• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

IT関連株

  • 質問No.1968661
  • 閲覧数123
  • ありがとう数3
  • 回答数3

お礼率 60% (275/458)

IT関連株が売られていますね。
これはどういう原因があるのでしょうか?
割高な株が揃っているだけに今後、ズルズルと
落ちていかないか心配なところです。

IT関連株はいまの株価を維持し、さらに
上昇するのでしょうか?
気になるSBなど
どの位の値まで落ちるのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 59% (2274/3836)

本質的にはIT関連というよりも、時価総額経営というビジネスモデルでM&Aを繰り返している企業が売られています。LDも純粋なIT企業ではなく、金融事業を中核とした投資会社そのものでした。

バブルというのは経営多角化が是とされて、効率性や相乗効果などを無視したM&Aが繰り返されます。

現状の日本も3年前の底打ちから完全な回復局面に移行しており、プチバブル状態になっていたのもあり、そのような企業が増えていたわけです。

そこにLDショックという事件が起きて、そのようなM&Aを中核とする企業の錬金術(法的に違法すれすれor完全に違法)が広く知れ渡ってしまいました。

これにより、表向きの数字だけ(トリック的な低PER)のM&A企業に疑いの目がむけられているのが現状です。既にLDショック以前から3分の1以下に下げたような銘柄もいくつかあります。

また、ヤフーやソフトバンクのような本来のIT企業も売られています。これは地合いの悪化と、個人投資家のウエイトが大きいことで、相場のセンチメントが極端に表れる面が大きいからだと思います。あとは、アメリカでGoogle株がLDショックの頃から急落している影響もあると思います。
お礼コメント
aoitorigairu

お礼率 60% (275/458)

回答ありがとうございました。
いろいろな要因で下げているのですね。よくわかりました。割高なIT関連株ですが、今後割高でなくなれば日本の株価は落ちますね。
投稿日時:2006/02/16 17:36

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 18% (142/767)

新興市場の会社には、ライブと同様の怪しげなファイナンスをして、
事業自体より金集めにうつつを抜かした会社が結構あります。
これらの錬金術系会社への危機感が、市場への資金流入を細らせて
いるようす。。。。
お礼コメント
aoitorigairu

お礼率 60% (275/458)

回答ありがとうございました。
なるほど。時価総額経営は確かに割高ですから今後も下げるかも知れませんね。ITバブル崩壊の予感が・・・。
投稿日時:2006/02/16 17:34
  • 回答No.1
>IT関連株が売られていますね。
>これはどういう原因があるのでしょうか?

一部報道機関でも報道されている内容の繰り返しですが、
ライブドア事件後IT関連企業に疑いの目が向けられているからではないでしょうか?。

中には努力していて健全な企業もあると思いますが、
一部のヒルズ族の影響でそれらの企業も同類と見られがち。
投資家は、疑わしきには手を出さず動向を見守るのが普通でしょう。
いつ何時ライブドアのように手入れがあるかわからないですから。

>割高な株が揃っているだけに今後、ズルズルと
>落ちていかないか心配なところです。

そうでしょうね。
私も割高と考えている企業については
空売っています(笑)。

>IT関連株はいまの株価を維持し、さらに
>上昇するのでしょうか?

少なくとも私は、当分難しいと見ています。

SBの下落後の株価についてはわかりませんが、、。
お礼コメント
aoitorigairu

お礼率 60% (275/458)

回答ありがとうございました。
空売りしてるなんてさらに下げるということなんですね。恐いですね。ただ、かなり下げてくれると安い金額で買えるのであまりホールドしていない自分としてはうれしいかも知れません。
投稿日時:2006/02/15 22:10
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ