• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

木造住宅の外壁について(ALC)

木造住宅(木造軸組在来工法)を建てようと計画しているものですが、外壁についてALCと普通のサイディングとではどちらがよいのでしょうか。個人的にはALCがいいのかなと思っているのですが。皆さんの意見を聞かせてください。 ちなみに鹿児島県です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数3857
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

ALCとサイディングの両方を月に50棟工事している業者です。 ●サイディングは16ミリ厚の塗装板12ミリ厚の塗装板、、12ミリ厚の無塗装板が 一般的です。サイディング塗装板はデザインのバリエーションが豊富なのが良いです。 しかし、塗装板も塗装しているので、10年ごとには塗り替えが必要です。 最初は何色も使って見た目はきれいですが、10年後はベタ塗りに・・・。 また、耐久性は高くないようです。 あとクレームが多いのは、どうしてもコーキングが切れてしまうことです。 12ミリはお値段は安いのが魅力ですが、プロの目から見ても あまりおすすめできません・・・。建て売り住宅によく使われているのは やはりあまりコストをかけられないからでしょう。 ●ALCの旭化成パワーボードは厚み37ミリで重厚感があります。 しかし、サイディングに比べてデザインの種類が少ないのが難点です。 防火性能、耐久性能、遮音性、断熱性、メンテナンスなど、 性能面でいくと木造住宅の中ではピカイチです。 また、パワーボードの素材であるALC(軽量気泡コンクリート)は、 ヘーベルハウスをはじめ、パナホームなど、高級な大手住宅メーカーが 採用しており安心ができます。セキスイはALCのようなダインコンクリート。 塗り替えのメンテを10~15年に一回しっかりやれば、何十年も もつ素材です。 価格については、16ミリ塗装板とパワーボード+弾性リシン塗装は同じくらいです。 弾性リシンは安い塗装なので、塗装次第でもっと高くなります。 でも、パワーボードは火災保険が半額になり、約30万円くらい浮いてくるので、 その分を塗装のアップグレードにまわすのがおすすめです。 まぁ、好みや外観の部分もありますので、よくご検討してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 住宅の外壁について教えてください

    今度住宅を新築します 間取り等については図面を検討し大体決まったのですが 外壁についてはALCかサイディングどちらかにしようかと迷っています、修繕コストや双方のメリットデメリットについて実際に使っている方、工事に携わっている方宜しければ教えてください。(屋根は瓦、工法は在来です)

  • 木造在来工法+パネル工法ってどう。

    現在土地を購入して家を建てようと考えています。そこで木造在来工法+パネル工法(HPパネル)で考えています。そこで上記の工法もしくは近い工法で建てた方の意見を聞きたく質問させてください。ちなみに鹿児島県でパネル工法(HPパネル)で+3.5万(坪単価)するというのですが妥当でしょうか。

  • 木造 新築戸建ての外壁

    木造(在来工法) 新築戸建ての外壁で悩んでます。 新築戸建ての外壁を、1.塗り壁 2.サイディング 3.タイル で悩んでます。 外から見える部分は、タイルで、隣家との外壁は、直接は外から見えないので、 サイディングか塗り壁で考えてます。 あと、メンテナンス面では、 タイルの方がメンテナンスは基本的には不要 サイディングは、色落ちや継ぎ目の補修で、メンテナンス費用がかかる 塗り壁は、色落ちや苔などで、メンテナンス費用がかかる とのことなので、いっそうのこと、全面タイルでも考えてます。 初期費用、維持費用を抑えたうえで、どれにしようか、皆さんのお知恵をかりて、 最終判断をしようと思います。 よろしくお願いいたします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

家に求めるものによって変わるかと思いますが、外壁は簡単に変えることができないものの一つですので、シェルターとしての機能を最優先されたほうが良いと思います。耐火、耐久性能で、ALCに軍配が上がり、その証として火災保険料が安くなったり、メーカーが建設会社に漏水10年保証を出していると聞きます。ヘーベルハウスの外壁はALCですが、下記URLに分り易く、説明されています。展示場等で実物を見たり、触れたりされると厚みや素材としての違いを実感できると思います。

参考URL:
http://wwwpro.asahi-kasei.co.jp/hebel/longlife/concept/1_2.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

過去に同じような質問がありました。 どちらがいいか、情報が少ないので比べるのが難しいですが(サイディングの厚み、塗装の有無、値段的なこと) 個人的には、デザインが単調になりがちですが、よい塗装を使ったALCがお勧めです。 下記のURLにあるNo.5さんの回答は私もお勧めだと思います。(弾性仕上げ塗材のローラーなど) 情報が少ないので回答に自信はないですが・・・良いお家を作ってください。

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=854562

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#113407

私もこのサイトで知識を得ました。 これを参考にしてください。

参考URL:
http://www.pureweb.jp/~brico/hanbai/D52-1.html#外壁の塗装(モンタル、サイディング、ALC)について

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 新築の外壁について

    すでに、建築業者は決まっていますが、外壁をどうするかで悩んでいます。(木造在来工法です) 建築業者からは、1階部分は杉板を使い、2階部分の外壁はサイディングを使う。と言われてます。 私としては、耐久性(何年持つか)と、コスト(初期投資時及びランニングコスト)が、優れていれば、それでいいと思っています。 杉板とサイディング、どちらが耐久性・コスト・メンテコスト等 優れているのか、よろしくお願いします。

  • 外壁工事、可能ですか?

    既設の家と家の間に新築を考えています。 片方は自分の本宅、もう片方は他人の住宅で、その間の土地に 建てるということです。 なるべくスペースいっぱいに建てたいのですが、 既設の外壁と隣り合わせの両サイドの外壁(トタン、サイディング等)工事は、隙間が殆ど無ぃ場合でも施工できますか? 家の工法は、地元の大工に頼むつもりなので 大手ハウスメーカーのような工法や、2×4、RC、鉄骨等ではなく 在来工法(って言うんでしたっけ?)でしか出来ないと思います。 大工に相談する前に、ある程度自分で知識を得たいのです。

  • 日本の住宅事情

    最近は居住用戸建住宅で、ツーバイフォーや軽量鉄骨もかなり増えてきたと思いますが、それでも割合的には木造軸組工法(在来工法)が依然多いようです。その理由は、工務店は在来工法を扱っているところが多いから、違うでしょうか?そこで質問なのですが、 (1)日本の新築住宅着工戸数は何戸ですか? (2)新築着工のうち、工務店、住宅メーカー、その他で建てるそれぞれの割合は?→住宅メーカーで建てる人はどれくらいいるのか。 (3)新築着工のうち、木造(在来、2X4、木質パネル)、鉄骨、RC、その他と工法別の割合は?→やはり在来工法が半数近く占めるのでしょうか?

  • 住宅の構造・工法を勉強するための本

    家選びの参考にしたいのですが、 一般住宅の構造についてわかり易く説明した良書はありませんか? 例えば木造軸組工法・2X4・鉄骨造・プレハブ住宅等の代表的なもので構いません。 本屋で探してみましたがありませんでした。 当方、在来工法と2X4の違いがやっとわかるくらいのレベルです。 よろしくお願いします。

  • 木造住宅メーカーの柱の太さを教えて下さい。

    これから家を建てようと計画をしています。主人も私も木造がいいと考えていますが(ツーバイフォーではなく、在来工法の方がより理想)同じ木造といってもいろいろ異なると思いますし、柱の太さなども違うと思います。工法については各社のホームページ等に概略が説明されていますが、柱の太さについてはどんなに調べてもよくわかりません。そこで各社の柱の太さを既に建てられたなどでご存知の方、教えていただけませんか? 今候補にあげているメーカーは ・住友林業 ・一条工務店 ・積水ハウス ・東日本ハウス です。ちなみに二世帯なので3階建てを希望しています。

  • 住宅保証機構について(外壁、サイディングのヒビ)

    新築からおよそ10年です。 最近外壁(サイディング)に細かいヒビを多数発見しました。 特に雨漏りはしていないのですが表面の色はだいぶ落ちてしまっています。 見た目のことはいいとして、このヒビ割れは放っておいたら雨漏りとかになりそうで心配しています。 新築時『住宅保証機構の住宅性能保証制度』の長期保証に入っているのですが こういったケースには適用されるのでしょうか? 施工した工務店に問い合わせたのですが ・ひび割れは適用外(雨漏りしてるなら適用) ということで100万円以上の補修工事見積もりが来ました。 詳しい方、アドバイスをお願いします。 竣工:2005年2月(この2月末で10年) 工法:在来工法木造2階建て 延べ面積:約130m2 外壁:16mmサイディング

  • 木造の新工法について

    木造の新工法について教えてください。 例えば、j.Podのような感じです。 木造と言いますか、木材を使っていれば在来工法でも、 2X4でも構いません。 構造体が新しい発想の物、接合金物が斬新とかでも構いません。 よろしくお願いします。

  • 住宅の工法について

      木造住宅の新築を考えていますが工法について教えてください。  「メタルジョイント工法」という工法がありますが、  デメリットは無いのでしょうか?  ネットで調べても    在来工法と比べて柱の欠損が少ない    接合部にぐらつきがない  等  良い点ばかりで悪い点が見つかりません。  ご存知の方よろしくお願いします。

  • 木造軸組工法で洋風建築

    当方、長崎県在住です。一戸建て住宅を検討中であり、ここ数年間で、さまざまなハウスメーカーや展示場を回りました。 個人的には、工法は木造軸組工法(在来工法)がいいな、と思っていますが、うちの家内は、外観がいかにも(?)洋風な建築が希望です。 洋風建築となると、全国的に有名なハウスメーカーは、三○ホーム、ヘー○ルハウス、ス○ェーデンハウスさらにセ○コホームなどでしょうか。当地は地方でもあり、これらの中で選ぶとすれば、三○ホーム、セ○コホームでしょう。ただし洋風建築となると、輸入住宅メーカーが主となりますし、やはり工法は2×4ですよね。木造軸組工法自体が日本の工法ですので、これで洋風建築にするということ自体、無理があるのでしょうか?? 詳しい方、建てられた方の回答をお願いします。

  • 木造在来工法 外壁ALCで断熱材を工事途中から変更

    木造在来工法で新築工事中です。地元工務店で建てていて、外壁にALC37mm厚を選択しました。この時の断熱材で工務店側と認識がズレ、悩んでいます。 私は一貫して壁の断熱材は板状も物(ポリスチレンフォーム)とお願いしていたのですが、工務店側はALCを選択した時点で繊維系の物(グラスウール)になると言い、既にお風呂まわりに繊維系断熱材が施工されています。工務店には強く板状断熱材使用をお願いし渋々OKを貰いました。(費用は別途相談ですが、たぶん追加になりそうです) 心配なのは今から板状断熱材にして構造に無理が出るとか、機能などが劣らないかです。如何なものなのでしょうか? (それでも建屋解体業の手伝いをしていた経験上、繊維系断熱材に抵抗があります) 現状は家の最外面全部に透湿防水シートが貼ってあります。