• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

隣接する擁壁の工事

家と隣接する土地が今まで市の土地だったのですが、民間に売却されて開発が始まりました。 相手側の土地の方が高く、今まで家の建物から2m離れた場所に高さ2mの要壁が立ちその上に建物が建ってました。 その土地との境界線はあやふやで確定的な物はありませんでした。 関係住民の誰もその境界が決まったことを確認した覚えが無いのです。 もちろん現地での境界の確認も誰一人としてしていません 今回民間業者に売った境界線は家の壁から70cm弱の所に成っていて なんとその境界線上に、3mの高さの要壁を立てるということを通告してきました。 もう人も歩けない感じですし、西側の窓ですが日も差しません。風も入らない、入るのは壁からの雨水のみ!! 相手の土地から歩いて我が家の屋根に渡れる距離です。 概存の建物の真直に高い擁壁を立てても許されるのでしょうか?地震の事等考えても怖くて寝れません。 まだ建築確認にはいたってないようです。 アドバイスよろしく御願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数883
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

>今回は水抜き穴を使用しない構造で立てる そうですか。 ちなみに工事の為に業者が御質問者の敷地に入るのは民法でも認められた権利なので、ご質問者が拒否した場合には法的に認めさせられる可能性は十分にあります。(ただし基本はご質問者にお願いして認めてもらうのが原則です。それがかなわないときには民法209条を根拠にご質問者の敷地に入ることを認めるように訴えることが出来ます) 第209条 土地の所有者は、境界又はその付近において障壁又は建物を築造し又は修繕するため必要な範囲内で、隣地の使用を請求することができる。ただし、隣人の承諾がなければ、その住家に立ち入ることはできない。 あと関係する話としては、これが擁壁でない、塀の場合には境界線上に築造することを隣人に求める権利も民法で規定されています。しかし擁壁に対して認められることはまずないものと思います。 民法では境界線上に築造されたものは共有物とみなす規定もあるので、話がややこしくなるから、通常はどちらかの敷地に作ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

民法の解り易く詳しい解説ありがとうございます。 感謝します。 微妙な問題ですよね。 業者はとにかく譲歩するつもりは皆無状態で自分の要求のみの話をして来ています。 それと気になるのですが、この問題になっている面の自宅の側面に窓下高さの物置を作りつけのような形で設置しています。 今回、敷地外にはみ出ていないので業者からの撤去要求とかは出ていませんが、この物置の扱いはどうなるのでしょうか? >住家に立ち入ることはできない 住家の範囲とは大屋根の軒下にあたる場所はどういう扱いなのですか?完全室内からが住家なのでしょうか? かなり微妙な距離なので気になり、検索して捜しているのですが上手く答えが見つけられません あつかましいですが、お教えいただければ助かります。

関連するQ&A

  • 擁壁工事に伴う排水工事はどちらがおこなうのでしょうか?

    このたび、下の土地の人が家を建てることになり、上の土地の当方が法面が崩れる心配があると思い、擁壁工事をすることになったのですが、(ちなみに当方の土地は果物畑にしています)このあいだ、下の土地の人との話し合いで土地の境界線をまっすぐにして擁壁をすることで合意したのですが、それに伴う擁壁の法尻に排水溝を設置することについてもめています。排水溝は上の人が費用を出して設置するものなのでしょうか?また、設置する場合境界線のどちら側に設置したらよいのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 擁壁工事について教えてください。

    擁壁工事について教えてください。 ・既存の土地からの立て替えで新築中 ・擁壁工事やりかえが必要とのこと ・擁壁工事は建物の検査が終わったら外溝工事と一緒にするそうです。 ・擁壁工事は道路に面した12メートルくらいで高さは1メートルくらいから低くなっていて30センチくらいです。 質問は、擁壁工事は建物が建て終わってからしても法的にも大丈夫ですか? 本当は既存の擁壁でもよかったとかはないですか?

  • 擁壁も境界線から50cm離さなくてはいけないのですか?

    新たに土地を購入しました。地区住民の規定で「民法の定めにより建物等は官民境界より50cm以上控えなければならない」とあり、地区より「境界線から50cm離して擁壁を作るように」と指導がありましたが、法律上では擁壁は建物とみなされるのでしょうか? 問題の土地は三辺を道路に囲まれており、そのうちの一辺の市道がすり鉢状になっており、大雨の度に水没してしまうため、市に対して道路の高さをあげてもらうよう地区から要望書を提出してもらっております。現在はその土地に土を入れて残り2辺の道路と高さをあわせておりますが、大雨では土が市道に流れ出てしまいます。地区の言い分としては「現在の道路面よりも高い位置に建てるものはすべて50cm控えなくてはいけない。」ということですが、将来道路の高さが上がれば擁壁はただの境界線となる予定です。市としては「ほかにも工事すべき箇所がたくさんあり、工事が5年後になるか、10年後になるかは回答できない。」とのことで、こちらとしては水害への備えとして工事をしていますが地区の権限で工事を中止することは出来るのでしょうか。またこの地区の規定には特例もあり、50cm離していない家も実際には数件ありますが、当方に関しては特例扱いできないと言われました。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8

>この物置の扱いはどうなるのでしょうか? ご質問者の敷地にご質問者の物置があるのは別にかまわない話です。 >住家の範囲とは大屋根の軒下にあたる場所はどういう扱いなのですか? 外です。 >完全室内からが住家なのでしょうか? 通常建物は窓、ドア、壁で室内と室外を仕切っています。 その室内側という解釈が正当でしょう。 建物構造によっては判断が微妙な場合もあると思いますけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅くなりましたが 丁寧なお返事ありがとうございます。 物置は急に他に移動する場所も無く、困っておりましたのでほっとしました。 少しでも相手側が話し合いをしてくれればと思っております。

  • 回答No.6
  • kgih
  • ベストアンサー率33% (138/416)

まず、回答に「公図・地積図を・・・」との書き込みがありましたが、法務局で確認できるのは「筆界」(ひっかい)であり、境界とは異なります。 筆界は、勝手にはいじれませんが、 境界は勝手にいじれます。 筆界の確認であれば、「筆界特定制度」というものがあるので、これを利用するという方法があります。詳しくは下記アドレスで。 境界についてですが、NO.5さんがおっしゃるように、時効取得というものがあり、筆界は現在擁壁が建てられようとする部分であっても、既存の2m先の擁壁までの土地を10年以上質問者が使用していれば(その他細かい要件がありますが、)時効取得が認められ、所有権を主張できます。 したがって、「筆界」と「境界」とが異なることがあるので気を付けて下さい。 ということで、境界については、まずは、事業者に境界確認を申し入れてはどうでしょう。 できれば関係する住民全体で。 あと、境界線上に擁壁との文章がありますが、通常は、擁壁上の所有者が施工するのであれば、擁壁下端が境界となります。 また、擁壁ができたら風が云々と言った点は、あまり主張のできない点かと思います。

参考URL:
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji104.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 問題の土地は20年以上、30年以上住宅地の人間が使用していました。 ただ今回民間に転売するにあたって境界確認の書類の作成があったみたいです。 敷地の境界確認は敷地図面250分の一の地図で確認し印鑑を付いてるようですが、その地図が境界線確定の書類で あり、その地図上の寸法の250倍が境界線になると認識しいなく(理解してなく)押してる方がほとんどで、別に細かい寸法の書かれてるもので確認し捺印 すると思ってました。(今回わかった) その時ちゃんと理解できる説明はなかったですね それからはまだ二年しかたっていません。  長い直線の端と端にポイントがありそこを直線で引いた線が境界であると今回初めてちゃんと聞きました。 そのポイントの位置も今回始めて知りましたし 「筆界の確認」は全然知りませんでした。専門的なお話ありがとうございます。色々と調べてみます。 ちゃんと勉強しておかなければいけませんね。

  • 回答No.5
  • theonti
  • ベストアンサー率29% (239/802)

まず既存の擁壁の手前は自分で使っていましたか。 それは、10年以上経ちますか。 市から、市の土地だと言う事を通告された事が有りますか。 市から何の通告も無く、その土地を自分の敷地として使用して居り、10年以上経っていれば、あなたにその土地の、使用権の権利が発生する筈です。 敷地の境界確定は関係者の立会いのもとで確認します。当然確認の捺印をします。 それ以外は認められません。 工事のための足場や人の通行の為に自分の敷地の使用を認める必要は有りません。 自分は古い人間です。勉強不足です。法が変わっているかも知れません。 これらの事を考慮して、住民で役所に確認・相談をされては如何でしょうか。 使用権を主張してみては如何でしょうか。 ダメだったとしても、擁壁工事の掘削で敷地を越えない事、水が流れ込まない事、 人の通行や足場が敷地に掛らない事、など考えられる事を行使すればかなり、引き下がった擁壁になると思います。 頑張って下さい。 擁壁の高さが3mと言うのは問題になりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>まず既存の擁壁の手前は自分で使っていましたか。 はい。20年近く使っています。 直接、相手側の勧告はありませんでした。(昔30年ぐらい前はあったそうです) ただ、敷地確認の印鑑は2年前に押してるようです。 そこの所も行政側の説明に対する住民の認識とがずれていて、境界線の立会い説明もその場所で此処があなたの境界ですという明確な説明がなく、そういうのは別にちゃんとあると理解して、サインしたものが最終確認の書面だとの認識が無い世帯の方が多いです。    今日、業者似合う機会があったのですが 工事に為の足早人の通行を認めなければ、交渉の余地なしとして、訴える場合もあると言われました。  暖かい励ましをありがとうございます。 親身なご意見とともにありがたく思います。

  • 回答No.4

どうやら開発許可を受ける前のようですから、図面を見せてもらってください。多分役所でも見せてくれると思います。(開発は許可が下りた後は公示されて誰でも閲覧できる情報ですから見せてくれると思います) 一点これは御質問者の方でどう判断するのかなのですが、境界線上は論外ですが、境界線ギリギリに擁壁が来る場合でも、擁壁には必ず水抜きの穴が開けられます。で、雨が降るとそこから水が流れて御質問者の敷地に流れることになります。 これがいやな場合には境界線ギリギリには排水溝を配置してその奥に擁壁という形にしてもらうように交渉して見てください。業者直接でも役所経由でもよいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ご指摘下さった件なのですが >境界線ギリギリに擁壁が来る場合でも、擁壁には必ず水抜きの穴がある 業者側の説明によると今回は水抜き穴を使用しない構造で立てると言う説明でをされています。 その案が使えたら少しでも良いのですけども無理な可能性があるようです。 もう一度その方式の擁壁でいけるのか頑張ってみます。

  • 回答No.3

まず、境界について確定しているのかどうかを確認下さい。 法務局に行き地積測量図があるかどうかを見てください。 次に擁壁を境界線上にと書かれていますが、これは問題です。 ただの塀であれば境界線上も認められるものの擁壁については一概に認められるわけではありません。 基本は境界線にそって隣地内で擁壁を建てることです。 擁壁も2mほどにもなると「開発許可」というのを役所で貰わないと築造できません。なので役所に問い合わせれば開発許可が下りているのか(ただし境界については見ていない)、どんな業者が申請しているのかなどがわかります。 基本的に境界に沿って築造しているのであれば特に問題はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます。 法務局のへいって調べてきます。 「擁壁を境界線上」これは業者は断定的に要求しています。なので工事の再此方の敷地に足場などさせてもらうと要求されました。 >基本は境界線にそって隣地内で擁壁を建てることです。 頭に入れてそこの所を役所でよく確認してきます。 今は開発調整中という状態だそうです。 どこをどう、指摘すればいいのかも解らずパニクッてたので助かりました。本当にありがとうございました。 的確なご意見をまたお教えください。

  • 回答No.2

解る部分(土地境界戦に関すること)だけ・・・ 官地を払い下げるのに境界確定をしないで払い下げるまたは現地確認不能の状態で払い下げることはないと思います。 一度法務局に行って地積測量図が提出されていないか、若しくは公図(法17条図面)で過去に土地改良や国土調査などで官民の境界確定がされていないか確認してみてください。 確定済み境界が図面として届け出てある場合その境界線は割と正確(地図精度の違いがあるので一概には言えませんが)であると思います。 図面が無いようであれば境界確定をするように隣地所有者に申し出るべきです。 ようへきの位置に関しては何とも言えません・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 法務局に行ってもなにをどう調べればいいか解ってない人間でしたのでとても助かりました。 現地確認は今確認してる30軒のお家の方全部がしてないと言ってますので確実だと思います。 又基本的なところから解ってない人間なので幼稚な質問をするかも解りませんが、お教え頂ければとあつかましくも御願いします。 お返事を頂けて少し冷静になりました。

  • 回答No.1

 まずは、境界線の確認を先に行うべきですね。  yuusatoさんだけではなく、関係住人を含めて、皆さんで行うべきです。    確認先に、最初、役所に行かれたら、どうですか? 民間業者に売却する前の役所の認識の確認です。  その上で必要なら、測量士に境界の測定で、再度確認の上、民間の業者に申し出ては、いかがでしょうか?  >相手の土地から歩いて我が家の屋根に渡れる距離です。  防犯上、擁壁の距離を離して欲しいという内容で。  基本的に、境界が確定している事が前提ですが、擁壁については、その土地を購入した民間業者の都合によりますので、協議しかないですね。  ちなみに、擁壁については、図面を建築確認と同様な流れで、許可されなければ、工事されません。地震で倒れてくる事はないと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のお返事ありがとうございます。 「境界線の確認」をまずはしてみます。 確認順番を指摘くださって、とても助かりました。 なにを、どう動けばいいのかも考えられない状態でしたのでとても参考になりました。 建築確認の申請もまだらしいのですが、業者は4月入ると擁壁の工事を開始すると言ってきてるのでとにかく行動してみます。 又ご意見があればお聞かせください。

関連するQ&A

  • 擁壁は壊せますか?

    購入した家が元々は隣人が所有していた土地だった為だと思うのですが、隣の家の擁壁が我家の土地にはみだしたままになっています。隣は昔、もちろん土留めとして造ったようですが、今は土だった部分を鉄筋コンクリートの車庫にしてしまった為に我家にはみだした擁壁だけが残ってしまっています。車庫と擁壁はくっついていますが、くっついている境が境界線になっているので、実質うちの土地に擁壁があるのです。重力式という擁壁だと思うのですが、横250高さ230厚さは下の部分が80上の部分が30(cm)の台形の形をしています、。(1)壊せるものですか?その場合解体屋の様な会社に頼むのでしょうか?(2)壊したら隣の車庫に影響は出ますか?(3)一体どのくらいの費用がかかるのでしょうか? きっと我家(中古)を建てる時に壊すのが大変だから残したのだと推測しているのですが。前の持ち主からは何も聞かなかったのです。不動産屋は「こちらの土地です」と。私も良く説明も聞かずに購入してしまったのもいけないのですが・・・。説明の仕方が下手で申し訳ありません。どうか宜しくお願いします。 

  • 擁壁の改築について

    我が家は南道路の家で、北側に空き地があります。空き地との高低差は60cmほど。こちらの土地が低く、空き地が高い位置です。 その空き地にこれから家が建つらしく造成が始まりました。 そこで、境界の確認をしましたら、我が家の土地に擁壁があり、しかも、境界線は擁壁のさらに北側15cmの所にありました。 それでなくても狭い敷地なので、この擁壁を撤去し、境界ぎりぎりまで有効利用したいと考えるようになりました。 そこで質問です。 1、我が家の擁壁を撤去したら、北側の方が擁壁を建築してくれるのでしょうか。(高い方が土留めをすると聞きました) 2、我が家は建売住宅で購入したものなのですが、業者が造成の際、土地を削った可能性もあります。(擁壁の下の基礎が若干見えている) この場合、1はどうでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 擁壁のぶん、有効な坪数が減ることについて

    新築予定で、ある土地を購入しました。高台?にあり、数mの擁壁(斜面)の上の土地です。 間取りも決まっていたのですが、工務店から 「不動産屋からの土地の平面図を基に間取りを決めたが、擁壁込みの図面だったらしく 実際には2m幅程、土地が狭くなる」と言われました。 擁壁があることは知っていましたが、境界線が擁壁の下にあることは聞かされておらず 実際の表面の坪数だと思って話を進めていたのでビックリです… 「え?この数坪は単なる空間なの??(^_^;)」 上記は、素人とはいえ買い主(私)の勉強不足によって起こった事でしょうか? 不動産からそのような境界線の説明はありませんでした。 土地の図面だけ見て、営業さんも「車が3台停められますね」とか言っていたので知らなかった?? これって、不動産屋さんに話をしても仕方のないことなのですかねぇ…

  • 擁壁で悩んでます。

    擁壁で悩んでます。 何度も同じような質問ですみません。 ・擁壁工事見積もりあり ・土地の一辺だけです。 ・高さは1メートルまで ・地盤改良時にコンクリートの壁があり ・建物は1700くらい離して基礎あり ・求積図面には設計者により安全であることを確認と記載あり ・既存石積擁壁500~1200のCON塗仕上げと記載 教えて欲しいのは、 (1)擁壁工事が本当に必要なのかどうか?です。 (2)図面に安全確認や既存擁壁が記載されているので、補強工事や外溝工事ならわかるのですが、それでも擁壁工事見積もりがあるのは、不適格擁壁だからでしょうか? (3)擁壁をしなければいけない条件が記載されている法律がありましたら、教えてください

  • 擁壁で問題発生

    はじめまして。 昨年土地を買いまして、これから着工というところで 隣人(昔からすんでいるおばあさんの娘さん)と問題になりました。 土地は傾斜地にあり、自分の土地の南側に古い擁壁があります。 擁壁の高さは1.4mでその下に隣の家が住んでいます。 擁壁の下が境界で、それは確認済みです。 今回家を建てるにあたり、擁壁が古いので立て直そうと 隣人に連絡したときに、隣人の娘さんからクレームがきました。 現状は古い擁壁なので、斜め(60度くらいになっています)。 今回作り直すにあたり、垂直に擁壁を立てようとしたら 今まで30年間あった空間がなくなるからやめてほしい。 作り直すなら、今の擁壁のトップから垂直に立ててほしいと のクレームでした。 こちらとしては、自分の土地なのになぜ?と困ってしまいます。 少しでも南側の土地は有効利用したいので譲りたくありません。 ただ擁壁を立てるにあたり、まったく隣地に入らないかと いうとそうでもないので、隣地の理解は必要かなと思います。 隣地の娘さんは、トラブルは避けたいので直接話しはしたくないと いい、ハウスメーカの方も困惑しています。 相手側は、既得権のようなものでまったく譲る気はないようなのですが、この場合どうすればいいのでしょうか? 詳しい方にアドバイスいただければ幸いです。 よろしくお願いします

  • 擁壁と軟弱地盤で住宅購入を迷っています

    現在、購入を迷っている土地(建売一戸建て)があります。現状、玄関側道路の反対(家の裏側)が、3メートル以上の擁壁(間知石積み)になっています。境界線は、擁壁を含んでいます。その下側に他人の家が1メートル位しか離れていないところに建っています。この周囲の造成は、昭和40年頃の為に、擁壁の建築確認もないそうです。所謂、「不適合擁壁」かどうかも判断付きません。購入予定地の隣には、アパートがあり、玉石の擁壁があります。当該地の擁壁そのものは、土圧を配慮して、厚さ15センチほどのコンクリート壁を擁壁の手前の土地に埋め込んで、擁壁崩壊に対応したそうです。基礎は、擁壁から1.5メートルほど離れています。将来的に、下側の方が建て直しをした場合、擁壁の所有者である、こちらがお金を出して、擁壁の安全性を確保するような指導や訴えがあるのでしょうか?土地そのものは、盛り土で軟弱地盤の為に、柱状改良?をし、40本ほど打ったと、現場工事の方が言っていました。擁壁と地盤のことで、購入を決めかねています。お忙しいところ、恐縮ですが、アドバイスをお願いいたします。

  • 土木工事狭いところでの擁壁工事

     お宮と道路の境界余裕が500mmしかないためL型擁壁1500×1000を入れる予定だったのが、その場所にNTT光ケーブルがあり工事不能との連絡があり困っています。  幅のいらない擁壁は無い物でしょうか。 建物←500→予定地(U字溝 歩道 道路 )       ←800→       ←400→光       ←1000   → L壁計画      ←基礎コンクリート→

  • 隣接地との境界(段差)トラブル

    土地境界(擁壁)のトラブルで困っています。 15年程前に東京都に引越し、新築(建売)で購入した一戸建てに住んでいる者です。 入居時に建っていた隣家(貸家)の土地が業者に転売されたらしく、数年前に更地になりました。 <以下、自分の土地をA、業者が持っている土地をBとします。> その後、業者から連絡があり両者立会いで塀が建っていた境界の確認を行いました。 元々Bの土地がA側に向かって傾斜しており、50cm程の塀を(土留め)境にしてB側に40cm程盛土がされていました。 (Aの土地の高さを0cmとした場合、Bの土地の一番高い部分が約2m、最下部が約40cm) その時(境界の確認を行った際)、業者から口頭で「塀が老朽化しているので以前と同程度の高さで新しく作り直したい」という提案がありました。 それに対して、こちらは「少し考えてから返事をしたい」という旨を伝えたところ、その後業者からの連絡がなくなりました。 ところが、最近になって急にまた前回と同じように「塀が老朽化しているので以前と同程度の高さで~」と口頭で言ってきました。 まぁ以前から聞いていた事だし、同じ位の高さなら構わないと思い、「同程度の高さならば構わない」と、こちらも口頭で伝えました。 (明確な書類提出を求めなかったこちらにも悪いのですが) しかし、その後、私が出張に行っている間に境界部分へ2m程のコンクリート製の擁壁が(相手の敷地側に)建てられていました。 これでは話が違う、と思い業者に問い合わせてみましたが、 「当初は低くする予定だったが、途中で変更があった。話をしようと思って何度も連絡したが通じなかったので、仕方なくやった。」 などと曖昧な返答しか返ってきません。 まるで、私が留守になる機会を待っていたような印象さえ受けます。 工事の進捗状況を見る限りでは、擁壁の高さまで土を盛り(擁壁に1回、2回・・・と回数が記入されています)、その上に建築物を建てるようです。 今の状態でさえ、かなりの圧迫感なのに(一階については擁壁側からはほぼ完全に採光できなくなりました)、このままではどうなってしまうのだろうかと心配です。 また、業者の方は放って置けば何事も無かったように工事を進めてしまいそうな様子です。 向こうとしては傾斜地を平地にしてしまえば、売りやすいと思っている事情も分からないでも無いですが、あまりにもやり口が横柄過ぎる気がしています。 こちらとしてはなるべく穏便に済ませたく、ただ約束(口約束ではありましたが)を守って以前と同程度高さの新しい土留めを作り直してくれたらそれだけで構わないと思っています。 こちらとして、納得がいかない場合は法的手段に訴えるしか無いのでしょうか。 しかし、『擁壁を無断で建てられた』とは言っても相手の土地の中ですし、このような場合は法的には泣き寝入りするしかないのでしょうか。 一刻を争うにもかかわらず、当方は法律関係は全くの素人で困惑しています。 何か良いお知恵があれば教えていただければ幸いです。 なにとぞ、よろしくお願いします。

  • 斜面の土地の整地での擁壁の建造について

     斜面の上に土地と家屋を持っています。ひと続きの斜面の下の土地が業者に売れて整地されることになり、家に業者がやってきました。擁壁(崖崩れを防ぐ高さ約3メートルの垂直の壁)を作るにあたり、私の土地を境界から1メートル幅で深さ4メートルくらい削り、逆Tの字型のコンクリート建造物で垂直に壁を作り、私側の土地は再び埋め戻すという説明でした。逆Tの字の一部は私の土地の下に入り込むわけです。もちろん全額相手の負担です。  仮に埋め戻すにしても、私の庭の一部が傷つけられるわけです。理不尽な提案だと思います。すべて下の土地の中で壁を作ってもらうのが筋だと思います。自分の土地の中に相手の建造物が入っていれば、私側の土地の価値も減るかも知れません。  法律的には、斜面の土地を階段状に整地する場合、擁壁の作成方法、その費用負担、境界から壁面までの距離はどのように決められているのでしょうか。私の土地を削る法律的な義務がありますか。高圧的な相手ですがどのように断れば良いでしょうか。もめた場合には、どこに相談に行くとよいでしょうか。他に気をつけることはあるでしょうか。  よろしくお願いいたします。  

  • 擁壁の工作物申請について

    擁壁の工作物申請について教えてください。 ・高さ2mを超える擁壁は工作物申請(確認申請)が必要と聞きました。 高さ2mとは、工作物自体の高さですか、それとも敷地の高低差のこと をさしているのでしょうか? 擁壁の高さに関しての根拠や条文等があれば教えてください。