• ベストアンサー
  • 困ってます

(簡単?な)数列です

漸化式で(An+1はAnの次の意味 右辺はAnに1を足している) An+1 =√(An + 1) , A1=1 である時、有界で単調増加であることを示し極限を求めよという問題なのですが、 下に有界である事は分かるのですが、極限の出し方が分からないです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数145
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

1.まず、Anが(上に)有界で単調増加であることを示します。すると、とある定理により極限が存在しますのでα=√(α+1)で解けます。 2.Anが正で単調増加。 An>=0はわかります。 {A_(n+1)}^2-{A_n}^2=An-A_(n-1)だから帰納法で単調増加がわかります。 3.上に有界。 適当に1つの上界をとって(極限よりも大きい物。上記の極限の類推からたとえば2とる)、An<2を帰納法で証明します。 A_(n+1)=√(An + 1)<√(2 + 1)<2 最後の不等式は両辺を二乗すれば解ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

細かい説明までありがとうございます。

関連するQ&A

  • 数列 1/(n+1)+1/(n+2)…1/(n+n) の収束について

    ----------------------- 数列{an}を an=1/(n+1)+1/(n+2)…1/(n+n) とする。ただしn∈Nとする。 (1)この数列は収束する。 (2)n→∞のとき、0≦an≦1となる。 ----------------------- を示したいのですが、どのように導けばよいのかさっぱり解りません。 (1)で、この数列が収束することは単調増加することと下に有界であることから示せました。 (2)は解けずにいるのですが、疑問点があります。 n=1のときに、a1=1/2となり、数列が単調増加をすることから、0≦anということは有り得ないのでは?と思うのですが…。 このことと、大雑把な道筋を教えてください。 細かい計算は自力でやりたいので…。

  • 「an+1=√1+an,a0=1 を満たす数列の極限を求めよ」 という問題

    an+1-an= 05/05/22 17:01 √1+an-√1+an-1=(√1+an-√1+an-1)(√1+an+√1+an-1)/√1+an+√1+an-1 =(an-an-1)/(√1+an+√1+an-1) ここで a1-a0=√2-1>0 an+1-an>0 (n=0,1,2...) ここでx~2=1+x x=1+√5/2,1-√5/2 ←この二行がよくわかりません。 a1=√2 a2=1+√1+a1 < √1+2=√3 a3=√1+a2 < √1+2=√3 よってan<√3と推測できる ←a3までしかしてないのにan<√3と何故していいのかわかりません。 数列anは単調増加、有界より収束する。 M=lim an (n→∞)とおく M~2=1+M M=1+√5/2 1-√5/2 M>0より ←これはどこからわかるのかわかりません M=1+√5/2 よろしくおねがいします。

  • 単調増加

    次の問題が分かりません。 次の数列は有界で単調増加であることを示し、極限を求めよ。 (1)a1=1、a(n+1)=√(an+1) (2)a1=1、a(n+1)一=(3an+4)/(2an+3) n1の1は右下についているやつです。 問題文には答えのみ載っているのでどうしてそうなるのか分かりません… よろしくお願いいたしますm(__)m

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

対数をつかってみてください。 log2An+1=log2√An としてlog2An=Bnとおけば Bn+1=1/2BnとなりBnが等比数列となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

極限をαとすれば、An+1 = α , An = α が成立するのでα=√α+1 を解けば極限がでるんじゃないですか?てか√がどこまでかかっているのかがよくわからないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

√(α+1) で全部にルートかかってました。 ありがとうございます。おかげで解けました。 答えは(1+√5)/2でした。

関連するQ&A

  • 漸化式a1=c, an+1= √(an + 2)(n=1,2 ,…)によって定まる数列{an}を考える。

    (1)漸化式a1=c, an+1= √(an + 2)(n=1,2 ,…)によっ て定まる数列{an}を考える。ただしcはc≧-2をみたす定数と する。anを求めよ。 <解答> 極限値があるとしその値をxとおき、漸化式においてn→∞の極限をとると、 x=lim(n→∞)an+1=lim √(an + 2)=√(x+c)を得る。 x≧0でなければならないことに注意して、両辺を2乗すると x^2-x-2=0 この2次方程式の正の実数解x=2を得る。 従って、lim(n→∞)an が存在するなら値は2でなれけばならない。 次に実際2に収束することを示す。 an+1 - 2= √(an + 2)-2 ここで、分母分子に √(an + 2)+2を掛けると an+1 - 2=(an - 2)/ {√(an + 2)+2} √(an + 2)+2≧2より (an - 2)/ {√(an + 2)+2}≦ (an - 2)/ 2 はさみうちの原理より、 an - 2≦(an-1 - 2)/ 2≦(an-2 - 2)/ 2^2≦(an-3 - 2)/ 2^3≦・・・ ・・・≦(a1 - 2)/ 2^(n-1) よって、n→∞とすると。右辺→0。すなわち、an - 2→0 ∴lim(n→∞)an=2 上のように解いたのですが、はさみうちの説明が不十分でしょうか? 助言をお願い致します。

  • 微分積分の問題です。実数列{an}は、単調増加で上

    微分積分の問題です。実数列{an}は、単調増加で上に有界であるものとする。... 実数列{an}は、単調増加で上に有界であるものとする。この{an}の上限をαで表す。したがって、 ・任意の自然数nに対してan ≦ αが成り立ち、 ・任意の自然数eに対してaN > α-e となる自然数Nが存在する。 以下の3つの設問に答えよ。 (1)数列{an}の極限値はαであること、すなわち、任意の整数eに対し、n > Nのときには|an-α| < e となる自然数Nが存在することを示せ。 (2)数列{an}は、an = 1 - 1/n であれば単調増加で上に有界となることを示せ。 (3)設問(2)で与えた数列{an}の極限値αを求めよ。このαに対し、n > N のときに|an-α| < 0.001を満たす最小の自然数Nを計算せよ。 この問題の解説をどなたかよろしくお願いします。

  • 教えてくだい><数学です

    a1=3 an+1=1/2(an+3/an)により定めるとき (1)下に有界であることを示せ (2)単調減少数列であることを示せ (3)極限を求めよ お願いします><

  • 下に有界な数列{an}の極限とanの関係の証明

    こんにちは。大学学部生1年です。 処理できない問題があるのでご協力いただきたく投稿しました。 なお、今考えている証明を載せておきますので、訂正などしていただけると嬉しいです。(^^; 【問】 下に有界な単調減少列{an}について、{an}が極限αを持つならばan≧αを証明せよ。 ∵)∃Mは実数,∀nは自然数;M≦anとする。   また、αが{an}の極限であることから、   ∀ε>0,∃Nは自然数,n≧N;|an-α|<εが成り立つ。―(1)   今、an<αと仮定すると、{an}は単調減少列なので、   α>an≧an+1≧an+2≧…≧Mとなる。―(2)   (1)より、an<αのとき、α-an<ε   また、(2)より、α-an<α-an+1<α-an+2<…となり、   αが極限であることに矛盾する。   よって、an≧α                  (証終) なんか変な気がするんですよね・・・ 環境依存文字が多かったため、表記が稚拙なところがあります。すみません。

  • 数列の極限の評価の仕方について

    数列の極限について、一つ疑問というか、考え方を知りたいと思い、投稿してみます。 興味がありましたら、是非コメントのほど宜しくお願い致します。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 【数列の極限】 lim(n→∞)an=α の時、 bn=(a1+a2+・・・+an)/n の極限もαになる、という問題についてです。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 解き方は分かるので、分かっているところまで書きます。 ↓Start 「任意の ε/2 を与えても n1>0 を取ることにより、  n>N1 なら |an-α|<ε/2 と表せる」ことが初期条件で与えられているので、 n>N1 なら |bn-α| = |(a1+a2+・・・+an)/n - α| <=(|a1-α|+|a2-α|+・・・|aN1-α|)/n + (|aN1+1-α|+|aN2+2-α|+・・・|an-α|)/n ・・・☆ と、三角不等式を使って、 n=N1の部分 で2つの式に分解する。 ☆の右辺第2項については、仮定より、 (右辺第2項) < (n-N1)/n * ε/2 < ε/2 (なぜなら、(n-N1)/n < 1) である。 ☆の右辺第1項については、N1が定数で、 さらに分子は絶対値の足し算(=定数)なので (分子)=A(>0)の正の定数と置くと、 (右辺第1項) = A/n となります。 ※ここは、収束する数列は有界である、という条件を使って 分子をKで表してもいいですが、今回はこのようにやりました。 ここで、充分大きな M を取れば、 n>M なら、A/n < ε/2 となるので、 ※ここは、アルキメデスの原理を使って、存在の保証をしてあげてもいいですが、 今回の質問の主旨とは違うので、簡易的に書きました。 N=max{N1,M} とすれば、 ☆は、 n>N なら A/n + (|aN1+1-α|+|aN2+2-α|+・・・|an-α|)/n <ε/2 + ε/2 = ε となり、証明完了となります。 ----------------------------------------------------- ここで, N=max{N1,M}  について、もう少し掘り下げて考えてみたいのです。 まず、場合分けして考えてみます。 i ) N1 < M の時は、 A/n + (|aN1+1-α|+|aN2+2-α|+・・・|an-α|)/n を評価する際に、 A/n < ε/2 となるのは n>M の時なので、n > N1 で評価しようと思っても、 N1 < n <= M の時は評価不能。 従って、全体を n > M で評価してあげないと、右辺の2つの項は評価できないので、 証明ができません。 (なお、右辺第2項は、たかだか n>N1 で成り立つので、 n>M>N1 なら余裕で成り立つ。) 従って、 N=max{N1,M} と置くのは正解。 ii ) N1 > M の時は、 |bn-α| の評価を始めた時点でn>N1 としてスタートしているので、 A/n は問答無用で A/n < ε/2 となる。 (なぜなら、N1 > M より、A/N1 < A/M 。  n > M なら A/n < ε/2 なので、 ε/2 > A/M +1 > A/M +2 ・・・ > A/N1 > A/N1+1) 従って、N=N1 つまり、N=max{N1,M}と置いて評価すれば正解。 ----------------------------------------------------- さて、やっと質問です。 iii ) N1 > M の時、 N=M(つまり、N=min{N1,M}) で評価したらダメかどうか、知りたいのです。 実験してみます。 例えば、具体的な数で考えてみると、 N1=1000 M=100 などと置いてみますね。 すると、n > M(=100) の時、 |bn| <= A/n + (|aN1+1-α|+|aN2+2-α|+・・・|an-α|)/n と書ける場合と書けない場合が出てきます。 具体的に、n > 1001 > N1 なら上記の式は書けますが、 M < n <= N1 の時は、右辺第2項は登場しません。 ところが、 A というのはもともと A = (|a1-α|+|a2-α|+・・・|aN1-α|) ですよね。 よく見ると、100 < n <=1000 の時は A= (|a1-α|+|a2-α|+・・・|aN1-α|) > (|a1-α|+|a2-α|+・・・|a500-α|)=A' などのように、 M < n < =N1 の時、上記不等式が成立します。 すると、 M < n <=N1 の時、 |bn|<=A'/n というシンプルな式になり、 n > M なら、A'/n < A/n < ε/2 で、証明完了となります。 以上から、n > M で評価する際は、 (1)n > N1 の時と (2) M < n <=N1 の時で場合分けし、 いずれも証明可能であることを示せば良いので、 N=min{N1,M} でも良い。 という結論(?)が導かれます。。。 ---------------------------------------------------- この議論、どこかおかしいところあります? というのは、この議論を「真」にしてしまうと、 N1 > M の時は、N=max{N1,M}と置かなくても良い、ということになります。 個人的には、絶対どこかがおかしいと思うのですが、 もやもやしてて良くわかりません。 例えば、M という数字そのものが、 n > N1 を前提に議論を進めた結果 登場したものであり、最初から与えられていたわけではありません。 従って、循環論法になっている気がするのですが、どこがどう循環しているか ピントきません。 また、昔から習ってきたこととして、 最初に与えられた N1 よりも充分大きな M を取ればいい、という 先生の教えは間違っていたことになってしまいます。 なぜなら、上記の議論を真とするなら、 「別に M は N1 よりも小さくていい」ってことになりますから。 怪しいのはやはり、 A の扱い方の気がします。。。 理屈っぽい書き方になってしまい、読むのに疲れるかと思いますので、 興味がある方のみで結構ですので、是非コメントのほど宜しくお願い致します。

  • 数学で。

    次の数列の単調性、有界性を調べて、収束することを示し、その極限値を求めよ。 (1) a1=3、an+1=2√an 具体的な計算も申し訳ないですが、よろしくおねがいします。

  • 数列 単調増加 

    数列 単調増加  問題.数列{an}={(1+1/n)^n}は単調増加数列かどうか調べよ。 解答の抜粋を以下に示します。 an=(1+1/n)^n=(n+1/n)^n an-1=(1+1/n)^n-1=(n/n-1)^n-1 この比を調べて1より大きいか小さいかで単調増加数列かどうか調べる。 an/an-1 =((n+1/n)^n)(n-1/n)^n-1 =n/n-1((n+1/n)(n-1/n))^n =n/n-1(n^2-1/n^2)^n ≧n/n-1(1+n((n^2-1/n^2)-1))→ベルヌーイの不等式 =n/n-1(n-1/n)=1 ベルヌーイの不等式をなぜ使っているのでしょうか? また、ベルヌーイの不等式以下の=n/n-1(n-1/n)=1 がまったく理解できません・・・ (n-1/n)はどこから出て来たのでしょうか? 解答では、an/an-1の比を調べていますが、これは 比が1以上(1を含む)ならば単調増加数列という事でしょうか? 比が1より小さければどのような数列となるのでしょうか? 以上、ご回答よろしくお願い致します。

  • 単調数列の証明問題です

    自分なりに、以下の単調数列の証明問題を解いてみました。 間違いがあれば、ご指摘いただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。 【問題】 数列{(n-1)/(n+1)}{n=1,2,3,...}は有界な単調数列であるか? 理由とともに、単調な場合には、単調増加であるか単調減少であるか についても求めよ。 【証明】 まず、単調増加であるかについて証明する。 (n-1)/(n+1) = {(n+1)-2}/(n+1) = 1-{2/(n+1)}と変形させる。 これにより、1より小さいことがわかる。 また、2/(n+1)は単調減少であるため、-2/(n+1)は単調増加である。 よって、1-{2/(n+1)}も単調増加であることが証明される。 次に有界であるかについて証明する。 n→∞とするとき、{1-(1/n)}/{1+(1/n)}→1となる。 よって、1-(n-1)/(n+1) = 2/n+1 > 0とあらわすことができる。 ゆえに、数列{(n-1)/(n+1)}{n=1,2,3,...}は有界な単調数列である。 証明終わり。

  • 微分積分

    a1=√2,an+1=√(2+√an)(n≧1) (1)an+1^2-an^2をan,,an-1で表し、単調増加列であることを示せ。 (2)a1<2を利用して、an<2を示せ。 宜しくお願いします。

  • 数列

    A1=√2,An+1=√(2+An)の数列について(nは正の整数) (1)An<3を示せ。 (2)An+1-AnとAn-An-1は常に同符号であることを示し、それよりAn<An+1を示せ。 (3)□に入る言葉と数値を答えよ。   数列Anは(1)(2)より□かつ□であるので収束する。その極限値は□である。 という問題なのですが、(3)の極限値は計算して求めることができましたが、(1)(2)の示し方がわかりません。 どなたかわかる方がいたら教えてください。