締切済み

万葉集3827について教えて下さい!

  • 暇なときにでも
  • 質問No.197576
  • 閲覧数160
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 92% (214/232)

一二の目のみにはあらず 五六三 四さへありけり 双六の采

宴の詩人といわれる、長忌寸意吉麻呂の歌ですが、意味が解りません。
宴席で詠われたものらしいので、きっと、くだけた感じのもの
と思いますが・・・・
どなたか解説お願い致します。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 50% (1106/2197)

双六の采(さいころ)は,目が一二だけでなく,五六,三四と出る面白いものだ
という意味で,さいころの目と人間の目(2つしかない)を引っ掛けた軽い歌のようです.
当時は親父ギャグも「歌」として発表されたんですね.

このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ