• 締切済み
  • すぐに回答を!

クラッチオイル交換時のエア抜きについて

一年ほど冬眠していたZZR1100を復活させようと思っています。 まずは新しいクラッチホースにしようとホースを外して新しいのを取り付けたのですが、 何度エア抜きをしてもレバーが軽いままです。 具体的には 1. クラッチレバーを握る 2. ブリーザバルブを開ける 3. エアーとフールドがでてきたらブリーザバルブを閉める 4. クラッチレバーを元に戻す の手順で行っています。 以前はこの方法で問題なくできたのですが、今回はできません。 車体を冬眠させている間にクラッチが固着したということもあるのでしょうか? 冬眠時にはクラッチレバーをそのままの状態(握らない)で保管していました。 まずはクラッチ交換をしてからエンジン始動をしようと考えていたので、 現在はエンジンを始動させていません。(セルも回していません) アドバイスがありましたら宜しくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数4785
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.3
  • taro56
  • ベストアンサー率31% (15/47)

No2.について こんなご時勢ですので気になりました ”良い子はまねをしないでね”です。 決してお勧めする方法ではありません。 たまたまうまくいっただけかもしれません。 十分に長いホースを使い決してブレーキフルードが口の中に入らないように。 あくまで自己責任です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 時間がなくなかなかセルも回せていないのですが、今週末にでもトライしようと思っています。 でもさすがに口で吸い込む勇気はありません(苦笑) ブリーザバルブにホースを繋いで注射器で吸引してみます。

  • 回答No.2
  • taro56
  • ベストアンサー率31% (15/47)

No.1の方が詳しく回答されておりますので、追加情報ということでご参考になれば幸いです。 14年位前の経験ですが ”クラッチやプレーキのエア抜きは吸引した方が簡単で早いです。”は全くその通りです。ブレーキでしたがいくらやってもレバーが硬くならず、しょうがない、エアーを引くかと思ったものの道具がないため、苦肉の策として透明ビニール小径ホース(内径5mm位だったかな。金魚のエアーポンプに繋ぐあれです)をバルブに差込んで、口で吸いました。あっという間にうまく行きました。30分やってもだめだったものが一発でした。 もっともマスタシリンダ側のエア抜きが先ですけれど。 それから、クラッチホースの分だけフルードが減りますので、足すことを忘れずに。 クラッチ固着は推測で恐縮ですが1年くらいの冬眠で固着するということは考えられません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

クラッチやプレーキのエア抜きは吸引した方が簡単で早いです。ぼくはプラスチックの注射器にゴム(実際にはゴムではありませんが)ホースを取り付けて作業しています。タンク一杯に張って吸引してやれば終わりです。 が、それも手に入らないのなら、フルードを多目に入れて蓋をし何度かレバーを動かし(蓋をしないとフルードが飛ぶはず)、エア抜き弁を開け規定位置まで液が下がるまで重力で抜きます(車はこれが出来ない)。抜き終えたら弁を閉めクラッチを当りがでるまで握ればエア抜き完了となるはずです。 それでも駄目なら何かほかに原因があるかも 長い間バイク動かしてないとオイルが下がるのでクラッチも固着しやすいと思います、が、エンジンをかければなじむかと あと握って保管するとスプリングがヘタルのでかえってよくないかと それにキャブのガソリンは抜いてましたか? キャブの中ガソリンと水が分離していて汚れてジェットが詰まって(詰り気味に)なっているかも もっとひどいとガソリンタンクの底に穴があきますので 長期保管時は注意を、昔僕もそれでひどい目にあいました

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとございます。 レバーを握ってエア抜きする方法ができなかったので、 ブリーザバルブにチューブと注射器をつないで、下から押し上げる方法も試してみたのですが、 途中でフルードを押す事ができなくなり諦めました。 やはりエンジンをかけてみないといけないかもしれません。 と言っても、キャブをそのままにしていたので、キャブのOHから始めないといけないのですが、、、(苦笑)

関連するQ&A

  • ブレーキのエア抜きについて

    先日、自分でブレーキホースを交換しました。 エア抜き方法は、 「ブレーキレバーを数回握り、握ったままの状態で キャリパーのバルブを緩める」 をくり返しました。 しかし、エアーが出てこなくなるまで上記の作業を 繰り返したにもかかわらずブレーキがふわふわして 全く効きません。 以前にも自分で交換し、この方法で上手くいったので なにが悪いのか分かりません。 どこかにエアーが残っているのでしょうか? お分かりになる方、またお気づきの点がありましたら ご教授して頂けますでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • クラッチがつながらなくなりました

    しょうもない理由かもしれませんが・・力を貸してください。 ヤマハの2ストエンジンです。車種はDT50でTDR80というエンジンを積んでます。 先週、キック回りの不調に見舞われ、キック回りのスペアと交換することにしました。 そこで、ミッションオイルを抜いたままにしておき、本日、ミッションケースを開けて、 キック回りの交換を行いました。 キック回りの交換を行うには、クラッチを外さなければならなかったため、回り止めを してクラッチを外して、キック回りとそのギア回りを交換、クラッチはそのまま戻して 仕上がりました。 この時試しにクラッチレバーを握ってみましたら、異常に軽かったため、 ミッションオイルが入ってないからかと気にせず、ミッションケースを戻し、組み上げ ました。 組みあがってから、ミッションオイルを入れてオイル漏れがないのを確認し、エンジンを 始動しても普通の状態、キックも治っていますが、クラッチがまるで繋がらなくなり ました。発進すらできない状態です。 症状としては、クラッチが異常に軽く、ちょうどエア抜きをしていないブレーキのような 感じです。クラッチワイヤーは切れていなく、エンジンのクラッチケーブルが繋がる ところで動くのを確認できてます。またギアを入れると、カクンとなるので、ギアは 入ります。クラッチが繋がらないだけみたいです。 オイルが回ってないだけかと、暖気をしたりいろいろ試したのですが、まるで繋がる 形跡がありません。 クラッチ回りは、確かにクラッチを丸ごと取るために、スプリングとかは外しましたが 元に戻っていると思いますし、付け忘れた部品もないと思います。 また、左側ケースのミッションが入っている方は全くばらしていません。 ばらす前は、普通にクラッチが繋がって、走行できる状態でした。 お分かりになる方、ピンと来られたかた、是非教えてください。

  • クラッチ調整

    GB250クラブマンに乗っています。 クラッチ調整をエンジン側のアジャストナットでしようと思ったのですがロックナットを緩めるのはどちらに回せばいいのでしょうか?車体から見て前に押すかたちで回せばいいのでしょうか?錆で固着しているのかびくともしません。 初歩的な事とは思いますがよろしくお願いします。

  • GB250初期型 クラッチが切れなくなりました

    ついこの間エンジンの始動についてお伺いしたものです。 エンジンをかけない状態でクラッチを完全に握り一速で車体を押してみると車体がとても重いです。 今日の朝走った時にはこのような事はありませんでしたし、6月の購入以降経験もありません。 いつも押しがけをしないとエンジンがかからなかったのでクラッチが切れなくなってしまって押しがけ出来ずに困っています。 今日友人にバイクに跨ってもらって押しがけすると、エンジン始動時ではクラッチが切れるようになっていました。 しかし、またエンジンを切ると同様の状態に戻ります。 これは一体どの様な状態と考えられるのでしょうか? この状態では乗らない方がよろしいのでしょうか? どの様に対処すればよろしいでしょうか? 一週間前にオーバーフローを起こしたため、購入店でO/Hを行って点検していただいていると思うので、またお店に点検に出さないといけないようであれば、店側での点検整備不良とも考えれるのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • クラッチレバーをフルに握っていても、完全にクラッチが切れていない

    私が乗っているのはカワサキのバリオスなのですが、クラッチレバーをフルに握っていても完全にクラッチが切れていないようなのです。 これが正常なのでしょうか? 今の状態は  エンジン始動時の場合、チョークを引いて4千~6千回転くらいにし、クラッチを握って一速に入れると発進こそしないもののガツンという音と衝撃があります。  また走っている場合でも、数十メートル先の信号が赤になったとして、クラッチを切りアクセルを戻して、惰性で走りながらギアを徐々に落としていくときの音、衝撃、少しかかったエンジンブレーキ、失速具合でクラッチがやや接続されているのがわかります。  平地での押しがけのときにも、クラッチレバーを完全に握っている状態でもかなりの負荷があり、1速では絶えず力いっぱいにバイクを押していないと走らないという感じです。バリオスは止まっている状態ではギアが2速以上に入らない仕組みですが、バイクを押しながらギアを2速、3速に入れるという作業はほとんど不可能な感じです。 以上のような状態なのですが、クラッチとはこのようなものでしょうか…  一応自分なりに原因を探ってみよう、レバーがハンドルに干渉しているのが原因かなとクラッチレバー位置を一番遠くしてみましたが、クラッチ操作がやりにくくなっただけであまり効果は出ず。  ワイヤー手元調整ボルトと平らなプレート?を回して調整してみたりとしましたが、ギアの入りが変な感じになったのでこれなら今のままのほうがと元の位置に戻しました。これの仕組みがよくわかっていないので…。 よろしくお願いします。

  • LLCのエア抜き直後

    LLCの交換でエア抜き(私の車にはエア抜きバルブなどはないので、一般的なアイドリングをしてラジエータキャップの所からエアを抜く方法です)を終了しエンジンを切ったら、ラジエータキャップの所の液面がギリギリの位置から4cm程度低下しました。なので、LLCを再度補充しギリギリにしました。しかし、20秒ぐらいで、また液面が低下したので、またLLCを補充しました。この様なことを10回ぐらい繰り返したのですが20秒ぐらいでLLCがどうしても減るので、そのままラジエータキャップをしました。これは、普通の現象なのでしょうか?今になって考えると、エンジンを切った直後なので、当然LLCは熱くなってます。そのため(原理は分かりませんが)、上記のようなことが起こったのかなと思ったりもしました。もしそうなら、LLCが冷えてから、LLCを補充すれば、液面が低下しないのでしょうか? それか、そもそもLLCは液面がギリギリ(厳密にはギリギリより1cmほど下)の位置を維持しないもの、つまり液面ギリギリまで入れたら液面が低下するものなのでしょうか? もしくは、そう言うのではなく、何か問題(例えば、エア抜き不足など)が生じているのでしょうか?ドレンプラグからの漏れや、その他の部分(目に見える部分だけですが)からの漏れはありませんでした。 あと、エア抜きの最初(エンジン始動直後)やエア抜きの過程(ファンが回る直前)で、LLCが結構こぼれてしまい、各部品(金属のホースやゴムのホースやラジエータ本体やプラスチック部品やエキマニ)に付着してしまったのですが、そのまま放置はまずいでしょうか?一応、地面には、ビニール袋を敷いたり、たらいを置いていたので、地面には付着していないので、環境面は大丈夫です。

  • バイクのフロントブレーキのエア抜きについて

    既出で何度も質問されている件ですみませんが、自分で実践してみてわからないことがあったのでお教えください。(何件か過去の質問を読み直しましたが、よくわからなかったのでよろしくお願いいたします。) 1 ブレーキレバーを何度かポンピング「ニギニギ、ギュー」して手ごたえを感じたところでブレーキレバーをしっかり握ったままめがねレンチを少し緩めてすぐに戻すことを繰り返すことはわかったのですが、この作業は(一概には言えないと思いますが)少なくとも何回程度行うべきでしょうか? まずはやり方を覚えるために上記の手順を左右のキャリバーで2回ずつ行いました。 必要な道具(逆流防止機能付チューブが付いたエア抜き用ポリ容器、エア抜き用注射器、めがねレンチ等)は持っております。 2 左右2回だけの実践でもブレーキレバーが運転中にスコンと抜けることが少なくなりましたが、しばらく乗っていると次第にスコンと抜ける頻度が高まってきます。他の方からの質問への回答にあるように、ブレーキフルードが温まって空気が膨張したせいと考えてよろしいでしょうか? なお、スコンと抜けた場合でも1,2回ブレーキレバーを握りなおすとしっかりかかります。 3 それと、サイドスタンドを立ててバイクを左に傾けたままハンドルを左に切ってリザーバータンクが高くなるようにしてエア抜き(左右2回だけですが)しましたが、バイクが傾いている状態ではブレーキレバーにしっかりと手ごたえを感じられますが、発進しようとしてサイドスタンドを外してバイクをまっすぐ立てるとまれにブレーキレバーがスコンと抜けることがあります。この場合もブレーキレバーを1,2回握りなおすとしっかりかかるようになります。 この原因はバイクが傾いていると空気のたまりやすい場所ができてエア抜きが不十分であるためと考えてもよろしいでしょうか? 4 ブレーキホースなどに欠陥(穴等)があって圧力がかからないのであれば、常時ブレーキレバーがスコンと抜けて1,2回の握りなおしでしっかりかかるようにはならないと考えてよろしいでしょうか? (1,2回の握りなおしでしっかりブレーキがかかるので、ブレーキホース等に穴が開いているわけではなく、しっかり何度もエア抜きすればスコンと抜ける問題は解消すると思ってよろしいでしょうか?) 以上につきましてアドバイスいただければ幸いです。 もちろん、自他共に命にかかわる重要なことですので、自分で何度か実践してみて100%しっかりブレーキがかかるようにならない場合は専門家に見ていただくつもりです。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • クラッチの異常?

    こんにちわ。最近原付のMT車を中古で買いました。 質問なのですがクラッチがおかしいようなのです。 車種:スズキ WOLF50(RG50γと同じ) 症状1:エンジンを掛けてない状態でギヤは一速。クラッチレバーを握っていても押すのが重い。 症状2:エンジンも温まって、Nから1へ入れたときに車体がゆっくりと前へ進む。ブレーキを掛けて停止するとエンストするときがある。エンストしないときはエンジン回転数が落ちる。 明らかにヤバソウな症状ですがこれは何が原因なのでしょうか?ミッションオイルが原因なのかはたまたプレッシャープレート(?)が原因なのか・・気になります。 なにか助言お願いします。

  • 油圧のエア抜きについて大至急お願いします。

    油圧のエア抜きについて大至急お願いします。 こんばんは。 仕事の関係なのですが、作業をする際に油圧シリンダーを使用するのですが、 油圧シリンダーを動かすために手動式の油圧ポンプを使用しているのですが、 仕事で本日使用した際、レバーがすかすかで何回のレバーを動かしても軽くて重くなりません。 もちろん油圧シリンダーも動作していない状態です 前日までは普通に使用できていたのと、作動油もれがひどくないので、シール等の磨耗ではないと思うのですが。 一応私も機械系のことは多少知識があるのですが、 症状的にエアーが混入しているものと思われます。 ポンプの形状なのですが、 鉄製のポンプで、手動式 シリンダーへつながる配管は1つ(油圧を送るのはポンプで送り、戻りはバルブをあけ伸びたシリンダーを人間の力で戻すタイプです) 文章なのでうまく説明ができません。 その装置が使えないがために、本日大変苦労をしました。 上司が新しいポンプを至急で購入し明日の朝届くそうなのですが、ポンプのみなので、その先のホース、シリンダーを付け替えなければなりません。 私の予想では直る予感がまったくしません。 私も油圧のことは完璧に知っているわけではないのですが、上司は私以下に知識がないのに知っているかのように普通に考えておかしな事を言っています。 なので、私がエアーが混入していると言ってもエアーはとっくに抜けていると言い、聞く耳を持ちません。 しまいには私が壊したかのような言い方です。 なんとか、そのとき機械を奪いエア抜きを試みました。 多少ですが、レバーに手ごたえか来てなんとか使用することができました。 1時間後にまた使用する際使用できませんでした。 そのときは、完璧に私のせいにされました。 「さっき使えたものが、何で使えなくなるんだ」と。 私は「いや、ホースやシリンダーを動かしているんだからエアーがまたポンプに入った」 と説明しました。 上司は納得しません。 結局あした新しいものが来ても交換した際必ずエアーが入るか、もともとシリンダーやホースにいたエアーが昇ってきて使用できなくなるに違いありません。 どなたかエアー抜きの方法を伝授していただけないでしょうか。 応急的に私がしたエアー抜きは ポンプを1mぐらい高くし、シリンダーを完全に縮めた状態で作動油補充です。 ポンプが重くなり使用できたのですがレバーはエアーが入っているような戻りのある動き方です タンクが密閉されるタイプみたいなのですが、補充口のパッキン付のボルトを緩めると「シュ」とエアーが抜けるのか、入る音がします。 へたくそな文章で本当に申し訳ありません。 どなたか、わかる方、大至急お願いします。 カテゴリの選択に悩み、車の分類にさせていただきました。 車ではないのですが、機械構造的にこちらかなと思いました。

  • クラッチワイヤーの交換

    クラッチワイヤーの交換 sr400ですが、今交換していたところ、 かなり、ぎちぎちで、遊び分ではケーブルが届かず、それでもレバーを外し強引にはめてところ、クラッチはちゃんときれるものの、遊びがまったくなく異常に 硬い状況となっています。エンジン始動時に同じ状況です。 要するに残りの遊び分につかうところがぎりぎりで、やっとギアがつながります ノーマルハンドルに純正ケーブルです。取り回しもたぶんそんなには、 他に通すところもないので、影響していないと思います。 わからなかったのは、足元のケーブルを通す穴ですが、 あそこはゴムのクッシュのような、カバーも一緒に穴に通すんでしょうか。。 これは簡単には通りません。。 ちょっとこの状態ですと、近所のバイク屋も気安くいけないので、 回答願います ナップスでケーブル購入ですが、あそこはのさついた店員も多いので、 年代間違えて置いていたんじゃないじゃないか。。 クラッチの手元の遊び調整機もどちらにも回りません。 2H6-26335-00 商品番号はこれです。