-PR-
締切済み

経営科学の線形計画法、教えてください

  • すぐに回答を!
  • 質問No.19617
  • 閲覧数315
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/1)

線形計画法のシンプレックス法で、問題を解くために不等式であらわされた制約条件式を、わざわざ余裕変数を用いて等式条件にするのはどうしてですか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 57% (1014/1775)

線形計画法(linear programming)
(1)「A[i,1]x[1] + .... + A[i,N] x[N] ≦b[i]  (i=1,2,...,M)という条件下で 目的関数c' x (=Σ(c[j] xj]))を最大化する」
という問題を、slack またはstubと呼ばれる変数x[N+j](j=1,2,...,M)を追加して、未知数のベクトルxの次元を上げ、
(2)「A[i,1]x[1] + .... + A[i,N] x[N] + x[N+i] = b[i] (i=1,2,...,M)という条件下で c' x を最大化する」に変換するのは、なんでか?という質問ですね。
 (1)の条件式で不等号を等号に置き換えたひとつの方程式 A[i,1]x[1] + .... + A[i,N] x[N] =b[i] の解(一つには決まりません)の集合はN次元空間の一つの超平面を作ります。従って、この超平面上では、(2)の等式のslack変数x[N+i] は0になります。
 この問題の解は(存在するなら)、それは必ず各条件式によって決まるM個の超平面で囲まれた超多面体の頂点のどれかです。(どのjについても < だとすれば、c' xを必ずもっと大きくできる。)そして頂点に於いては、N個の変数がゼロになり、残りが正になる。
 つまり、slack変数を導入すれば、(1)の問題は、「(2)においてx[i] (i=1,2,....,N+M)のうちのどのN個を0にすれば良いか?」という問題に変換される。そして、まずどれか一つの頂点を選び(つまりx[i]のうちのN個を0にしてみて)、その頂点と辺で繋がっている頂点を調べて、目的関数がより大きくなるように、いわば移動していく。これがsimplex法です。
という訳で、答としては:「頂点だけをたどっていくのに便利だから。」


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ