• ベストアンサー
  • 困ってます

鉄骨建築の場合の断熱材(グラスウール)の固定方法は?

重量鉄骨(2階建て店舗、総床面積1,000m2弱)で新築予定です。何度かこのカテゴリでお世話になってます。 「断熱材(グラスウール)の固定方法で素朴な疑問がでました。」 【質問】木造住宅の場合はグラスウールをタッカーや釘等で木部に固定すればいいのでしょうが、重量鉄骨の場合、グラスウールは具体的にどうやって固定するのでしょう? 断熱材の結露対策として、下記構成が理想的というアドバイスをいただきました。 ガルバリウム(外壁材) +「通気層」 +「透湿防水シート」 +グラスウール(断熱材) +「防湿シート」 +石膏ボード(クロスの下地) グラスウールを固定するには上記に加えて、やはり「合板」等を加える必要があるのでしょうか? もし、加えるとしたらどの部分でしょうか? 結露対策を考慮すると多重構造となり、かなりコスト高になるのでは?と心配しております。 また、外壁材にALCを使用した場合のグラスウールの固定方法は一般的にどのようにしてるのでしょうか? 現在、施工業者と打ち合わせが中断しており、話が見えない部分が多々あります。 申し訳ございませんが教えて下さい。

noname#25821

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数12774
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

 コストと施工性の問題を一緒には出来ませんが、グラスウールを空隙に挟み込むだけですと、長期間の間には下方へずれてくる可能性はあります。  最近やった住宅で、当初の計画ではグラスウールだった断熱材を、フォームポリスチレンのボードに変更し、200m2ほどの外壁面積に対し、施工費が18万のアップでした。    施工業者と直接打ち合わせをしていらっしゃるようですが、設計監理はどうなっていますか?  グラスウールの施工レベルについて、設計監理担当に心配だという事を伝えては如何でしょう。  少なくとも、グラスウールを使用する場合、それがへたってこないように施工せよというのは当然主張してOKです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あれから業者と打ち合わせを行いましたが、断熱材の固定方法や結露対策をどうするか具体的な内容まで進んでおりません。 グラスウールの施工レベルについて心配である事は既に伝えております。 >最近やった住宅で、当初の計画ではグラスウールだった断熱材を、フォームポリスチレンのボードに変更し、200m2ほどの外壁面積に対し、施工費が18万のアップでした。 私もグラスウール以外の断熱材を検討してます。 多少のコストアップならズレ落ちの心配ない?発泡プラスチック系断熱材も検討してます。 素人考えではありますが、鉄骨造は発泡プラスチック系断熱材の方が向いていると思います。いかがでしょうか? それに重量鉄骨造で22条地域なので、防火用の石膏ボードすら不要な場所です(これは確認済です) フォームポリスチレンのボードはズレ落ちの心配や結露等による吸湿の心配はほとんどないのでしょうか? また質問で申し訳ございません。

質問者からの補足

度々、ありがとうございました。 やはり、今回の挟み込み固定ですと、長期間の間には下方へずれてくる可能性はありますか。 質問するまでもなくそうなるとは思ってましたが・・・ やはり心配なので施工方法の改善要求をします。 こちらの事情もありますが、まだ店舗の外観形状が決まっていない状況で、設計監理に関しては私はまだ把握しておりません。 今回の断熱性能によりエアコンの電気消費量が変わってくるので重要な問題だと認識しております。 施工業者と直接打ち合わせしたり、急ぎの場合は設計者にメールで問い合わせしてます。今回は心配なのでメールにて問い合わせしてみます。 また、休み明けに打ち合わせを予定してます。その結果はお礼の欄にてまた報告いたします。

関連するQ&A

  • 重量鉄骨(店舗)に適した断熱材は?

    重量鉄骨(2階建て店舗、総床面積1,000m2弱)で新築予定です。 エアコン等の冷暖房効率をよくする為に、外壁(ガルバリウム)の内側にグラスウール(100mm~200mm)等の断熱材の使用を検討中ですが、はたしてこれが一番適してるのか少し心配してる事があります。 グラスウールは、外壁内の湿気が多いと簡単に落ちてしまうという失敗例や、そこまでいかなくても湿気で断熱材の厚みが薄くなり、その役割を果たさないという実例もあるようで心配です。 その時の湿気対策は具体的にどのようにするのでしょうか?例えば壁内の換気を考え、適当なスペースを設けた施工が必要なのでしょうか? また、消防法上(重量鉄骨かつ22条地域なので)石膏ボードは不要(23条違反にならない)という結論がでましたが、石膏ボードがないとクロス張りができませんよね? http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1954822 一般的に、重量鉄骨の店舗の場合、どのような断熱材が適してるのでしょうか? 断熱性能とコストを含めてご教授願います。

  • 一般木造住宅の外壁材と断熱材の種類と厚み(地域区分IV)

    地域区分IVに住んでおります。埼玉県の平野部とお考え下さい。夏場は最高35℃近くになる地域です。 一般木造住宅を新築する予定はないのですが、重量鉄骨でやや大きめな店舗を新築する計画があります。(外壁はガルバリウムもしくはALCの予定) 当然、断熱性能も気になるところで、その比較資料にしたいので下記項目を教えて下さい。 予算により違うと思うので、低予算で最低必要な材料と厚みの回答でお願いします。特に夏場の断熱性能を気にしてます。 【一般木造住宅の場合】 (1)外壁材(一番使われてる外壁材の種類は?) (2)その外壁材の厚みは? (3)断熱材(一番使われてる断熱材の種類は?) (4)その断熱材の厚みは? (5)断熱材が結露によって落下、もしくは厚みの減少でその機能を果たさなくなった事例を見た事があるか? (6)断熱材の結露対策は一般的にするのか? (7)結露対策の具体例は? (例)透湿防水シート、通気層、防湿シート等。 以下は任意です。 (8)できれば屋根の材質と断熱材についても同様に教えていただけると助かります。

  • 断熱材の入れ方他

    断熱などについて何度かこちらで回答をいただき、大変参考になりました。サッシをアルミ樹脂にしたり、屋根通気層を作って棟換気をつけてもらいました。また新たに疑問ができましたので教えていただければと思います。 外壁の断熱材を高性能GW16k 50mm(耳つき、裏面防湿)にし、外壁下部と床の境目は乾燥木材で気流止めをしてくださいます。 1:外壁の断熱材上部は、桁?(名前がわかりません、横渡しの材木)まで張り上げて、断熱材の上は材木でふさがるので気流止めはしなくて大丈夫と説明を受けました。間仕切り壁は上下に気流止めをするとのことです。外壁上部は不要ですか?小屋裏収納があり屋根断熱です。 2:断熱材がのる材木の寸法が120mmで、断熱材が50mmなので、透湿シートとの間にかなりすき間ができます。外壁→通気層(胴縁?)→透湿シート→すき間→断熱材となりそうです。これは大丈夫ですか? (120mmぴったりのサイズのGWはないので、仮に断熱材をふやしてもすきまはできますとのことです) 3:外壁はパワーボードの予定ですが、調べると外壁材がALCの場合は通気層をとらないとか、透湿防水シートをはらないと書いてあるサイトも見かけました。そうした場合、長年の間にもし塗装にキズが生じて水が入ってきたら、止める部分がないので困るのではと思うのですが…今の工務店さんは、通気層や透湿シートを利用する考えのようです。それで不都合はないですか? 頑張って勉強していますが知識に乏しいため、おかしな事を書いているかもしれません。どうかよろしくお願い致します。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6

 グラスウールを留め付けないことを良しとしている訳ではありません。  グラスウールは重量も軽く、壁の薄い空隙に詰め込んでボードで押さえてやれば、そのときは取り敢えず固定されて居るので、わざわざ留め付けないことも多かった様です。 それで時間が経ってへたって来ることも多々あり、グラスウールの施工が問題になっていました。    今は、融資の仕様書などで、隙間をきちんと塞がないといけない事なども手伝って、そういうケースは少なくなっていると思いますが。  重量にしろ軽量にしろ、不陸調整なども出てきますし、構造材に直接ボードを取り付けることはあまりしません。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

施工業者から下記のような回答が得られました。 【グラスウールの固定方法】 「鉄骨胴縁が100mmなので挟み込んで外壁と内壁でおさえるだけ」 おまけに結露対策はコストがかかるので通気工法の施工はしないという回答でした。 以上のような回答でしたので、はたしてこのような施工方法でグラスウールの断熱性能を長期間維持する事はできるのでしょうか? 業者に騙されるのでは?と非常に心配でなりません。 どうすればいいのでしょうか?

  • 回答No.5

 軽鉄下地用のビスがあるので、石膏ボードなどはそれで取り付け。  断熱材は、グラスウールの場合、#4で書いたように留めない可能性も。  そもそもグラスウールを使う事自体が少ないのだと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>軽鉄下地用のビスがあるので、石膏ボードなどはそれで取り付け。 これは理解できます。重量鉄骨の場合、一般的な施行方法なのでしょうか? >断熱材は、グラスウールの場合、#4で書いたように留めない可能性も。 これは信じられません。それでは何故、木造住宅の場合はタッカー等でグラスウールを固定する必要があるのでしょうか?

  • 回答No.4

#1です。    ごめんなさい、私が書いた軽鉄というのは溝型鋼ではなくライトゲージのスタッドの方で、サイズが60とか75の、厚みが0.8程度の下地材の方です。  重量鉄骨で柱やメインの梁または小梁を造り、軽量鉄骨を小梁やその他の小さな構造部材とし、下地材は非耐力部分で使用します。    断熱材に関しては、グラスウールを外壁の内部に使うときは、下地に留めるのか場合によっては詰め込んで終わりにしているのかも知れません。 あまり経験がないです。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

軽鉄は「軽量鉄骨」の略でしたか?ライトゲージスタッドとも呼ぶのですね。 それにしても木材にグラスウールをタッカー等で固定するのは理解できますが、こういった鉄骨ばかりの構造部材の場合、どうやってグラスウールを固定するのでしょうか???

  • 回答No.3

こんにちは。No.2の補足です。 >No.1さんが書いておられる軽鉄がC形鋼に相当するのでしょうか? おそらくNo.1の方もそう言う意図で書かれているのだと思います。 通常Cチャン(チャンネルの略)と呼ばれる材料でその名の通り断面がC形をしています。 サイズはC-100×50×2.3~3.2(厚)で600間隔程度が一般的です。 >グラスウールを直接、この胴縁(C形鋼)に取り付ける事も可能という意味でしょうか? お察しの通りですが、タッカーは利きませんので気密テープ等で貼ったりする事になり、施工性が悪いのでほとんどやりません。 ただし、このCチャンの内側に内装下地用として木胴縁を組んであれば木造と全く同じようにタッカーで固定できます。 >外壁がALCの場合は、一般的にはグラスウールは使わず、現場発砲ウレタン等の他の断熱材が使われるのでしょうか? 施工性の問題や、万一断熱層に湿気が入った際に乾燥させるための通気層が取りにくい等(ALC版自体にも断熱性があり、ALCとグラスウールの間に通気を取るような工法はムダになる)の問題があるためです。 なお、蛇足ですが現在はALC版の取付方法はロッキング工法(地震等で建物に変位が生じた際に版1枚1枚が動き破損を防ぐ工法)のため、施工費は安いのですがPBのGL工法は避けた方が良いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

度々ありがとうございます。 >通常Cチャン(チャンネルの略)と呼ばれる材料でその名の通り断面がC形をしています。 検索で断面形状を見ましたのでイメージが湧きました。また、溝形鋼をCチャンと解説してるサイトもありました。 >Cチャンの内側に内装下地用として木胴縁を組んであれば木造と全く同じようにタッカーで固定できます。 よく考えたものですね?これなら木材や軽量形鋼の下地は不要ですね? でもこれはコスト高になるかは知りませんが、一般的には使うのでしょうか? 外壁材としてALCを使うという案もでてますが、それ以上にガルバリウムの方が優れてる点が多いのが魅力です。(耐久性、耐蝕性、耐熱性、軽量、耐震性等・・・) それに何と言ってもALCよりコストが安い事です。 但し、残念ながら「(薄い金属合金ですから)断熱性能が劣る」欠点があるそうです。 しかし、その欠点は断熱材(グラスウール)の厚みや性能でカバーできるという回答をこのカテゴリで得てます。 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1954822 グラスウールの「結露対策」についてもここで教えていただきました(コスト的にどうなるか不安はありますが) 私は現在、古くからある?ALCよりガルバリウム鋼板に惹かれてます。 ALC単独でもある程度は断熱効果はあるようですが、夏場の冷房効率を考えると グラスウール等の断熱材があった方がかなりの差がでるとの回答でした。 いずれにせよALCでも断熱材は必須という見解です。

  • 回答No.2

ALC等のパネル材料以外の場合には外壁材は胴縁(C形鋼)等に固定し、内壁側は胴縁に直接施工もできますが納まりや施工のしやすさから木材や軽量形鋼で下地を作ることが多いです。 このため断熱材にグラスウール等のマット状の材料を使用する場合は木造の場合とほとんど同じ様な方法で固定します。 ただポリスチレンフォーム等のボード状の断熱材を使用することも多いです。 外壁がALC版の場合には現場発砲ウレタンを吹き付けるか、ボード状(PBに貼り付けてある製品もあり)の断熱材を使用することが多いです。 通常内装はGL工法で直接PB(石膏ボード)を貼り付けるか、胴縁を組んでPBを留め付けるかのどちらかになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 No.1さんが書いておられる軽鉄がC形鋼に相当するのでしょうか? >内壁側は胴縁に直接施工もできますが グラスウールを直接、この胴縁(C形鋼)に取り付ける事も可能という意味でしょうか? でも、納まりや施工のしやすさから木材や軽量形鋼で下地を作ることが多いのですね? 要は木材で下地を作れば、木造の場合とほとんど同じ固定方法なんですか? どこかのサイトにグラスウールを軽量形鋼の下地に固定した写真か図面があればイメージがわくのですが、そういったわかりやすいサイトはないものでしょうか? >外壁がALC版の場合には現場発砲ウレタンを吹き付けるか、ボード状(PBに貼り付けてある製品もあり)の断熱材を使用することが多いです。 外壁がALCの場合は、一般的にはグラスウールは使わず、現場発砲ウレタン等の他の断熱材が使われるのでしょうか? お礼の欄にての質問、失礼しました。

  • 回答No.1

 外壁の構造は様々ですが、重量鉄骨造といっても、ガルバリウム鋼鈑や内部の石膏ボードを取り付ける為の軽鉄や木の間柱が必要になるので、それに留め付けることになるのだと思います。    ALC版を使用する時も、同じように下地が要るんでしょうね……パネルタイプの断熱材なら接着することも可能なんでしょうが。    

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 言われてみればそうですよね。私はガルバリウム鋼鈑にどうやってグラスウールを取り付けるか悩んでしまいました。 確かに、ガルバリウム鋼鈑自体を取り付ける軽鉄は必要だと思いますので、グラスウールはそこに取り付けるのでしょうか? その時、グラスウールの内側に石膏ボードを取り付ける為に、さらにもう一枚の軽鉄が必要になるのでしょうか? ちなみに軽鉄とはどんな素材が考えられるでしょうか? >木の間柱が必要になるので 重量鉄骨の店舗で全くと言っていい位、間仕切りのない建物を計画中なので木材は使わないと思いますが、重量鉄骨でも一般的に木材は使うのでしょうか?

関連するQ&A

  • 断熱材の施工方法

    いつも参考にさせていただいております。 新築にあたり、ただ今断熱材を敷き詰めてくれています。 工務店には、断熱を重視しているので施工をしっかりお願いしますと口をすっぱく言ってます。 先日、途中経過を見に行ったところ、気になったところがありましたので、皆様のご意見をお聞かせください。 断熱材はグラスウールで、袋に入ったタイプのを使用しています。 手前に見える側は『この面が防湿層…』と書かれており、向きは正しく施工されています。 気になったのは、サイズの問題だとは思いますが、この袋を普通にカットして、長さ調節しています。 この施工方法だと、袋型・防湿層は意味ない気がしまして。 現場監督に質問すると、「ふつうはこんなもんですよ。お施主さんの家はこの上にさらに防湿シートを貼りますから、結露・気密は問題ないです」とのこと。 この他、電気配線工事も終わっていましたが、その際に邪魔になった(?)断熱材を押しのけて配線してありました。 一箇所指摘すると、一週間後にその部分だけは断熱材の切れ端を詰めておいてくれましたが、それ以外の部分は奥の透湿シートが見えてたりもします。 防湿シートを貼る前に、明らかに隙間は確認できるのですが・・・。 おまけに断熱材の上から貼られた、防湿シートもところどころに隙間が。。。 また一週間たって見に行ったところ、半分以上は石膏ボードが貼られてしまいもう確認できません。 残った半分からは、そのままの状態の断熱材も顔を出しています。 これって大丈夫でしょうか?? 大丈夫じゃない場合、泣き寝入りなのでしょうか?? ご意見お願いします。

  • 断熱材について

    ?地域で木造平屋の新築を計画中です。見積もりの断熱材その他関連を見ますと、床断熱材:サニーライトt50mm、外壁断熱材:サニーライトt 50mm、屋根断熱材:サニーライトt 60mm、外壁透湿シート及び防水テープ張りとなっていました。 以前打ち合わせ中に高断熱高気密等の話を出してみたところ、「このへんなら普通に建てても、特に困らない位の気密断熱性は出るんじゃないですか。最近の建築なら」と言われました。話はそれきりになっていたのですが、「断熱がいいほうがとのことなので…グラスウールよりこちらのほうが良いと思います」と見積もりには上記が書かれていました。 1:高断熱高気密は殆どやらない工務店さんのようなので、あまりにこだわるのは無理のように感じていますが、上記の断熱材は厚み的にはどうなのでしょうか。寒さ暑さで眠れないほどだったりは困るなと…(今の木造アパートがそうです) 2:サニーライトは高いようですが、予算を削るならグラスウールにかえることもできますと言われています。グラスウールに変えるなら、どの位の厚みがあったほうがよいのか教えて下さい。また、多少価格がはってもサニーライトにこだわったほうがよいメリットがもしあれば教えて下さい。 以上です。ごちゃごちゃ書きましたが、どうかよろしくお願いいたします。

  • 押入れに断熱材

    現在新築中です。ALCの外壁に内側はグラスウールで断熱材を入れています。あるホームページでカビ、結露対策に押入れにも断熱材を入れたほうが良いと書いてありましたが、実際入れてるところは多いのでしょうか。本当に入れるだけの効果があれば至急検討したいと思っています。専門家の意見をお待ちしてます。

  • 床にグラスウール断熱材を入れる方法

    床に断熱材が入っていないので自分で床下にもぐってグラスウールを充填しようと考えています、根太にタッカーで留めただけではたるんできてしまうのではないかと思います、どの様な方法で行ったらよいかアドバイスをお願いします。

  • 天井断熱材について

    リフォームで大工と話をしていましたら、天井引き込みのグラスウール断熱材の話になりました。天井引き込みのグラスウール断熱材ですが、調べていますと透湿防水シートを引きなさいと出ています。 それが室内から見ると、(1)石膏ボード→野縁→グラスウール→透湿防水シートとあるものと、(2)石膏ボード→野縁→透湿防水シート→グラスウールとあります。小屋裏の天井に透湿防水シートを引く意味がわかりません。多少外気の影響受けますが室内にシートを引くことで何かの効果がでますか。 又(1)と(2)とでは何か違いがあるのでしょうか。工事なされている方教えてください。

  • 1F天井の断熱材の施工について

    軽量鉄骨で建築中の者です。 1F天井に断熱材(ロックウール)が充填されていたのですが、耳の部分が内側にまきこまれており、表面の防湿シートが連続になっていない状態でした。業者曰く、断熱ではなく、遮音のために充填しているので、問題ないとのことした。1F天井とはいえ、防湿シートが連続になっていない状態なので、結露など起こらないか心配なのですが、このような施工で問題ないのでしょうか?

  • 高気密高断熱住宅に適したグラスウールの種類と厚み

    高気密高断熱住宅に適したグラスウールの種類と厚み 軸組充填断熱工法で次世代省エネ仕様にする場合、壁の断熱材 (グラスウール)はどのような種類が適してますか? ※断熱材と石膏ボードの間に気密シートで部屋を覆います Q1:片面に防湿層がついた袋入り品と裸のGWどちらがいいですか? Q2:断熱欠損ができないように、グラスウールは耳付品を使用し、   柱や間柱にタッカーで固定する施行方法が良いですか? Q3:3.5寸柱にグラスウールを充填する場合、III地域なので、   GW厚みは90mmが基準ですが、柱の厚みに近い100mm厚GWを   用い、透湿防水シートと石膏ボードとの隙間をできるだけ   少なくして充填した方が良いですか? Q4:下記の2種類のGW(100mm)の品質と値段は違うのですか?   (A)住宅用グラスウール24K(32K相当)   (B)高性能グラスウール16K(24K相当)  

  • 断熱材の施工と内部結露について

    現在、在来工法で住宅を建築しています。 上棟も終わり現在は断熱材の施工途中なのですが、疑問を感じたため 作業を中断し(他の部分をやってもらってます)、週末に現地を確認しながら現場監督の方から 説明を受ける予定です。 施工状態は、重鎮が甘く断熱材が無い、防湿フィルムだけの部分がある、梁や床近辺に断熱材が 足りてないところがある、柱の間に留めている場所がある(筋交いの部分など)、などです。 疑問とは断熱材の施工方法なのですが、ネットで調べると色々と出てきます。 柱の内側にシートを留めない事、隙間なく重鎮する事、無理に詰め込めばいいというわけでもなく、 そうかといって少なくてもNG、柱と同じ高さで石膏ボードとの間に隙間が出来ないようにする、 中のグラスウールが剥き出しにならない、等々。 これらの施工は内部結露を防ぐ為に重要であったり、断熱効果のためであったりとあるようですが、 特に私が気になっている部分は内部結露です。 結露が酷ければ断熱材は水分を含み下がってくるでしょうから断熱効果は落ちるでしょうし、 もっと深刻な場合は柱が腐ったりと、建物に致命的なダメージを追う可能性があるのではないかと。 その事をザックリとですが大工さんにお話ししてみたのですが、 今回の構造は 外壁⇒空気層⇒透湿防水遮熱シート⇒断熱材+防湿フィルム⇒石膏ボード⇒壁紙、となり、 内壁の湿気が空気層や透湿防水遮熱シートから外に出る為、内部結露は心配ないとの事でした。 実際今までに何軒も解体もしてきたが、そういうお宅はなかったと。 ただ、念の為に断熱材が足りてないと大工さんが思ったであろう箇所は後から追加で補填しているようです。 (妻が見てきた為、私はまだ未確認) そこでお伺いしたいのは、空気層と湿気を通すシートがある事で、断熱材の施工が多少いい加減?でも、内部結露はしないのでしょうか? 勿論、週末に現場監督との話し合いの場でこちらの要望はお伝えしますが、今後も家造りは継続しますし、あまりにもこちらの要望だけを押し付ける事は難しいのかなと。 実際、正しいであろうと思われる断熱材の施工方法が望ましいですが、そう施工しなければ ならないルールがあるわけでもなく、もしそう施工するには一度全ての断熱材を剥し、新たに剥した分の断熱材も取り寄せなければならないと思います。 そうなれば予定外な材料費ですから、ハウスメーカーが呑むとも思えませんし。 一応、建設会社にて定める断熱材の施工マニュアルを持参し、それを見せながら説明して下さるようなんですが。 そこに定められている通り施工できているから大丈夫ですとか、逆にここは間違いなので直しましょうとか、そういう話にはなるんだと思うんですけど、 あくまでも建設会社のマニュアル上での話しですからねぇ。 その建設会社での施工なので仕方ないんでしょうけれど。 ただし、現状もいくつか補修はして下さっているようで(現場監督の方が大工さんに指示したとの事は連絡を受けています)、全く何も動いてくれないわけではなさそうです。 最終的には週末の話し合いの中で今後の動きが決まってくるのは間違いないので、今どうこう 考えてもというのはあるんですが、大工さんの言っている事があっているのかいないのかは 知りたいのです。 以上、宜しくお願い致します。

  • 断熱材

    ガルバリウム鋼板屋根の木造住宅で、屋根直下階の天井断熱材はグラスウール使用の場合厚み50ミリ程度でいいのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 断熱材の施工

    我が家(在来工法の新築)で断熱材(グラスウール)の施工が始まりました。断熱材の品名(マットエース)が分かりましたので早速どんなものなのかで調べてみましたら、施工方法の悪い施工例(防湿シートの耳を間柱の見附ではなく横に留め付ける http://homepage.mac.com/headswill/glass/manual/sekou6.htm )で施工されていることが分かりました。この場合、どういった問題が起こるのでしょうか。正しく施工し直してもらうとすると、断熱材および付属の防湿シートが傷むような気がするので、是正するにしてもどうしてもらうのが良いでしょうか。よろしくお願いいたします。