• ベストアンサー
  • 困ってます

元は隣家内にあった塀を建て直して境界線に建てたいといわれたのですが

親の家のことですがよろしくお願いします。 隣家が引越し、建物を取り壊して更地になりました。 境界線上にあると思っていた塀も、隣家がこの際従来どおりに建て直してくれるというので口約束ですが、了解しました。壊した後、測量を確認したら境界線がずれていて、もとの塀は隣家側にあったといわれました。(境界線確定についてはずれているとは知りませんでしたが、引越しを知る前の昨秋に老親が立会い、押印しています) 隣家で費用はもつが、今度は境界線上に15cm幅のブロックを建てたいと申し入れがあり、悩んでいます。 こちらは塀からの脇が狭く今でもやっと通れる状態で、さらに中にずれてくるとなると非常に暮らしにくくなります。階段を支える支柱などもぎりぎりなのでその部分は塀をくりぬいて作るとも言われましたが心配です。 妥協して薄いフェンスで考えてみるとも言われましたが、隣家はそこに何を建てるか、あるいは売ってしまうのか口を濁しています。 境界に先方の費用で建てた場合、今後その塀についてこちらがどうかかわれるのかも気がかりです。 狭くなるのでそちら側に建てて欲しいと伝えると、それなら板や布一枚でもうちは構わないがそれでいいのかといわれ、ひるんでしまいました。 将来的にも、お金を出す側に建てたほうが、支障がないのでは、と言っても聞き入れられません。 現在は白い工事の幕でさえぎっている状態です。 回答を急かされています。 境界より向こう側に建てて欲しいとあくまで主張できるか。 境界線に建てるなら先方とどういう点を了解しておくべきか。アドバイスいただけますでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数12
  • 閲覧数849
  • ありがとう数18

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.12
  • hima-827
  • ベストアンサー率24% (1087/4413)

>「民法は民法」というのがよくわかりません。 簡単に言うと、質問者様の親が了解しない限り、お隣は、敷地境界線上には、塀は建てられません。 民法に書かれているというだけで、勝手に質問者様の親の敷地に侵入して、質問者様の親の敷地内に 工作物を作って良いはずがありません。 相手が費用を全部持つとか、折半とかは関係ありません。 お隣が裁判して、やっとどうかな?のレベルです。 また、今回のような事例の裁判も私は聞いたことがありませし、裁判もしないと思われます。 丁重にお断りするのが良いと思います。 今回承諾してしまうと、将来きっと後悔すると思います。そのような塀があるようなお宅は、 資産価値も落ちる恐れがあります。(勝手に、壊したり、手を加えたり出来ない) 一度、近隣の住宅を見て下さい。 道路沿いに、敷地境界を示す境界杭(いろんな形があります)がありますが、その敷地境界の 線上を、両方にまたぐ状態で作られている塀(ブロック等)はありますか?  ほとんど無いと思います。 我が家の周りでも、新しい家は言うまでも無く、25年以上古い建売住宅街でも、境界に積んである ブロックも、必ずどちらかの敷地にすべて収まっています。 蛇足ですが、最近の常識として、精度的にとか、地中の基礎の事とか、また塀が高くなると、 将来的に傾く事も十分考えられまので、塀(ブロック)を作るときは、敷地境界から、 少し距離(2~5センチ等)を取って施工するのが当たり前です。 また、最近は#4様の言われるように、塀(ブロック・フェンス等)が敷地境界で二重になっている 事も珍しいことではなくなりました。 身近な方で建築士とか、現場監督とかの方が居られれば、お力になってくれると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 こちらの質問にも詳しく答えていただいてよくわかりました。 大工さんも断ったほうがいいとのコトでした。役所にも聞いてみようと思います。

関連するQ&A

  • 隣家境界線上の塀について

    初めてご相談させていただきます。来月地鎮祭予定で建築条件付きの家を購入します。土地契約、建物請負契約も済み現在細かな打ち合わせをしていますが境界線上の塀について不動産屋さんと意見がわれています。土地契約建物請負契約の前の打ち合わせ時にずっと使用していた設計図においては隣家(角地のため2面隣家と境界線が出来ます)との境界線はブロックを置き中心にフェンスのセンター振り分けになっていたのですが、先日話したときには、片方の隣家とは、ブロックとフェンスは我が家の敷地内のみで設置するとの事。隣家とブロック&フェンスの料金は分かつようになるということですが、自分の敷地内に置かれるブロックなどの塀を隣家が半分負担するのも変に思います。又、建物請負契約時にいつもより大きな設計図(工務店はいつものを大きくコピーしただけで、縮尺とかは関係ないですといっていたもの)には境界線より内側にブロックを設置するように変更されていました。その際(請負契約時に)説明したのですが、、と言われましたが勿論そんな説明はありませんでした。これから地鎮祭(三面とも現在は更地です)ですが、もうセンター振り分けにするのはどうしても出来ないといわれました。なぜ出来ないのかといっても造成上の理由としか返答が無く納得がいきません。 なぜ出来ないのでしょうか?また、これからセンター振り分けにすることは可能なのでしょうか?どうすれば可能でしょうか?宜しくお願い致します。

  • 境界線上の塀の所有権

    はじめまして。 隣地との境界の塀について双方で認識に食い違いがある為、困っています。  隣地には数年前にアパートが建設され、当方のフェンス寄りが駐車スペースとなっているのですが、当方の換気扇からの排気で車が汚れるというような苦情がアパートの住民からあったようで、突如、境界のフェンスの一部に大きな木枠に波板を固定したものが取り付けられました。私の母が隣地を管理する不動産屋に問い合わせたところ、先方の地主がが「フェンスは私のものだから何をしようが勝手だ」というような事を言ってきたそうです。  当方と隣家との間は境界線上にブロックを積みフェンスがあります。これは20年以上前に当方が家を新築した際に、私の親が先方の了解を得て境界線上に建てたそうです。但し、費用の一切は当方が負担しました。  フェンスも古い為、波板が風を受ければフェンスが破損する事も考えられる為、出来るだけ速やかに話をまとめて取り外したいのですが、このような場合、ブロック塀およびフェンスの所有は法律上どうなるのでしょうか。詳しい方がいらっしゃれば教えて頂ければ幸いです。

  • 隣家との境界線のトラブル

    質問をお願いします。よろしくお願い致します。 隣家との境界線のトラブルについてです。 隣家Aさん宅は、先代が亡くなられて相続のため家を建て壊して土地を 売ることになりました。 土地を売るにあたって測量をした所、Aさん宅と我家の間の境界線に あるブロック塀は中央が境界線では無く、我家の敷地内にありました。 ブロックは30年位前にAさんの先代が建てました。 その際の話し合いでは境界線をブロック塀の中央とすることになりましたが Aさんの先代が我家の敷地にブロック塀を建てたことがわかりました。 測量業者から測量結果を説明されました。 今後、Aさんに申し入れをする予定でございます。そこで質問です。 Aさん負担にて、ブロック塀の中央を境界線として建て直すことを 要求することは可能でしょうか?

その他の回答 (11)

  • 回答No.11
  • mahopie
  • ベストアンサー率64% (563/872)

しばらくの内に国家間の国境紛争のように事態が緊張してきましたが、自分の敷地内に塀を造るべきだと考える日本型の謙譲の美徳も相手にそれを要求すれば傲慢・横柄の批判を受けるでしょうし、国境地帯に相手の費用で建てた境界表示物に対して自己の所有権を主張するのも現在の尖閣列島における中国の主張にある強欲さを感じてしまうのですが、如何なものでしょうか?  >「境界線上への建築を認める代りに、たとえ相手費用による建築であっても、その塀は共有物にするという念書を取り交わ」す、ということで交渉しようと思います。 ということですが、相手側からはその話を聞いたら即座に「では、費用は折半ですね?」と切り返してくるでしょうから、それに対する答えも用意しておかれた方が宜しいかと考えます。 個人的には、境界に塀が建つことを認めるのなら、所有権など無い方が良いように考えますが。(本件での過去の経緯や他者との対比は頭から切り離した上で) (1)地震・台風で塀が倒れて自家が壊れた時は相手に費用を請求できる。 (2)近所の子供が塀で遊んでいて怪我をしても、所有者の責任にできる。 (3)将来劣化・倒壊した際にも相手に立て直させるよう求めることが可能。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。所有権については難しそうですね。よくわかりました。

  • 回答No.10
  • hima-827
  • ベストアンサー率24% (1087/4413)

ちょっと待って下さい。 ほとんどの方が、境界線上に塀を建てないといけないような回答ですが・・・ 私の認識は、#4様と全く同じです。 民法は、民法です。裁判でもすれば、そうなるかも知れませんが、実際は違うと思います。 現に、#4様の補足に書いている通り、他の家の塀はそのままですよね? 質問者様に塀が必要でないのならば、隣の業者は、自分の敷地内に塀(フェンス)を建てると思います。 一度、市役所の建築課にでも相談に行かれてはと思います。 きっと、#4様と同じような事を言われると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 そうなんです。うち以外は結局、幅10cm高さ1.8mの古い塀が残りました。新たに建てるとブロック幅15cmなくては危ないということです。境界線にたてなくてもよいかもしれない、というお話でしたが、「民法は民法」というのがよくわかりません。申し訳ありませんがもしできましたら、素人でも分かるように解説していただけますでしょうか。

  • 回答No.9

>念書というのは白い紙に書いて両方のサインと押印をすればよいものでしょうか。もし教えていただければ幸いです。 それでかまいません。2通作成し双方が保管します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.8

>塀の所有権については、他の意見もでてきて、困りました。 簡単に書いたので厳密ではないと起こられてしまいましたが、正確に言えば、境界線上のものは共有物と推定する(普通の人はみなすのと推定する話の違いなどよくわからないかもしれませんが)だけなので、真の所有者の話はまた別に考える話になります。 で私が言いたかったのはそういう話ではなく、自分のもの以外のものが自分の敷地内に存在するというのははっきり言うと厄介な話なのと、たとえば今から数十年たって当事者がいなくなったときに塀の所有者が定かではなくなり、その時に民法の推定の話がでるなどややこしく、トラブルになる原因なので、 「境界線上への建築を認める代りに、たとえ相手費用による建築であっても、その塀は共有物にするという念書を取り交わしましょう」 というのが一番大事な言いたかったことです。 つまりご質問者はただで境界線上の塀の持分を取得することになるので、その分ある意味得をするということで交換条件として提示しましょうということです。 はっきり言って全部相手の所有物である塀を境界線上に建築し、自分の敷地内に相手所有物が存在するという状態は作るべきではないし、民法でもそこまで要求しているわけではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 詳しくお話してくださって、よくわかりました。 先方からの話を聴いた上で、もう一度親と話し、境界線に建てるのを了承する場合は 「境界線上への建築を認める代りに、たとえ相手費用による建築であっても、その塀は共有物にするという念書を取り交わ」す、ということで交渉しようと思います。 念書というのは白い紙に書いて両方のサインと押印をすればよいものでしょうか。もし教えていただければ幸いです。

  • 回答No.7
  • mahopie
  • ベストアンサー率64% (563/872)

回答NO.6は、「共同所有」の部分が誤りです。内容的には回答NO.5に加えることはありませんが、法律カテなので明らかな誤解については指摘しておきます。 民法229条では、境界線上に設けた界標・囲障類は相隣者の共有に属するものと「推定」すると定められており、決して「看做す(みなす)」ではありません。推定である以上反証があれば異なります。本件で費用負担を隣人がするのなら隣人の所有という事になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 詳しいご意見でよくわかりました。

  • 回答No.6

既に回答にあるように境界線上に共同出費により板塀又は竹垣を建てるように隣人は要求する権利が民法により認められています。 今回の場合はブロック塀又はフェンスですが、その場合には費用負担はともかく境界線上に建てるように要求する権利はありますので、御質問者の隣人の敷地に建てて欲しいという希望は相手が折れてくれなければ、法的に争うとご質問者が圧倒的に不利です。 今回費用は相手が負担するということなので、それは経緯(既存のものを壊した)から考えても当然といえますが、境界線上に建てることを拒否するのはかなり困難です。 従いまして落としどころとしては、境界線上になるべく薄い塀を構築することと、塀の所有権は民法に従い共同所有とすること(民法では境界線上の建造物は共有物とみなすという規定があります))、塀の費用は経緯から相手負担とすることの覚書を交わして妥協するのが適当であろうと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ここまで来てしまうと、落としどころというのがどんなものか、アドバイス頂けてありがたく思いました。 塀の所有権については、他の意見もでてきて、困りました。

  • 回答No.5
  • m_inoue
  • ベストアンサー率32% (1654/5015)

近所の事ですから穏やかな解決が良いのですが...。 法的には、 (民法第225条第1項) 所有者が異なる2棟の建物があって、その間に空地があるときは、それぞれの所有者は、他の所有者と共同の費用で、その境界に囲いを設けることができます (民法第225条第2項) お互いの間の協議が成り立たないときは、高さ2mの板塀または竹垣にしなければなりません板塀とか竹垣といっても、その内容は一通りではありませんが、この囲いは、普通に見られる囲いであると考えられます。 (最近はブロック塀又はフェンスが一般的です) (民法第226条) 囲いの設置および維持の費用は、相隣者が半分ずつ負担します 今回の場合ですが、 お隣の方は ・境界上に建てる  これは法律に従った言い分ですね ・ブロック塀を設置する  これも一般的です ・費用は負担する  かなり譲歩していますね 貴方の言い分 ・境界上は嫌  勝手な言い分です ・むしろお隣側に建てて欲しい  これも勝手な言い分です ・塀からの脇が狭く  貴方の建て方の問題です 譲歩のかけらも無い勝手な言い分に聞こえます どう考えてもお隣さんが正しいと思われます 法律だけで解決するとお隣は  「境界上に建てて費用の半分を請求する権利が有ります」 >隣家はそこに何を建てるか、あるいは・・・ お隣が自分の土地を売ろうと貸そうとそれは勝手でしょうね 隣地境界については確認済みですから今からどうしようもないですね お隣の費用で作った境界壁は共有物になりますから両者で管理するようになります いくらお隣が費用を出しても権利・義務は同等に発生します それとこれを言っては話がお終いになってしまいますが、 「全ては土地の所有者同士の了解で決まります」 貴方の親御さんが所有者なら親御さんの意見はどうなんでしょうか? それが一番大事な事です 確認は、  「きちんと境界上に建ててあるか?」 これだけです すごく冷たいように感じる回答で申し訳ないのですがそれが現実です 今までより不便になる、 権利が侵されたように感じる、 隣が勝手な事をしている、 気持ちは分かりますが冷静に考えて下さい、お隣にしてみれば 法律に則って、 当然の要求を、 費用面で譲歩しているのに 土地の所有権の無い方が 自分勝手な事を言っている そう言う風に見ているのかも知れませんよ 間違いの発端は隣地境界の確定をした事です ずれていても10年間平穏にそのままでしたら、取得時効で境界は元の塀の位置で確定していました >昨秋に老親が立会い、押印しています これさえなければ問題は無かったのです 他の方の一部の回答は私には理解できません どの法律のどの条文に基づいてかの説明が有りませんから...。 自分から譲歩して、自分の土地に建てるのは自分の勝手でしょうね 近隣トラブルを避ける一番良い方法だと思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 先方が法律的に正しいとの事でよくわかりました。 うち以外他の5軒の方達の塀の位置は境界線の内外いろいろですが、10年以上たっていますので、取り壊されずに正解だったんですね。親は臥せっていてもうこの件を考えられないといいます。すぐに親の力になれなかった自分を悔やみます。

  • 回答No.4
noname#39684

■自分の土地に自分の塀を設置するのが基本です。 ■「隣の塀がないと困る(自分の敷地が狭くなる)」と言うのは身勝手な話です。隣の家が隣の敷地に作った塀が気に入らなければこちらの土地につくるだけです。 ■拙宅の地域は造成時から、暗黙のルールができていて、すべての家が2重塀となっています。ですから塀に関するトラブルは全くありません。 ■同じようなトラブルや質問は繰り返されているのですが、「境界線上に折半」とか「隣の塀を利用している」など火種をわざわざつくるような塀の作り方や利用の仕方をするのか不思議でなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 隣家いわく、境界を接する他の何軒かは居留守を使ったり抗議したりして、結局うちだけぽつんと壊されてしまった状態です。他の家はそのまま残すことになったそうです。お隣が建て直したいというので、という善意でどうぞといった親からすれば、それがとても辛い状況でしたのでつい、私も身勝手なお話をしてしまいました。

  • 回答No.3

反対の立場でした。 境界ブロックが明らかにこちらの土地の中にあったので境界ブロックを境界ぎりぎりに立てました。 境界の問題は隣家と当事者同士は了解していても次の代ではたいていもめてしまいます。 境界上に両家折半で塀を作る方法もあると思いますし、そうでなければ自分の土地内ぎりぎりに先方費用で立てるのが妥当だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 次の代でもめる、というのは確かに困りますね。 今後のことも考えて決めたいと思います。

  • 回答No.2
  • eco-ore
  • ベストアンサー率29% (15/51)

もともと、隣地側にあったものを先方が壊して、作り直すのであれば、隣地側に建てるのが筋かと思いますが、それはあくまで先方だけが塀を建てたいと思っている場合になります。 質問者さまも塀が必要と考えているのであれば、費用も境界も折半で塀を建てるとなっても仕方ないように思います。 先方が費用を負担してくれるだけでもまだマシですよね。 もし塀が不要であるならば、「特になくても困らないので、建てたいならそちらの土地の中で建ててください」と伝えれば済むことです。 必要ならば、境界線の中心という条件をのむ代わりに、被害が最小限で済む施工方法を検討してもらいましょう。 塀の高さにもよりますが、あまり高くなければ、10センチ巾のブロックでも建てれますよ。 どちらにしても、今後の利用方法についてはきちんと聞いておいたほうが良いと思います。 もし、建築計画があるのであれば、図面を見せてもらうとか、質問者さまの家側の窓とかち合わないように計画してもらうなどの希望は伝えましょう。 頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 塀はそのままでよかったのですが、もう壊されてしまったので、仕方ありません。 そちらの土地で、といいたいところですが、他の方の意見を聞くとそうとばかりは言えない様です。 親が元気になってこれから暮らしていけるよう、頑張りたいと思います。有難うございました。

関連するQ&A

  • 隣家との境界線について

     約30数年前に父が登記簿に基づいて隣家との境界線に石を埋めたのを記憶しておりますが、今回、隣人から「はっきりさせるために」といういちゃもんをつけられました。登記簿は、きっちりしております。  測量士たちあいの元に確定し、フェンスをつくりたいと思っていますが、その測量の際、持ち主である私が、必ず立ち会わなければ」ならないでしょうか。代理人を立てることはできないでしょうか?  500キロ先の土地でして、、、。

  • 隣家との境界線でトラブルになっています

    初めてこのカテで質問させていただきます。 隣家との境界線のことで数年間言い争いが続いています。折を見て市役所に相談して境界をはっきりさせようとしていた矢先、隣家から依頼を受けた業者が境界に塀を建てようと測量を始めました。この工事については何の相談もなくいきなり始まったので戸惑っています。塀といっても数十センチ程度の高さのようなので特に生活に支障が出るわけではないのですが、正確な境界ではないのでいくつか疑問があります。 (1) 業者では市役所に境界を確認する義務はないのでしょうか? (2) この塀が我が家の土地に入っていた場合どのような対処を取ることができるのでしょうか? (3) この工事の費用を折半してほしいと業者の方からそれとなく話があったようなのですが、請求された場合は支払わなければいけないのでしょうか? (4) このようなトラブルを相談できる機関はどのようなところがありますか? 業者が隣家の親戚の方なのでますます不安になっています。ご意見、ご回答、よろしくお願いいたします。

  • 境界線の塀の利用について

    隣人との境界線の中央に塀があるのですが、先方が費用負担をして塀を作っているため布団を干したりしています。ある日、家内が毛布を干したら先方からこれは自分のものだから困ると言われました。 この場合に先方に対して自分の土地のみに塀を移動してくれと主張は出来ますか。 境界線の中央に塀を作ることをOKしたのは親なので経緯が全く不明です。

  • 境界線を新しく引くことについて

     築20年の住宅を購入しました。お隣と我が家の間には、ブロック塀があります。購入の際、不動産屋にお隣との境界線を尋ねたところ、ブロック塀はお隣の敷地内にあり、ブロックの外ずらが境界で、ブロックの所有権もお隣とのことでした。(この根拠は、図面を元に、不動産屋がメジャーで測ったから。だそうです) 入居時、お隣に確認したところ、「だいぶ昔のことで、分からない」とのことでした。 しばらくして、お隣が、境界線をはっきりさせたい。とのことで、測量事務所に依頼して、測量をしてもらいました。(費用はお隣負担)その結果、境界線はブロック塀の中心にある。とのことでした。ブロックを壊す予定はないので、ブロックの上に境界の印を打ちたいので、立ち会って欲しいと言われました。立会いに問題はないし、書類?に署名捺印してほしい。の申し出も、問題はないと思われますが、 以下の疑問が浮かびました。 1.購入時の、不動産屋の説明と、実際は異なり、塀は両者の間。と言うことは、塀 の所有権は? 2.境界の印をブロックの上に打つので、万が一、ブロックが倒れた場合、境界線は どうなるのか。また、塀の管理問題は? 3.ブロックを支える支柱は我が家の方にあり、少々邪魔。将来、家を建て直し等  で、塀を壊したい場合、どうなるのか。もし、塀の所有権がお隣にあるのなら、  支柱はどけてもらえるのか?  素人なので、業界用語はわかりません。分かり易く、回答をいただけないでしょうか。よろしくお願いします。

  • 隣家との塀について

    こんにちは。 家を新築し、外構のプランを考えているところです。 隣家との境界についてアドバイスお願いします。 敷地が狭いため右隣のお宅とは業者さんの提案で費用を折半し境界線上にフェンスを立てました。 (今こちらの書き込みを読でいると、反対されている方が多いのが気になるのですが。。) しかし左隣のお宅は自分の敷地内に高い塀を作るプランで進んでいるらしく、 境界線上にフェンスを立てることは出来ません。 この場合我が家も自分の敷地内に必ずフェンスを立てたり、ブロックを積むなど 境界線上に何か置かないといけないのでしょうか? 主人は隣から「自分の塀を利用している」と思われたくないのでフェンスは立てたほうがいいと言っているのですが、 私としてはブロックを積むだけでも最低10cmは必要ですし、 ただでさえ狭い敷地がさらに狭くなると何も置けなくなるので、 出来ることならフェンスは立てたくありません。 お隣が塀を建てると我が家の物がお隣の敷地に入ることはないのだから 我が家はフェンスを立てないという選択肢もあるのではないかと思うのですが、 皆さんはどうお考えですか? やはり主人の言うとおりお隣が敷地内に塀を立てるのなら、 こちらも自分の敷地内にフェンスを立てなければならないのでしょうか? アドバイスよろしくお願いします。

  • 隣家との境界の塀(不動産業者の考え方は?)

    以前この件でご質問させていただいた者です。 話しが違う方向に進む可能性が出てきたので、あらためてお尋ねさせていただきます。 ●現状を整理させていただくと、 ・隣家との境界のブロック塀が、境界線を跨ぐ格好(=塀は実質共有の格好)で建っている。 ・当方は、旧い塀なので建て直したいが(実質共有である以上、費用折半で)、先方が経済的に余裕がないこともあり、応じない。 ・当方としては、最悪、本意ではないが当方全額負担で塀を取り壊し(勿論先方了解を取った上で)、以後トラブルが起こらないよう、境界線の当方側に自前の塀を建てることも視野にいれている。 ●そこで新しい可能性として、人づてで耳に入ってきたのが、隣家が土地を売却する、という話しです。(結構坪数は大きいので、そうであれば住宅分譲会社或いはマンション業者と考えられます。) Q: そこでお尋ねしたいのですが、上記のケースで、土地を購入する不動産業者の、この実質共有の塀に対するスタンスは(勿論ケースバイケースでしょうが)次の1~3のうち、どれである可能性が高いのでしょうか? 1.実質共有の塀がある土地など転売・分譲できないだろうから、(当方と全く同様の発想で)費用折半、或いは不動産会社全額負担ででも既存の塀を取り壊した上で、境界線の隣家側に、自前の塀を建てようとする。 2.塀についてはこのまま一切触れず、しらっと転売・分譲しようとする。 3.その他 宜しくお願い致します。

  • 隣家から求められた境界線確定への対応について

    ご教示をお願いします。 親族が所有している家の隣家が、自己の家・土地を売却を計画しており、親族の家との間で、境界線確定をしたいとの要望があります。なお、親族と、この隣家とは、かねてより折り合いが悪く、また、両者の間で、境界線についても、互いに主張がある経緯があります(境界杭が存在していませんが、法的プロセスにはなっておりません)。 お伺いしたいのは、以下の点です。 1)今回の境界線確定は、先方の売却の都合であり、親族として、この境界線確定のために「協力」する義務があるでしょうか(折り合いが悪いため)?もしこれを拒否した場合、なにか法的に不都合な状況が発生するでしょうか?また、法的でないとしても、何か不都合が生じる可能性があるでしょうか? 2)この場合の測量費用などについては、先方(能動的行為者)の負担と考えて差し支えないでしょうか? 3)先方は窓口を、仲介不動産業者にしておりますが、仮に確定のための作業に協力する場合、中立的な立場?の測量士の立会いを求めたいと思いますが、これは妥当でしょうか? 4)親族としては、協力に積極的でないものの、先方売却日付も迫っていることから、新地主との関係もあるので、必要な内容(費用負担は先方・測量士立会いが必要・境界線について争いがあると理解している事実)について、事前に内容証明郵便で、先方不動産業者と隣家主人に送付することを考えています。これは賢明な対応策でしょうか?また、付け加えるべき内容などほかにありますでしょうか? 以上、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 隣家との境界の塀

    大都市郊外の住宅地で一軒家を購入したのですが、隣家との境界の壁が、境界線をまたぐ格好で立っています。(すなわち、塀の所有は実質共有の格好) 1.隣家の住民が、会っても挨拶程度で今一つよくわからない上、正直、印象・評判ともあまりよくない一家であること、 2.旧いブロック積みの塀であり、大地震の可能性などを考えると塀の建替えの必要性を感じているのですが、建替えの是非・新たにどのような塀を建てるのか・費用分担はどうするのか・・・等々に関する隣家との調整を考えると、アクション始動に躊躇してしまいます。 こういった点を考えると、我が家の次世代に同じ悩みを残さないよう、 ・当方の負担で既存の壁を取壊す(本来であれば折半負担すべきものでしょうが) ・「境界線をまたぐ格好」ではなく、「境界線の当方側に当方のみ所有の塀を新たに建てる(勿論当方負担で)」 という案で隣家に申し出ることを考えているのですが、 Q1.上の案で何か問題点・注意点などありますでしょうか?     (~という理由で現状(実質共有)のままの方がベター、というご意見も含めて) Q2.このような、境界の塀が境界線を跨ぐ「実質共有」のケースは(大都市郊外の住宅地で)ごく一般的なのでしょうか? それとも稀なケースでしょうか? 以上に関しアドバイス頂戴できれば幸甚です。

  • 隣家との境界線上のブロック塀について

    昨年、築10年の中古住宅を購入しました。隣家は築30年ほどの古家があり、引っ越ししてきたときには、不動産に売却したばかりで無人でした。1ヶ月もしないうちに、家が売れたので更地にして新築が建つと、隣家の不動産の人があいさつにきました。 更地になったときに、ブロック塀も壊さないのかと聞いたら、買主さんとの共有なので、新築が建った後の話だと言われました。 家が建ち、買主さんが引っ越してきてすぐにブロック塀のことをいうと、「頭になかった」と言われました。不動産からは聞いたらしいですが、費用がないということでした。 1ブロック20センチを6段つんだ1メートル20センチ高さのブロック塀が境界線上にたっていて、30年たっているので、老朽化が心配だし、せめて2段残るように切るのはどうかと提案しました。 隣家の方は、裏庭にあたりガーデニングにしたい庭なので、ブロック塀はこのままにしたいと思っていたようですが、話は聞いてくれて、人の目が気になるということで3段残して、60cmのフェンスをつけたいと言ってきました。ちなみに裏庭は道路に面しているので、道路側は業者さんと契約して、木や塀を作って目隠しを作る予定です。なので、ブロック塀も目隠しにちょうどよかったようですが、我が家が老朽化を理由に切りたいと申し出ました。 それで、うちは2段がよいのと、フェンスに対して考えたいというと、隣人は「更地にした土地を買うと不動産に言って更地を買ったので、ブロック塀は関係ない。人の目が気になるので、このままの高さでも構わないと思っている」と言ってきました。 ブロック塀ですが、近所の人によると、以前はもっと高かったけど途中で切られているとのことで、さびた鉄筋が1本飛び出ています。境界線もブロック塀の前に印がついていて、家を買う時に不動産から境界線の説明は受けました。 なので、お互いの敷地の真上にブロック塀があるので、ブロック塀はお互いの所有物だと思います。 まとめますと、隣人は費用の関係で、現状維持が良いけど、いじるのなら3段に切って60センチフェンスで目隠しをしたい。(リビングの窓になっているので、外が気になるようです。外からはカーテンで中が見えません) 我が家としては、30年たったブロック塀を全て撤去して、自分の敷地に好みの塀を作りたいけど、費用を考えて2段まで低くしたい。 今後、地震などでブロックが倒れた時にうちは玄関のそばなので、移動の影響が大きい。隣人は裏庭にあたる。 うちは人目は気にならない方なので、フェンスは特に必要はないが、2段の上にフェンスをつけるということなら折半で出すつもり。目隠し目的のフェンスといっても、高すぎるのは圧迫感があるし、玄関のドアまでに数段の階段があるので、2メートル以上でないと目隠しにはならないと思う。 加えて、どうしてもブロックに費用を使えないというのなら、将来ブロックが壊れて我が家や家族が損傷などした場合、賠償するという書面を書いてもらおうかという話も出ています。(隣人にはまだ言っていません) 我が家としましては譲歩するところはしているつもりですが、隣人の言う「更地を買ったからうちには関係ない」という言葉がひっかかりますが、隣人ではなく、隣人の仲介不動産か、前の隣人に説明を求めた方がよいでしょうか。 ブロック塀を低く切ってもらうというのは、共有部分ではできないのでしょうか。 お互いに引っ越してきたばかりでわからないことばかりですが、穏便には進めたいと思っています。 宜しくお願いします。

  • 隣家と境界の塀について

    新築一軒家を購入し、引っ越して半年が過ぎました。我が家は駐車場を通り抜けて玄関となっており、その駐車場から玄関までのアプローチが隣家(1年ほど先に引っ越しされています)のリビングの大きな窓に面していて、隣家は我が家との境界線2.3mほどのぎりぎりまでにウッドデッキがあり、それにラティスをつけています。我が家の駐車場にあたる部分はブロック2段にフェンスがあり途中からラティスになっている状態です。 少し前に、小学生が我が家の敷地内に入ってきているのを何度が見かけたので、門扉を取る付ける工事と一緒に、隣家のラティスの部分にあたる境目に高さ1.4mほどのブロック塀をつくる工事を外構屋にお願いしました。 塀を設ける理由は ●隣人がラティスに、バスマットやじゅうたん、自転車のカバーなど色々な物を毎日干し、我が家の敷地内に入っている時もあり、アプローチ部分なのでとても気になる ●リビングの窓なので通るたびに、近い距離ですべて見られている(隣人も気にしていないのだろうか?) ●境界線がないようなものだから、何人かの友人、外構屋に、隣家の土地だと思われた  工事の前に、その隣家に「門扉と、境界線上に塀をつける工事をしますのでご迷惑おかけします」とご挨拶に行き、外構屋の名刺をお渡ししました。  すると工事当日の夕方、外構屋から電話があり、「隣家から、いきなり塀ができていてビックリした。もっときちんとした説明がほしかった」という連絡をもらったというのです。 細かな説明まではしていませんでしたが、我が家の敷地内のことですし、日光を遮断するような高い塀でもなく、わざとラティスより少し低い高さにし、常識内でしたと思っています。  人それぞれで考えが違いますので、隣家は目隠しをして欲しくなかったようですね、、。  長くなりましたが、皆さんならこの塀についてどのような意見をおもちになりますか? 参考までにどうぞよろしくおねがいします。