-PR-
解決済み

スタジオジブリ作品「耳をすませば」と「猫の恩返し」の関係

  • 困ってます
  • 質問No.2057011
  • 閲覧数95598
  • ありがとう数94
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 24% (119/480)

1995年に上映された「耳をすませば」
2002年に上映された「猫の恩返し」と、どちらもジブリの作品なのですが
この両作品の関係って何なんですか?

このことを考える理由として
○「耳をすませば」の地球屋の主人のおじいさんが持っていた猫人形の名前がフンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵で、「猫の恩返し」の猫男爵の名前もフンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵でした。また、姿もそっくりです。
○「耳をすませば」で出てきたデブ猫で天沢聖司がムーンって呼んでいた猫が近所の子供にムタと呼ばれてますが、「猫の恩返し」でも出てきたデブ猫もムタっていう名前でした。これも姿が似ています。
○なぜ「耳をすませば」の上映から「猫の恩返し」は7年も差がひらいているのに猫たちは同じ名前、似た姿で登場しているのか。

これは「耳をすませば」のサイドストーリーが「猫の恩返し」なんでしょうか。しかし、「耳をすませば」のサイドストーリーに「猫の恩返し」は合わないと思いますが・・・。
これは、ただ単に宮崎駿監督やスタッフ達で気に入ってる名前だからでしょうか?

この両作品の関係を詳しく聞きたいです。出来れば、詳しくお話を聞きたいですが簡単な説明でもかまいません。
お願いしますm(_ _)m
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

設定上の話で言えば猫の恩返しは「耳を~の主人公雫が大きくなってから書いた小説」ということになってます。
つまり登場人物(?)の名前が重複しているのは「名前をつけるにあたって借りた」ということなんでしょう。

なお、「現実の時間の流れとアニメの時間の流れが同じである必要全くありません」から、仮に20年後に作られていてもそこいらは不思議でもなんでもありませんよ。
お礼コメント
ace9team

お礼率 24% (119/480)

雫が大きくなってから書いた小説が「猫の恩返し」という設定だったんですね!それから「耳をすませば」の中での雫の夢は小説家みたいだったようなので、夢が叶ったということも考えられます^ ^

たしかに「アニメの時間の流れは現実と違う」ですよね。だからこそアニメを楽しく見れるんだとおもいました!

今回は回答ありがとうございました!
投稿日時 - 2006-04-27 01:35:35
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 32% (163/497)

成長した雫が書いた物語が「猫の恩返し」だそうです。
お礼コメント
ace9team

お礼率 24% (119/480)

まさか成長した雫が書いた物語が「猫の恩返し」だったということは知りませんでした。驚きですね!
それから参考URLが大変勉強になりましたよ!

今回は回答ありがとうございました!
投稿日時 - 2006-04-27 01:44:30


  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 29% (76/257)

ジブリはリンクが多い作品です。

例えば、キツネの声が福沢さんの作品(ど忘れです)では、タヌキたちがぶわーっと空に飛んでいる場面で、トトロやキキやポルコロッソなども飛んでいます(ほんの数秒ですが)。

製作者の遊び心だと思います。深く考えず、作品を楽しんでください。
お役に立てられたなら幸いです。
お礼コメント
ace9team

お礼率 24% (119/480)

キツネ・・・「平成たぬき合戦ぽんぽこ」ですかね?
まったく関係のないジブリ映画に違う作品のジブリ映画キャラクターが入り込んでいるなんて初めて聞きました!これも製作者の遊び心なんでしょうね。深く考えず「おもしろい」など純粋に作品を楽しんでいこうと思います!

今回は回答ありがとうございました!
投稿日時 - 2006-04-27 01:41:58
  • 回答No.4

書かれていないので追記しますが、両方とも原作者は柊あおいさんという、もともと少女マンガ(りぼん)を書かれていた方です。
「猫の恩返し」の原作は「バロン―猫の男爵」というものらしいです。「耳をすませば」の原作は「耳をすませば」「幸せな時間―耳をすませば」というもののようです。

もしよろしければ、そちらも拝読なさってください^^

参考:ウィキペディア「柊あおい」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%8A%E3%81%82%E3%81%8A%E3%81%84

りぼんマスコットコミックス「耳をすませば」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4088535154/503-9488499-5115169

りぼんマスコットコミックス「幸せな時間―耳をすませば」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4088538412/urashima-22/ref%3Dnosim/503-9488499-5115169

「バロン―猫の男爵」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4197700881/503-9488499-5115169

(注・ウィキペディア以外はすべてアマゾンにリンクしてます)
お礼コメント
ace9team

お礼率 24% (119/480)

原作者が同じなのは知っていましたが、少女マンガのりぼんから出版されているとは知りませんでしたね~!やはり雫が成長してからの物語が「猫の恩返し」というのは原作者の柊あおいさんが決めていたのでしょうかね。
それとURLまで貼っていただきありがとうございました。

今回は回答ありがとうございました!
投稿日時 - 2006-04-27 01:49:54
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ