• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

民事再生手続きのタイミングはいつでしょうか?

親族の住宅ローンの連帯保証人ですが、本人は失踪しました。 別の親族一名が共に連帯保証債務者ですが、その人物には経済的に代位弁済などの負担は無理です。 私には自分の住宅ローン34年間が残っています。 現状毎月かろうじて私が弁済していますが、今後の継続は厳しい状況です。 当該物件を任意売却にかけても、一千万以上の残債が残ると思われますが、私としてはそれでも任買にかけ、残債については民事再生を申請し圧縮していただき、自分の住宅ローンはこのまま返済を続けていこうと思っています。 質問ですが・・・。 (1)そういった方法は可能でしょうか? (2)可能であれば、どのタイミングで民事再生の手続きを行うべきでしょうか? 恐れ入ります。お詳しい方がいらっしゃいましたら、よろしくアドバイスをくださいますよう、お願い申しあげます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数87
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

民事再生の腹を括るのであれば、少しでも早い方があなたにとっては総弁済額が減るはずですね・・・。場合によっては、今弁済しているのを保留にして検討した方が良いかもしれません。 再生計画の中で該当物件を勝手に処分できるのかどうかも含めて、少しでも早く弁護士に相談してみることですね・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速アドバイスいただきまして、ありがとうございます。 明日、弁護士事務所に予約を入れました。 どのような方法が最適か、相談してみます。

関連するQ&A

  • 個人の民事再生・任意生理についての質問

    42歳男性会社員です。 義兄の住宅ローンの連帯保証人ですが、本人は失踪しました。 (残債2200万) 貴兄の嫁(私の実姉)も連帯保証債務者ですが、経済的に代位弁済などの負担は無理です。 私には自分の住宅ローン(残債1600万程度・34年間)が残っています。 現状毎月かろうじて私が弁済していますが、賞与月も近づき継続は厳しい状況です。 このばあい、結果的に競売と言うことになってしまうかもしれませんが、そのあと、私のとるべき行動はどのような選択肢があると思われますでしょうか? 自己破産はしたくなく、民事再生か任意整理のような方向があるのかとも思いますが・・・。 お詳しい方がいらっしゃいましたら、アドバイスいただければと思います。 よろしくお願いいたします。

  • 個人再生にかかる期間

    ■状況 手取り収入26万程度。 家族との合算収入は34万程度。 私の債務はカードローンと社内貸付で150万、住宅ローン1600万。 連帯保証として、代位弁済中の住宅ローンは2200万。 ■今後 弁護士に相談したところ、「連帯保証の住宅を任買にかけ、残債決定後個人再生を申請し、自宅を守る。」 ■問題点 「連帯保証の物権がうまく任買でき、残債が1000万程度に縮小したとしても、個人再生を認めてもらうためには3年間、毎月10万程度の返済が可能と判断してもらう必要がある。 あなたの収入では厳しいかもしれない。」 ■質問 (1)→面談時には聞きそびれましたが、5年返済も選べるというようなことを聞いたことがあるのですが、どのような条件が必要なのでしょうか? (2)→個人再生というのは、申請してから思考されるまで、一般的にどの程度の期間が必要なのでしょうか? いざとなると聞きそびれが多くて・・・、お詳しい方がいらっしゃいましたら、アドバイスください。 よろしくお願いいたします。

  • 連帯保証していた人が自己破産!

    保証協会よりの代位弁済3000万と生活に困って借りてしまった借金200万とを民事再生の個人版で処理したいと考えてますが弁護士を頼むにも費用がかかる為 どうしたらよいものかと悩んでいます どなたか詳しくわかる方アドバイスください 

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • mahopie
  • ベストアンサー率64% (563/872)

個人再生のメリット、デメリットや要件については既に確認済だと思われますので、(1)破産に準ずる経済状態にあること、(2)住宅ローンを除く債務が3千万円以下、(3)将来において継続的に又は反復して収入を得る見込みがあること、の要件が満たされるなら、できる限り早いタイミングで申し立てるべきでしょう。 特に親族の不動産については、本人が失踪している状況では任意売却は不可能であり競売手続を取れば1年以上時間がかかるはずです。その間の支払負担や再生手続にかかる時間や債権者から自宅や給与への差押の可能性も考えて至急対応されるべきかと考えます。自分のローンの金融機関や保証先に対してどのタイミングで連絡するかについては弁護士の指示に従って対応して下さい。(恐らくは事前連絡しないことになると思います。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスをいただきまして、ありがとうございます。 明日、弁護士事務所に予約を入れました。 とにかく、自宅ローンの借入先には迷惑をかけたくないし、追い出されるのも困りますので、そのあたり、最適な方法を相談してみようと思います。

関連するQ&A

  • 根抵当

    根抵当権に関する質問で御座います。 知人の不動産にA銀行で保障協会の保証1.2億の根抵当権を設定。知人は連帯保証人になっている。その後代位弁済を受け、現在は保証協会に毎月返済を続けている状況です。 代位弁済を受けた時点の債務は極度額を超えているとの事です。 (1)確定債務とは代位弁済を受けた時点の債務を指すのでしょうか? (2)連帯保証の知人は極度額(1.2億)を支払う以外にも求償債務に対して弁済義務が生じるのでしょうか? (3)今後知人が取るべき行動は? 以上、宜しくご教示お願い致します。

  • 賃貸住宅の家賃保証会社と連帯保証人の関係は

    アパートを借りる時に、家賃保証会社に加入し、さらに親族の連帯保証人を付ける場合がありますが、借主が家賃を滞納した場合、家賃保証会社が代位弁済しますが、この時に、連帯保証人に対して、家賃保証会社は、代位弁済した金額の全額を、連帯保証人に求償することはできるのでしょうか?共同保証であれば代位弁済した金額の半分となるのでしょうか?詳しい方宜しくお願い致します。

  • 弟の住宅ローンの残債1050万の連帯保証人になっており

    弟の住宅ローンの残債1050万の連帯保証人になっており 先日信販会社から代位弁済の通知がきて残債全額の返済を 請求されています。このまま返済できないと弟の家は差押え もしくは競売に掛けられてしまうのでしょうか 弟は失業中で返済の見込みも なく私も連帯保証人ですがとても払いきれません どうしたらいいのでしょうか 教えていただければ幸いです よろしくお願い致します。

  • 連帯保証人:一方が民事再生をしたら?

    主債務者Aと連帯保証人Bがいます。 主債務者がBが連帯保証人となっている債務と他の債務(全て現在は 無担保債務)についてもまとめて民事再生を申請するそうです。 そこで質問です。 Aの民事再生(ABとも給与所得者、総債務額3000万円以下です)の許可後、 Bは何もしなくとも連帯保証人になっている債務も同じように減額されるのでしょうか? ちなみにBが連帯債務となっているのは、Aの住宅ローン。 この支払いが滞納⇒任意売却となり、ローンが残りました。 また、Aには消費者金融数社に債務があります。それらをまとめて 民事再生を申請し、大きく債務を減額してもらう意向だと聞きました。

  • 個人版民事再生と連帯保証人の関係

    個人民事再生と連帯保証人との関連で質問させてください。 父がある事業主の事業資金借入の連帯保証人になっています。 最近、その事業主(主たる債務者)より、経営が苦しくなり個人版民事再生を申立てると連絡がありました。 個人民事再生を申立てた場合、父は求償権の債権者として再生計画に含まれることになり、父の求償債権もやはり5分の1程度に圧縮されると聞いています。 父は連帯保証人としての責任がありますから、本人に代わって一括請求されることは理解していますし、また弁済するつもりでおります。 そこで以下の2点について教えてください。 (1)主たる債務者は再生計画に従って弁済していくわけですから、圧縮されたとはいえ、いくらかは借入金の返済をしていくわけですよね。この主たる債務者が弁済した分は連帯保証人が負うべき債務にも影響するのでしょうか? 例えば、主たる債務者が再生計画にしたがって、10万円借入金を弁済したのなら、連帯保証人が弁済しなければならない分も10万円減額されるという考え方で良いのでしょうか? (2)保証人である父が残債をすべて弁済した場合、主たる債務者には圧縮された求償権の金額(例えば3000万円の求償権が600万に圧縮されることになったとしたら、この600万円分)は求償することが可能なのでしょうか?(言葉が不適切かとおもいますがご了承ください。ネットで調べていくと弁護士さんのご意見でも、求償できるというものとできないというものがあり、判断に迷っています。) お詳しい方ご教示ください。

  • 保証協会の代位弁済について教えてください

    企業経営をしている者ですが 現在会社の銀行借入6000万円(保証協会付 無担保 代表者連帯保証のみ)の返済が滞り、代位弁済を検討中で、 個人では3500万円の住宅ローン(信用保証協会付)がありますがこちらは返済中です 質問ですが 会社借入に関して代位弁済後月1万5千円程度の返済を行い、少しずつ返済額を増やして完済をする事で保証協会へお願いし、住宅ローン(月々17万)に関しては代位弁済はせずにそのまま返済をしていきたいと思っており、住宅ローンの借入銀行へはその旨を説明して理解をいただきました しかし銀行曰く 「保証協会への返済が1万5千円で、住宅ローンへの返済が17万円では、保証協会への返済率が少なすぎて、競売にかけろと言ってくるんじゃないですか?」との意見をいただきました 私なりに色々調べてみたのですが、保証協会への返済を少しずつでもしていけば、保証協会側は裁判にはかけられず、住宅の差し押さえや競売にかけることはできないはずとの記事がありました 実際問題、私の思っている保証協会への1万5千円の返済及び住宅ローンへの17万円の返済という両立は可能なものなのでしょうか? どなたかお教えいただければ有り難く思います。

  • 連帯保証人になってます。債務者本人は民事再生手続き中・・・その時

    教えてください。 400万円の連帯保証人になってます。 債務者本人は今回民事再生の申請中です。 その時、連帯保証人にくる責任というのはどういったものがあるのでしょうか?

  • 銀行★保証協会への強制代位弁済/連帯保証人の与信

    諸事情は省かさせて頂きますが、法律上と実情教えてください。 ★主債務者の小さな会社A(個人連帯保証人B/C)が銀行からの融資返済2500万円の毎月分割に遅滞2ヶ月半目ですが滞り、「期限利益の喪失?」により、3ヶ月目までのあと数日ですが、あと数日で一括返済できないなら、その追加融資から3ヶ月経たず、わずか現状2ヶ月半の段階で保証協会へ代位弁済を求めると言ってきています。(あと数日で3ヶ月目に入るのを待って即座に保証協会へ代位弁済を実行する模様) (1)通常、実情は6ヶ月と聞きますが、もうさっさと回収に入ってきているのでしょうか?1ヶ月分だけでも相手の銀行へ元金か利息を振込めば、銀行は「期限利益の喪失」をたてに代位弁済の処理へうつれませんか?(振込めば、1ヶ月でも先延ばしできますか) (2)もし保証協会へ代位弁済まわされてしまった場合、個人連帯保証人BもCも、一括で2500万円も用意できないため、代位弁済実行されたら それ以降5年いわゆるブラックリストへ仲間入りになりますか? (3)代位弁済後のいわゆるブラックリストですが、厳密には代位弁済されたからその日から5年間いわゆる個人与信情報へリスト入りですか?それともその2500万円完済後から少なくとも5年間~10年くらいブラックリスト入りですか? (4)代位弁済されたら、主債務者より先に、その将来の連帯保証債務を負っていけそうにないので個人連帯保証人は先に自己破産できますか?(とても将来返せる金額でない為) (5)もし、あなたか個人連帯保証人のBやCの立場の場合、現在これといって資産や現金が収入ない場合(将来的にもあまり稼げないかもしれない場合)、細々でも将来再起できるように、先に代位弁済と同時に自己破産しますか? それとも5~10年主債務の返済を見守り、少しでも自分の自己破産を遅らせますか?(今後の主債務者の返済はそれほど期待できまい場合)借入金は上記の通り2500万円です。 (6)保証協会の遅延金や損害賠償金?は、将来元金2500万円支払い終わったら 多少、大幅な減額や棒引きなど多少は実情として期待できるものなのでしょうか? (7)先の質問に戻りますが、代位弁済となった場合、連帯保証人のいわゆるブラック扱いが解消されるは、その2500万円の返済が終わってから登録上は5年ということでいいのでしょうか? 多数、質問すみませんが、わかる範囲でも実情を教えていただけましたら幸いです。(お叱りや的を得ない回答は外して頂けると幸いです) 質問は上記

  • 個人版民事再生法適用時の連帯保証人の支払い義務は?

    主債務者が民事再生法の適用を受け,その手続きに入った時,この債務に連帯保証人 がいて、連帯保証人は民事再生の申立をしていない時、債権者は当然にこの連帯保証人に請求できると解釈してよろしいんでしょうか?もしそうであるならば主債務者からは再生法による返済を受け,また一方では連帯保証人からの返済も受けられるのでしょうか?それとも主債務者が再生法で決定された弁済金額が連帯保証人にも及びその範囲内でしか弁済を受けられないのでしょうか? 破産の場合は主債務者が破産、免責になっても連帯保証人に対して請求が出来るのですが、民事再生法の場合はどうなのでしょう?

  • 連帯保証について

    連帯保証についてお知恵を貸してください。 現状は以下の通りです。 ・無担保債権が返済できず保証協会が代位弁済。  元金・遅延金あわせ現時点で6000万円 ・現在、訴訟を起こされ、和解交渉中(ただし難航)  ・債務者には返済能力なし ・連帯保証人はマンション所有(該当債権の抵当権なし)  マンションの抵当権者は住宅ローン会社のみ  オーバーローンまではいかないが、それに近い残債あり  その他は連帯保証人名義の債権はなし マンションは絶対に手放したくありません。 しかし、債務者に返済能力がないため、連帯保証人である こちらに対して返済を迫っている状態です。 金額的に個人再生は無理、自己破産ではマンションを 手放さなければならないと八方塞です。 法に抵触するかもしれないと承知で色々考えもします。 住宅を守る方法がないかどうかアドバイスお願いします。