• 締切
  • 暇なときにでも

ペンティアムの規格について

  • 質問No.2079
  • 閲覧数49
  • ありがとう数6
  • 回答数1

お礼率 58% (109/186)

ペンティアムの規格で、pentium600とある他に、pentium600E や pentium600EB
というように数字の後に、E もしくは EB とついているその意味は何なのでしょうか?

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 0% (0/1)

600Eの「E」はそれがCoppermine(カッパ-マイン)という
チップであることを表しており、(「E」がないのはPen2と同じKatomai)
600EBの「B」はそれのベ-スクロックが133MHzであることを示しています。
Coppermineは0.18ミクロンでつくられていて、(従来は0.25ミクロン)
その分低電力で高性能なはずです。
またベ-スクロック133MHzということは、同じ600MHzでも133×4.5のほうが
100×6よりも内部処理が早いので、全体的な処理速度もあがる、と言う事を意味しています。
補足コメント
takazou

お礼率 58% (109/186)

了解です。どうもありがとうございました。
投稿日時:0000/00/00 00:00
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ