• 締切済み
  • 暇なときにでも

社会にどのように貢献しているのでしょうか?

素朴な疑問なのですが、現代社会で哲学はどのような形 で貢献しているのでしょうか? 極端な話ですが、もし哲学が無くなったら、どのような 点で社会は不利益を被ることになるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.4
  • harlly
  • ベストアンサー率12% (1/8)

はっきり言うと、哲学者は社会に貢献している事は少ないですが、哲学そのものは、各人が意識しないでも、それぞれの生き方の一つのコンパスとして機能しています。人生や社会を考えるだけが哲学では有りません。

参考URL:
ソフィーの世界

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 「それぞれの生き方のコンパス」っていうことは 哲学っていわゆる science ではないのですね。 だから「物理学は社会にどう貢献しているか」と 平行に考えても意味はないのかな。

  • 回答No.3

答えになりそうもありませんが…。この質問の発想が、すでに哲学なので、哲学が無くなることはありえません。考え方の基礎が哲学なので…。まず、哲学は社会に貢献しなくてはならないのか。社会に貢献するとは、どういうことを言うのか。良い社会はどういうものか。そもそも社会って何だ? などを考えるのが、もう哲学でしょう。だから…、哲学が無いとどう不利益を被るか。哲学が無いと、「どう不利益を被るか」を考えることが、もはやできなくなると思います(笑)。じゃあ、考えることが、社会に役立っているかどうか。800字以内で書くのは、きついっす。個人的には、社会に積極的に貢献する必要は、それ程ないと思います。ナチズムなどは、貢献したのか、しないのか。ある意味貢献したし、ある意味していないどころか…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

考える=哲学している なんですかねえ。。。 感覚としては理解しました。ありがとうございます。

  • 回答No.2
noname#147
noname#147

医者が患者の意識レベルを図る時に、見当式(字はあってるかな?)という方法があります。 【あなたは誰ですか】、【ここはどこですか】、【今日は何日ですか】・・・ これらの質問によって患者の意識レベルをはかり、治療の進め方を決める。 そしてこの3つの質問こそ、哲学である。と・・・ つまり自己と他人という中での認識、空間という中での認識、そして時間という中での認識。 これらの質問を突き詰めることにより医学、心理学、天文学、地学、そして物理学や考古学・・・等の学問が生み出されてきました。 したがって、哲学無しには学問は生まれてこなかった。よって現代社会は成り立たない。 ということです。 以上、まことに大雑把な回答ですが、始めに哲学ありきです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

昔はそれなりの貢献をしたということは理解できました。 ありがとうございます。 現代はどうなんでしょう??

  • 回答No.1
noname#25358
noname#25358

 現在、哲学は宗教学と併合されています。  というより、存在自体は哲学、宗教学ともに個別にあるんですが、一緒の席に着くことが多いようです。よって、無神論者には現代哲学はあまり意味のある物ではありません。  ……と一般には言われていますが、実はそうではありません(笑)  「観測できない物理学」の問題を解決するのに、哲学が応用されています。  わかりやすいところで言えば、コペンハーゲン解釈なんかがその典型でしょうか。箱の中の猫は死んでいるか生きているか。見ていないとき月は存在しているかしていないか。  こういった、絶対に観測できない物事を解決するのに哲学が応用されているわけです。(悪い言い方をすれば投げやりになっているともいえるんでしょうが)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 社会貢献について

    企業の方向性なのどについて考えた際、 社会貢献がその一つに入るらしく、 例えば、自社製品で社会に貢献出来る製品を作るのは分かるんですが、 会社周りの美化に取り組むべく、歩道の清掃を朝イチに行ったり、 公園の草むしりをする、と言う事もあるかと思います。 事実、近所の大企業の従業員(だと思います)の方が、近くの歩道の掃除、 しかも広範囲(自分たちの会社の前だけじゃない)に毎朝行っています。 本当にそれが社会貢献でやっているのか分かりませんが、 このような形で社会貢献する意味・意義を教えて頂きたく思います。 このような事を行うことは、企業利益等にはなんの関係もなく、 単に見え透いた良い人アピールをしているだけにしか見えないんです。

  • 社会に貢献するってどういうことですか

    ある討論番組で最近は株やFXをやる人が増えて社会に貢献していない人が増えた。このままこういう人が増えると楽して儲けるという考えがまんえんして、社会に貢献する人が少なくなると国としてよくないというような事を言っていました。 では社会に貢献ってどういう意味でしょうか?会社で働くのが社会貢献なんでしょうか?でもそれは会社に貢献しているだけであるような気がします。その会社が利益をだして税金を納めると国に貢献したことになります。だったら個人で株やFXで儲けても税金を国に納めればそれは国に貢献しているとうことになると思います。国に貢献する=社会貢献なんでしょうか?

  • 経営コンサルタントの社会貢献とは?

    私は経営コンサルタントに興味を持っています。 そこで思ったのが、 経営コンサルタントというのは利益を上げることが一番ですが、 どのようなところで社会貢献しているのでしょうか? 私は自らの利益だけでなく、 社会貢献もしていきたいと考えています。 利益と社会貢献の両方を目指した経営コンサルタントというのは難しいのでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • 企業が社会貢献活動を行う理由

    企業が社会貢献活動を行う理由がわかりません。 利益になるとは全く思えないのです。 なぜトヨタのように、企業が社会貢献を行うのでしょうか? http://www.toyota.co.jp/company/kouken/

  • どちらで働けば、より社会に貢献できる?

    どちらで働けば、より社会に貢献できる? 大学4年生の男です。昨年から就職活動を始めて、就職氷河期と言われる中、ありがたいことに地元の新聞社と信用金庫から内々定を頂くことができました。しかし、最終的に進路をどちらにしようか決めあぐねています。 新聞社は情報発信の役割、信用金庫は中小企業や個人への経済面でのサポート。アプローチの仕方は違えど、地域社会への貢献ができる仕事だと思います。それだけに自分がどちらで働いた方がいいのか…。悩む毎日です。 先日も両方の現役社員の方にお話しを伺ったのですが、正直決め手になるものがありませんでした。 どちらの方がより社会に貢献できると思いますか?1つの参考にしたいと思いますので、よろしくお願い致します。

  • 社員の社会貢献に対する報奨金

    社員の社会貢献に対する報奨を支給する場合、課税対象になるでしょうか。 社会貢献とは、長年にわたる地域でのボランティア活動や、ボヤの消火といった事件解決への貢献のようなものです。 会社から社員に支給するもののうち課税対象にならないのは、通勤手当ほか一部の限定された支給項目だけで、現金・現物を問わず社員に経済的利益をもたらすものは基本的に課税対象になると思います。 他社で同等の報奨を非課税で支払っているという話を聞いたのですが、その根拠となる資料が見つからず、非課税にしてよいか判断しかねています。よろしくお願いします。

  • 哲学で人間や社会に貢献できるでしょうか?

    私が高3の頃 大学を受験するのに「哲学科に行きたい」と言ったら 父からあっさり却下さrました。お金を出すのは父ですからやむを得ず理学部を受けました。 しかし哲学への思いは捨てきれず ついに大学を辞めて家を出ました 私は大学の哲学という勉強ができなくても 自分で考え抜けば結論は出ると思ったのです その結論は存在性思想で検索して頂ければあるのですが 思ったほど いや思いもしないほど広がりませんでした 僕は現代社会で哲学が果たす役割は大きいと見ているのですが 皆さんはどう思われますか? 情報量ばかり多くて それを使う方針がない すぐ武力に頼ってしまう。 マザーテレサやガンジーのような人物もいないような気がします 在来の哲学も含めて哲学の果たす役割は何でしょう?何が出来るでしょうか?

  • 社会貢献活動を目的とした適切な事業形態の選定

    社会貢献活動を目的とした適切な事業形態の選定について 現在、小規模法人を経営しておりますが、より社会に対して貢献したいと考え、永続的な社会貢献活動をはじめたいと考えています。 私には本業のビジネスがあるため、金銭や現物の寄付を主とする活動に留まると思います。具体的には、法人や私個人が生み出した利益をそのまま寄付するのではなく、一度積み立てた上で預金等の安全資産で運用し、そこから生まれる利息を永続的に寄付に回す仕組みを考えております。 しかし、これを法人でやってしまうと、積み立てた資金がBSに載ってしまい、(現金が無駄に積み上がるため)BS上の経営効率が落ちてしまいます。また、会社の業績が悪化した際に、積み立てた資金を取り崩してしまうなど、会社の財布と社会貢献のために積み立てたお金があやふやになってしまいます。 また個人で行ってしまうと、個人の財布と社会貢献の積立額があやふやになってしまいます。 そこで、社会貢献のための事業形態(箱)を作るべきだと考えたのですが、その箱の事業形態として最も適した形はどれなのか?について、皆様にお知恵を貸していただきたいと思いました。 下記が私が理想とする形です ・できる限り維持コストを抑えて、得た金融収益をそのまま全額、寄付金や貢献に使えるようにしたい(できれば維持コストはゼロで、金融収益がすべて社会に還元できるような形がよい) ・法人のBSや個人の財布とは切り離して運用したい ・決算申告などの手続きが簡単であることが望ましい ・一人もしくは二人などの少人数で運用できる形がよい 原則として利益は全額寄付に回しますので、内部留保はせず、役員報酬などの経費もかかりません。しかし、新たに法人を作った場合、金銭収益を全額寄付に回しても、法人には維持費(市民税の均等割など)がかかってしまいます。 私が調べた限りでは、LLP(有限責任事業組合)が最も適した形ではないかと思ったのですが、いかがでしょうか? 長くなってしまいましたが、皆様のご意見お聞かせください。

  • 非モテという才能を生かして金儲けまたは社会貢献するには?

    自分は容姿が悪い事を筆頭に女性から好意的に好かれる要素が皆無の非モテという人種ですが、この性質を生かして何か事業や社会貢献が出来ないものかと最近考えています。(自分は弱点をただ弱点としてしか見ないで闇雲に克服しようとするのではなく、視点を変えそれを長所として捉えそこを伸ばして利益に繋げるという考え方が好き) 今私がやってるのは社会貢献としてはモテナイ=性経験がない=童貞=安全な血液ということで献血を積極的にやっていますが、どうもそれ以外あまり良いアイディアが思いつきません。何か他にこの特徴を生かして社会貢献になるような事はないものでしょうか?

  • 中国の国際社会への貢献度は?

    国連の常任理事国である中国(中華人民共和国) 疑問です 中国の国連など国際社会への貢献度は どの程度でしょう? 常任理事国といえるにふさわしい程度 貢献しているといえますか?