じ静止した観測者が、秒速10万KMで遠ざかる隕石と、 秒速10万KMで近づく隕石を区別できますか? 又、2つの物体の観測者との比速はどうなるのでしょうか。 ひょっとして、「秒速10万KMで近づく隕石」と「秒速10万KMで遠ざかる隕石」が同じ比速になっていますか? 大事なところなのでココを一つお願いします。 特殊・一般相対論では、 近づく物体も遠ざかる物体も、同じ比速ですか?(両方同じ速さだったら。) 又、ゼノンのパラドクスの、 「競技場のパラドックス」「飛んでいる矢は止まっている」から来る、 空間に最小単位がなくて時間にはある、とかそういう見解が、 他のと比べて矛盾する、というのは現代科学で解けていますか? それと、 ウラシマ効果や反重力、タキオン、特殊相対論の不完全性(不完全なだけで意味がないワケではないです。) 重力波A,B, みんなが解せない光速度不変は本当か、エーテルはあるか、等すべて解決しました。 おそらく、きわめて近い未来にニュートン、1904年 1914年以上の大センセーションが世界を覆うと思います。 皆さんついてこれますか? ゲーデル解、タイムマシーンについてもいくつかわかりました。 それと、 特殊相対論・一般相対論の問題や、パラドックスやわかっていない点、 双子のパラドックスの解決、 説明できない点、 GPSの理論的問題などがあったら何でもいいので教えてください。 (仮に、ネットで検索して書かれてる様な問題だけでなく、システムに理念から言っても問題があれば特にそれがほしいです。欠陥や足りない部分と置き換えてもいいです。) 最後に、 mixi(プロフィール等があって発信者の証拠が残る。)で 概念を書いて行って、 数式のところだけは知り合いの講師(東大数学科出身)に送ろうと思っています。 もし、万が一億が一京が一私が奇跡的に素晴らしい発見をできたなら、 これから、世界を変えるにあたってどうするべきでしょうか? アドバイスお願いします。

  • 相対論の問題なんですが。

    相対論の授業で問題を当てられたのですが、 問題の意味すら分からないので、どなたか 詳しい方の助言をお願いしたいです。 空間的に離れている2点A,Bで起こる事象x、yは、 常にこの二つの事象同時に観測するような慣性系が 存在し、それゆえxを先、yを後、またyを先、 xを後に観測するような慣性系が存在することを、 空間1次元(時間も1次元)のMinkowski空間で 解説する、 という問題です。 回答としてどのようなことを導いていくべきかが 分かりません。 どなたか分かる方がいらっしゃいましたら助言、 また参考書などを教えていただきたいです。 よろしくお願いします。

  • 量子論、相対論のテキスト

    趣味として量子力学や相対性理論の勉強をしたいと思っています。 以下のような私の場合、オススメのテキストをお願いします。 理系出身 卒業して10年あまり 仕事は医療系 数学は教養課程の微積と線形を各1年やった 物理は教養課程の力学と電磁気を各半年やった 相対論は特殊相対論はやっている 先日、NEWTONの1年くらい前のを読んだが(相対論特集)文章とイラストばかりで不満足 こんな状況です。 よろしくお願いします。

  • 相対論の効果について

    私は、とある仮説を立てました。(正しいと分かってます。) それは、 「進む距離が長ければ長いほど」 同時に、 「進む方向が多ければ多いほど」 相対論の効果が大きくなるというものです。 つまり、 1、エネルギーが大きければ大きいほど 2、色々な方向のエネルギーが合成されていると 3、その他 相対論の効果が大きくなるという事です。 例えば、 「時間の遅れ方」(一般相対論) についてはどうでしょうか。 ↑ これは、1です。 ↑→ これは、√2です。 それでは、それを二つあわせれば、2です。 それを2つ合わせれば、√8です。 つまり、 「色々な方向の力が足されていればいるほど」 力が大きくなり、相対論の効果が大きくなるということです。 物質は 「色んな方向へ同時に引っ張られると、相対論の効果が大きくなる」という考えです。(時間が遅れる。) 私は、 どうして運動すると物質は時間が遅れるのか分かりました。 それは、 「他の物質(若しくは素領域)から、無防備な状態で圧力を掛けられると、「粒子の振動数が多くなる」ので、 (心臓の鼓動の回数が、生物では大きさごとに決まっているのと同じですね。) 結果的に寿命が短くなるのです。 ちなみにお聞きしますが、 「8方向」から同時に同じ力(1)でかなづちで叩かれると、 その叩かれた物質の振動数は、「いくつ」になりますか? 数字を教えて下さい。 又、 「叩かれない場合」の振動数はいくつですか? (厳密には、まわりの空気に叩かれているのでスパコンでお願いします。0ですか?0なら0と言ってください。) 又、 「1方向」にだけ叩かれているときは、振動数はいくつになりますか? 更に、 「全方向に対して、「叩かれる」のではなく「伸ばされた場合」は、 振動数はどうなりますか? 教えて下さい。 その上で、 もう一つ質問です。 「角度」とは、何分割できるのでしょうか? 世界に角度はいくつありますか? (私の考えでは、無限か、有限か、若しくは有限の候補の一つとして12、つまり六方最密格子の性質ということになります。) その上で、 例えば角度が8種類~∞位までしかないとしましょう。 「全方向から叩いたら」 (スパコンも、当然「全角度から叩かれたら周波数がどうなるか」を計算するときに、「方向の数を有限」として計算しますよね。結果的に近似値になるかデタラメになってしまうかもしれませんが。) 周波数はどうなるか教えて下さい。 (今の時点で私がわかるのは、 「全方向から叩けば」周波数は最大になり (叩く力が1なら、全方向から叩いた時に力は最大になる。) 「叩く力が1なら」全方向から叩かないときには周波数は0になります。 又、叩く力が0なら、全方向から叩いても、周波数は0です。 よろしくお願いします。 私は、 本日、 「相対論の効果がどうして発生するか」 を、よりカンタンな考え方 (というより、私達に身近な考え方)で説明する事に成功したのかもしれません。 検証お願いします。 (今までは、素領域とか自然単位系とかフォノンとか、色々なモノを発見してきても「お前が最初じゃない。」だの何だのとバカにされて来ましたが、今回はマジ大発見なので純粋に本気でお願い致します。) 身近な科学現象の、 「周波数」によって、 相対論を理解できるとしたら素晴らしいと思います。 この、 「周波数」について教えて下さい。 最終的に、私の理論は、 素領域 自然単位系 球 周波数 等によって完成されそうです。 紐の数式が活用できるかどうかは、 彼の数式が「的を射ている」のか「只の数遊びなのか」によって変わってくるでしょうが。 この検証に参加して下さい。 叩く力が1なら、 1方向、2方向、3方向、4方向、5方向、6方向、7方向、8方向、16方向、32方向、64方向・・・ といっていったとき、周波数はどうなりますか? 又、9方向、17方向、18方向、65方向、66方向ならどうなりますか? 67方向ならどうなりますか? 徹底的に検証・教示 お願いします。 今回は本気です。

  • 『「空間」の対義語は「時間」である』これは相対論からみて間違いでは?

    先日、職場の同僚が会社の朝礼で ”自分の子供の学校の国語の授業で「空間」の対義語は? という問題がありました。答えは「時間」です。辞書にもそう書いてありました” と話されていました。 文系出身の科学音痴の私なので勘違いをしているかもしれませんが アインシュタインの特殊相対性理論で 「時間と空間は不可分にして一体」 と証明されているかと思いましたが、そこから考えると 『「空間」の対義語は「時間」である』という ”国語”の問題は”科学”的には間違っているのではないでしょうか? また、あえて「空間」と「時間」の対義語を探すなら 何になるのでしょうか?(「無」ですか?) お手数ですがお詳しい方教えていただければ幸いです。 (あと今回は相対論は間違ってるとかの話は無しで お願いします。相対論が正しいとの前提でお願いします。)

  • 相対論の過去問について

    大学の相対論の過去問なのですが 「ある慣性系Sの原点Oから時刻t=0 においてx軸と角度θをなす方向に光を発射し、距離l先の点Pでこれを吸収した。 これを、S系に対して一様な速度Vでx軸正方向に運動しているS'系から眺める。 (t=0で二つの系は重なっているものとする。)ただしβ= V/c (1)光の発射と吸収の間のS'系での時間間隔T'はいくらか。 (2)S'系から見たときの発射点と吸収点の空間的距離l'はいくらか。 (3)S'系から見たとき、光はx軸方向から角度θ'の方向に進むように見えた。tanθ'はいくらか。」 という問題の(2)で,私はS'系での同時刻で測ればx方向にローレンツ収縮がおこって l* √(1-β^2) になり、y方向との三平方の定理により答えはl*√(1-(βsinθ)^2)と考えたのですが、 他の学生が作成した模範解答(参照URLの別解)によるとS'系から見ても光速はcで変わらないから答えは cT'で、(1)の答えT'=l*(1-βcosθ)/(c√(1-β^2))を用いて、l*(1-βcosθ)/√(1-β^2)になるとのことでした。 どちらが間違っているのでしょうか? 過去問から同じ問題を出すタイプの教官なので聞きに行くわけにも行かず困っています。 初等的な特殊相対論しか学んでいませんのでなるべく単純な説明をよろしくお願いします。使用している教科書は「相対性理論入門講義 」です。 参照URL; http://www.bf-web.net/~2005s117/shikepuri/archives/98Srelativity_kazama.pdf

  • 相対論のテンソルについて

    今、相対論でテンソルの勉強をしているものですがテンソルがいまいちよくわかりません。そこで質問なのですが 1・基本テンソル(二階の上つきでも下つきでも(g^μνとか))って基本ベクトルの内積なんですよね。じゃあスカラーなんじゃないんですか? 2・混合テンソルの基本テンソルは 上つき基本ベクトルと下つき基本ベクトルの内積と考えていいんですか? 何かとわからないところが多くて困ってますどうかわかりやすいご説明お願いいたします。

  • 相対論 ニュートリノ

    のお陰で、随分窮地に追いやられているようです^0^ そもそも、帰納法により光速度が一定で光行差の観測(実験結果)からエーテルも否定されると説明が付かない(エーテルがないとなると、演繹的計算では光速度と時間と距離との関係に矛盾が生じる)ので、光速度を不変とし、時間と距離を相対的とした公理から出発した理論ですよね。 そうすると、公理は仮定でもいいので、とりあえずそこから導き出された結論(定理)が事実と相違しなければ、前提は真で論理が妥当であるから相対性理論は正しいとなります。 ところが、相対論から演繹的に導きだした定理は、質量のある物は光速を越えられない、と言うものである。 ニュートリノは質量があり、0km/hから加速しているので、定理は事実と異なり、 論理が間違っているか前提が間違っているかのいずれかになります。 この場合、演繹的な計算はまさか100年も経っているので、間違う筈はなく、 前提が間違っていると推定できます。 要は、時間と距離が相対的で光速度が絶対的という公理が間違っているのではないでしょうか?

  • 相対論の初歩の質問

    相対論の誰もが聞いたことのある質問ですが、お互いに相対運動する慣性系ではお互いに時刻が遅れるというパラドックスがあります。それは遅れると判断される時計が常に同一であるのに対して、それが別の系の複数の時計に比較されるからだ、と多くは説明されています。たしかにそう考えれば系の対称性は時計に関しては崩れていますが、それでもお互いに慣性運動していることに変わりはないのではと思います。光時計の考え方なら納得できるのですが。 どなたか回答をお願いします。

専門家に質問してみよう