解決済み

離婚を考えています

  • 暇なときにでも
  • 質問No.2046282
  • 閲覧数66
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 65% (15/23)

結婚して、今年で10年目になります。子供はいません。
四年前、二年間別居をしました。(原因は夫の浮気)
時間を作っては離婚話を進めましたが、夫は「帰って来て」と泣くばかり。
当時、弁護士にお願いして調停離婚なども考えましが、その為に仕事を休む事も、費用の事も気になりました。
精神病の義理の妹が、逆恨みして実家に何かしないだろうか・・
という不安もあり、話し合いで協議離婚したかったのです。
ある頃、私も心が弱くなっており、離婚の話に泣きすがる夫を見て、ついに夫の元に戻ってしまいました。
最初の一年の私は、別居時代に始めた仕事が忙しく、帰っては寝る毎日。
この一年は、パートで働き、相手を見直す事をしていました。
今、やはり夫の元へ帰った事を後悔しています。
私はいつからか、晩酌の量が増えました。
専門家の所へ相談に行くと、アルコール依存症になっていました。
アル中で、廃人みたいになり、50代で亡くなった父を思い出し、ぞっとしました。
旦那を見ても、自覚は無い様ですが、毎日多量のアルコールを摂取しているし、アルコール依存ありだと思います。
私は、旦那の浮気が発覚した時期から、うつ病になり、今でも薬を辞めると、集中力・気力低下し、日常生活に支障があるので薬を飲み続けています。
私達は共依存という、いびつな夫婦になっている様です。
夫婦として、きっと相性が良くないとも思います。
夫の事は情はありますが、愛していない私です。
いろんな夫婦がいると思いますが、私達の場合はやはり別れた方がいいと感じます。
離婚理由は、今となっては性格の不一致。
私から、別れを切り出すと、おそらく拒否されると思います。
とりあえず、役所などで行われる、弁護士の無料相談に行こうと思います。
私達のケースでは、協議離婚に進んで行った場合、どのような事が考えられますか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

とても深刻な状況ですね。あなたの心中を慮ると本当に胸が痛みます。
軽々なことは申し上げられませんが、協議離婚を望まれているようですが、先方が同意しない限りは協議離婚は無理だと思います。その場合、裁判離婚ということになりますが、このケースだと裁判所は離婚の判断をくだしてくれるとは思います。ただ、問題は裁判になるとどうしても弁護士をつけることになりますので、そういう面から結構な費用がかかってしまうと思います。
とりあえず、公的な機関が実施している法律相談に足を運ばれて、それから離婚調停を起こして(これは費用は大してかかりません)第三者(調停委員)に間に入ってもらって粘り強く話し合いをしていかれるのがよろしいのではないでしょうか?
精神的にとても大変だとは思いますが、どうかこの状況に負けないでご自身の幸せをつかんでくださいね。頑張ってください。
お礼コメント
cdh1

お礼率 65% (15/23)

junbei1931さん、回答をありがとうございました。
経験者とありましたので、ご自身も離婚の痛みを味あわれたんでしょうね。
私は結局、離婚問題を先延ばしにした、遠回りをしてしまった事になりますが、これで離婚しても後悔する事だけはない・・
よその家庭を羨ましそうに見たりしない様にします。
その点を考えれば、遠回りした意義もあったと思えます。
先の見通しがついてきた気がしてきました。
とても気の重い作業ですが、始めなくてはいけません。
離婚を切り出した時点で別居すべきでしょうね。
部屋も探さなくてはいけません。
別れ話をすると、逆ギレするタイプなので、いつも話合いになりませんでした。
今回は、話を切り出す時の環境をどうしようかと考えています。
これも専門家に相談してみようと思います。
投稿日時 - 2006-03-25 20:13:00
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ