解決済み

どうして太るの?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.1956
  • 閲覧数228
  • ありがとう数34
  • 気になる数0
  • 回答数13
  • コメント数0

お礼率 30% (35/114)

会社に入ってからすでに15KG太りました。適当に運動もしています。でも、少しづつすこしづつ太っていくのです。最近はかなり、やばいです。どうしたらいいのでしょうか?
通報する
  • 回答数13
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.8

ベストアンサー率 33% (1/3)

急なダイエットは身体に悪いうえにリバウンドの危険性もありますからやめたほうがいいですよ。
少しづつ太っていくというなら、少しづつ食事の量を減らしていって、少しづつ運動する量を増やすのがいいんじゃないかと。
たとえば食事はおなか一敗食べないで後ちょい入りそうな所でやめて、間食も急にやめるとつらいので一回り小さいサイズのもので我慢するとか、コーヒーや紅茶はストレートで飲むようするとか。
エレベーターも一つ前の階で降りて後は階段を使うとか。
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに

その他の回答 (全12件)

  • 回答No.13

ベストアンサー率 14% (1/7)

DOBOさん とにかく痩せる、確実に痩せる、体に害を与えない「茶素膠嚢」があります。当初「やせなければ代金返還」というメーカーの宣伝をみて、だめもとで友達と試しましたが。全員がスリムになりました。周りの人がみんなびっくり!アメリカでも、けっこう流行っています。
ご参考になれば幸いです。
  • 回答No.12

ベストアンサー率 45% (9/20)

以前雑誌で、ストレスで太っている人が多いという特集を見ました。
精神的ストレスでも太るし、会社員でいると、付き合いで飲みに行く機会も多いし、忙しいと運動する時間も十分に取れないですよね。
私は小学校くらいからずっと「太りすぎ」でしたが、今年の春に独立して自営業をはじめたら、運動量も食事量も変えてないのに、何もしないで1ヶ月で5kg減りました。
ストレス解消する場を設けるのが必要かもしれないですね。
それから、友人から聞いた話ですが、肥満解消や拒食症解消プログラムを作ったりしてくれる病院ですが、入院して、毎日決められた食事の分量を与えてもらうそうです。
  • 回答No.11

ベストアンサー率 0% (0/14)

NO.10のTONOさん…酷すぎます!…世の中には、同じ量を食べ同じ様な運動量なのに太らない方も居れば肥満する方もいます。単純に食べ過ぎと括ってしまう訳にも行きません。最近では、肥満遺伝子なるものが見つかり肥満しやすい体質というものが判っています。これが前述での同条件での結果の違いに反映するものと考えられています。…これらは、体内での脂肪の分解エネルギーに転換して処理する上での効率の良さと悪さと考えれば良いでしょう!…しかし、対処法は、同じ事です。太りやすい体質であるのですから…摂取エネルギーを抑えて消費カロリーを増やすしか方法がありません。サノレックス
など摂食中枢に働き食欲を抑える薬もありますが誰にでも効く訳では、ありません!…私自身、6、7年前に自分で処方して試してみましたけど溢れ出る食欲を抑える事など出来ず
遂にダイエットは、成功しないままに終わりましたから…(苦笑)。結局、辿りつく回答は、忙がば回れ…地道が一番の早道という事でした。…少し本題からずれましたが…従ってこの肥満遺伝子の作用によりあるものは、多少、摂取カロリーより多くの消費カロリーで痩せて行けるけどもある者は、それ以上の消費カロリーを上げないと中々痩せないという違いがあるものと考えます。まあ、車で言うと肥満の私がエンジンが国産の1600ccで低燃費で何処までも走るとすると痩せの大食いの人は、アメ車で5000ccで燃費リッター4kmだと考えると判り易いかもしれません!
  • 回答No.10

ベストアンサー率 0% (0/1)

必要以上に食べているからです。
  • 回答No.9

ベストアンサー率 0% (0/1)

原因は、需給のバランスのみ。要は、運動不足と、食事の時間と量だけの問題なのですが、環境の変化でそれに本人が気づかない例が多い。年齢と共に新陳代謝も落ちて来ます。食事量(カロリー)を抑えるか、運動量を増やすしかありません。生活習慣の中に簡単に取り入れ無理の無い継続できる運動(ウォーキング等)を。
  • 回答No.7

ベストアンサー率 0% (0/1)

ふとるのは、食べて体に入るカロリーが 運動(普段の生活も含めて)で出ていくカロリーよりも多いからです。これくらいいいかなぁ、とかいいながら、結構食べてるのではないのでしょうか?
改善策としては、
① 食事を見なおす → 食事ノートをつけてカロリー管理を行う。
② 運動をする → 一日 20分でいいので、鼻歌交じりで出来るぐらいのジョギングな ど行ってください。
③ スポーツクラブに通う → お金をはらってるんだから、取り組まないと損だ!という気持ちで取り組めます。

など、いかがでしょうか?
かならず、水分を随時摂る様にして 1日2リットル目標に飲んでください。
少量を回数多く飲んで 体の水分の流れをよくしましょう。

あとは、しっかりとした「目標」を持つことです。
頑張ってください。
  • 回答No.6

ベストアンサー率 75% (3/4)

 会社に入ってから太り始めたということですので、恐らくストレスによるものだ
と考えます。食べる量が変化していないと仮定すると、ストレスによって代謝栄養
素が消費されるため、エネルギー栄養素が蓄積されやすくなっている状態です。
以前より運動量が減っている様であれば、健康を損ねない程度にエネルギー栄養素
(カロリー)をカットするか、運動量を増やします。食事は抜いてはいけません。
規則正しくが理想です。
 運動量が変わらないのであれば、代謝栄養素(ビタミンC&B群)が不足しない
ように食事の内容を変えます。食事の内容を変えにくいようなら栄養補助食品(ビ
タミン剤ではない)を使ってもいいと思います。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 66% (2/3)

健康的に痩せられる方法をお教えします。まず第一に、一日1時間のウォーキングをすること。第二に、三食きちんと食べ間食をしないこと(よく朝食を抜く人がいますがかえってこれは脂肪を付きやすくします)。第三に水分をたくさん補給することです。これらのことを1年間続けられれば体重によりますが、5キロ以上確実に無理なく健康的に痩せる事ができます。ぜひやってみてください。短期間で痩せようとするリバウンドなどかえって体を悪くします。
長い目で物事を考えましょう。それでは、頑張って下さい!
  • 回答No.4

 まず、間食をやめてみましょう。仕事中、あるいは仕事の行き帰り、家に帰ってから食事時間以外にお菓子なんかつまんでませんか? 個人的な経験論ですが、太っている人の間食による平均カロリー摂取量は500から1000kcalになるようです。まずそれを見直しましょう。
 それから、会社に入ったってことは、もう22歳(あるいは18歳。もしかしたらそれ以上)の方だと思うんですが、学生のときと同じ食事をしていてはダメです。成長期を過ぎているのですから、成長のために使っていたエネルギーをもう必要としません。ですから、それを考えて食事をとるようにしましょう。
 あともう一つ。間食がやめられるか自分で把握しましょう。テスト方法は簡単です。会社の昼休みの食後に(必ず食後です)、コンビニに行ってお菓子を買ってください。50円くらいの安物でかまいません。ただし、見るからにおいしそうなものでなければいけません。
 そしてそれをその場でゴミ箱に捨ててください。捨てられますか? もし捨てられなければ、あなたは場合によって無尽蔵に食べてしまう可能性がありますので、その「食べたい」という欲求に抵抗する精神力を身につけるところから始めましょう。
 最近では、痩せるためのカリキュラムを用意している病院などがありますので、調べてみるのも良いかも知れません。
補足コメント
DOBO

お礼率 30% (35/114)

お返事ありがとうございました。
その、カリキュラムを用意している病院をご存知ですか?
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.3

ベストアンサー率 10% (1/10)

少しずつ太るということはやはり、摂取カロリーと消費カロリーの誤差が出ているからだと思いますが、痩せるには一番いいのは食べ過ぎないこと(当たり前なのですけど)でも、何だか一日終わってみると食べちゃってるとするとその状況は深刻なものです。とりあえずは3食以外は口にしない!これを実行して下さい。また、自分が一日でどれ位食べてるかを把握してみるといいかもしれませんよ。
12件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ